1. HOME
  2. 東京都

東京都の記事一覧

1〜10件(全1136件)
ノスタルジックな中華そばがたまらない!令和も荻窪ラーメン界のトップに君臨する『春木屋』を訪ねる
『中華そば 春木屋』は東京のラーメン、ひいては日本の外食ラーメンの歴史に名を刻む老舗である。創業から73年を経た現在も荻窪のラーメン人気を先導する存在であり、抜群の知名度を誇る。そこには時代とともに変化を怠らない努力と、昔から変わらない商売の心があった。
神保町の老舗インドカレー店を訪れたら、奮闘する二代目の姿があった。インドカレー『カーマ』
カレー店が数多ひしめく神保町界隈。さまざまなタイプのカレー店がある中で、インド式カレーの名店は? と尋ねたら、この店の名前が挙がるのではないだろうか。『インドカレー カーマ』の創業は1995年、神保町でも老舗の部類に入る。
小林真佐子写真展『拝啓 辰野金吾様 東京駅 さらなる100年へ』5月19日から72Galleryで開催
5月19日からTOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHYの72Galleryで小林真佐子氏による東京駅にまつわる写真展を開催。アートディレクションは三村 漢氏。東京駅の今なお活用されている文化遺産としての側面にスポットライトを当て、東京の玄関口であり続ける東京駅に関わる様々な人々の想いを見出す写真展。展示は東京駅を設計した辰野金吾に宛てる手紙という形式をとり、およそ100年前に「スペインかぜ」の大流行で亡くなった辰野金吾の状況に現在のコロナ禍の状況を重ね合わせ、これを乗り越えて次の100年に東京駅と東京駅に関わった人々の優れた技術や想いを継承していこうというメッセージも込めて...
街角ペンキ絵美術館~こんな絵描けたらいいなと思った看板たち
イラストレーターの端くれである自分にとって、人の描いた絵というのはどうしても気になる存在だ。いつも「あんな絵が描けたらいいな」という、羨望の気持ちで眺めている。気になる絵は、美術館にばかりあるわけではない。街を歩けば、至る所に絵を発見することができる。中には高名な画家やイラストレーターの描いた広告などもあるが、その大半は作者がわからない絵である。広告屋さんが描いたのか、あるいは絵心のある人が手掛けたのか。今回はそんな街角アートのうち、私が「こんな絵を描いてみたい!」と思ったペンキ絵を取り上げていきたい。
浅草のおすすめグルメ4選。浅草の胃袋を支えてきた愛され食堂
威張ってる奴、金持ちぶる奴を嫌うのが下町の基本。そんな地元客を相手にしているから、旨くて安くなきゃ流行らない。浅草で長い間愛されてきたグルメな4店を紹介。海鮮ちらしにしょうが焼き、昔懐かしいカレーにとんかつ! 気取りは捨てて中身で勝負。昭和な笑顔で、いらっしゃいまし~。
【東京出身者の主張】上京組に物申す! シティーボーイ&ガールのTOKYOブルース
飲み会で「上京した時のあるある話(主に笑える失敗談)」で盛り上がられてしまうと、そこはかとない疎外感に包まれる。共感も出来なければネタもない!そう、私は東京生まれ東京育ちのシティーボーイ。全国46道府県出身の皆さんに言いたい! みんながみんな上京してきたわけではないんですよ。生まれた時から、あなた達に不味いと忌み嫌われる東京の水道水で産湯に浸かり、光化学スモッグ注意報が発令されるなか、コンクリートジャングルを走り回った少年時代。悪の誘惑しかない都会で青春時代を過ごし、やっと大人になったと思ったら「社会人になっても実家暮らしの奴は、自立していない半人前だ」という周囲からの冷たい視線を浴びるなんて...
団子はこんがり。みそ餡はとろり。朝生菓子にこだわる東神田『御菓子司 亀屋大和』【街の愛され和菓子店】
“街の愛され和菓子店”には焼団子を置いている店が少なくない。京都の下鴨神社の御手洗(みたらし)祭に由来するという、みたらし団子の名の方がなじみがある人もいるだろう。甘辛いみたらしダレを絡めた香ばしい焼団子は、おやつにもなれば小腹を満たす軽食にもなるし、甘党にもそうでない人にも支持される。懐にも優しい。間違いなく街の愛され和菓子の代表の1つだ。今回訪ねたのは東神田の『亀屋大和(かめややまと)』。江戸時代から続く老舗和菓子店の一番人気は焼団子。店に並ぶ和菓子の種類は多くない。そしてどれもシンプルだ。それでいて、何を食べてもうなるほどおいしい。まさに少数精鋭だ。
パフェにフルーツサンド、ミックスジュース。新宿『タカノフルーツパーラー』でいただく、今一番美味しいフルーツの一皿。
プロが見極めた食べ頃のフルーツが、こんなにも美味しいなんて! 『タカノフルーツパーラー』の一皿には、うれしい驚きがたくさん詰まっていた。
四ツ谷・市ヶ谷のローカルグルメ6選。上質な料理が気軽に味わえるのはここだ!
上質な料理を食べたい! そんな人におすすめしたい名店が、四ツ谷・市ヶ谷エリアにはあっちこっちにあります。その中から今回は、気軽に本格的な料理が味わえる6店を厳選してご紹介。一度食べれば、胃袋をわしづかみにされること間違いなし!
【東京駅テイクアウトグルメ】今日のあなたはどれをご所望? 「食べたい!」が見つかる12選
これから始まる電車旅に、手みやげに、ランチや夕飯に。好みやシーンに合わせて選びたい。東京駅に数ある店の中から、進化の目覚ましい選りすぐりテイクアウトを集めてみた!

東京都のスポット一覧

1〜12件(全2239件)
中華そば春木屋 荻窪本店
創業73年を迎える『春木屋』。和風だしの効いたスープとちぢれた麺が特徴の中華そばは、王道の味わい。老若男女に愛される、な...
インドカレー カーマ
1995年創業のインド式カレー店。一番人気のチキンカレー900円は小麦粉を一切使わない南インド風のカレーでスパイシーなが...
銀座わしたショップ本店
銀座にある沖縄県のアンテナショップ。本店ということもあり、お店も広く幅広い品揃えが特徴。1階は主に食料品、地下1階は泡盛...
刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り
「家庭料理の最上級を目指す」がテーマの手作り弁当。蓋を開ければ、煮切りした特製割醤油を刷毛で塗り込んだ有明海苔の芳香が。...
神尾弁当
明治30年(1897)創業の老舗駅弁メーカーの力作。代表の神尾雅人さんは「私自身が、エンガワが大好きで」と、食べ応えのあ...
パオパオ
自社の精肉事業部が厳選する、新鮮な豚肉の点心が看板。一番人気は肉まん。ふんわり生地には和豚もち豚とタマネギを練ったタネが...
名古屋コーチン専門 伊藤和四五郎商店(いとうわしごろうしょうてん)
所狭しと並ぶ焼き鳥から玉子焼きに至るまで、自社飼育の名古屋コーチンを使用。焼き鳥はつくね、ねぎま、皮、ぼんじりの4種で、...
TOUBEI(トウベイ)
10種の小さな弁当とおかずが看板。一番人気は海の三色カップ。滑らかなマグロたたきとたっぷりのしらす、イクラを酢飯とともに...
近畿大学水産研究所 はなれ
近畿大学で生産した完全養殖の稚魚を、日本各地の養殖業者が育てた「近大生まれの魚」が名物。人気の近大紅白丼は、これまた近畿...
肉卸小島
創業80年以上の肉卸渾身の弁当は、黒毛和牛尽くしで贅沢の極み。低温調理でじっくり焼き上げたステーキは、噛んだ瞬間、肉汁が...
CITYSHOP(シティショップ)
ビーツで薄ピンクに染まったゆで卵が目を引くサラダには、スーパーフード、グレインズ、フルーツ、ナッツなど17種もの具材が入...
JR東日本クロスステーション フーズカンパニー
東日本大震災の復興を祈願し、東北の名産を集めて開発。2011年から毎年献立を変え、今回は第10弾。関わった業者は30を超...
PAGE TOP PAGE TOP