鎌倉の記事一覧

1〜10件(全31件)
noimage
非業の死を遂げた三代将軍・源実朝。その歌人としての才を偲ぶ、鎌倉歌碑巡り
源頼朝の跡を継ぎ2代鎌倉殿となった頼家は建仁3年(1203)、比企の変に関連して将軍職を追われてしまう。その後、弟の実朝がわずか12歳で3代鎌倉殿の地位に就いた。まだ幼かった頃は、実際の政治は北条氏を筆頭に、重臣たちが執り行っていた。しかし長ずるにつれ政治に関与することも増えてゆき、それとともに官位も高くなっていく。実朝は歌人として優れた才能を発揮し、92首が勅撰和歌集に選ばれたほどの名人であった。本来ならば武家の棟梁は兄に務めてもらい、自らは文化人として生きることを望んでいたのかも知れない。今回は鎌倉に建立された実朝歌碑を訪ね、その才に触れてみたい。
noimage
黎明期から力を合わせ歩んだ和田義盛。その力を恐れた北条義時の挑発で和田合戦が勃発す
源頼朝が亡くなった後、鎌倉で実質的に政治を仕切っていたのは北条時政であった。時政が執権となり、政治を動かすようになって以来、有力御家人であった梶原景時、比企能員、畠山重忠らが滅ぼされ、権力は一気に北条氏へと集まった。ところが元久2年(1205)閏7月、江間義時が父の時政を伊豆に追放し、北条家を継承する。義時が北条姓を使いだしたのは、これ以後であった。これにより義時が北条家の正当な後継者だということを、内外にアピールしたのである。義時が権力を継承した後、北条氏に目をつけられた有力御家人が、大河ドラマ内では“癒し系”の武将として描かれている、和田義盛であった。義盛は頼朝の挙兵以来、ほとんどの戦いに参加し、多大な功績を挙げている。彼はなぜ義時に狙われてしまったのか。その背景を考えつつ、義盛ゆかりの地を辿ってみたい。
noimage
【鎌倉って、どんな街】鎌倉殿の13人の舞台は人気№1の観光地。海と山と寺と江ノ電があるいわば散歩のテーマパークなのだ。
2022年の大河ドラマの舞台となった街だが、ドラマがあってもなくても一年じゅう人影が絶えないのが鎌倉。「散歩の達人」も2年に1度は特集でお世話になっている、掘っても掘っても尽きることのない散策ネタの宝庫だ。丸ごと散歩のテーマパークのような街、何度でもじっくり歩いてほしい。
noimage
鎌倉のおすすめカフェ9店。歴史の香りが色濃く残り、趣たっぷりです!
古都・鎌倉。お寺や神社が点在し、ゆったりとした時間の流れる街並みは、ぶらりと散歩するだけで心洗われる気分になる。ほっとひと息つきたくなったら、地元に根ざすカフェに立ち寄ろう。日本庭園の広がる和喫茶からレトロ感たっぷりの古民家カフェまで、趣深い名店たちをご紹介。
noimage
源頼朝の急死により武家政権に亀裂が。御家人同士の熾烈な権力闘争始まる
建久10年(1199)1月、初の武家政権樹立の立役者にしてカリスマ的な存在であった源頼朝が急死する。直後に嫡男の頼家が二代目の鎌倉殿に就任するも、若年で経験不足、何よりカリスマ性は頼朝に遠く及ばなかったことから、ほどなく実権を制限されてしまった。その後、鎌倉では血生臭い事件が立て続けに勃発したのである。
noimage
養老孟司先生、「散歩」を語る~「知の論者」は散歩の達人でもあった~
今の時代こそ、自然に親しむ時間が必要だと論じる養老先生。もやっとした気持ちが晴れ晴れとする、生きるヒントを、普段の散歩道を一緒に歩き、源氏山の頂上でうかがった。
noimage
文武に優れた、異色の御家人・梶原景時の足跡と最期を追う
NHKのホームページにある『鎌倉殿の13人』の登場人物欄を見ると、中村獅童氏演じる梶原景時には“謎の武将”という肩書きが書かれている。というのも、その登場の仕方からしてミステリアスだからであろう。梶原氏は平安時代中期に坂東に下向し、武家となった桓武平氏の流れをくむ鎌倉氏の一族であり、石橋山の合戦で源頼朝の軍を討ち破った大庭景親とは同族なのだ。当然、この合戦で梶原景時は大庭軍に属していた。ところが敗走した頼朝一行の探索に加わっていた景時は、しとどの窟に身を潜めていた頼朝一行を見逃したのである。それまでは歴史の表舞台に出ていない景時が、一躍時の人となった出来事だ。その後、頼朝からの厚い信頼を得て、遂には「一の郎党」「鎌倉の本体の武士」と呼ばれるまでになった。まさしく謎多き人物である。今回はそんな梶原景時ゆかりの地を訪ねてみたい。
noimage
鳩サブレー・豊島屋、128年の軌跡 ~今や全国区、鎌倉きっての愛されおやつ~
言わずと知れた鎌倉名物・鳩サブレー。その豊島屋が、明治27年(1894)に創業してから今に至るまで変わらず地元から愛される理由とは? 広報担当者にこれまでの歩みとその答えを伺った。
noimage
目の前に広がるのは鎌倉の海!絶景の『稲村ヶ崎温泉』で、世界でも珍しいモール泉を楽しむ
遠くには江ノ島、天気がいいと富士山。美しい鎌倉の海を眺める露天風呂が評判の天然温泉。泉質は世界でも珍しいモール泉で、褐色がかった黄金色が特徴的だ。木をあしらった内装は重厚感があり、高級旅館のような風情があり落ち着いた雰囲気。朝はさわやかな潮風、きらきらとした海に落ちる夕焼け、海に浮かぶ月と、どんな時間でも素晴らしい風景が待っている。
noimage
功臣・上総介広常の死。鎌倉に残る足跡は、悲しいほど少ない
鎌倉幕府の黎明期は、陰謀や粛清など、悲劇的な事件が思いのほか多かった。その最初の犠牲者と言えるのが、上総介平広常(かずさのすけ たいらの ひろつね)であろう。房総平氏惣領家の頭首という立場で、その支配地域はほぼ上総一国(房総半島中央部、千葉県)であったと考えられている。広常は、もともと鎌倉を本拠地としていた源義朝の郎党であった。保元の乱では義朝軍に属し、平治の乱では義朝の嫡男である義平に従って奮戦している。言うまでもなく義朝は頼朝の父、義平は兄だ。義朝が平家との戦いに敗れると平家に従うが、頼朝が挙兵した頃は平清盛との間に確執が生じていた。

鎌倉のスポット一覧

1〜12件(全121件)
noimage
Cafe みなづき
自宅を改装して開店したカフェ。店主の北村厚さんが長年作っていたシフォンケーキをブラッシュアップして提供している。ハンドドリップで淹れたさらりとした口当たりのコーヒーに合う。
noimage
稲村ヶ崎温泉
遠くには江ノ島、天気がいいと富士山。美しい鎌倉の海を眺める露天風呂が評判の天然温泉。泉質は世界でも珍しいモール泉で、褐色がかった黄金色が特徴的だ。木をあしらった内装は重厚感があり、高級旅館のような風情があり落ち着いた雰囲気。朝はさわやかな潮風、きらきらとした海に落ちる夕焼け、海に浮かぶ月と、どんな時間でも素晴らしい風景が待っている。
noimage
立呑処まごころ(した心)
夜な夜な長谷のジモティが集う居酒屋。時折ある音楽ライブを肴に深酒している。目の前が由比ガ浜という空気に酔い、そしてオーナー兼皿洗いの虎さん、店長マッキーさんの最高にゆるいコンビの人柄にも酔える。
noimage
昭和スウイング立飲みバアル テンスケ
深夜に開いている食堂が皆無に近い鎌倉で、午前までしっかり食事ができる地元民の深夜食堂としても機能している。お酒のちょっとしたおつまみから、炭水化物がっつりの食事までメニューの豊富さはレストラン並みだ。
noimage
天昇
自分で冷蔵庫を開けてホッピーとグラスを取り出す常連、天昇が好きすぎて週4回串打ちを手伝いに来る女性客などがいる地元愛され酒場。もつ煮のスープで煮込んだ串煮込みが名物だ。L字カウンターが特等席。
noimage
Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR
湘南を中心に活躍するクリエイターたちが結集し、人力車の車庫・事務所だった建物をゲストハウスにリノベーション。“MEET LOCAL”をテーマにしているこの宿には、単純に宿泊するだけでなく、地元の人の日常を少しでも体験できる場にしたいと、地元の人気店『ふくや』の2号店を併設している。地元の『ふくや』ファンと宿泊客の間で、自然に交流が生まれるという。
noimage
鎌倉ゲストハウス
宮大工による和風建築の料亭をゲストハウスに改装。最大の特徴は、囲炉裏のある共有スペースだ。夕飯どきには自然と人が集まり、ゲスト同士やスタッフとの間で会話が生まれる。初対面でも酒を酌み交わすうちに地下のバーへ、近隣の飲み屋へと流れることもしばしばあるという、新たな出会いが生まれる場所でもある。
noimage
WELKAM
Welcome to kamakuraでこの店名。鎌倉の旅のちょっとした思い出になればと、地元在住のオーナーがデザインした鎌倉みやげを販売する。
noimage
chahatカマクラ(チャハットかまくら)
小さな1軒家にインドの布製品やネパールのレザー小物など旅先で出合った品々が並ぶ。鎌倉をモチーフにした独特な絵葉書もおすすめ。
noimage
豊島屋 本店
鳩サブレーで知られる、明治27年(1894)創業の和菓子店。本店には鳩サブレー以外にも、鎌倉限定商品の和三盆製打ち菓子・若宮大路などが並ぶ。お菓子だけでなく、様々な愛らしい鳩グッズ「鳩これくしょん」(文具や雑貨)があるのも本店の魅力だ。
noimage
鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ
2011年に由比ガ浜に開店、翌年より大町に移転した、使って楽しい文具と雑貨のセレクトショップ。遊び心あるオリジナルグッズも揃う。
noimage
ポタティス
目の前が海という絶好のロケーションの店。ポテトは5種の形状、12種のディップから選び、シェイクはバニラかヨーグルトのベースに、フレーバーやトッピングを追加するスタイル。迷ったらオススメを聞こう。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ