𠮷野鮨本店

日本橋で130年以上時代に流されず江戸前を守る

アナゴ330円やコハダ330円ほか江戸前の仕事が入った握り。シャリが辛めで、ガリも鮮烈な辛さ!

箸袋の裏に「日本橋 髙島屋さん真裏通り」の文字。屋台時代を含め、日本橋で130年以上寿司を生業とする。酢飯は赤酢と塩のみ、マグロはヅケでも出し、コハダは粗塩をまぶしてしっかりしめ、ほぼすべてのネタに煮きりやツメを塗って出すなど、江戸前の仕事を大切にしてきた。「おまかせもいいけど、時には自分の好きなネタを自由に頼んでほしい。寿司の良さはお客さんが自由にメニューを組み立てられるところにあるから」と5代目。

車エビは塩をして甘酢に漬けてから出す。屋台時代は保存も兼ね、もっと漬け込んでいたと思われる。
砂糖を使わず、赤酢と塩のみで酢飯を作る。
5代目。

『𠮷野鮨本店』店舗詳細

𠮷野鮨本店
住所:東京都中央区日本橋3-8-11/営業時間:11:00~14:00・16:30~ 21:30(土は昼のみ)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄日本橋駅から徒歩2 分

繁乃鮨

昭和元年創業の魚屋がルーツ。魚の目利きに自信あり

ランチの1人半前1800円。

ルーツが魚屋だけあり、仕入れるネタには自信あり。「昔は2代目の親父と築地に行って、どんな魚を選ぶのか目で学んでましたね。仲買との付き合いが何十年とあるから、本マグロも最上級のものを出してくれるんです」と職人歴27年の3代目・佐久間さん。縦返し3手という美しい所作で握られる寿司は、やや小ぶりで舟形の品のある佇まい。自慢の赤身を口に運べば、そのねっとりとした官能的な食感と、濃厚なうまみに悶絶!

宮内庁に納めることもあるアジ。江戸前のものを使うことも。
しめたばかりのコハダ。しっかり酢を利かすのが江戸前。

『繁乃鮨』店舗詳細

繁乃鮨
住所:東京都日本橋本町1-4-13 高根屋ビル/営業時間:11:00~13:30・17:00~21:00/定休日:土・日・祝/アクセス:三越前駅A1 出口から徒歩2 分

インドカレー フジヤ

日本橋流に進化したインド人もびっくりの店

キーマカレー850 円を持つ佐藤さん。ごはん皿にサラダがのる。

下駄屋、靴屋、パン屋と続いた小店が、20年前からインドカレー店に。「初めは自称インド人のパキスタン人が作ってたけど、ある日消えちゃった」と、店主の佐藤元規さんは笑い飛ばす。記憶を頼りに試行錯誤し、今じゃじっくり炒めたタマネギに、フルーツやヨーグルトを加えて煮込み、3日ほどルーを寝かせている。人気はチキン。骨からほろりとはずれて柔らかく、現地人御用達の店で調達したスパイスが、ヒリヒリと口中で暴れだす。

店内はカウンター席のみ。4.5種類あるカレーの仕上げは注文後。
チキンカレーのBランチ(~ 14時)900円。

『インドカレー フジヤ』店舗詳細

インドカレー フジヤ
住所:東京都中央区日本橋室町1-12-13遠藤ビル1F/営業時間:11:00~15:00(土は~14:00、ランチメニューなし)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅から徒歩2分

レストラン日本橋桂

心弾ませる一品がメニューに並ぶ洋食店

流れるような動きで調理する、コックの手塚清照さん。

レトロな雰囲気が安心感を与えてくれる老舗洋食店。「夜は飲んべえの集まる店なのよ」と笑うママさんは、昭和37年の創業時から、店を守ってきた。今日もきれいに紙ナプキンを折り、ほどよい距離感の接客でもてなしている。メニューはどれも魅力的。迷って頼んだC料理は、大迫力の大海老フライに目を奪われる。エビの食感を楽しむべく、大きくカットして口に含むと、ふくよかな香りが広がり、ビールと一緒に味わえば、もう最高。

C料理は、ライスも付いて1550円。
白いクロスが落ち着く雰囲気を演出。
客席まで、肉を焼く香ばしさが漂う。
人気メニューのハンバーグステーキ玉子付800円(ライス別150円)。

『レストラン日本橋桂』店舗詳細

レストラン日本橋桂(かつら)
住所:東京都中央区日本橋室町1-13-7/営業時間:11:00~ 14:00LO・17:00~20:30LO(土は昼のみ)/定休日:土夜・日・祝/アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅から徒歩5分

RESTAURANT NORMAL

ハーフサイズでおひとり様イタリアン

蟹と木の子のオムレツハーフサイズ750円。

ふんわり焼かれたオムレツにかけられているのは、エビ、カニを殻ごと煮込み、トマトやエビみそなどと一緒にすりつぶして作るアメリケーヌソース。ほんのり甘くて優しい味に、ふっと心が休まる。「卵は長寿卵を使っています。これがおいしいんですよ」と、話してくれたのはシェフの橋本幸浩さん。雑音を立てず、見目麗しい料理を手早く仕上げる。上質な食材と熟練の技。ひとりでワイン片手に、いろいろなメニューを楽しみたい。

牛ほほ肉の赤ワイン煮ハーフサイズ1000円はスペインワインTARIMA HILLグラス850円と相性よし。
カウンターでくつろぎたい。
2月に神楽坂から移転。小粋な外観。

『RESTAURANT NORMAL』店舗詳細

RESTAURANT NORMAL(ノーマル)
住所:東京都中央区日本橋人形町2-32-6/営業時間:11:30~13:30LO・17:00~ 21:30 フードLO/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄浅草線・日比谷線人形町駅から徒歩5分