寿司の記事一覧

1〜10件(全33件)
noimage
【谷中・根津・千駄木さんぽ SIDE A】はじめての谷根千~ようこそ、まずはどこへ行く?~
千駄木、根津、谷中の順に住んで15年ほどの筆者が、はじめて谷根千を歩く人に向けて紹介したいスポットを厳選した。街の入門編として、まずは谷根千らしさがしっかりわかる「はじめて」の散歩、お楽しみあれ。
noimage
『中野ブロードウェイ物語』の著者と歩く 住民目線のブロードウェイ案内
サブカルの聖地としての色が強い『中野ブロードウェイ』だが、それはここ20~30年の話。56年の歴史ある館内には未知の名所がある。今回は、『中野ブロードウェイ』在住の作家・長谷川晶一さんに、住民目線で館内を案内してもらった。
noimage
神田のおすすめランチ22選。明治生まれの老舗名店から、うまいラーメン、カフェまで探しました!
オフィス街と古書店街、二面性を持つ神田の地はランチ激戦区だ。100年以上の歴史を刻む老舗もあれば、サラリーマンの味方になるリーズナブルな店もある。おすすめの22店をご紹介。
noimage
銀座エリアのおすすめランチ11選。ちょっぴり背伸びしてでも味わいたい絶品揃い。
大人の街・銀座には、名店やミシュラン各店が勢ぞろい。敷居が高いと感じる場所でも、ランチなら入りやすいお店も多いのです。晴れの日やお祝いなど、ぜいたくランチにぴったりのお店を紹介します。
noimage
地域の元気がもらえる湘南のグルメ&カフェ5選。通いたい、贔屓にしたくなる店をピックアップしました!
東海道の宿場町として栄えた藤沢は、今も変わらず大勢の人が行き交います。そんな活気あふれるこの街に彩りを添えるのは、個性豊かな良店の数々。そこで今回は、藤沢界隈の元気がもらえる絶品グルメ&カフェをご紹介します。
noimage
神楽坂・飯田橋で1000円以下で食べられるランチ15選。今どきの映える店から地元で愛され続ける老舗まで
かつて花街として栄え、今もその趣のある街並みが残る神楽坂。高級で敷居が高いお店ばかりが立ち並ぶイメージだが、実は気軽に立ち寄れるリーズナブルな飲食店もたくさんある。ここでは神楽坂・飯田橋周辺で1000円以下でランチが食べられる15店をご紹介!
noimage
神楽坂のお値打ちランチ9選。よそ行きの店からカジュアル店まで集めてみました!
職人気質な神楽坂の料理店は、食材にこだわり、技術の粋を詰め込み、至高の一皿を作り上げる。だから高くても仕方ないと思っているあなた、ご心配なく。質も量も大満足な料理をリーズナブルに味わえる良店を集めてみました。
noimage
神楽坂『すし茶屋 吟遊』でランチ。“海の宝石箱”ばらちらしをカウンターでいただく
かつては花街として発展し、今もなおその町並みが残る神楽坂。そんな歴史ある町の寿司屋と聞くと、一般庶民にとっては敷居が高く感じるが、『すし茶屋 吟遊』のお昼の献立には1000円以下のお手頃なメニューがたくさん並ぶ。カウンターのお寿司屋さんを体験してみたい人が足を踏み入れやすいお店だ。
noimage
都電荒川線沿線、散歩が楽しい小さな商店街4選。少数精鋭、元気にやってます!
明治44年(1911)に開通した旧王子電車(都電)沿いには停留場前や旧道沿い、暗渠(あんきょ)に花街界隈など、それぞれの背景を持つ商店街が花開いた。そんな昭和の色濃い小さな通りを歩いてみれば、熟練の技や若手の頑張りが垣間見えて楽しいのだ。
noimage
街の寿司屋さんに、行ってみませんか。ネットに情報がないけれど、やっぱり旨い店
出かけるとき、ふと行く先のスポットを軽くネット検索してみるのが癖です。「なんだ当たり前じゃないか」と言われそうですが、若干錯覚することないですか。「大体どこでも誰かが少しは言及してるだろう」って。実際はそうでもないですよね。ネット上に見えないから、実際は街角にあるのに「ない」と錯覚し、スルーしてしまう。※写真はイメージです

寿司のスポット一覧

1〜12件(全39件)
noimage
鮨みやもと
茅ケ崎出身の宮本信也さんが2015年に開店。昼も夜と同等の鮮魚は、川崎北部市場をはじめ、伊豆・川奈や宮城・閖上(ゆりあげ)から直送される。酢飯は、南部鉄器の羽釜で炊き上げ、赤酢を合わせるインパクトのある味わいだ。
noimage
すし茶屋 吟遊(すしぢゃや ぎんゆう)
神楽坂駅2番出口から徒歩1分の早稲田通り沿いにある『すし茶屋 吟遊』は、昭和62年にオープンしたお寿司屋さん。お昼に訪れれば、1000円以下のお手頃価格でカウンター寿司が体験できる。職人さんの手で丁寧に作られるばらちらしは、まるで“海の宝石箱”!
noimage
鮨 三國
「ウチは寿司6割、料理4割の寿司割烹」と、店主の三上洋水さん。魚は、三上さん自身が毎朝市場で目利きし、鮮度抜群のネタを、昼から出し惜しみなく使っている。
noimage
寿し 和(かず)
富山産コシヒカリを用いたシャリで、手早くていねい握った寿司は、ネタと米粒と口中でほどけ、甘みと香りを放つ。漬けのトロタクや、ゴマ油を施したイカなどの創作寿司もある。
noimage
髙砂寿司
1962年創業、2代目店主の菅田勇樹さんが毎日築地で吟味した新鮮なネタを提供。アメリカでの修業経験もある大将は、フレンドリーな雰囲気だ。
noimage
やよい鮨
現在切り盛りするのは3代目で、2009年頃より江戸の寿し再現を始めた。皮を湯引きして甘酢で締めたタイ、脂や厚さで塩加減を変える小肌、漬けなど、手間を惜しまぬネタ揃いだ。
noimage
おすしやさんの家 たなか
「気取らず寿司を食べてほしい」と、かつて西麻布で握っていた店主。淀みない所作で握る寿司は、すっと面長で歌舞伎役者のように美しい。なんと天然モノ10貫のおまかせで2500円。
noimage
和創菜と四季のすし 風凛(わそうざいとしきのすし ふうりん)
市の有形文化財にも指定される大正4年(1915)建築の古民家を利用した店。天然の素材と季節の食材を使った料理で“旬”の味覚を味わえる。昼の名物メニューは、その日に仕入れた魚介を中心にした旬の特選にぎりや穴子丼だ。
noimage
車鮨
銀座界隈で腕を磨き、2011年に家業を継いだ店主の森田光博さん。会話をヒントに客の好みを探り、船橋市場仕入れの、旬の旨味を引き出す。にぎりも肴も、おまかせにすれば、短い旬の希少ネタがお目見えすることも。
noimage
すし善
「開高さんは大阪、父は三重出身で、同世代。意気投合して戦争の話などしてました」と、2代目冨田勝人さん。カウンター手前から2席目に座り、夏ならウニやシンコを味わった。直筆の色紙に店への好意があふれる。
noimage
鮨処 魚音(すしどころ うおおと)
三崎で四代続く老舗の魚屋直営店ならではの手頃な価格で寿司を提供。濃厚な赤身、脂の旨味が絶妙な中トロ、とろける口当たりにうっとりの大トロと、口へ運ぶたびにくぅーっとうなってしまう。
noimage
大徳家(だいとくや)
千倉漁港のすぐ近くにあり、ネタは入荷したての地魚が基本。シャリには、地元産の長狭米を使っている。握り以外にも、なめろうやさんが焼きなど、千倉の名物魚介料理がずらりと揃う。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ