門前仲町の記事一覧

1〜10件(全12件)
交差する江戸とTOKYOの空気感。“住んでみたい欲”を刺激される水辺の街・門前仲町へ【ぶらりマンション巡り】
例年夏は、江戸三大祭りのひとつ、深川八幡祭りで盛り上がる門前仲町。下町風情が色濃く残る「もんなか」は、東京駅まで10分台と都心へのアクセスによさに加え、運河沿いの遊歩道や公園も多いため、暮らしやすさも二重丸。大型マンションの多いお隣の越中島とあわせ、水辺の街を散策してみた。下町や大衆酒場だけじゃない新たな発見も!
東京の気になる絶品トースト5選。パンとバターの幸せな香りはモーニングにもランチにもおすすめ!
喫茶店のメニューを見ると、つい気になってしまうトースト。パンの厚み、焼き方から切り方までさまざまで、決してモーニング専門要員じゃありません。お店のポリシーが凝縮したトースト5選を紹介するので、おいしいコーヒーと一緒にいかが?
門前仲町駅からはじめる深川・門前仲町散歩 〜門前町の風情と、水と緑にあふれる庭園を満喫する〜
スタート:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅ー(3分/0.2㎞)→深川ゑんま堂(法乗院)ー(7分/0.5㎞)→深川不動堂ー(2分/0.1㎞)→富岡八幡宮ー(11分/0.8㎞)→木場親水公園ー(11分/0.9㎞)→木場公園ー(27分/1.8㎞)→古石場川親水公園ー(19分/1.3㎞)→帆船明治丸ー(5分/0.4㎞)→ゴール:JR京葉線越中島駅今回のコース◆約6.0㎞/約1時間25分/約8000歩
深川の街角からいつでも行ける地獄のテーマパーク。「深川ゑんま堂」で日帰り地獄見物!【エンマの休日】
地獄は1月16日と7月16日が休みの年休2日制。この日は地獄の釜の蓋が開き、閻魔堂を開扉して地獄絵を公開したりする。でも、深川ゑんま堂は月2回ご開帳で地獄絵は毎日見放題。休日だらけの夢のような地獄だ!
深川は“紙モノ”が集う街! 紙に興味が湧く印刷工場&個性派書店を紹介します
印刷業やその関連会社が多い江東区・墨田区エリア。一説によると戦後、工場が集中していた中央区の地価が上がり、こちらに流れてきたとか。近頃は製造工程をオープンにするところも。街を歩けば歩くほど、紙に興味が湧く。
東京のおもしろ御利益神仏スポット11選。ニッチでユニークな願いごとを叶えてくれるスポットへ! 
人の数だけ願いはあるから大都市東京では、神社や寺の御利益も多彩で、時代と共に変化もしている。こんなのも? というニッチな願いが叶う神仏スポット11選をご紹介。困ったときにはその関係の神仏を探して、参拝しよう!
“百薬の長” 健康酒のススメ! 東京で健康酒を飲めるお店&買えるお店を紹介します
薬草酒、ジン、ハーブリキュールなど体にいい成分を含み、薬効があるという健康酒。さらに、今まで普通に口にしていた梅酒やヨーグルト、マッコリなども、体にうれしい効果あり。おいしくて健康になれるなら、飲まなきゃソン! というわけで、東京で健康酒を飲めるお店&買えるお店とおすすめのお酒をピックアップして紹介します。ただし飲み過ぎには要注意!
【新年特別企画】十二支の動物にまつわる寺社への初詣「動物初詣」のすすめ
【編集部より】新年あけましておめでとうございます。オギリマサホさんによる当連載、現在「もなか」がテーマの第2回が終わったところで、今回は第3回の予定でしたが、巡り合わせよく2021のお正月が間に挟まってしまいました。毎年干支の動物にライダー姿で跨る「十二支ライダー」の年賀状(メールのみ)が出版界をざわつかせているオギリマさんですが、それと似て非なる年中行事として「動物初詣」も続けておられるとか。「だったら、ジミな『もなか』は一回飛ばして十二支初詣の話を書いてくれませんかねえ?」という編集部の願いが叶い、今回のテーマは動物初詣と相成りました。もなかファンの皆様には大変申しわけございませんが、ちょ...
手間暇かけて、素材にもこだわる! 門前仲町・清澄白河で味わえる“夏の甘味”
冷たいスイーツの季節到来。夏甘味なら門前仲町・清澄白河の下町へ。単なるおやつ呼ばわりじゃ、失礼なほどのこだわり。涼菓の王道ど真ん中をゆく定番から見かけたらとても素通りなんてできない新顔まで。和菓子にコーヒー、ソフトクリームまで。それぞれの道を究めたプロフェッショナルが腕を振るったぜいたくな一品で、ひと息つきませんか?
門前仲町の居酒屋で、下町情緒を味わいながら、うまい酒をゆっくり飲む。
下町情緒を残し、年齢を重ねるほどに味を感じる門前仲町。軒を連ねる居酒屋も、地域に根付いたどこか人情味ある店舗が多い。中でもおすすめの店をご紹介。

門前仲町のスポット一覧

1〜12件(全23件)
深川ワイナリー東京
醸造所横のスペースでボトルの購入や試飲(20ml200円~)ができるほか、16時からはレストランとしても営業。牛ほほ肉の...
SORAYA
古材やグリーンに囲まれた店内は、心地よい空気が流れる。料理長自身が食べるの大好きなため、日替わりのごはんプレートやパスタ...
Books&Cafe ドレッドノート
戦争や近現代史、オカルト系まで計2000冊強の新書・古書が並び、その多くが閲覧・購入可能。スペシャリティコーヒーはコクの...
エスポワール
1970年に開店した喫茶店。元パン屋という経験が編み出すトーストは、多くの超人気サンドイッチメニューに負けない味わいだ。...
深川不動堂(ふかがわふどうどう)
元禄16年(1703)、成田山新勝寺の御本尊の出開帳をしたのが始まり。明治14年(1881)に不動堂が建てられた。新勝寺...
古石場川親水公園(ふるいしばがわしんすいこうえん)
江戸城築城の際の石置き場があったところで、石のオブジェが点在する。園内の水路を流れるのは海水なので、アサリの発生を見られ...
大衆酒場 魚三(たいしゅうさかば うおさん)
1階と2階のコの字形カウンター席は連日多くの人でにぎわう。元が魚屋なので、魚料理が人気。まぐろ240円や中トロ650円な...
法乗院 深川ゑんま堂
日本橋方面から永代橋を渡り、深川一丁目児童遊園を経て詣でると、三途の川を渡って冥界へ行く気分が出る。直前で首都高を潜るが...
マエダ特殊印刷
「戦後間もない1950年に祖父が始めました」と3代目の前田努さん。現在は社名の“特殊印刷”を拡大解釈し、シール印刷から派...
梅酒屋ガレージ(東京)× Sake Shop海琳堂(かいりんどう)
2020年7月オープン。日本酒輸出専門問屋『海琳堂(かいりんどう)』が、大阪の梅酒・果実酒の専門店『梅酒屋』とコラボし、...
いり江
昭和3年ごろ、寒天や蒟蒻(こんにゃく)の製造卸として創業。神津島産と大島産の天草をブレンドした寒天はほどよい弾力と香りを...
江戸 深川珈琲本舗
世界の豆を知り尽くしたマスターが営むコーヒー屋。苦みと酸味のバランスを考え、炭焼きの豆を4種類ブレンドし、12時間かけて...
PAGE TOP PAGE TOP