うなぎの記事一覧

1〜10件(全26件)
noimage
浦和のおすすめうなぎ店6選。歴史あるうなぎの街・浦和で絶品を訪ねる
「うなぎの消費量全国一」を自負する浦和。一説ではうなぎの蒲焼発祥の地ともいわれている。なぜ内陸の浦和がうなぎの蒲焼発祥の地なのか? 江戸の頃の浦和は川や沼に囲まれており、天然のうなぎが泳いでいたからだという。実際、江戸時代に創業した店もあるというから驚きだ。最盛期に比べて店舗数は減少したが、提供スタイルの拡大や若手の出現で実は間口が広がっているのだ。
noimage
ホスピタリティも設備も抜群の飲食店14選。バリアフリー対応なので安心して食事が楽しめます!
大型の商業施設は安心だけど、たまには違う場所で食事したい! 今や一軒家レストランや、おしゃれな内装のカフェだって、安心して食事が楽しめる時代です。バリアフリー対応の使い勝手の良い15店を厳選してご紹介します。
noimage
地元愛がいっぱいの土浦グルメ店6選。さんぽをしながら訪ねよう!
歴史のある町・土浦は、歩くたびに、探るたびに発見があります。でも一番の発見は、みんな地元愛が強いということ。そんな地元愛あふれるグルメ店6選をピックアップしました。散歩しながら、サイクリングをしながら、土浦グルメを味わってみませんか。
noimage
コスパ最強!池袋『まんまる』の名物うな丼・まんまる丼は並んでも食べたい絶品メニュー!!
オフィス街としても知られる池袋。ランチタイムともなるとお得なメニューが各店で販売されているが、それでも群を抜くのが『まんまる』の名物どんぶり・まんまる丼。ビッグサイズのウナギのかば焼きがのったどんぶりが“とある理由”で1200円というお値打ち価格で食べられるという。果たしてその理由とは?
noimage
浅草にひしめく食べ歩きグルメ10店。国産うなぎの絶品焼おにぎりから老舗の人気お芋スイーツまで
新旧さまざまな店が立ち並び、幅広いジャンルの食べ歩きグルメを一挙に楽しめる浅草。日本を代表する観光地だけあってもちろん激戦区だ。店頭で楽しめるできたての人形焼やきびだんごから、食べるのをためらうくらいに可愛い進化系団子まで、思わずはしごしたくなる食べ歩きグルメを一気にご紹介します。
noimage
北千住・南千住の下町的美食グルメ15選。新旧の名店が点在しています!
地元民が通うアットホームな店の扉を開いたら、ただ者じゃない店主が腕を振るう名物に遭遇。下町力を侮るなかれ、新旧名店が点在だ。そんな中からおすすめの店をピックアップ。
noimage
知名度ゼロでも満足度高し!『浅草うなな』で国産うなぎの絶品焼おにぎり食べ歩き
世間にうなぎ好きは数多くいると思われる。しかし庶民にとっては高嶺の花的存在。そんな私たちの期待の星となるうなぎ専門店が浅草にある。手軽な値段で国産うなぎが楽しめる『浅草うなな』だ。
noimage
赤羽のおすすめ居酒屋18選。飲んべえの聖地でせんべろ&ハシゴ酒。
赤提灯の明かりに誘われて、いざ飲んべえの聖地、赤羽へ。その昔、小さな工場が立ち並んでいたこの一帯では、家路につく前に一杯やろうとふらりと立ち寄る居酒屋が自然と増えていったという。東口を出て、赤羽一番街へと入り込んだら、そこはパラダイス! さらに細いOK横丁へと分け入れば、ハシゴ酒の誘惑に抗いきれなくなる。立ち飲みでちょっとひっかけ、また次へ。今日も明日も明後日も、さぁ飲み明かそうじゃないか。
noimage
庶民派の街、十条・東十条・王子の極上ランチ5選。すぐそばにある驚きの味に拍手喝采です!
商店街や飲み屋街が連なる十条界隈には、働き者の腹を存分に満たし、懐に優しい店が集まる。そのうえで、 「おいしいもの」 を目指す店主たちの探究心と思いが詰まった一皿には驚きだ! ランチにぴったりな、拍手喝采を送りたい5店をピックアップした。
noimage
古今亭菊之丞がつなぐ神楽坂と落語のえにし~丞さま、小粋な街で問わず語り~
落語界屈指の着物姿が似合う噺家、古今亭菊之丞さんは、神楽坂で落語会を続けている。粋とモダンが交錯(こうさく)する伝統の街との浅からぬ関係を、ちょいと披露してくれた。

うなぎのスポット一覧

1〜12件(全35件)
noimage
うなぎ ときわ
約25年間イタリア料理店を営んでいた店主の相田友明さんが、縁あってうなぎ屋で働き、2018年に独立。調味料ほか、ステンレス製蒸し器で骨まで柔らかくするなど、イタリアン畑での経験を存分に応用している。
noimage
うなぎ 瀧澤
居酒屋の店舗に間借りし、昼のみ営業をしているうなぎ店。うなぎは地焼き後の下処理で余分な脂を適度に洗い落としているため、本来の風味が感じられる。「普段使いできる店」を目指し、2400円以下のメニューも用意。
noimage
うなぎや せきの
四万十川で少しずつ餌を与え、1年半かけて育てられた希少な四万十うなぎを食べられる店。濃厚な旨味のインパクト、雑味のなさ、ふっくらした食感の穏やかさを併せ持ち、箸を持つ手が止まらない。
noimage
まんまる
オフィス街としても知られる池袋で20年以上人気を博している川魚問屋直営店うなぎ居酒屋。ランチタイムにはビッグサイズのウナギのかば焼きが乗った名物どんぶり『まんまる丼』が破格の1200円で食べられる!
noimage
小松屋
大正5年(1916)創業。白魚煮干し70g 825円、川えび紅梅煮55g 300円など、霞ケ浦産の小魚を使った佃煮や煮干しが名物だ。店内でも食事を提供している。
noimage
浅草うなな
浅草でうなぎといえば人気グルメのひとつだが、なかなか気軽に食べられないのが難点。そんな中『浅草うなな』は、手軽に国産うなぎの食べ歩きが楽しめる店だ。ボリューム満点のうなぎが載った国産鰻焼おにぎりや、熱烈なファンがいるという肝串は、きっと心もお腹も満たしてくれるだろう。
noimage
金兎(かなう)
笹塚界隈では数少ない、落ち着いて和食を楽しめる店。割烹で培われた細やかな味付けを堪能できる。一番人気は原始焼きのうなぎ白焼で、皮がパリッと香ばしい。細麺の手打ちそばは、本枯れ節をたっぷり使ったつゆや濃いそば湯も含めて格別の味わいだ。旨味の濃い品揃えの日本酒も魅力。
noimage
千寿
千住関屋で営む鰻問屋『松本』が平成元年に開業。冬は九州、春は愛知から届く上質なウナギを、羽田空港まで迎えに出向き、毎朝、店へと運び入れる。肝焼きやう巻きなども用意され、ゆるりと日本酒も傾けたくなる。
noimage
川辰(かわたつ)
1969年より営むうなぎの名店。注ぎ足し続けたタレがすっきり味の真打ちのうな重は、問屋から毎朝届く国産ウナギを使い、注文を受けてから蒸して焼いている。
noimage
志満金 (しまきん)
夏目漱石や泉鏡花の小説にも登場する、明治2年(1869)創業の、うなぎと割烹料理の老舗。6代目主人の加藤正さんは、茶道裏千家の師範の資格を持ち、店舗地階にある茶室で、定例のお茶事や茶道教室も開催している。
noimage
うな達
うな重、かぶと焼、ひれ焼など、うなぎ自慢の店。「昔、金曜が暇でね。好評だったまかないカレーを30年以上前から出すようになったんです」と、金曜になると客は100%カレー目当て。20食分の鍋を9つ用意しても完売続出だ。
noimage
八ツ目や にしむら
大正15年(1926)創業のうなぎ専門店。創業当時からの秘伝のタレで焼いたウナギは香ばしくて、フワッとした食感。うな重定食3200円〜。目の疲れや滋養強壮などに効くという八ツ目ウナギは入荷時のみの販売。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ