ランチの記事一覧

グルメからはらぺこまで、よりどりみどり
1〜20件(全652件)
noimage
餃子の中にコーヒーゼリー⁉ 餃子とコーヒーが楽しめるカフェ『FIL#(フィル)』~黒猫スイーツ散歩 代々木上原編②~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の代々木上原編第2弾です。
noimage
愛され続ける絶品パスタランチをカジュアルに。本郷三丁目『ピアンタモッチ』
地元で長く愛され続けるお店にハズレはない。本郷三丁目で20年以上続くカジュアルレストラン『ピアンタモッチ』もそのひとつだ。気軽に楽しめるおいしいランチを求めて、開店当時から人気だというパスタランチをいただいた。
noimage
【京都散歩コース】銀閣寺 ・ 哲学の道~世界遺産から水辺の自然を楽しむ道へ
世界遺産の銀閣寺をはじめ、京都を代表する散策路「哲学の道」沿いの自然や寺社を訪ねる水と緑の散策コース。日本画壇の巨匠・橋本関雪(かんせつ)の記念館では、国の名勝に指定される池泉回遊式庭園が見事だ。銀閣寺の俗称で知られる東山慈照寺(じしょうじ)は、国宝の観音殿(銀閣)と白砂の砂盛り向月台、波紋を表現した銀沙灘(ぎんしゃだん)が描く景観が圧巻で、言葉を失うほどの美しさ。琵琶湖疏水沿いの哲学の道は、豊かな自然と、侘(わ)びた風情が印象的な法然院が趣のある景観を見せてくれる。狛うさぎが愛らしい東天王 岡﨑神社、新選組発祥のくろ谷 金戒光明寺、紅葉の名所である真如堂(真正極楽寺)など法然上人ゆかりの古刹が残る。【『散歩の達人 歩きニストのための京都散歩地図』より】
noimage
【徒然リトルジャーニー】静岡県函南町~富士を望むのどけし伊豆半島の玄関口
箱根(函嶺とも)の南側に位置することが地名の由来とされる函南(かんなみ)町。箱根山脈の分水嶺を東の境に、西へ向けて標高を下げ、目に映る風景も、山間地から丘陵地、平坦地へと移り変わる。富士山に見守られながら、町内を訪ね歩くとしよう。
noimage
両国・浅草橋の街を支える老舗食堂3店。懐かしさと安らぎも味わいに
数年で入れ替わる飲食店が多い中、何十年も同じ場所で営業する店がある。それは、味はもちろん、店主の人柄も愛されてきた証拠。歩んできた歴史も垣間見える両国・浅草橋の食堂で「人情」も味わおう。
noimage
立川のアメリカンダイナーで個性派グルメバーガーやクラシックなパンケーキを!『under the cascade』
立川の「GREEN SPRINGS」1階に、行列を作る人気店がある。その名も『under the cascade(アンダー ザ カスケード)』。個性豊かなグルメバーガーをはじめ、迫力満点の牛ステーキ、クラシックなパンケーキや多種類のクラフトビールなどを味わえるアメリカンダイナーだ。ストリート感あふれる空間で、ダイナミックな本格アメリカンフードを頬張ろう!
noimage
伝統ベトナムご飯ってどんな味? 『バインミー・サイゴン日暮里』でランチ
2024年4月、日暮里繊維街の中ほどにオープンした『バインミー・サイゴン日暮里』でランチしてきました。以前はベトナムカフェ、「Bông Cafe」だったところです。
noimage
グルメタウン・大宮の贅沢ランチ3店。正統派だけど異彩を放つ味わいを!
店もジャンルも百花繚乱! ランチタイムでも食いしん坊を困らせないグルメタウン・大宮。2020年以降の新店から、個性が光る実力派ランチをご案内!
noimage
水道橋の超人気店『中華そば 勝本』で美しく繊細な味わいの煮干しラーメンをいただく
水道橋駅から徒歩1分。オフィス街の中に現れるシックな外観、黒い看板の上には金色の字で『勝本』と書かれている中華そば屋がある。ラーメン店とは思えないほど、落ち着き、高級感のあふれる店構えだ。中に入ってみると、落ち着いた雰囲気の店内に、カウンター席が並んでいる。
noimage
驚くほど鎌倉野菜たっぷりなランチセットが魅力の立川『cafe sov』。ジューシーな名物ミートパイもおすすめ!
「おいしい野菜をたくさん食べたい!」という気分のときにおすすめなのが、立川にある『cafe sov(カフェ ソブ)』のランチセットだ。「これが一人分!?」と驚いてしまうほど、お皿いっぱいに盛られた旬の鎌倉野菜をもりもり食べられる。長年愛される名物のミートパイもセットで食べられて、お得感がたっぷりだ。
noimage
健康志向の絶品ボリュームランチ。水道橋『和伊わい亭』で店主の心遣いに癒やされる。
水道橋駅から5分ほど。ビルに囲まれた落ち着いた景色の中、『和伊わい亭』が現れる。一歩足を踏み入れると、温かみのある内装と、穏やかな店主が出迎えてくれる。店主こだわりの食材で作る創作料理が楽しめる店で、さっそくランチを味わおう。
noimage
カラダがよろこぶ栄養バランスの取れたランチ!『vegetus+』で健康的な食事を!
JR水道橋駅から、水道橋西通りを徒歩6分。『vegetus+』は、野菜を多く使用したデリ(総菜)が健康志向の高い人や女性、ダイエット中の方を中心に人気がある。一番人気があるというワンプレートはどんなものなのだろうか。
noimage
浅草橋の老舗で絶品手打ちそば&新鮮天ぷらのランチを。気軽にそば前も楽しめる『江戸蕎麦手打處 あさだ』
両国駅から徒歩20分ほどの下町にひっそりとあるそば屋『江戸蕎麦手打處 あさだ』。ここの看板メニューは穴子天せいろ。国産の十割そばと、新鮮な穴子天や野菜の天ぷら2種を贅沢に楽しむことができる。日本の風情を感じながら、風味豊かな蕎麦を心ゆくまで味わおう。
noimage
立川で薪窯で焼き上げる本格ナポリピッツァ&絶品ドルチェでラグジュアリーな時間を『MOTHERS ORIENTAL』
暖かくなる季節は、外の風を感じながら伸び伸びと過ごしたいもの。そんなときに訪れたい店が、立川の映画館『シネマシティ』横にあるイタリアンレストラン『MOTHERS ORIENTAL(マザーズ オリエンタル)』だ。テラス席を備えたオープンな空間では、薪窯で焼き上げたナポリピッツァをはじめ、本格的なイタリアンを味わえる。
noimage
期間限定メニューが熱い要望で人気の定番に!『蒲田いっ家』の牛乳ラーメンと煮干し豚骨ラーメン
2014年創業の『蒲田いっ家』。横浜家系の豚骨ラーメンが看板メニューだが、1カ月限定で始めた牛乳ラーメンと煮干豚骨ラーメンが人気となり、常連客から「やめたらもう来ない」とまで言われレギュラーメニューになったという。その人気の秘密を探るべく店を訪れた。
noimage
創業約80年、水道橋の老舗洋食店で食べ応え満点のハンバーグランチ。街に愛される『トミーグリル』
水道橋駅から歩いて2分。線路沿いの路地を進むと、シックな赤い屋根に木目の壁と鮮やかなオレンジ色の看板が目を引く『トミーグリル』が見えてくる。1947年に創業し、2024年で77年目を迎える水道橋を代表する老舗洋食店として、街を行き交う人の人生に寄り添ってきたお店。看板メニューは、葡萄牛を使ったハンバーグステーキだ。
noimage
蒲田で一麺入魂!の味噌ラーメン。強力な火力で旨味と香りを引き出す『らーめん蓮 蒲田本店』
蒲田駅南口から徒歩3分、入り口を囲むように配置されている室外機がまず目につく。その室外機に隠れるように「らーめん蓮」の看板。中に入ると思ったより奥行きの広い店内で、味噌の香りが漂ってくる。早速一番人気の味噌らーめんを作ってもらうと、その室外機の秘密がすぐにわかった。
noimage
立川の老舗青果店が営むカフェダイニングで焼きりんご入りハンバーガーや名物アップルパイを!『Adam’s awesome PIE』
立川のサンサンロード沿いで2016年から営業する『Adam’s awesome PIE(アダムス オーサム パイ)』は、創業約70年の老舗青果店が直営するカフェダイニングだ。名物のアップルパイをはじめ、焼きりんご入りのハンバーガーなど本格派のアメリカンフードで、旬のりんごや野菜など青果店ならではのおいしさを存分に堪能できる。
noimage
東京ドームそば!甘辛スタミナランチがうまい『SWING 水道橋店』は10種以上のドイツビール・ベルギービールにも注目
JR水道橋駅から徒歩3分。レコードの看板がトレードマークの『SWING 水道橋店』は、お昼からも料理とお酒が楽しめる、カフェ&Barだ。東京ドームのすぐ側にあることから、イベントの前後での利用も多いらしい。
noimage
調布駅周辺で異国情緒あふれるランチタイム。世界のグルメツアーへ誘う3店をご紹介!
調布駅周辺は多彩な飲食店が集まるグルメ・ターミナル! そんな中から、2019年以降にオープンした異国情緒を感じられる店をクローズアップ。日本を飛び出して、今日はどの国のランチへ行く?

ランチのスポット一覧

1〜12件(全763件)
noimage
FIL#(フィル)
餃子とスペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ。店内は、入ってすぐにコーヒースタンド風の席があり、店内奥には広めのテーブル席が。落ち着いた雰囲気で居心地が良い。皮から手作りしている餃子は、具材にコーヒーゼリーを混ぜ込んだギョーフィーなど4種類。ハンドドリップで淹れてくれるコーヒーは、浅煎りか深煎りか選べる。
noimage
ピアンタモッチ(ピアンタモッチ)
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩4分、地元で20年以上愛され続けるレストランが『ピアンタモッチ』だ。ピリっとした後味がクセになるピリ辛カルボナーラや、魚介の旨みが凝縮した漁師風ガーリックソースなど、開店当時から続く人気メニューを味わえる。
noimage
Vivra Vivre(ビブラ ビブレ)
新鮮な自然農野菜を用いたピッツァ、パスタ、カレーをはじめとした料理と、絶景のマリアージュを堪能できるレストラン。大きな窓に横たわる富士山が見事だ。
noimage
一新亭
明治39年(1906)創業の洋食店。店内はこぢんまりとしているが、天井の見事なレリーフや写真家でもある店主撮影の写真が飾られ趣深い。人気No.1メニューはオムライス、カレー、ハヤシライスを一皿で楽しめる名物・三色ライスだ。遠方から来たお客さんが一度に全部味わえるようにと考え出された温かい優しさが、味をより引き立てている。
noimage
under the cascade(アンダーザカスケード)
コンテナを設置したストリート感たっぷりの空間で、ダイナミックなグルメバーガーや牛ステーキを楽しめる「GREEN SPRINGS」内のアメリカンダイナー。季節限定で登場するシーズナルバーガーは写真映え必至! アメリカンクラシックなパンケーキも人気だ。
noimage
登竜門
明治創業の川魚問屋『鯉平』が2020年より営む中華料理店。名物は、川魚料理だ。細切れの蒲焼きもごはんもたっぷりの鰻炒飯は、中国のたまり醤油と山椒油で仕上げ、刻んだズッキーニとレタスがアクセントに。本場にはないオリジナリティあふれる味を堪能したい。
noimage
cafe sov(カフェ ソブ)
立川の人気店「LOJI (ロジ)」と「Jlio (ジリオ)」が合併してリニューアルしたイタリアンレストラン。洗練された店内では、鎌倉野菜たっぷりのランチや名物のミートパイ、パティシエ特製のデザートなど、こだわりの一品をおなかいっぱい味わえる。ディナーはお酒に合う小皿料理やナチュラルワインが自慢。
noimage
中華そば 勝本(チュウカソバカツモト)
水道橋駅から徒歩1分。『勝本』のラーメンは、シンプルかつ上品な味わいの煮干し醤油のスープと、それに合わせて開発された麺が自慢だ。看板メニューである味玉中華そばは、トロトロの味玉や柔らかいチャーシューも贅沢に楽しめる。
noimage
vegetus+(ヴェジェトゥス プラス)
『vegetus+』は、野菜を多く使用したデリが健康指向の高い人やダイエット中の女性を中心に人気がある。一番人気のワンプレートはデリを3つ選んでグリーンサラダと雑穀米がセットになり、1050円だ。
noimage
蒲田いっ家(かまたいっか)
2014年創業の家系豚骨醤油ラーメンの店。人気は牛乳ラーメンと、濃厚な煮干豚骨ラーメン。化学調味料を使わずに、素材や麺、ライスにまでこだわっている。この2品目当てのリピーターも多い。さっぱりと風味豊かな牛乳ラーメンは〆の一品にもおすすめ。
noimage
江戸蕎麦手打處 あさだ(エドソバテウチドコロアサダ)
浅草橋にひっそりとある東京のそば屋『江戸蕎麦手打處 あさだ』は、手打ち十割のそばと旬の天ぷら、厳選された日本酒が自慢。8代目店主の粕谷さんは、そば屋でお酒を楽しむ江戸の粋なたしなみを次の世代に伝えたいと語る。
noimage
MOTHERS ORIENTAL(マザーズ オリエンタル)
立川の映画館『シネマシティ』横にあるイタリアンレストラン。大きな薪窯で焼き上げるナポリピッツァをはじめ、種類豊富なパスタや生ハム、前菜にデザートと、本格的なイタリアンを味わえる。外の光がたっぷりと入るオープンな空間は居心地抜群。席のタイプも豊富で、さまざまなシーンに利用できる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ