コーヒーの記事一覧

1〜10件(全214件)
noimage
三鷹のオアシス的空間『カフェ海猫山猫』はペット同伴も可!
三鷹駅と吉祥寺駅のちょうど中間地点で、2019年に創業した『カフェ海猫山猫』は、こだわりのコーヒーをはじめ、体にいい食材を使ったメニューをおいしく味わえると評判の店だ。2023年2月に創業4周年を迎える、この店の近況も交えながら紹介する。
noimage
恵比寿の老舗喫茶『珈琲家族』。「いってらっしゃい」と送り出してくれる心温まる喫茶店
恵比寿にある『珈琲家族』は、母娘2人が営む老舗の喫茶店。昭和の時代にトリップしたような空間でたばこが吸えて、サイフォン式で淹れたコーヒーや軽食、自家製の和スイーツをいただくことができる。店を後にする時に「いってらっしゃい」と声をかけてくれる母娘の温かい接客に癒やされ元気をもらえる、とっておきの隠れ家だ。
noimage
人気雑貨店のカフェでベーグルとホットドッグを味わう『AWESOME STORE & CAFE』 ~黒猫スイーツ散歩 池袋編④~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”池袋編の第4弾です。
noimage
パン屋さんと喫茶店のロマンス編集部アフタートーク~もしもお店が持てたなら~
『散歩の達人』2023年2月号、大特集「パン屋さんと喫茶店のロマンス」取材を終えてひと段落の本誌編集部。パンを食べつつ1カ月を振り返った編集部座談会は、いつしか部員の考える「理想の喫茶店」妄想合戦に……?
noimage
焼きたて食パンにふわふわパンケーキが人気のカフェ『ESPRESSO D WORKS』 ~黒猫スイーツ散歩 池袋編③~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”池袋編の第3弾です。
noimage
三鷹の街で愛されるカフェ『フジヤコーヒー』。すべて手づくり、妥協しないメニューへのこだわり。
三鷹の地で10年ほどに渡って親しまれていたカフェ「横森珈琲」が、2022年10月に『フジヤコーヒー』と名前を変えた。地元の人たちからも愛される憩いの場を新たな体制で守り、発展させようと奮起する店主の藤谷奈都美さんと池野諭(さとる)さんに話を伺った。
noimage
「こんにちは」から始まる中野の『silo coffee stand』。美容師オーナーによる人の輪をひろげるコーヒースタンド
中野駅の南口から3分ほど歩いた商店街にある『silo coffee stand(シロコーヒースタンド)』は、中野で美容師として働くヤベケンタさんが始めたコーヒースタンド。2020年にオープンし、いまでは地元の人たちが集うコミュニケーションの場となっている。美容師オーナーが目指す、理想のコーヒースタンドとは?
noimage
ドリップバッグのアソートメントセット“CafeSnap Diversity Collection 2022 winter”発売!
“コーヒーの多様性を楽しむ”をコンセプトに、自家焙煎店のコーヒーを厳選してお届けしているCafeSnap Diversity Collection。2017年から始まった本企画も第17弾を迎えました。今回は6個入りのアソートメントセットのパッケージをリニューアル! クリスマスギフトにおすすめなセットはもちろん、単品ひとつからの購入も可能です。華やかなホリデーシーズンを彩る6店、12種のドリップバッグをぜひお楽しみください。
noimage
逗子・葉山の多幸感あふれるグルメ&カフェ6選。味、景色、心意気が贅沢です!
穏やかな気候風土がそうさせるのか、逗子・葉山界隈は総じてどこも居心地サイコーです。 海と山と街が近く、店主は顔なじみからイキのいい食材を手に入れる。のんびりゆったり、真の豊かさを味わえる6店をご紹介します。
noimage
鎌倉のとっておきグルメ&カフェ6選。ほっとひと息をついて充電しよう!
真似のできないスペシャルなあの味、あの空間を求めて鎌倉を訪れませんか? 扉を開けると、自分でも驚くほどふわ〜っと頬がゆるんでしまうような、とっておきの6店をご紹介します。

コーヒーのスポット一覧

1〜12件(全318件)
noimage
AWESOME STORE&CAFE IKEBUKURO(オーサムストア アンド カフェ イケブクロ)
全国に60店舗以上展開する人気雑貨店AWESOME STOREの、カフェ併設店。建物内で雑貨店とカフェは繋がっており、右手側のカフェはニューヨークの街並みをイメージした楽しげな雰囲気。人気のベーグルはスイーツ系も食事系もあり、あえてベーグルの上に具材をトッピングしていて見た目も可愛い。具沢山のホットドッグや、FLY! PO!!! という名のフライドポテトもおすすめだ。
noimage
珈琲家族(こーひーかぞく)
昭和の時代から続く『珈琲家族』は、サイフォン式のおいしいコーヒーと懐かしい味わいの軽食をいただける老舗の喫茶店。母娘2人が醸し出すアットホームな雰囲気のなか、心おきなくくつろぐことができて、きっとだれもが心癒やされるだろう。
noimage
年茶屋(ねんちゃや)
狭い坂道の途中にひっそりある古民家カフェ。明治築の養蚕農家跡をセルフリノベーションした空間で、コーヒー550円やこだわりのクリームソーダ550円を手にホッとできる。自家製パニーニの日替わり年茶屋セット1200円(コーヒー付き)や、テイクアウトのパンや焼き菓子も好評だ。
noimage
フジヤコーヒー
三鷹の地で10年ほどに渡って親しまれていたカフェ「横森珈琲」が、2022年10月に『フジヤコーヒー』と店名を変えて再出発。横森珈琲時代からスタッフとして働いていた藤谷奈都美さんが新たな店主となり、コーヒーをはじめ提供する商品などに対する良い部分は踏襲しながら、お客様目線でさらなるサービス改善やチャレンジに励んでいる。
noimage
2F coffee(ニエフ コーヒー)
小さな扉を開けて2階に上がれば、大きな窓のある開放的な店内が広がる喫茶店。いつまでも変わらない、街の喫茶店でありたいという店主の願いが込められたコーヒーの名店。
noimage
珈琲 王城(コーヒー オウジョウ)
昭和時代から変わらない歴史ある店内の雰囲気に、安心感を覚える喫茶店。看板商品は、20cm以上もある大きさを受け継いできたチョコレートパフェ。
noimage
カフェテラス ごん(かふぇてらす ごん)
高円寺庚申通り商店街にある、昭和53年(1978)12月の創業の喫茶店。中村洋二さん、和子さんご夫妻で営む高円寺でも老舗の純喫茶は、10種類はあるオムライスやおにぎり、雑炊などのご飯メニューが人気だ。オムライスと生姜焼きがセットになったワンプレート980円は、柔らかくみっちりと卵に包まれたケチャップライスと、やや甘めの味付けの生姜焼き、サラダがひと皿に盛られたもので、ボリュームも満点の一品。淹れたてのセットコーヒー220円と一緒に味わおう。
noimage
カフェ鈴木
1999年オープンのカフェ。自家焙煎の豆をイタリア製のエスプレッソマシーンで淹れる。入り口は低く真っ黒な扉で、店内は真っ暗。五感を研ぎ澄まして、味わいと余韻が残るよう考えられている。シェイカーを使い、ふるふる食感に仕上げたエスプレッソ・ゼリーは、工夫が凝らされた衝撃の味わいだ。
noimage
蕪木(かぶき)
2016年開店の自家焙煎コーヒーと自家製チョコレートの店。一軒家の1階が工房、2階が喫茶室になっている。コーヒーはネルドリップで1杯ずつ丁寧に淹れている。冷たいコーヒーの場合はさらにシェイカーに移して氷の上を転がし、香りを閉じ込めるため、濃さと豊潤さが長くゆっくりと味わえる。
noimage
OGA BREWING CAFE(オージーエー ブルーイング カフェ)
ビール好きが高じて、ビアバーのオーナーから自身でビール醸造を始めるようになった店主が営むブルワリーカフェ。店のすぐ隣りで造られるクラフトビールを主役に、ビールと相性のよいフードメニューや、コーヒーなどのノンアルコールドリンクが揃う。
noimage
珈琲道場 侍
生家が合気道の道場だったオーナーが武道の精神を接客に活かそうと、1978年に創業。ロッキングチェアの揺れに身を任せていると、普段なら難しく思える本もすんなり読めてしまう。フルーツたっぷりの固めの自家製プリンは、コーヒーにも良く合う味で絶品。トーストもバリエーションが多くておすすめだ。
noimage
Kimi Natural 73+ CAFE
旅好きな外国人が集う、池袋・貴美旅館の中にあるカフェ。宿泊用の個室を家族や仲間同士で使用できるので、ゆったりリラックスしてスペシャリティコーヒーが飲めると評判だ。農薬の少ない野菜や無添加の食材、質のいい調味料を使い、安心安全なおいしさを提供している。ランチで人気なのがイタリアの軽食であるピアーダ。小麦粉とオリーブオイル、塩を練って薄く焼いた自家製の生地に、生ハムやカマンベールチーズ、野菜をたっぷりとはさむ。ボリューム満点の一品だ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ