カレーの記事一覧

1〜20件(全227件)
noimage
中目黒に通いたくなるおすすめランチ12選。カレー、ラーメン、ハンバーグ、うどんにカフェごはん!
スタイリッシュなお店が点在する中目黒だが、ランチメニューとしては王道のカレー、ラーメン、うどんにハンバーグ、そして気軽に入れるカフェもあちこちにある。その中から、味とこだわり、雰囲気のよさが伴う12店をピックアップ。中目黒に通いたくなってしまうほど魅力あるお店ばかりだ。
noimage
浅草にあるナチュラルワイン推しの店4軒~渇望地帯に出現したオアシスたち~
路地という路地に飲食店が連なる浅草は、飲めるお酒もより取りみどり。でも、ナチュラルワイン推しの店はむしろレアだった。それが、ここ数年で変動あり。今夜は、浅草にてナチュラルワインで憩いましょう。
noimage
本格派高級北インド料理をランチで気軽に堪能! 大森『インド宮廷料理 Mashal マシャール』
『インド宮廷料理 Mashal マシャール』は、インド料理業界の第一人者であるフセインシェフが提供する本格派インド料理店だ。東京・大森で2022年7月にオープンして以来、テレビや雑誌などでもとりあげられ人気店となっている。専属のシェフがタンドール釜で焼いた料理が自慢で、ディナーでは、壺焼きのビリヤーニーも楽しめる。高級インド料理店といった様相だが、ランチなら気軽に本格インド料理が堪能できるとあり、今回はランチタイムにお邪魔してみた。フセインシェフと長年家族ぐるみで親交のある、オーナーのアリさんにお話をうかがった。
noimage
【赤坂・虎ノ門】働きマンへ捧ぐ、パワーチャージランチ3店~カレーから親子丼、大分の郷土料理まで
ビジネス街、ゆえにランチ激戦区。その中から舌の肥えた大人が足しげく通う、名店・新店をピックアップ! 3軒とも味だけでなく、仕事の合間にひと息つける温かい雰囲気も魅力なのだ。
noimage
こんな隠れ家、探してた。ランチからコーヒータイムまで、自分だけの行きつけにしたい門前仲町のカフェ『Cafe SORRISO』
門前仲町駅から徒歩たった2分……だけど、にぎわう大通りから少し離れた細い路地のビル3階。ここで、ちょっぴり控えめにお客さんを待つカフェがある。『Cafe SORRISO(カフェ ソリッソ)』は、あるときは忙しいランチタイムの味方。あるときは気ままに時間を過ごせる空間だ。
noimage
混ぜるともっとおいしいカレーマジック! 中目黒『かれはだれ』の体にやさしい辛くないカレー。
目黒銀座商店街の中ほどに『かれはだれ』という名でランチにカレーを出すお店がある。体にやさしい素材を使ったスパイスカレーは、辛さ控えめでジャンルレス。カレーは1種類から4種類まで選べて、複数のカレーを混ぜて食べるのがおすすめなのだとか。意味深長な名前の店には、毎日のようにカレーを食べにやってくる人もいる。
noimage
【東京駅改札内】高級感とおいしいごはん。雰囲気いいお店、エキナカにもあります !
せわしない移動の合間に、ちょっとひと息。会話も食事も楽しめる素敵な雰囲気のお店でお食事や休憩はいかがでしょうか。人々が行き交うエキナカだということを忘れてしまいそうな、くつろぎの空間があります。
noimage
扉を開ければ、そこはネパール。『スセリーネワ』の屋上から見えるのは、ヒマラヤの山々ではなく蒲田の街並み。
商店街の一角、ビルの扉を開けるとコンクリート打ちっぱなしの階段が続いている。3階まで上がると、さらに奥へと続く通路がある。ここから既に異国の雰囲気が漂ってくる。4階のレストランはまさにネパールだった。
noimage
八王子の豊かな食を楽しめる店5選~ランチで心もからだも癒やされます
八王子には、旬の野菜を使用したほっとする味のグルメが盛りだくさん。心もからだも満たされる店をご紹介。食べすぎちゃっても大丈夫! からだにやさしいごはんで健康的に食欲を満たせます。
noimage
浅草橋のおすすめランチ店7選! イタリアン、フレンチ、スパニッシュにそば、なんでもうまい!
問屋街で有名な浅草橋。オフィスも多く、ランチタイムにはスーツを着た方や制服姿の方で、どこのお店もにぎわっている。休日にはカップルや親子連れが街歩きを楽しむ姿も。そんな浅草橋で、ランチに人気のお店7選をご紹介。
noimage
14日間かけて作るデミグラスソースが味の要。蒲田の土地に根差した超本格洋食店『kitchen 直樹』。
蒲田駅前商店街の脇道に入った一角、「直樹」と書かれた看板が目印だ。店内は、暖色のダウンライトが優しく点るぐっと落ち着いた雰囲気。洋食の要となるデミグラスソースは、宮崎牛や香味野菜、ワインをふんだんに使い14日間じっくり煮込んでいる。味の秘密をオーナーシェフの冨田直樹さんに聞いてみた。
noimage
日本橋のおいしいランチおすすめ25選。レトロな老舗から入りやすい食堂まで
江戸時代より交通の中心であっただけあって老舗が数多く存在する日本橋。江戸の中心ならではの江戸前寿司の老舗や明治創業のレトロな洋食屋、新進気鋭のレストランなど日本橋のおすすめランチスポットを紹介。
noimage
有名人も足繫く通う! とろとろ玉子とチーズが旨い浅草橋の焼きカレー店『ストーン』
浅草橋にある『ストーン』は“食べログ カレー TOKYO 百名店”に選出された焼きカレーの名店だ。焼きカレーというと北九州発祥の焼きカレーを想像する人もいるだろう。しかし『ストーン』の焼きカレーは違う。あくまでも店主の大島さんが作ったオリジナルだ。今回は焼きカレーのお店『ストーン』を訪れ、『ストーン』独自の焼きカレーのこだわりや、焼きカレーを始めたきっかけなどを、店主の大島さんにうかがった。
noimage
センスが光るインドカレーレストラン『BLISS蔵前店』で温かい接客とスパイシーな料理を
蔵前駅A1a出口から徒歩で数十秒、江戸通り沿いにある、大人の雰囲気を漂わせたバーのような外観の『BLISS 蔵前店』。外観もさることながら、店内も都心のショットバーのように洗練された内装だ。今までのインド料理レストランのイメージを覆すような『BLISS蔵前店』。出てくる料理にも自然と期待が高まる。
noimage
【サイコメグラーの旅】歴史に隠れた最古のカツカレーが食べられる『とんかつ河金』で、カツ特化型のカツカレーをいただこう!
自分なりのカテゴリを作って名前をつけると、街歩きがもっと楽しくなります。私は、現存で最古のものばかり巡ってみようと決めて、「サイコメグラー」を自称しています。東京で一番古い小学校やエレベーターを見に行ったりする中、飲食店のメニューでは「発祥」という言い方もありますが、自身の楽しみのために「最古」として食べ歩いています。今回は、みんな大好き「カツカレー」発祥の店、つまり最古カツカレー店をご紹介いたしましょう。
noimage
中目黒『香食楽』で味わう日本人好みの薬膳カレー。きっと体の調子を整えたいときの鉄板飯になる!
『香食楽(かくら)』は本格薬膳カレーのお店。薬膳と聞くと、良薬は口に苦しとか、独特の香りとか、謎めいたイメージが膨らむ。「軽い感じで薬膳を食べてみてほしい」と、店主の井村真沙子(いむらまさこ)さんは話す。オープンした2005年に比べると健康に対する意識も変わり、幅広い人が訪れるそうだ。
noimage
浅草橋のオアシス『リトルヤミー』で、とろとろオムライスランチに癒やされる
浅草橋駅から徒歩2分。大通りを入ってすぐの場所にある『リトルヤミー』では、ボリューミーで優しい、様々な種類のオムライスを食べることができる。今回は、店主の結城さんにこだわりやおすすめのメニューについて伺った。
noimage
カフェからインドカレー専門店に転身した理由がドラマすぎる!とろっと豚肉とどこか酸っぱいルーが最高の中目黒『Cafe REDBOOK』
中目黒駅から槍が先交差点に向かう道を曲がったところ。ヨーロッパの街角のような店構えに心惹かれる店がある。カリーの香りを漂わせる『Cafe REDBOOK』だ。この場所で1999年から続いている。四半世紀近く前のオープン時は、カフェとしてスタートしたという。
noimage
チャイのスイーツパンが絶品!インドカレーパン専門店『Spicier』 ~黒猫スイーツ散歩 神楽坂編④~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1,000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の神楽坂編の第4弾です。
noimage
このキッチンカーはまさに猫バス! 老舗米穀店のアイデアマンが“河越米”に込める想い
パン食による米離れや肥料・燃料の高騰など、米づくりを取り巻く環境は厳しい。そこに毅然と立ち上がった、お米ヒーローがいる。老舗米穀店のアイデアマンが発案した打開策、そして河越米に込める想いとは。

カレーのスポット一覧

1〜12件(全298件)
noimage
Caril
昼は副菜を盛り込んだスパイスカレーが中心。夜は、ワイン欲をそそる多彩な前菜や魚料理などが揃い、スパイスやハーブを忍ばせたものも多々。ワインと共にあれこれつまみ、カレーやビリヤニ(平日のみ)で締めることもできる。「産地と造り手の個性が豊かで、甘酸っぱかったりスパイシーだったり遊び心があるところ」と、店主の大橋正幸さんが魅力を語るナチュラルワインは手頃な価格帯が中心。
noimage
伊勢元
1964年創業、三軒茶屋の中でも正真正銘の老舗居酒屋だが、アットホームな雰囲気。気風のいい女将さんが2018年に他界し、アナウンサーでもある息子の中村義昭さんがその後を継いだ。看板は、中村さん自身が好きな三重の地酒「作」と、10種類超のスパイスを使ったキーマカレー。
noimage
インド宮廷料理 Mashal マシャール(インドキュウテイリョウリ マシャール)
大森駅から2分の『インド宮廷料理 Mashal マシャール』は、北インドの宮廷料理が楽しめるインド料理のレストランだ。歴史あるムグライ料理の専門店であり、高級路線の本格派インド料理が売りだが、ランチなら手軽な料金で多彩なメニューがいただける。グループでもお一人様でも入店しやすい、明るくインド感があふれる店内が魅力だ。
noimage
スパイスバル ヤラダモン。
沖縄出身の夫婦が開店。店主は沖縄のカレーの名店『食堂インド』出身だ。カレーを4種から選べる南インドのミールス風セットが好評。定番のムルギーカレーはコリアンダーなど程よいスパイス感と、鶏出汁のうまみが重なり食べ飽きない味わい。ティムルマトンカレーはネパール山椒の爽やかさと羊の野性味が鮮烈だ。夜はスパイスゴーヤチャンプルー1000円ほか、オリジナルスパイス料理を楽しめるバルに。フルーティーなインドのクラフトビールBIRA850円も。
noimage
Mrs.Dada
ルーを海に、ターメリックライスを陸に見立てた一皿から地球を感じてほしいと、店主。見た目のみならず、牛・豚・鶏のエキスがぜいたく&濃厚な動物系ソース、魚6種の中骨以外を全て漉(こ)し、貝、甲殻類の出汁と合わせた海を凝縮した香りの魚介系ソースも独創的だ。
noimage
Cafe SORRISO(カフェ ソリッソ)
門前仲町の細い路地のビル3階にひっそりとたたずむ、定員9席の隠れ家カフェ。店構えは控えめだが、それでもお客さんは引き寄せられてやってくる。看板メニューのローストビーフ丼やカレー、夏季メニューのサラダボウルランチ、冬季メニューのスープランチも人気。ササっと食べたいランチにはもちろん、コーヒー片手に集中する仕事空間としてもおすすめ。一方で、土曜などはオーナーとの会話をゆったりと楽しむ常連さんも多い。
noimage
かれはだれ
目黒銀座商店街の中ほどにあり、昼は体にやさしいカレー、夜は有機認証取得や自然農法由来のお酒とスパイスを使うおつまみを出す。ランチのカレーは4種類。ジャンルレスなスパイスカレーは、油脂の重さを感じないやさしい味わいでそれほど辛くなく、複数種類を混ぜて食べるのがおすすめ。
noimage
スセリーネワ
ネパール人が切り盛りするネパール料理とアジア料理の店。ランチは500円のカレーセットと、ネパール定食タカリターリーライスが人気。ネパール料理は野菜や発酵食品も多い健康食。エレベーターのないビル4階にあり、屋上テラスもある。内装がもはやネパール。
noimage
スリランカカレー ミリス
オーナーが、アーユルヴェーダのドクターだった母から学んだスリランカの家庭料理を提供。日本人向けにアレンジされたメニューを楽しめる。日替わりの魚カレー・野菜カレー2種と、野菜の炒めのプレートは、1種類ずつ味わっても混ぜて味変してもよし。 
noimage
Kitchen 直樹(キッチン なおき)
14日間煮込んで作るデミグラスソースを要に、ビーフシチューやハンバーグなど本格的な洋食を出している。店主の実家は宮崎牛をメインとした高級洋食店(現在閉店)。使用する牛肉はすべて宮崎牛で、ネックの部位をトロトロになるまで煮込んだカレーも人気が高い。
noimage
ストーン
JR総武線浅草橋にある焼きカレーのお店。焼きカレーは店主・大島さんの奥様のアイデアで作られた、元々は常連客へのメニューだったがいまや焼きカレー専門店に。口コミで瞬く間に噂は広がり”食べログ カレー TOKYO 百名店”にも選出!絶品の焼きカレーをご賞味あれ。
noimage
BLISS蔵前店(ブリスクラマエテン)
BLISS蔵前店は蔵前駅から徒歩1分の距離にあるインドカレーレストラン。その外観と内装はまるでカフェバーのように洗練されている。ランチは本格インドカレーなどのセットがリーズナブルに楽しめ、夜はおしゃれな店内でカレーやインド料理、お酒を楽しめる。一番人気のバターチキンカリーはスパイスのリッチな香りとクリーミーな濃厚さがたまらない。駅から近い立地の良さとゴージャスな内装でパーティーにもぴったり。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ