酒場 シナトラ

懐かしさに魅了され幅広い世代が集う

酒場シナトラ看板メニューである肉豆腐は、秋田牛のスネ肉をじっくり煮込みほろほろとした仕上がりに。

戦後からのバラック跡地に立つビル。その地下の隅っこの、昭和感を醸す酒場が大にぎわいだ。ガラスの引き戸を開くと、巨大なコの字カウンターがさらに膨れるほどの活気で、酒や料理を注文する声にBGMが遠ざかる。オープンキッチンで腕を振るうのは、系列のビストロで腕を鳴らした料理人たち。仏料理の繊細さを活かした肴が自慢だ。イチオシは、A4ランクの秋田牛で作る肉豆腐780円。一人客には小サイズを勧めてくれる。

BGMは忌野清志郎。
い草が香る縄のれんが目印。目黒の地下街にひっそりとたたずむどこか懐かしい雰囲気。

『酒場 シナトラ』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-27-1サンフェリスタ黒B1/営業時間:17:00〜24:00LO(日・祝は17:00〜23:00LO)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩2分

ぴんちょ

日本酒で楽しむ和ピンチョス

待ち合わせのほか、満席でもここで飲みながら待つことができる。

酒の升や竹、白木など和のエッセンスに、スペインバスクを彷彿とさせるモダンなタイルを合わせるなど、権之助坂でひと際目を引くスタイリッシュな空間。スペインのサン・セバスチャンにあるバルからヒントを得て、独自に和と洋のアレンジを加えたフィンガーフードのピンチョスをつまみに日本酒が味わえる。雲丹とうふのタパスや、鮭クリームチーズに味噌を合わせるなどユニークで見た目もおしゃれ。好奇心がくすぐられる新しい出合いを楽しもう。

2階はムーディーな照明の下にテーブル席が並ぶ。
おまかせピンチョス3種盛合せ990円。

『ぴんちょ』店舗詳細

住所:東京都目黒区目黒1-6-13/営業時間:11:30~14:30・18:00~24:00(金は18:00~翌2:00、土は17:00~翌2:00、日・祝は17:00~23:00)/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩5分

ANOTHER 8

廃墟ガレージがクラフト酒場に大変身

京都醸造の「春夏秋冬」シリーズの夏。ラージ1200円。上州牛の燻製たたき1350円やカリフラワーのグリル800円。 ※メニューは変更になる場合あり。

坂道にあった古いガレージに惚れ、「ここで、職人魂が光る日本のお酒を広めたい」と、決意したオーナーの大東赳彦さん。キャッシュオンのラフさに加え、スタンド席もソファ席も配置し、使い方自在の空間を作った。酒は、縁起のいい「8」にあやかり、タップ8本(ビール7、ワイン1)、日本酒8本を常備。これらに、和洋中の幅広い料理が伴走する。サクッと1杯の予定が、アナログレコードも心地よく、店内を回遊する輩も。

メニューを手に「ご説明します」とスタッフの小松蓮さん。
DJが入る夜もある。

『ANOTHER 8』店舗詳細

住所:東京都目黒区下目黒1丁目2−18/営業時間:17:00~翌1:00/定休日:火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩4分

目黒FLAT

ワインをグビグビ飲めるカジュアル空間

ピンチョスの盛り合わせ単品350円(3種1000円)。写真は鶏肉パテ、オリーブ、鶏ハムなど。八ヶ岳直送! 有機野菜盛りサラダ820円、がぶ飲みワイン500円。

突き出しはカゴ盛りの自家製パン。氷が浮かぶジョッキワインともども、気張らない風情に小躍りしたくなる。二人組オーナーの一人、矢吹通康さんは和食出身だが、物件を見つけたとき「和食は合わない」と方向転換。料理もパンありきで攻める。クリームチーズで伸ばした鶏肉パテ、まろやかな酸味のピクルスはもちろん、有機野菜サラダのドレッシングですら、パンのソースに早変わり。皿をぬぐいながら、ワインが果てしなく進む。

右から矢吹さん、阿部剛大さん。
パン屋も併設。

『目黒FLAT』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-15-5 1F/営業時間:12:00~23:30/定休日:第2月/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩1分

居酒屋 友

日本酒ラバーズなら狂喜乱舞の酒肴揃い

「店はまだ30年」と仲村夫妻。

まず供されるのが突き出しの小鉢4品。大皿料理から取り分けられ、きんぴらやナスの揚げ浸しなどを肴に、いきなり日本酒がくいくい進む。酒は季節酒も含めて約60種。「蔵元に行くとつい飲みすぎて、夢かと思っちゃうから」(マスターの仲村実さん)。昨今は試飲会を巡り、室町、江戸、近代、現代で異なる仕込みを復刻した島根の隠岐誉と出合った。生粋の目黒っ子でもあり、地元の仲間たちが作る妙味も、メニューにのぼる。

手造りしゅうまい500円、大山鶏のレバーさし500円、突き出し4種、隠岐誉700円は室町時代の仕込み方。
「健康いちばん、笑顔はにばん、酒はまいばん」と掲げた入り口。

『居酒屋 友』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-18-14-2F/営業時間:17:00 ~24:00/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩2分

和酒バル KIRAZ

日本酒と洋食のマリアージュが楽しい

利き酒セット3種1650円。前菜は日替わり。

「この数年で日本酒の種類が増えました」とオーナーの馬宮加奈さん。流通が発達し、無濾過の原酒が出回るようになった。若い杜氏が増え、蔵の個性を追求しようという気運が高まったことも大きい。何を隠そう、馬宮さんは『三芳菊酒造』の娘。実兄は杜氏だ。酒の選択肢が広がれば、料理との組み合わせパターンも増す。そこで馬宮さんが提案するのは、「素材を重んじる」スペイン料理。1年間熟成し、和三盆糖のような上品な甘みの和酒バルKIRAZプロデュース商品「Kinkon Tokyo 貴醸酒2018」は、スペインオムレツ(トルティージャ)に合わせると華やかな味わいに変貌するのが不思議だ。スペインの生ハムパテ(ソブラサーダ)には、軽やかな酸味が特徴の発泡酒「新政 天蛙」がソース代わりにピッタリ。まずは、日本酒3種に前菜5種が付く利き酒セットを試してみよう。

グラタン1430円。燻製にした魚介など、その時々で具材は変わる。しっかりした味の牡蠣のアヒージョ1760円には「三芳菊 阿波山田錦 特別純米無濾過生原酒」を。
日本酒の間口を広げることが馬宮さんの第一義。ご実家の『三芳菊酒造』に限らず、全国各地の個性豊かな品々を揃える。野菜は農家から直送されたものを使い、ていねいに手作り。

『和酒バル KIRAZ』店舗詳細

住所:東京都目黒区三田2-9-5 1F/営業時間:18:00~24:00/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩9 分

小野田商店

部位の違いが際立つホルモン専門店の煮込み

もつ煮込みとプレミアムモルツ生ともに550円。なんとメニューのほとんどがワンコイン+税。

牛スジ、牛タンシタ、ハチノスが入った煮込みは、味を自分で調整する。塩と黒胡椒とポン酢。猛暑日には塩を多めに入れて、ビールをグイっとやる。牛の内臓だけでつくった煮込みは牛の旨味がガツンとくる。その次は、煮込んだ豚タンをポン酢にちょいと付けて口に放り込む。またビールをグビグビっとやる。外から店内を覗くとバーと見紛うカウンターで、主の小野田慎史さんと世間話をしながら、煮込みとビールから始めるのがお決まりのパターン。最近は女子が予約して男子がついてくるパターンのほうが増えたって? へえ、時代も変わったもんだ。

店主の小野田さんはホルモンだけでなく焼酎の知識も豊富で、品揃えはマニア垂涎。
口の中でほぐれるゆでタン。

『小野田商店』店舗詳細

住所:東京都目黒区上目黒3-7-3 AOI HOUSE NAKAMEGURO Nビル1F/営業時間:18:00~翌2:00(金は~翌3:00)/定休日:火/アクセス:東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅から徒歩1分

構成=株式会社エスティフ 取材=佐藤さゆり・松井一恵(teamまめ)、井島加恵、藤井誠二、信藤舞子、撮影=丸毛 透、猪俣慎吾、オカダタカオ、山出高士