スーパー銭湯の記事一覧

1〜10件(全107件)
noimage
群馬県昭和村~名だたる山々が見守る“やさい王国”の恵みに敬服~
上毛(じょうもう)三山の1つ赤城山。その西北麓に扇状に広がるのが昭和村だ。片品(かたしな)川や利根川が生んだ河岸段丘界隈に行政機能や寺社などが集まる一方、高原地帯の傾斜地ではどこまでも畑が広がる。“やさい王国”“首都圏の台所”といったキャッチフレーズがよく似合う光景といえるだろう。反面、現地で目に留まったのが灌漑(かんがい)用水の完成を祝う記念碑の多さだ。第二次大戦後に開拓が始まった地域の大半では水不足に悩まされ、苦難の末、“やさい王国”の基盤を固めた。自然と人の力が育んだ「日本で最も美しい村」に身を置くと、先人の労苦に頭が下がる思いである。
noimage
茨城県常陸大宮市~森林と農地が交錯し、清流が彩りを添える~
栃木県に接し、八溝(やみぞ)山地の東麓に位置する茨城県北西部の常陸(ひたち)大宮市。2004年、大宮町・山方(やまがた)町・美和(みわ)村・緒川(おがわ)村・御前山(ごぜんやま)村の5町村が合併し、新たな市としてスタートを切った経緯もあり、県内の自治体では2番目に広い面積を有するという。たしかに市内の隣接地域へ足を運ぶ際、山あいを縫うように進み、いくつもの起伏を越えて、ようやくたどり着くことも少なくない。地域それぞれが異なる表情を見せ、さらに一級河川の久慈川・那珂(なか)川が彩りを添える市内を縦横無尽に巡ると、あたかも複数の市町村をハシゴしたようで、その分達成感も大きい。
noimage
川崎市麻生区の『野天湯元 湯快爽快 くりひら』で黒湯の露天風呂を楽しむ
神奈川県川崎市にある『野天湯元 湯快爽快 くりひら』。多摩丘陵ののどかな住宅地にある心落ち着くスーパー銭湯で、「下駄履きで出かけられる湯治場」がコンセプト。最寄りの栗平駅までは新宿から小田急線で約30分とアクセスも良好だ。露天エリアでは、地下850mから湧出する、黒湯の温泉を楽しむことができる。
noimage
千葉県柏市『極楽湯 柏店』。高濃度炭酸泉や温泉露天風呂、岩盤浴までそろってとってもリーズナブル!
『極楽湯 柏店』は、露天風呂やさまざまな機能浴、温泉が堪能できる人気のスーパー銭湯だ。さらには、平日750円、土日祝850円とリーズナブルに湯めぐりができるのも魅力的。岩盤浴をはじめ、メニュー数が多い食事処やコミックス充実の休憩室なども完備しているので1日中楽しめる。周囲には各種商業施設がひしめいているので、買い物の締めに利用するのにも最適だ。
noimage
埼玉県内でおすすめのスーパー銭湯&日帰り温泉21選
埼玉県内のスーパー銭湯や日帰り温泉は、キラリと光る個性がある。雄大な自然に囲まれた露天風呂やデトックス効果が期待できる岩盤浴、効能自慢の温泉など、どこに行こうか迷ってしまいそう。小旅行気分でいろいろとめぐってみるのも楽しい。
noimage
琥珀色の源泉をかけ流しで楽しめる埼玉県戸田市の『天然戸田温泉 彩香の湯』。リラクゼーションも充実
埼玉県戸田市の住宅地が立ち並ぶ一角にある『天然戸田温泉 彩香の湯』。都心から約30分で行くことができ、都営三田線高島平駅とJR埼京線戸田公園駅から無料送迎バスが運行している。駐車場を完備し、ICや国道17号、新大宮バイパスからも近く、アクセスは抜群だ。この施設の自慢の一つが温泉。温泉成分の濃度の濃さで、日本温泉協会認定5つ星を獲得している。琥珀色の温泉に入浴して日頃の疲れを癒やそう。
noimage
ほとんどの浴槽が天然温泉かけ流し!大宮『見沼天然温泉 小春日和』で効果抜群の源泉に浸かる贅沢
『見沼天然温泉 小春日和』は広く開放的な露天風呂が魅力の天然温泉施設。ジャグジーと水風呂以外のすべての浴槽が源泉かけ流しなのが贅沢だ。非加熱の源泉かけ流しが露天と内湯にあるほか、加温したぬる湯、あつ湯と好みの湯温が選べるのもうれしい。大量発汗できる水素水のナノミストで満たされた岩盤浴もあり、全方位おすすめのリラックススポットだ。
noimage
西新井駅から徒歩3分!駅近の天然温泉『THE SPA 西新井』
保湿・保温効果の高い天然温泉が、露天と内風呂両方で楽しめる駅近のスーパー銭湯『THE SPA 西新井』。遠赤外線の黄土サウナは大量発汗できると評判だ。床がほんのり温かいサンゴオンドルルームのビーズクッションに身を任せれば、体の芯からリラックスできること間違いなし!
noimage
雄大な東京湾の眺めに癒やされる、横須賀『海辺の湯 久里浜店』は海の幸もおいしい温泉施設
東京湾フェリーターミナルに立つ日帰り温泉施設。白壁の3階建ての建物に赤や青で書かれた施設名が遠くからもよく映える。最上階にオーシャンビューの男女別大浴場、2階に休憩室と食事処「ばんごう屋」、1階にレストラン「漁師料理 よこすか」と売店「おみやげ市場」を備え、全フロアで海の恵みをとことん満喫できる久里浜港の人気スポットとなっている。
noimage
埼玉県三郷の『野天湯元 湯快爽快 「湯けむり横丁」・ みさと・』は昭和が薫る温泉施設
昭和30年代の温泉街を再現した内装が印象的な「湯けむり横丁」。『野天湯元 湯快爽快 「湯けむり横丁」・ みさと・』もノスタルジックな雰囲気が演出される食事処と、地下1300mから汲み上げる黄金色の天然温泉が自慢の日帰り入浴施設だ。内湯から露天風呂まで続く開放的な浴室も温泉情緒あふれ、昭和時代の雰囲気を体感できる、アミューズメント感満載の館内も大人気。

スーパー銭湯のスポット一覧

1〜12件(全98件)
noimage
昭和の湯
建物裏手を片品川が流れ下る村営の日帰り温泉。大浴場は「和の湯」「洋の湯」に分かれ男女週替わり。いずれもジェットバスとサウナ、水風呂を備えた内風呂と露天風呂からなる。露天風呂はどちらも和風。泉質はアルカリ性単純温泉で、pH9.08と滑らかな肌触りが評判だ。
noimage
やまがたすこやかランド 三太の湯(さんたのゆ)
県北エリア最大級の、広々とした内風呂を備えた日帰り温泉施設。pH値9.7を誇るアルカリ性の湯は滑らかな肌触りが評判だ。ローマ風の東館と洋風の西館は偶数日と奇数日で男女入れ替え制。両館とも露天風呂・サウナを備えている。レストランや売店も併設。
noimage
野天湯元 湯快爽快 くりひら(のてんゆもと ゆかいそうかい くりひら)
「下駄履きで出かけられる湯治場」がコンセプト。一面ガラス張りの内湯エリアには、毎週水曜に薬湯になる白湯や、座湯、電気マッ電気風呂、本格的な遠赤外線サウナと水風呂がある。露天エリアの湯船にはすべて黒湯の温泉が注がれている。巨石に囲まれたあつ湯やぬる湯のほか、信楽壷湯、御影石の床に寝ころぶうたた寝之湯がある。さらに露天エリアの一角には情緒たっぷりの湯小屋・庵湯もある。岩盤浴ではデトックス効果が期待でき、クールダウンの冷凍ルームも心地いい。
noimage
極楽湯 柏店(ごくらくゆ かしわてん)
国道16号沿いにあるカラシ色の外観が目印。男女別の大浴場は2階にある。内湯エリアには高濃度炭酸泉があり、血行や新陳代謝の促進、美容効果が期待できる。露天エリアには温泉が注がれた露天岩風呂のほか、ジェットバス・シェイプアップバス、男湯には電気風呂、女湯にはジ寝湯を備えている。別料金のランドミスト岩盤浴もぜひ体験してみよう。
noimage
見沼天然温泉 小春日和
広く開放的な露天風呂が魅力の天然温泉施設。ジャグジーと水風呂以外のすべての浴槽が源泉かけ流しなのが贅沢だ。非加熱の源泉かけ流しが露天と内湯にあるほか、加温したぬる湯、あつ湯と好みの湯温が選べるのもうれしい。大量発汗できる水素水のナノミストで満たされた岩盤浴もあり、全方位おすすめのリラックススポットだ。
noimage
天然戸田温泉 彩香の湯(てんねんとだおんせん さいかのゆ)
温泉成分の濃度の濃さから、日本温泉協会認定5つ星を獲得している。和の情緒ある露天エリアにある生源泉湯はフレッシュで濃厚な温泉を源泉かけ流しで満喫できる。ほかにも、源泉風呂や岩風呂などで温泉に入浴でき、内湯エリアのメイン・檜風呂は、温泉に高濃度炭酸泉を加えていて、肌がつるつるになると評判だ。ジェットやバブルで体を癒やす機能浴も豊富にそろっている。最先端科学を体感できる健康器具「プラズマメッドベッド」をはじめとしたリラクゼーションメニューも豊富。
noimage
THE SPA 西新井
保湿・保温効果の高い天然温泉が、露天と内風呂両方で楽しめる駅近のスーパー銭湯。遠赤外線の黄土サウナは大量発汗できると評判だ。床がほんのり温かいサンゴオンドルルームのビーズクッションに身を任せれば、体の芯からリラックスできること間違いなし!
noimage
海辺の湯 久里浜店(うみべのゆ くりはまてん)
東京湾フェリーターミナルに立つ日帰り温泉施設。美肌の湯として名高い湯が注がれる最上階にオーシャンビューの男女別大浴場が自慢で、大海原のダイナミックな景色は身も心も開放してくれる。2階には休憩室を兼ねた食堂「ばんごう屋」、1階にはレストラン「漁師料理 よこすか」を併設し、海鮮料理にとどまらず麺類や丼まで豊富な料理を楽しめる。特に「漁師料理 よこすか」で土・日曜、祝日に開催される、浜焼きバイキングが人気。
noimage
野天湯元 湯快爽快 『湯けむり横丁』・ みさと・(のてんゆもと ゆかいそうかい ゆけむりよこちょう みさと)
昭和30年代の街並みを模した内装がにぎやかで昭和へタイムトリップした気分を楽しめる食事処がユニーク。レトロ感あふれる空間は、温泉街を訪ねたような気分で浴室へ向かえるという演出でワクワク感が倍増。地下1300mから汲み上げるナトリウム-塩化物強塩温泉の湯は、源泉で各湯船へと注がれる。露天風呂だけでも6種類、内湯で4種類あり、大きなガラス窓1枚で内湯と露天を隔てているので開放感抜群だ。
noimage
小さな旅 川越温泉
合計9種の浴槽と3種のサウナとバラエティ豊かで広々とした作りが魅力の天然温泉施設。「川越温泉 美肌の湯」の源泉名の通り、肌にやさしく保湿効果もばっちりと評判だ。あつ湯からぬる湯までさまざまな湯温の浴槽が選べるので、好みに合わせてゆったり楽しめる。ロウリュのできる高温サウナと深さのある水風呂も人気という小江戸川越のリラックススポットだ。
noimage
湘南台温泉 らく(しょうなんだいおんせん らく)
江戸時代開湯の神谷温泉の源泉を毎日輸送した新鮮な湯を楽しめる。腰高まである浴槽にたっぷりと満たされるので、リラックス効果も絶大。温泉ではないが和の趣ある露天風呂には、寝湯や炭酸風呂など多機能な湯船も備わり満足感が高い。湯上がりには床暖が心地よいお休み処で、手足を伸ばしてくつろげる。
noimage
野天湯元 湯快爽快 ちがさき(のてんゆもと ゆかいそうかい ちがさき)
地下1500mから汲み上げた効能豊かな温泉をかけ流しで楽しめる露天風呂が自慢。東屋風の野天岩風呂、狸の置物がかわいい信楽壺湯やうたた寝之湯などバリエーション豊富な湯船が備わる。内湯にはぬるめの高濃度炭酸泉をはじめ、マッサージ効果も高い電気風呂やボディーバス、ストロングバスもあるので、日頃の疲れも一気に吹き飛ぶ。湯上がりには、三崎港直送のマグロを使った刺し身や丼や、丹沢山脈を望む神奈川県央地区で飼育される相模豚や十勝そばといったこだわりの料理も楽しみの一つ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ