1. HOME
  2. 東京都
  3. 東京駅・丸の内・八重洲

東京駅・丸の内・八重洲の記事一覧

1〜10件(全17件)
昭和36年の有楽町イメチェン大作戦~『有楽町で逢いましょう』『君の名は』『星の流れに』を聴きながら【街の歌が聴こえる】
今回歩くのは有楽町。昭和32年(1957)に『有楽町で逢いましょう』が大ヒット。7月に発売されたレコードは、この年第1位の売上枚数を記録した。それまで存在感の薄かった有楽町に、人々の注目が集まる。「銀座のはずれ」の街が、銀座と同じぐらい輝いた時代、その立役者はまさに歌だったのである。
町中華の名店で味わうラーメンは、普通なようで普通じゃない!
目が釘づけになるビジュアル、類を見ない発想。メニュー欄の片隅にさりげなく書かれているのに、専門店ではありえないようなクリエイティブなラーメンに出合うことがある。それが今、町の中華料理屋が注目される理由の一つになっていると言えるだろう。なぜ誕生したの?そのお味は?なんだかすごいラーメンたちを調査した中から、中華料理屋で味わえるイチオシの5選を紹介する。
【能町みね子×西村依莉】雑誌の今を大検証!~Magazine Walker in 丸善丸の内本店~
さまざまな雑誌を読み解き読者をプロファイルした『雑誌の人格3冊目』なる本を出版したばかりの能町みね子さんと、フリーランスで雑誌や書籍を手がける編集者の西村依莉さんの出会いも、雑誌。能町さんの連載を西村さんが担当したことがきっかけだ。そんな二人が 『丸善丸の内本店』 の雑誌売り場を歩いて “雑誌の今” と小さな発見をレポート。構成上、立ち読みしながら対談したようになっていますが、実際には大量に買ってじっくり読んでおります!*記事内容は取材時(2020年9月)のものです。
開封直後のインパクト大! 絶対ウケる、東京都心の個性派みやげ
開封直後の見た目が華やか、酒の肴にピタリとハマる、滅多に手に入らない稀少な逸品など、圧倒的インパクトを残す個性派みやげがここに集結。視線、独り占めしてもよいですか? 攻めのルックスで場の温度も急上昇。贈る相手の好みに合わせて選びたい、一芸手みやげをご紹介。
至福の時間へ誘う日本酒スイーツ! ケーキ、飴……あなたのお好みは?
対極にあると思われがちな日本酒とスイーツ。だまされたと思って、ここに並んだ品々をご賞味あれ。美しい木箱に入った日本酒のケーキ、小さな和風の包みから現れる日本酒のチョコレート、思い切り大人味の日本酒の飴。きっと、アッと驚くに違いない。ね、合うでしょう? ちゃんと“お酒”してるんです。めくるめく日本酒スイーツの世界へようこそ!
アジアのなぜか懐かしい鉄道風景を写し止めた、米屋こうじ写真展『-鉄道幻風景-』がFUJIFILM Imaging Pla...
『FUJIFILM Imaging Plaza東京(東京都千代田区)』では、2020年7月29日より写真家・米屋こうじ氏の個展『-鉄道幻風景-』が開催される。米屋氏は1994年から26年にわたって「アジアの人々と鉄道」をメインテーマに据えて活動し続け、人々の表情や生活の情景に鉄道を溶かし込んで写し撮る作品に定評のある写真家。高度成長が進むアジア諸国にあって、重要な交通インフラである鉄道も次々に近代化・高度化を遂げていく姿の中に、時に日本ではすでに失われた情景を感じ、時にその文化の違いに驚きながら、そこで暮らす人々の姿を夢中で捉えたという米屋氏。タイトルの『-鉄道幻風景-』は米屋氏が帰国後、それ...
男はつらいよ全50作さんぽ~満男のぶざまな恋愛を斬る!
のっけから私事で恐縮だが、筆者と寅さんの甥っ子・満男(吉岡秀隆)は同世代である。そのせいか、つい満男を物差しに『男はつらいよ』の時代背景を見てしまう傾向がある。「満男が○歳くらいだから、○年頃の作品だな~」とか。「このくらいの歳の時はこんなことしてたな~」とか。当然、彼の思春期も恋愛もほぼ同時進行だ。それだけに満男の自称“ぶざまな恋愛”は他人事には思えない。他人の恋路にあれこれ口を挟むなんざ野暮なヤツだとお思いでしょうが、甚だお節介ながら満男の恋愛を斬らせていただきます。浅野内匠頭じゃないけど、もうバッサリと!イラスト=オギリマサホ 
日本橋『ふくべ』~粋の象徴のような老舗酒場で、お燗の樽酒に酔う~
東京を、いや、日本を代表する名酒場『ふくべ』を初めて訪れたのは、そう若い頃ではなく、今から2~3年前だっただろうか。尊敬する居酒屋研究家、太田和彦さんが著書や酒場探訪番組で紹介する定番のお店で、こんな世界があるんだとずっと憧れていた。けれどその圧倒的な風格に、とても自分のような若造がふらりと入れる店だとは思えず、どこか別世界のような気持ちで見ていた。 
行列店『TOKYO PAELLA(トーキョーパエリア)』に聞く、キッチンカーの流儀
料理人として国内外で活躍した経験を生かし、2006年に独立開業した吉沢章一さん。手探りで苦難を乗り越え、パエリアを作り続ける“キッチンカー人生”とは――。
都内キッチンカー名所はここだ!~出没! 多彩なる日替わり飯~
オフィスビルの足元に、広々とした公園に、ふらり現れ去っていくキッチンカー。旅するように各地を巡る彼らと会える、とっておきのスポットをご紹介!

東京駅・丸の内・八重洲のスポット一覧

1〜12件(全24件)
ローストチキンハウス 丸の内店
福島の地鶏・伊達鶏を使ったローストチキンは持ち帰りも大好評。コンベクションオーブンで、高温・短時間で焼きあげ、皮はパリパ...
中国料理 小花(ちゅうごくりょうり こはな)
生カキの水揚げの解禁日に合わせ、毎年10月1日に新鮮生牡蠣のスープそばが登場。この日を待ちわび、遠方から足を運ぶお客も。...
パレスホテル東京 スイーツ&デリ
パレスホテル東京のペストリーショップ。ホテルメイドスイーツやデリ、パンなど豊富なラインナップがうれしい。和の伝統的な柄を...
パレスホテル東京 SWEETS & DELI
ケーキの主役は、ホテルオリジナルの純米吟醸酒「壱ノ壱ノ壱」。しっとり食感とふんわり舞うアロマに優雅な気分だ。それでいてお...
TOKYO PAELLA(トーキョーパエリア)
ここのパエリアは、一から車内で調理するのが醍醐味。日本人の味覚に合うよう具材やスパイスを変え、独自のアレンジを探求してい...
常盤橋FOOD TRUCK STREET
東京駅周辺3ha超の大規模複合再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」の一環として2019年9月に開始した。東京駅日本橋口前...
TWG Tea(ティー・ダブリュー・ジー ティー)
シンガポール初のラグジュアリーブランドとして有名なティー販売店。良質なフルーツやスパイスをブレンドした独創的なティーの世...
SAMURAI dos Premium Steak House(サムライ ドス プレミアム ステーキ ハウス)
アンガス牛のプレミアムクラスや神戸ビーフのステーキを中心としたコース料理が味わえる名店。バリアフリーにも気を配っており、...
あわ家惣兵衛
「惣兵衛最中」で名をはす大泉学園の老舗が東京駅改札内に手掛けるクラシカルな最中が人気。なめらかなつぶあんとバタークリーム...
ピエールマルコリーニGRANSTA店
日本に数店舗展開するベルギー生まれの高級チョコレート店。東京駅の本店舗には唯一ビスケットサンドがある。オリジナルのクーベ...
ヒトツブカンロ
招き猫や目出鯛など日本古来の縁起動物がプリントされた缶をあけると、リンゴ(紅)とヨーグルト(白)味のキャンディが顔を出す...
四川豆花飯荘(シセントウファハンソウ)
ジャスミン・紅なつめ・百合根・龍眼・菊花・クコ・クルミ・氷砂糖の入った、オリジナルの八宝茶は見た目の美しさのみならず身体...
PAGE TOP PAGE TOP