ラーメン・つけ麺の記事一覧

1〜10件(全336件)
noimage
地域に愛されるラーメン屋さんでありたい!『錦糸町中華そばさん式』の新しくて、地に足の着いた一杯。
JR総武線沿いきっての繁華街でディープな雰囲気がある錦糸町駅南口から徒歩9分。暖かく光る白い看板に達筆の『さん式』の文字。『さん式(さんしょく)』の店名には「朝昼晩いつでも食べたくなる。どのタイミングでも飽きずに食べられるラーメンを作る」という店主の気概が込められいる。シンプルかつクールジャパンを連想させる外観の同店を発見。さっそく暖簾(のれん)をくぐっていく。入り口に入ってすぐに左側にある機械で今回筆者は、烏賊背脂煮干中華そば880円の食券を購入した。
noimage
錦糸町『家系 武の極み』。濃厚豚骨ラーメンにごはん無料で大満足!さらに朝ラーは500円。通いたくなるラーメン店
錦糸町駅北口から徒歩2分の北斎通り沿い、家系ラーメン武蔵家の熱意と情熱を感じる真っ赤な看板のラーメン屋がある。コロナ禍の苦境を乗り越え2023年で4年目を迎える『家系 武の極み』だ。取材中、入れ替わり立ち替わり訪れるお客さんの多さに『家系 武の極み』の間違いない美味さを感じる。店内に貼られたお客さんとの写真やお客さんと親しげに話す店長。常連のお客さんが目立つ『家系 武の極み』の人気の秘密を紹介する。
noimage
錦糸町『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』野菜たっぷりタンメンとずっしり餃子のタンギョウセット!
錦糸町駅北口から徒歩2分のところに、江東区で地元に愛されている中華屋さん『來々軒』の味を引き継いだラーメン屋がある。タンメン専門の『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』である。お腹を空かせて行ったはずなのに食べ切れるか不安でドキドキしてしまうほど、野菜たっぷりなタンメンを提供してくれるお店だ。今回はそんな『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』の野菜不足が気になる方にぜひ食べてほしい1杯を紹介する。
noimage
新宿『麺や 麦ゑ紋』。麺好きさんいらっしゃい! 5種類の麺を使い分けるバラエティ豊かなラーメン店
大江戸線新宿西口駅から徒歩5分のところにある『麺や 麦ゑ紋』。ラーメン店が多い新宿のなかでも、とりわけ激戦区に位置する新宿西口エリアにあり、新宿の人気ラーメン店『はやし田』の系列店だ。こだわりの小麦を使い分け、それぞれ味わいも食感も違う5種類の麺を軸にしたメニューを展開し、なかでも看板の合盛りつけ麺は一度に3つの麺を味わうことができる。
noimage
高円寺『混ぜそばみなみ』で混ぜて食べる楽しみ!スパイスたっぷりの台湾混ぜそば
近頃、巷でスパイスの存在感が上昇中で、スパイスを使った麺料理も人気が出ている。高円寺南口から徒歩3分ほどのところにある『混ぜそばみなみ(まぜそばみなみ)』の台湾混ぜそばも、スパイス使いが特徴だ。ブレンドスパイスの五香粉のほか、注文が入ってから挽くコリアンダーシードなど、オリジナル度が高い台湾混ぜそばは、麺好き、スパイス好きにおすすめしたい。
noimage
恵比寿のおすすめラーメン店5選。煮干し、味噌、塩、鶏白湯、濃厚とんこつと選び放題!
おしゃれな大人が集う街・恵比寿は、かねてから都内有数のラーメン激戦区でもある。長年不動の人気を誇る有名店がある一方、新店も次々と登場している。そんな恵比寿エリアで厳選した個性あふれるラーメン店5店をご紹介!
noimage
銀座のおすすめランチ6店。パスタから薬膳料理まで、おいしくてコスパの高いお店を厳選
日本国内でもとりわけ高級なイメージのある街・銀座。敷居が高いと感じてなかなか足が向かない人も多いのでは。そんな銀座にありながら、お値段もリーズナブルで入りやすいお店を、パスタやまぜそば、薬膳料理までさまざまなジャンルから厳選してご紹介!
noimage
魚介を贅沢に使った和風スープが絶品!池袋『俺の出番』で味わう元寿司職人が編み出したラーメン。
サンシャインシティのお膝元に、ひっそりと店舗を構えるラーメン店『俺の出番』。元寿司職人の店主が始めただけに、魚介を中心としたあっさりとやさしい味わいのスープが特徴だ。店内をのぞいてみると、壁面にはびっしりとメニューが貼られ、その数の多さにも目を見張る。
noimage
新宿『楢製麺』の、ラーメンとうどんのハイブリット麺。鶏と昆布のスープをカラダがオートチャージ
都営地下鉄新宿駅のA1出口から徒歩3分のところにある『楢製麺』。近くにあるうどん店『うどん慎』の姉妹店だ。見た目はラーメンだがラーメンじゃない。かといって、うどんのようだけれどもうどんでもない。ここだけでしか食べられない打ちたて、切りたての独特な麺は、鶏と昆布の透き通ったスープに浮かんでいる。筆者は謎めいたその正体を追跡した。
noimage
新宿『SOBA HOUSE 金色不如帰(こんじきほととぎす)』の、ハマグリと真鯛のスープがじんわりしみる塩そば
地下鉄新宿御苑前駅から徒歩2分。大通りから一本入った路地裏のビルの1階にあり周辺は静かだが、営業中は店の前に行列が絶えない。店主の山本さんが、20年以上かけてさまざまな食材を研究し、なんと1杯のラーメンには60種以上の材料が使われているという。ハマグリと真鯛の濃厚なスープのほか幾重もの味の層と余韻が楽しめる、蛤と真鯛の塩そばがオススメだ。

ラーメン・つけ麺のスポット一覧

1〜12件(全366件)
noimage
錦糸町中華そばさん式(きんしちょうちゅうかそば さんしょく)
錦糸町駅から徒歩9分にあり、TRYラーメン大賞にて受賞歴をもつ『錦糸町中華そばさん式』。同店の人気の一品は、烏賊背脂煮干し中華そば880円だ。スープは烏賊の煮干しのうま味がどっと押し寄せて、中細のちぢれ麺にも良く絡まり、箸が止まらない。玉ねぎとゆずのトッピングがアクセントで、ドはまり間違いなし。クセになるスープは今までのラーメンの概念をぶち壊してくれる一杯だ。
noimage
家系 武の極み(いえけい ぶのきわみ)
『家系 武の極み』は錦糸町駅北口から徒歩2分、真っ赤な看板が目印の家系ラーメン店。豚骨・鶏ガラ・鶏油・背ガラ・ゲンコツをじっくり煮込んだ濃厚なスープが魅力だ。ごはん無料でたっぷり食べられるボリューム感もさることながら、500円の朝ラーを求めて土・日の朝8時からは行列ができるほどの人気店だ。
noimage
タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店(たんめんしゃきしゃき きんしちょうほんてん)
錦糸町駅北口から徒歩2分、大きく掲げられた「タンメンしゃきしゃき」の旗が目印の『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』。ラーメンも餃子も野菜が盛り盛りなタンギョウセットは、食べ応えばっちり!
noimage
俺の出番(おれのでばん)
サンシャインシティのお膝元にあるラーメン店。元寿司職人の店主が作る1杯は、厳選された産地直送の魚介系、カニや甘エビ、アゴ、カツオ節、煮干し、サバ節など10種類以上を使用し、動物系は国産丸鶏やゲンコツを合わせた和風のWスープを使っている。数あるメニューの中でも「和しお」900円がおすすめ。スープのやさしい風味と、カツオ節、ユズの風味が加わって、さわやかな飲み口。ほか、自家製の秘伝味噌ダレを使った熟成みそ900円や、変わり種のうまとろ熟成カレー900円も人気。
noimage
麺や 麦ゑ紋(めんや むぎえもん)
都営地下鉄大江戸線新宿西口駅から徒歩5分のところにある『麺や 麦ゑ紋』。こだわりの小麦を使い分けそれぞれ味わいも食感も違う5種類の麺を軸にしたメニューを展開。看板の合盛りつけ麺は一度に3つの麺を味わうことができる。SNSで話題の日本一釜玉麺も見逃せない。
noimage
混ぜそばみなみ(まぜそばみなみ)
オリジナリティある台湾混ぜそばが人気の混ぜそばの専門店。注文が入ってからコリアンダーシードを粗挽きして、加えているのがポイント。他の具材や麺とともに噛んだときの香りや食感を楽しめる混ぜそばを目指した。最後は残った具材にごはんを加えて混ぜる。
noimage
三ツ矢堂製麺 池袋サンシャイン60通り店
池袋駅東口のサンシャイン60通り沿いの2階。毎日手作りしている自家製麺は、小麦粉の等級や配合などすべてにこだわりがある。つけ麺のスープは豚骨主体で野菜の甘みもたっぷり。とろみがあるのでつるつるとしてしなやかな太麺に程よく絡み、相性抜群だ。食べる前に生の柚子を擦ってかけてくれるサービスも特徴。さわやかな風味がますます食欲を刺激する。バラエティ豊かなトッピングや季節限定メニューも楽しみ。
noimage
武蔵家 池袋(むさしや いけぶくろ)
中野に本店を構え、首都圏で20店舗以上展開している家系ラーメン店。2012年12月オープン以来、池袋西口の激戦区で人気を誇っている。麺は硬めから柔らかめ、味は濃いめから薄め、脂も多めから少なめのそれぞれ3段階で注文でき、卓上には味変アイテムのおろしニンニクやショウガ、ゴマやコショウなどが並べられる。家系というと背脂チャッチャ系のどろりとした濃厚スープが特徴だが、この店のスープは醬油の旨みが感じられる、さらりとした味わい。残ったスープは、無料のご飯にかけて、壺漬けや一味醬油、豆板醤などとともに最後まで楽しめる。ラーメン(並)650円。
noimage
楢製麺(ならせいめん)
都営地下鉄新宿駅から徒歩3分のところにある『楢製麺』。見た目はラーメンだがラーメンじゃない。かといって、うどんに似ているがうどんでもない。この店オリジナルの打ちたて、切りたての独特な麺は鶏と昆布の透き通ったスープに浮かんでいた。
noimage
浅草開化楼(あさくさかいかろう)
『浅草開化楼』のカリスマ製麺師・不死鳥カラスは、大仁田厚の元マネジャーにして、自らもリングに上がったという異色の経歴を持つ。つけ麺ブームの火付け役としても広く知られる存在。1950年創業の下町の製麺所はオートメーションではなく、早朝から人の手が止まることのない活気ある町工場だ。「この製麺所だからこそできること。人の真似ではなく、俺のやり方で」と、闘志を沸き立たせ、デュラム粉を取り入れた独自の配合で打つ麺は、ラーメン・つけ麺界でムーブメントになっていった。
noimage
ラーメンタロー 大森の陣(らーめんたろー おおもりのじん)
店主は某有名行列ラーメン店で修業をして独立。小ラーメン豚入り(写真はヤサイマシ)は、二郎インスパイア系ならではの圧巻のビジュアルだ。スープは国産の豚骨と豚ガラ、野菜などを12時間以上かけて煮込み、芳醇な味わいに仕上げている。スープに合わせるのは、自家製の極太麺で、がっしりと食べ応えがあり、250g(茹で前)もあるので大満足。注文ごとに茹でる野菜や、ほろほろとした豚(チャーシュー)も絶品だ。噛み応えのある麺とスッキリとしてキレのある醤油ダレが絡まり合うまぜそば(写真は味玉トッピング)もおすすめ。
noimage
SOBA HOUSE 金色不如帰(そばはうす こんじきほととぎす)
地下鉄新宿御苑駅から徒歩2分ほど。営業中は店の前に行列が絶えない人気店。店主が20年以上かけてさまざまな食材を研究し、なんと1杯のラーメンには60種以上の材料が使われているという。濃厚なスープのほか幾重もの味の層が楽しめる、蛤と真鯛の塩そばがオススメだ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ