コーヒーの記事一覧

1〜20件(全310件)
noimage
国分寺のカフェでカレーとプリンを。誰もが自分の時間に浸れる優しい空間がある『スズメノツノ』
お店のSNSに「近くはないけど 遠いほどでもない」と書かれたカフェ『スズメノツノ』。国分寺駅南口から徒歩7分ほどの五差路からのびるいちばん細い道を入ったところにある。水色のドアを開けると、カレーの香りに満たされた店内。ノスタルジックな古い音楽が流れる中、コチコチという柱時計がときどきぼーんと鳴る素敵な空間だ。
noimage
木場・東陽町・南砂町さんぽにおすすめ14スポット。寄り道が楽しいリトル・ウォーターフロントへ!
江東区政の中心・東陽町がありながら、地域住民から言わせるとどうにも主役になれないこのエリア。でも灯台下暗し。運河と川と親水公園に囲まれた街をじっくり巡れば、思わぬめっけもんと出合えます。
noimage
田町でエッグフランのベーグルサンドに感動!朝も昼も夜も注文できるブレックファーストで元気をチャージ『Jaho Coffee Roaster & Wine Bar』
田町駅と三田駅の近くにある『Jaho Coffee Roaster & Wine Bar(ヤホ コーヒーロースター アンド ワインバー)』は、街に根付いた日常的に使えるカフェ。その目玉は、手作りの各種フードと、自家焙煎のスペシャルティコーヒーだ。ブレックファーストメニューでいちばん人気のエッグフランベーグルサンドに、ダブルエスプレッソのカプチーノを添えれば、1日の好スタートが切れるはず。
noimage
府中の、豆を味わうカフェラテと焼き菓子のペアリングが楽しめる『TAILWIND coffee brewers』
『TAILWIND coffee brewers(テールウィンド コーヒー ブリュワーズ)』の“TAILWIND”は追い風の意味。お店に来たときよりも帰るときの方が、背中を押されるような明るい気分になる店にしたいと名付けられた。店があるのは国分寺駅から徒歩で18分ほど南に下った住宅地だが、近隣に住む人たちだけでなく、遠くからも店主のコーヒーを飲みにやってくる人が多い。
noimage
調布・仙川・芦花公園のカフェ5選。街中でスイートな非日常にときめく
看板に誘われて扉を開ければ、そこは別世界。照明、調度品、器などにも店主の趣向が散りばめられ、スイーツや軽食を頬張れば、丁寧な味に目を見張る。静かに湧き上がる高揚感とともに味わい尽くそう。
noimage
レトロな喫茶店の魅力が詰まった門前仲町『カフェ東亜サプライ』で自慢のコーヒーとオムライスを
門前仲町駅3番出口の真上のビルの2階に、喫茶店『カフェ東亜サプライ』がある。階段を登っていくと、昔ながらの喫茶店の雰囲気が漂う店内で、あたたかい従業員の皆さんがにこやかに迎えてくれた。
noimage
千歳烏山・芦花公園の懐かしさと若い息吹を感じるスポット8選~街の人々の温もりをたどって歩く~
昔ながらの個人商店と、新しい感覚を持つ若手が共存し、街を形成している千歳烏山。一方、芦花公園駅周辺にはより色濃く昭和の空気が残り、どこか懐かしくて和むなあ。
noimage
東京駅直結! 八重洲地下街最古の喫茶店『アロマ珈琲』でサイフォンコーヒーといただくモーニング
日本屈指のビジネス街、そして全国各地への玄関口でもある東京駅。八重洲地下中央口から直結する八重洲地下街に1970年創業の喫茶店『アロマ珈琲』がある。直火式自家焙煎で焼きあげたコーヒー豆をサイフォンで淹れるスタイルは、創業当時から変わらない。香り高いコーヒーとこんがり焼けた厚切りパンのモーニングが1日の始まりを応援してくれる。
noimage
表参道で至福のモーニング。スペシャルティコーヒー専門店『lohasbeans coffee』でザクふわ食感のフレンチトースト
おしゃれカフェが目白押しの表参道にある『lohasbeans coffee(ロハスビーンズ コーヒー)』は、コロンビア産スペシャルティコーヒーに特化したカフェ。クロワッサンフレンチトーストやアボカドトーストなど、おいしいコーヒーにぴったりのモーニングを各種取りそろえており、朝から行列ができるほどの人気ぶりだ。
noimage
昭和と中森明菜が好きな店主の『喫茶 小雪』でバラのシナモントーストを味わう 〜黒猫スイーツ散歩 ときわ台・中板橋編②〜
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩のときわ台・中板橋編第2弾です。
noimage
落ちついた雰囲気が人気のカフェ『1 ROOM COFFEE』で絶品あんバタートーストを堪能! ~黒猫スイーツ散歩 ときわ台・中板橋編①~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩のときわ台・中板橋編第1弾です。
noimage
音楽シーンを静かに照らすデザイナーの、暮らしに欠かせない店。下高井戸・コーヒー豆専門店『南蛮屋 樹』
飲食店を教えてもらう本連載で今回はちょっとした番外編? グラフィックデザイナーの岩本実里(いわもとみさと)さんが、行きつけのコーヒー豆の店へ私を連れだしてくれた。音楽まわりをメインに幅広く制作を行う岩本さんの暮らし、そして彼の生活に欠かせないブレイクタイムを支える店について、丁寧にドリップされたコーヒーを飲みながら話を聴く。
noimage
ハワイの農園直輸入の本格コナコーヒー&濃厚卵のふわとろリッチなモーニングを楽しめる新橋『カフェ フアラライ』
新橋駅からほど近いオフィス街にある『カフェ フアラライ』は、パレット、コンテナなどプラスチック物流機器の製造・販売において業界№1シェアを誇る三甲株式会社が手掛けるカフェ。2020年7月、東京本社の移転に合わせて1階にカフェをオープンした。開放感あふれる居心地のよさで、三甲の社員だけでなく、近隣のサラリーマンにも重宝されている。とくに朝7時からオープンとあって、ハワイの本格コナコーヒーと一緒に味わうモーニングが人気だ。
noimage
中目黒のおすすめカフェ9選。異国情緒あふれるメニューや都会的な雰囲気を楽しもう
カフェの激戦区、中目黒。店主にゆかりのある外国の文化を取り入れたり、意外な組み合わせの料理やお菓子を提供したりと個性を際立たせている。いずれも人気店ばかりで、行列ができることも度々だが、何度も耳にしたのは落ち着いた大人の世代にももっと来てほしいというお店の声。気になっていたけど躊躇していたお店ほど、訪れてみると新しい世界が開けるかも。
noimage
新・コーヒー激戦区誕生の予感! 武蔵小山・戸越エリアのこだわり自家焙煎店が今熱い
武蔵小山・戸越界隈を歩いていると、コーヒー豆のロースト香に鼻先をくすぐられることしばしば。どうやら、ここ数年で個人が営むマイクロロースターが増えたらしい。それぞれの熱意と異なる個性を堪能しよう。
noimage
和菓子屋『市川ちもと』の喫茶スペースで楽しむ名物・手児奈の里はトロふわ食感!
すぐお隣は江戸川区で、都心からもアクセスしやすい市川駅。北口を進み、徒歩5分ほどのところに創業70年以上の老舗店『市川ちもと』がある。一見、和菓子の販売だけのように見えるが、店内では喫茶スペースが併設されており、店主の清水さんが手がける店舗限定の味を楽しめる。『市川ちもと』では商品の大半をお店で手作りしているとのこと。清水さんにお菓子に対する思いや、おすすめについて伺った。
noimage
土日のみオープンする市川駅前の『Cafe Orbit』。かわいいラテアートで癒やしのカフェタイムを!
市川駅南口から徒歩2分の場所にある『Cafe Orbit(オービット)』は、ラテアートが楽しめるコーヒーショップだ。2024年1月にテイクアウト専門店から店内で飲食ができるカフェにリニューアルした。営業日は土日のみ。土曜の午後の店内は、可愛いラテアートを眺めながら、くつろぐ常連さんの笑顔であふれていた。
noimage
市川の仲良し同級生コンビで経営。愛に溢れた『プウホヌア』で味わうふわとろハワイアンパンケーキ
JR市川駅南口を出て徒歩約6分。駅を出ると、のどかな街並みが目に入る。友達と遊ぶために公園に集まる小学生、ベンチに座って日向ぼっこをするおじいさん、ゆるやかに流れる時間についつい癒やされてしまう。右手に小さな公園を見ながら商店街の雰囲気を楽しんでいると、左手にかわいらしい見た目のハワイアンカフェ『プウホヌア』が見える。女性客でにぎわうお店は、おしゃれでもあり、あたたかみもある。居心地の良さそうな雰囲気だ。
noimage
両国モダニズムから目が離せない!~両国のモダン&ユニークなスポット12選
隅田川の東側にあたる下町・両国。駅南の飲み屋街はにぎやかなれど、街全体はおっとりと静かな風情だ。ところが最近、にわかに新しい風が吹き始めている。両国モダンの芽吹き、探しに行こうじゃないか。
noimage
外カリッ、中フワッの焼き菓子と、お客さん思いのスタッフに囲まれて安らぎのひと時を。市川『n COFFEE & BAKE』
市川駅からほど近く。道路の脇にたたずむ『n COFFEE & BAKE』は、焼き菓子とコーヒーを楽しむことのできるカフェ。テイクアウトも行っていて、連日お店にはお客さんが絶えない。店内の温かい雰囲気に包まれながらいただくコーヒーとケーキは絶品だ。

コーヒーのスポット一覧

1〜12件(全427件)
noimage
TAILWIND coffee brewers(テールウィンド コーヒー ブリュワーズ)
大手コーヒーチェーンで15年勤務し、バリスタのトレーナーとしても活躍した店主が独立したお店。浅煎りから中深煎りの煎り具合の違うコーヒー豆6種類がドリップコーヒーなら毎日、エスプレッソでは週替わりで楽しめる。スイーツ類の種類も豊富で、人気No.1は酸味がしっかりしたレモンスクエア。
noimage
café & bar L’écume des jours(カフェ アンド バー レキュム デ ジュール)
随所に本を並べ、その合間から生命力にあふれた生花が咲き誇る。岡崎京子の漫画『うたかたの日々』を彷彿とさせる空間は、君波さん夫妻が愛してやまない喫茶文化を体現した世界。ネルドリップで淹れるたび、エイジングコーヒーの深い香りが空間に満ちていく。
noimage
barber gram café
窓、鏡、台所&カウンター席など、築60年の造りを生かした内装に和む。楽しみなのが、「今日のお惣菜プレート」だ。献立は日替わりで、近隣の常連客が「ごはん、今日は何?」と通うほど。煮干し、昆布、かつお節などの出汁が滋味深く、野菜の香味、歯ざわりにもときめく。
noimage
coffee & baked LOCASA(コーヒー アンド ベイクド ロカーサ)
アメリカ古着店の買い付けのため、現地に足を運ぶうちに惚れ込んだスイーツが看板メニュー。オレオがザクザクのチーズケーキ、アップルタルトなど、素朴ながら広がる香りには心が躍る。中でもベリーパイはブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーの3種のジャム入りで甘酸っぱさにキュン。
noimage
スズメノツノ
2019年3月オープン。小さなツノがあるスズメのトレードマークはポップながら、古道具屋から集めた落ち着いた印象の家具類や柱時計がレトロな印象のカフェ。名物メニューは2種類のカレーとプリン。静かに自分の世界に浸れる。
noimage
Jaho Coffee Roaster & Wine Bar(ヤホ コーヒーロースター アンド ワインバー)
田町で愛されるカフェ『Jaho Coffee Roaster & Wine Bar』の目玉は、手作りのフードと自家焙煎のスペシャルティコーヒーだ。ブレックファーストの人気メニュー・エッグフランベーグルサンドにコーヒー感が強めのカプチーノを添えれば、朝から好スタートが切れそう。
noimage
カフェ東亜サプライ(カフェトーアサプライ)
門前仲町駅3番出口の真上のビルの2F。シックな佇まいの喫茶店『カフェ東亜サプライ』は、昔ながらの雰囲気と厳選されたコーヒーが魅力。オムライスとカフェクイーンが人気で、さまざまな種類のブレンドコーヒーを楽しむこともできる。お店の1Fにも、直営店舗があり、『カフェ東亜サプライ』とは異なる淹れ方のコーヒーを味える上にトーアコーヒーこだわりのコーヒーを購入することもできる。
noimage
喫茶 小雪(きっさ こゆき)
ときわ台駅から徒歩約8分の住宅地の中にある喫茶店。少しレトロな外観だが、オープンは2023年12月と新しい。店主が昭和と喫茶店と中森明菜と盆栽が好きで、店内はそれを組み合わせて作り上げられた、個性的ながら居心地の良い空間だ。人気メニューのシナモントーストやウィンナーコーヒーにはバラの形のクリームがのせられ、黒薔薇(コーヒーゼリー)、白薔薇(パンナコッタ)など、中森明菜にちなんだ見目美しいメニューが並ぶのも魅力的だ。
noimage
1 ROOM COFFEE(ワンルームコーヒー)
中板橋駅から徒歩約5分の住宅街の中にある、落ち着いた佇まいのカフェ。店内はウッドベースでゆったりとしており、世代を問わず居心地よく過ごせる空間だ。バスクチーズケーキなどのスイーツは全て店主の自家製で絶品だが、はちみつ添えのあんバタートーストも人気。時には「あざトー」とも呼ばれるものや、桜餡などがのった限定品も登場するのでこまめなチェックもおすすめだ。
noimage
アロマ珈琲(あろまこーひー)
JR東京駅八重洲中央口から直結している八重洲地下街(通称ヤエチカ)。ヤエチカ最古の喫茶店『アロマ珈琲』は、直火式自家焙煎豆をサイフォンで淹れるコーヒーが自慢。苦味が決め手のアロマブレンドと厚切りトーストのモーニングは、東京駅を利用する人々に活力を与えている。
noimage
lohasbeans coffee(ロハスビーンズ コーヒー)
表参道でコロンビア産スペシャルティコーヒーを専門に取り扱うカフェ『lohasbeans coffee』。コーヒー豆の品質・味・焙煎にとことんこだわり、おいしいコーヒーにぴったりのモーニングを各種取りそろえている。専属パティシエが手掛けるスイーツも好評で、朝から行列必至の人気店だ。
noimage
【移転】カフェ ウワイト
2013年オープンの、古い民家を改装した2階建てのカフェ。ケーキはもちろん、内装まで手作りというあたたかな空間が評判だ。今回紹介するのは、開店当初からのメニューである特製プリンとカフェオレ。ここでは時間を忘れ、静かで穏やかな時間を過ごしたい。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ