スペイン料理の記事一覧

1〜10件(全14件)
noimage
江ノ電沿線の魅力あふれるグルメ&カフェ6選。喧噪から離れてとっておきの時間を過ごそう!
のんびり走る江ノ電で、鎌倉駅周辺から少し離れてみませんか? 今回は食べるものやそこで過ごすひとときをより味わい深く感じさせてくれる店を6軒ご紹介。落ち着いた街で五感をフル活用し、土地の魅力を満喫しよう!
noimage
目黒のおすすめ居酒屋10選。大人の街で人情味あふれる居酒屋を巡る
目黒は商店街があり昭和レトロが感じられるエリアと、高層ビル群が立ち並ぶエリアという二つの特徴がある街。どちらもガチャガチャとした雰囲気はなく、ゆったりとした雰囲気があるのが特徴です。そんな大人な雰囲気の目黒で、ついつい行き付けにしたくなる居酒屋10店をご紹介。仕事帰りに一杯、あるいは、休日に気の合う仲間と。ふとした時に行きたくなって、いつの間にか常連になってしまうような名酒場がこちらです。
noimage
老舗スペイン料理店『びいどろ』銀座店で、世界で認められた自慢のパエリアに舌鼓。
プリッとした食感のバレンシア米に海の幸の濃厚な出汁がたっぷりしみこんだ魚介のパエリアは、ほとんどの人が注文するというこの店の名物だ。
noimage
羊料理ブーム再熱! 鍋や丸焼き、ジンギスカンなど、神田・上野の羊がうまい店5選
かつては、ほぼジンギスカン一択だった羊肉。だが近年、鍋や丸焼きなどバリエーションも増え、さらにジンギスカンのクオリティも以前より格段にあがっている。東京で密かに羊が盛り上がっているのだ。中でも神田・上野界隈の充実ぶりがスゴい。週に4日は羊肉を食べるという「羊齧協会」の菊池一弘さんが太鼓判を押す、ベスト・オブ・羊肉屋をめぐります。さんたつ編集部が選ぶお店も一緒に紹介してますよ。
noimage
赤羽・十条・王子、コスパも味も最高な極上グルメ9店
商店街や飲み屋街が連なる赤羽・十条・王子エリアには、働き者の腹を存分に満たし、懐に優しい店が集まる。そのうえで「おいしいもの」を目指す店主たちの探究心と思いが詰まった皿に、拍手喝采を送りたい。すぐそばにある驚きのグルメをご紹介。
noimage
子供も一緒に楽しめる!『赤羽スペインバルCirco』の本格パエリアで充実ランチを。
赤羽の街には珍しいスペイン料理専門店の『赤羽スペインバルCirco』。駅前のメインストリートから少し離れ、総席数は20にも満たない小さなお店だが、地元のお客さんたちから根強い支持を受けている。子連れのファミリーでもゆったりくつろげるお店で楽しめるスペイン料理のランチとは果たして……?
noimage
東京北部の酒場密集地帯、赤羽・十条のおすすめ居酒屋
赤羽・十条エリアの居酒屋というと大衆酒場のような“せんべろ”の店のイメージが強いけれど、実はジャンルもタイプもさまざまな店がそろっている。ワインとパエリアを味わえるスペインバルから、串焼きや焼鳥、100種ものウイスキーを取りそろえるバーも。さあ、今夜はどの店で飲もうか?
noimage
新たな魅力が開花する、日本酒の肴の新定番に挑戦。感動のペアリングに出合える店
日本酒のポテンシャルは果てしない。どんな料理と合わせるか、それによって新たな魅力が開花するのだ。試してみれば、確かに納得。食わず嫌いをしないで飛び込んでみよう。東京でペアリングに出合える店をご紹介。日本酒×〇〇。スペイン料理、フルーツ、中華、イタリアン、焼き肉、タイ料理…。今宵の肴は何にしよう。
noimage
行列店『TOKYO PAELLA(トーキョーパエリア)』に聞く、キッチンカーの流儀
料理人として国内外で活躍した経験を生かし、2006年に独立開業した吉沢章一さん。手探りで苦難を乗り越え、パエリアを作り続ける“キッチンカー人生”とは――。
noimage
蒲田・大森の街は西洋グルメの入り口。国際色豊かなレストランに行こう。
レストランの国際色がとても豊かな蒲田・大森の街。 さまざまな国籍の料理が乱立するなか、 キラリ光る入魂の一品を作る店主たち。 来るものは拒まず、財布にも優しく、 温かみある味と人柄に魅了される。大森で楽しめる西洋料理のレストランを紹介。

スペイン料理のスポット一覧

1〜12件(全13件)
noimage
サクラカフェ&レストラン 池袋(サクラカフェ&レストラン いけぶくろ)
外国人旅行客の宿泊ホテルの老舗「サクラホテル」のカフェ。世界各国の料理はもちろん、約20ヵ国60種類の世界のビールが自慢だ。数ある料理の中でも、180gの巨大ハンバーグ入りグラタンのパリセジーニャ1380円をはじめ、骨付きチキン、トマトやパブリなどたっぷりのグリル野菜と味わうスパイシーな南アフリカペリペリチキン1380円、山羊のチーズ・フェタが入ったギリシャでは「ホリアティキサラタ」と呼ばれるギリシャ風サラダ1080円など、味もワールドワイドだ。四季のイベントを感じさせる手作りの飾り付けもにぎやかで、訪れるだけでも楽しい。
noimage
marisqueria morimori (マリスケリア モリモリ)
スペイン人直伝の滋味深き田舎の味を堪能できる店。たっぷりの魚介で旨味をうんと染み込ませたシーフードパエリアは、ふくよかな磯の香りが優しく鼻に抜ける。1人前から注文可。
noimage
びいどろ銀座店
1977(昭和52)年創業のスペイン料理店『びいどろ』の、銀座店。地下鉄銀座駅からすぐの、ビルの地下1階にある。国際コンクールで数々の受賞歴のあるパエリアをはじめ、ナバーラ産ホワイトアスパラガスのサラダや、シャンピニオンのセゴビア風(マッシュルームのアヒージョ)など、素材にこだわった本格的なスペイン料理がいただける。落ち着いたカジュアルレストランなので、ゆっくりとくつろいだ気分で食事が楽しめる。
noimage
赤羽スペインバルCirco
赤羽の街には珍しいスペイン料理専門店。駅前のメインストリートから少し離れ、総席数は20にも満たない小さなお店だが、本格的なスペイン料理と行き届いた丁寧なサービスで地元のお客さんたちから根強い支持を受けている。
noimage
コシード デ ソル
カラフルな壁に貼られた絵皿や手描きのメニュー。とっても温かな雰囲気で、いつも地元客でにぎわっている。スペインなどの地中海料理を、定食としてどんぶりメシと一緒にいただける。
noimage
下町バル ながおか屋
仔羊の骨つきあばら肉は、旨味が凝縮された自慢の一本。生後約7カ月のニュージーランド産ラム肉は、驚くほど柔らかい。コクのある「タレ」味と、サッパリ系「シオ」味の2種類がある。
noimage
TOKYO PAELLA(トーキョーパエリア)
ここのパエリアは、一から車内で調理するのが醍醐味。日本人の味覚に合うよう具材やスパイスを変え、独自のアレンジを探求している。「ネオ屋台村」「TLUNCH」が主催する場所に出店。出店情報はそれぞれの公式サイトから確認できる。
noimage
Blanco(ブランコ)
オレガノ香る鶏ハムや、イカ墨のクリームコロッケなどを肴に一杯やれば、ほろ酔い気分に。魚のアラや牛骨の出汁を米に染み込ませて炊いた締めのパエリアからは、サフランがふわりと香る。
noimage
Riverside Café Cielo y Rio(シエロイリオ)
店名の和訳「天空と川」。この言葉通り、広い空と川を眺めながら食事を楽しめるカフェレストランだ。人気の黒毛和牛ランプ肉のグリルは肉の旨味を堪能でき、パエリアは和風テイストとシーフードの相性が抜群。
noimage
Restauranteすぺいん亭 本店
ステンドグラスと木製のタワーが綺麗なこちらのお店。絶品パエリアはオーナーが朝6時から仕込みをしているこだわりのメニューだ。
noimage
エル プエンテ
バックパッカーで世界中を巡った店主の古賀靖人さんが帰国後に修業を積み、開店したスペイン料理店。
noimage
Flowers & Spanish Sonrisa (ソンリサ)
妻が営んでいた花屋の場所に店を構えたというだけあって店内は綺麗な花々に包まれている。和食経験も長いシェフが手掛けたスペイン料理は素材の味を生かした逸品。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ