バーの記事一覧

1〜10件(全92件)
noimage
爪切男、東中野の夜をゆく。何もないが、すべてがある道へ
駅西口のターミナル整備や駅ビルの建設と共に進められてきた、近年の東中野の再開発。今もなお開発は続いているが、ムーンロードはその流れに抗うかのように、ささやかに、しかし力強く夜を照らしている。
noimage
中野ブロードウェイ近くにある『STRAW HAT』で味わう家庭的でふっくらとしたハンバーグ
中野駅からアーケードの商店街を歩き、中野ブロードウェイに入る手前、白線通り沿いにあるカフェ&バー『STRAW HAT(ストローハット)』。家庭的な雰囲気と料理が好評で、連日多くの客でにぎわっている。人気の秘訣はハンバーグ。それほどまでに魅了するハンバーグとはどんな味だろう。
noimage
ちょっと怪しい?現役の探偵がおもてなし! 池袋『探偵カフェ PROGRESS』は女性に人気の探偵のいるカフェ&ダイニングバー
池袋西口から徒歩2分。居酒屋や料理店などが入居する雑居ビルの9階にある『探偵カフェ PROGRESS(プログレス)』。昨今、さまざまなコンセプトカフェが登場しているが、この店のコンセプトは探偵。スタッフはすべて現役の探偵だ。小説やドラマなどの中でしか知らない探偵との会話も楽しめるカフェ&ダイニングバーなのだ。
noimage
【東京ひとりさんぽ】新宿 ~繁華街の静寂を楽しむ~
世界有数の乗降客数を誇り、にぎわい絶えぬ街並み。そんな新宿では、ふとしたところで静寂と出合う。喧噪の中でエアポケット的に存在するそれらは、多様性が育んだ新宿の進化の歴史に深く関わっていた。
noimage
渋谷で食べたいランチ8店。カフェ、イタリアン、アジア料理……今日はなんの気分?
渋谷でランチをしたいとき、あまりにも店がありすぎて迷ってしまうことはないだろうか。そんなときのために、カフェやハンバーガー、イタリアン、アジア料理など8つの多彩なランチを集めてみた。その日、食べたいものの気分によって決めてみてほしい。
noimage
奥渋谷の『サイダーノート』はイギリス“サイダー文化”の発信地。具材たっぷりベーグルサンドと一緒に乾杯!
渋谷駅前の喧騒から離れた奥渋谷エリアに、2020年3月に誕生した『cider naut(サイダーノート)』。日本初の樽詰サイダー(シードル)専門店で、世界中から集められた常時8~10種類の個性豊かな樽詰めサイダーを楽しめる。今回は、生地から丁寧に作られたボリューム満点のベーグルサンドと一緒に味わってみた。
noimage
神保町American bar『Pine』のアメリカンな空間で、キューバサンドをはじめTEXMEX料理の日替わりランチ
神保町駅から徒歩3分、突如現れる個性的な店American bar『Pine』。店内に入ると、アメリカンビンテージがぎっしりの異空間。ランチは人気のハンバーグなど自慢のTEXMEX料理から、毎日1品ずつ登場する。毎週金曜日のランチはキューバサンド。バターでこんがり焼いたバゲットとスペアリブ、チーズ、ハム、ピクルスなどがはさんであり、ボリューム満点だ。
noimage
【BAR PANORAMA(バールパノーラマ)】池袋で花火が見られる!グランドシネマサンシャインの絶景カフェ
BAR PANORAMA(バールパノーラマ)は、グランドシネマサンシャイン池袋にあるカフェ&バル。最上階からのパノラマビューを楽しみながら、本格イタリアンや豊富なお酒がいただけます。ここでは「BAR PANORAMA(バールパノーラマ)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、昼と夜に行ってきた感想を紹介します。とにかく景色が最高!居心地抜群なリピート穴場カフェです
noimage
高層ビルの狭間に滲(にじ)むあったかい人情 大井町・大崎さんぽ
タワーマンションが増え、ここ数年で新しい住民が急増。ピカピカのオフィスビルも多く、みんな忙しそうだ。けれど、街を歩いて感じたのは、つながりを大事にする人々の温もりだった。
noimage
巣鴨のたこ焼きバー「をごちゃん」に行ってきた!たこ焼き・焼きそばの隠れ家的名店
巣鴨の「をごちゃん」は、たこ焼き&焼きそばが人気の居酒屋バー。巣鴨のたこ焼きバー「をごちゃん」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にたこ焼きと焼きそばを食べた感想を紹介します。店主はミシュランビブグルマン獲得の大阪の有名たこ焼き屋出身!

バーのスポット一覧

1〜12件(全155件)
noimage
STRAW HAT(すとろー はっと)
家庭的な雰囲気と料理が好評で、連日多くの客でにぎわっている。名物の「手作りジューシーハンバーグ」は、企業秘密の牛肉と豚肉の割合に、たっぷりの玉ネギが入る。ふっくらとして肉汁あふれるハンバーグは、玉ネギのシャキシャキ感と甘みがアクセントになる。甘みがやや強く、ほどよいスパイシーさがあるソースが旨みを引き立ててくれる。ウィスキーやカクテルを中心にした多彩なラインナップなので、バータイムも楽しめる。
noimage
マ・ヤン
東田ママがこの店をシャンソニエとして始めてから半世紀近く。今ではすっかりムーンロードの顔となった。店の扉は重厚だが、一度入ればあまりにフレンドリーな店の雰囲気に酒もすすんで、あとはママに進められるがままにピアノの伴奏で歌を歌うだけ。ミュージック・テーブルチャージ2500円、ドリンク500円~。
noimage
BARバレンタイン(ばーばれんたいん)
Tシャツ屋『ハードコアチョコレート』直営バー。1970・80年代生まれなら誰もが通ったあんな趣味やこんな趣味がこれでもかと詰め込まれている。特にプロレス好きならぜひ一度。チャージ+ 1 ドリンク1000円、次の一杯から450 円~。
noimage
探偵カフェ PROGRESS(たんていかふぇ ぷろぐれす)
探偵社が運営するカフェ&バーで、スタッフは全員探偵。KEEP OUTのテープが貼られた入口、店内の床には事件現場のように人型の白い線が描かれ、怪しい雰囲気満載。実調査に基づいたリアルな浮気調査の報告書を見られるのも好評。個性的な料理が豊富で、コラーゲンたっぷりのワニタンの炙りやコリコリとしたサボテンのナムル、約30種のラーメンなど、これを目当てにリピートする人も多いという。スイーツや駄菓子を、リキュールやシロップで再現したスイーツカクテルは女性に人気。
noimage
BAR Dram Beg
スコッチ、薬草酒、リキュールに頼らず旬のフルーツでつくるカクテルに力を入れるバー。Bowers & Wilkinsのスピーカーから流れるレコードの音がいっそう心を緩ませる。
noimage
BAR BANK
駅の目の前ながら、螺旋(らせん)階段を上った3階という立地に穴場感が漂う店。スコッチのシングルモルトを中心にウイスキーを厚く揃え、飲み比べの手ほどきもしてくれる。
noimage
Cidernaut(サイダーノート)
2020年3月、奥渋谷にオープンした都内初の樽詰サイダー(シードル)専門店。世界中から集められた個性豊かな樽詰めサイダーが常時8~10タップ揃う。ラインナップは定期的に入れ替わり、日本では滅多に出会えないサイダーとの一期一会も。ボリュームたっぷりのベーグルサンドをはじめとする、サイダーと相性のよいパブフードも提供。
noimage
COCKTAIL WORKS 神保町
約200種のクラフトジンとフレッシュフルーツやハーブのミクソロジーカクテル、カジュアルイタリアンを堪能できる店。クラフトジンには、季節にあったフルーツとサラダを合わせるのがおすすめだ。
noimage
Pine(ぱいん)
神保町駅から徒歩3分、American bar『Pine』は、アメリカンビンテージがぎっしりの異空間。ランチは人気のハンバーグのほか自慢のTEXMEX料理から、毎日1品ずつ登場。金曜日のキューバサンドは、バターでこんがり焼いたバゲットとスペアリブ、チーズなどがはさんでありボリューム満点だ。
noimage
目黒区美術館 カフェ/ラウンジ(めぐろくびじゅつかん カフェ ラウンジ)
目黒区美術館内の休憩スペースを兼ねたカフェ。1987年の開館以来、区民のボランティアによって運営されている。コーヒーやクッキーが手頃な値段で提供されているほか、展覧会に合わせて限定メニューも登場する。
noimage
へなちょこ
お子さま連れ大歓迎の日本酒バー。金・土・日のみ営業という変則スタイルだ。日本酒に惚れ込んでいるオーナー曰く「日々新しい日本酒を試し、お客様に合わせたお酒を提供できるよう、幅広いラインナップを用意しています」。
noimage
SAKE BAR オトナリ
お酒も料理も生産者とつながることに重きを置く店。例えば「天狗舞」は、店長が自ら石川県の蔵を訪れて、異なる磨きの酒米で造ったお酒をブレンドしたものだ。ペアリングの料理にも大いにこだわっている。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ