四ツ谷の記事一覧

1〜8件(全8件)
『ノルウェイの森』に描かれた四谷・目白台さんぽ―side 直子―【村上春樹の東京を歩く】
僕は三十七歳で、そのときボーイング747のシートに座っていた(『ノルウェイの森』冒頭より) 僕は三十七歳で、飛行機のシートではなく自宅のデスクの硬い革張りのオフィスチェアに座っている。たまたま僕は今、『ノルウェイの森』の主人公ワタナベと同じ年齢であり、村上春樹が本作を執筆していた年齢を迎えた。そんな偶然が今回『ノルウェイの森』についての文章を書く大きな動機になった……というのは後で取ってつけた話なのだけど、そんな何やかやの偶然も重なり、こうやって村上春樹についての文章を書くありがたい機会を得た。最初に断らなければならないが、僕は村上春樹の研究者でもマニアでもない。学術論文のような専門...
扉を開ければ異国の香り。韓国、マレーシア、ポルトガルにチベット&ネパールの未知なる世界の鍋
ところ変われば鍋も変わる。料理にはその土地の風土が凝縮されていて、お国柄が見えてくる。新宿・池袋・四ツ谷・泉岳寺、飛行機に乗らなくても食べに行ける、ちょっと珍しい世界の鍋をご案内。
谷の起点、尾根の道、ダムの痕跡……荒木町の凸凹を、縦横無尽に歩きまわる!【凸凹地形さんぽ 後編】
こんにちは、ライターの吉玉サキです。方向音痴の克服を目指すこの連載。ストイックに克服を目指すばかりじゃなく、街歩きの楽しさも知ろうと、地形マニアで知られる皆川典久さんのガイドで東京の街を歩いてみました。そんなブラタモリみたいなこと、体験していいのかな。前編ではJR信濃町駅を起点に、四谷の「4つの谷」を歩きました。後編は、引き続き凸凹地形に注目しながら、映画『君の名は。』のラストシーンで有名な須賀神社の階段や、荒木町商店街を探索します。はたして、迷子の達人は「散歩の達人」になれるのでしょうか?
四ツ谷で飲むなら、気分が上がるこだわりの居酒屋で。
四ツ谷は高級割烹からビストロ、ミシュラン掲載店など幅広い分野の飲食店が存在しており、飲みに行く選択肢には事欠かない。こだわりがある昔ながらの店が多く、懐かしい雰囲気が漂っているのも魅力の一つだ。今回は、中でも厳選した2軒の四ツ谷の居酒屋を紹介する。雰囲気が良い店なので気分があがること間違いなしだ。
東京のおでんが美味しい名酒場。さぁ極上の一杯を求めて出かけよう。
日本の首都・東京は、最先端のトレンドを発信する地や下町風情の残る街など今と昔が混在する大都市。飲み屋にもそんな時代の交錯を感じることができる。今どきのおしゃれでモダンな居酒屋からどこかノスタルジックなムード漂う酒場まで数あるお店のなかからぜひとも一度は訪れたいおでんが美味しい名酒場をピックアップ。さて今宵はどこで飲もうか、幸せな悩みも嬉しい。
アイス、クレープ、人形焼き、たい焼き……おやつで楽しむ“東京の味”。【東京さんぽ図鑑】
戦後に大衆化した「アイス」、若者文化の象徴「クレープ」、定番の東京みやげである「人形焼き」、変わり種も登場している「たい焼き」。どれも、“東京の味” “東京らしさ”を味わうことができるおやつだ。それぞれの歴史や魅力と、代表的なお店を紹介する。
明治~現代の地図を見られるアプリ「東京時層地図」。荒木町の街歩きでその楽しさを堪能
古地図を片手に東京の街を歩く……というのは、歴史散策好きには定番の楽しみ。近年、そうした趣味を持つ好事家たちのあいだで、熱烈な支持をされているスマホアプリがある。それが一般財団法人日本地図センターが手掛ける「東京時層地図」だ。
赤坂見附駅からはじめる赤坂・四谷・新宿散歩~迎賓館から飲み屋街まで都会の魅力満載コース
バッキンガム宮殿を模したという迎賓館赤坂離宮から四谷の寺町へ。自然派なら四季の花が咲く新宿御苑も楽しみ。変化に富む都心散歩のあとは、新宿末廣亭の夜席を楽しむもよし、新宿ゴールデン街や『どん底』でちょっと一杯ひっかけてから帰るのもいい。

四ツ谷のスポット一覧

1〜11件(全11件)
肉の竹井商店
明治時代に浅草で創業し、現代は4代目が営む。肉の卸業だからできる良質なお肉をお買い得価格で販売。肉のおいしさを味噌が引き...
マヌエル・カーザ・デ・ファド
ポルトガル南部、アルガルヴェ地方に伝わる郷土料理が楽しめる店。海の幸のカタプラーナは、タラやアサリなどの魚介を、同国に古...
鬼平
四ツ谷近くのオフィス街から常連が集まる居酒屋。和を基調とした店内の雰囲気は、レトロでゆったりと落ち着いている。料理も幅広...
おでんや den
出汁は昆布とかつお節がベースで、清々しいほど透明な味わい。つゆがたっぷり入った半熟卵や珍しいカマンベールチーズのおでんは...
うどん咲花善伝(うどんさかいで)
北海道産小麦粉使用のコシの強い手打ちうどん。利尻昆布や魚介節類でとったダシを薄口醤油で仕上げる。鶏そぼろ、浅漬け、大根お...
消防博物館(しょうぼうはくぶつかん)
江戸時代の町火消しの活動、明治から昭和初期までの消防装備の変遷や、実物資料を使って展示する。大正から平成までの消防自動車...
新宿歴史博物館(しんじゅくれきしはくぶつかん)
区内で発掘された旧石器時代の石造物や、宿場町として栄えた内藤新宿、文学者たちの作品を通じて新宿の歴史を紐解く。昭和初期の...
四谷於岩稲荷田宮神社(よつやおいわいなりたみやじんじゃ)
田宮家の娘・お岩が信仰し、家勢を再興したことから有名に。『東海道四谷怪談』が歌舞伎で上演されるとさらに参詣者が集まった。...
須賀神社(すがじんじゃ)
四谷の総鎮守で、地元では天王様として親しまれている。社殿の長押の上の色鮮やかな三十六歌仙絵は一見の価値あり。11月の酉の...
たいやきわかば
昭和28年(1953)に駄菓子屋として開業。昔ながらの手作業で1つずつ焼き上げるたいやき1個180円は、薄くパリッとした...
西念寺(さいねんじ)
徳川家康の長子・信康の冥福を祈るため、家康の重臣で伊賀忍者であった服部半蔵が文禄3年(1594)に麹町に建てた庵が始まり...
PAGE TOP PAGE TOP