自由が丘の記事一覧

1〜18件(全18件)
noimage
都内のおすすめモーニング23店。おいしい朝ごはんをしっかり食べて元気スイッチをON!
朝ごはんは元気の源。そこで、出勤途中にサクッと食べられるお店、休日の朝にお散歩がてら立ち寄れるおしゃれカフェ、純喫茶のトーストや朝ラーメンなどなど、朝食が食べられる都内のお店を厳選してご紹介。朝ごはんをしっかり食べて、気持ちよく1日をスタートしよう!
noimage
毎朝食べたい!自由が丘の素朴なおにぎり定食。『CARMEL FARM&DINING』の朝ごはんで活力をチャージ
朝と昼は和食、夜は洋食を中心に、素材にこだわった“無国籍キュイジーヌ”を提供する自由が丘『CARMEL FARM&DINING』。この店のモーニングメニュー、炊きたて&握りたてのおにぎり定食は、どこか心がほっと落ち着くお味。1日の始まりにぴったりの朝ご飯だ。
noimage
頑張る自分に! 自由が丘デパート『味の一番』で、すき焼き&とんかつのごほうびを!
どちらかというと、子供の頃は裕福な家庭に育った。親に欲しいおもちゃをねだった記憶がないし、週末は外食で焼き肉か寿司を食べに行くのが当たり前。旅行だって年に何度も行っていた。今思えば考えられないが、小学生の頃のお小遣いは1万円で、さらにプラスアルファ。例えば、自分の部屋を掃除や犬の散歩をすると1000円がもらえるなど、激甘クレイジーモードの幼少期であった。当然、こんな環境にいるものだから“ごほうび”というありがたみを全く知らずに育った。勉強や部活を頑張ったらごほうびがもらえるという考え方を養うことができなかったので、大人になってから相当苦労した……というより、現在進行形で苦労している。
noimage
おしゃれな街に潜む異空間! 自由が丘『大衆酒場DOUZE12+』で濃すぎるホッピーと絶品料理に本気酔い!
おしゃれな街、苦手ですね。銀座、表参道、代官山、原宿……まぁ、行きませんよ。理由なんてひとつしかない。酒場がないからだ。「いや、めちゃくちゃあるじゃないか」と思ったあなた、さてはおしゃれだな?
noimage
【閉店】苺たっぷり固めの“プリン”と海塩がアクセントの”バスクチーズケーキ”『Cafe Lisette』~黒猫スイーツ散歩 自由が丘編④~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”自由が丘編の第四弾です。
noimage
【移転】30秒の瞬間を楽しむ! “神様の作るスフレ”を堪能『ル スフレ』~黒猫スイーツ散歩 自由が丘編①~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”自由が丘編の第一弾です。
noimage
Japan Matcha Latte Art Competition 2023 フォトレポート
2023年10月19日、第6回となるJapan Matcha Latte Art Competition 2023が、Amber(東京・自由が丘)にて開催されました。今年は、日本のみならずアジア各国からも実力者が参戦! 国境をまたぐ熱戦を繰り広げた本大会の様子をレポートします。
noimage
東急多摩川線で感じる温故知新~東京23区ローカル線さんぽ~
わずか7駅の沿線には、大地に眠る古墳からにぎやかな商店街、ユニークな造形物など、新旧ごった煮の風景と出合うことができる。一駅ずつゆっくり時間をかけて、界隈の風情を味わおう。
noimage
とにかく野菜がおいしい店7選!素材がキラリ×料理法にも秘訣アリ
「野菜でこんなに満たされるとは!」多彩な品種とみずみずしさに驚き、豊かな味わいと食べ応えに唸(うな)る――。野菜への認識を新たにする店を厳選紹介。誰もが笑顔で、なんだかカラダも軽やかに。旬の野菜で今日はまんぷくだ!
noimage
散歩の途中に寄りたい東京ミュージアム&ギャラリー12選。のびのび一流品を鑑賞
アートは「ありがたく鑑賞する」ものでしょうか? 断じて否。それじゃ肩が凝ってしかたないでしょ。散歩の途中に「こんないいとこ見つけちゃった」ぐらいの気持ちで優れた作品に触れられるミュージアムとギャラリーをご紹介。誰でも気軽に、のびのびと鑑賞できちゃいます!
noimage
ガードが低すぎ! 矢印多すぎ! 駅や鉄道施設に潜む“ドキドキ鉄道ポイント”を見よ
普段何気なく利用する駅や鉄道設備は、よく見ればドキドキするポイントの宝庫。それは歴史背景や立地条件、鉄道会社の一工夫などさまざまな要因による産物だったりする。あなたのベスト ・オブ ・ドキドキはどこ?
noimage
絶品の“さくらんぼパフェ”と萌え断の“フルーツサンド”『ザ 東京フルーツ パーラー』~黒猫スイーツ散歩 自由が丘編③~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”自由が丘編の第三弾です。
noimage
1933年創業“日本のモンブラン”発祥のお店『モンブラン』~黒猫スイーツ散歩 自由が丘編②~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”自由が丘編の第二弾です。
noimage
美味しく健康に! 漢方を取り入れたお茶をいただける東京都内の店3軒
新たなウイルスが猛威を振るい、自分の体は自分で守ることが必要とされる昨今。病気になる前の状態から健康を維持する療法として長い歴史を持つ、漢方や薬膳を取り入れたお茶がいただける店を紹介する。さまざまな体の悩みに合わせてブレンドされたお茶は、健康はもちろん、美容にもいいなど、幅広い効能が期待できる。なじみのない人でも飲みやすくアレンジされたお茶なら、漢方や薬膳を取り入れはじめやすいはず。
noimage
薬膳をもっと身近に。自由が丘『ZEN ROOM』の和漢茶で美味しく健康を目指す
免疫力アップにも期待できると、昨今注目を集めている漢方や薬膳。薬膳料理を気軽に取り入れられる飲食店が、まだ少なかった頃から自由が丘に店を構え、その美味しさと手頃さで一躍人気を呼んだ『ZEN ROOM』を紹介する。
noimage
台湾気分を味わえる、東京の本格台湾茶カフェ4店
ここ数年、東京都内に本格的な台湾茶を提供する店が増えている。中にはお茶だけでなく、台湾名物のフードやスイーツなどを提供する店や、台湾の文化を発信する店などもあり、都内にいながら現地にいるような気分を味わうことができる。今回は、そんな本格台湾茶カフェをご紹介。知れば知るほど奥が深い台湾茶の魅力に引き込まれてしまうかも……!?
noimage
貴重な台湾茶を東京で! 無農薬の茶葉を扱う本格茶藝館『蓮月庭』
おしゃれな店が数多く立ち並ぶ自由が丘。この街に、2019年11月、日本ではここだけであろう希少な高山茶を使った、本格工夫茶(茶芸)を楽しめる店が誕生した。駅からそう遠くない場所にも関わらず、街の喧騒から離れた落ち着いた空間が印象的で、まるで台湾の茶藝館(ちゃげいかん)にいるような気分を味わうことができる『蓮月庭』だ。
noimage
音の高級感を追及するハコ『自由が丘McCartney』
「大人が、ゆったりと音楽を楽しむラグジュアリー空間」というコンセプトをもつライブハウスがここ『McCartney』。重厚感あるカウンターと落ち着いた内装は、高感度なセンスが光る瀟洒な街・自由が丘の雰囲気によく似合う。音楽とお酒が好きな大人が集う隠れ家的ライブハウスとして人気である。

自由が丘のスポット一覧

1〜12件(全15件)
noimage
CARMEL FARM&DINING(カーメル ファーム アンド ダイニング)
自由が丘『CARMEL FARM&DINING』のおすすめモーニングは、素材の味を活かしたシンプルで旨いおにぎり定食。ほんのり温かく口の中でほどけるおにぎりと、具だくさんでやさしいお味の味噌汁、自家栽培の野菜が絶品の小鉢料理にハマることまちがいなし!
noimage
【閉店】THE Tokyo Fruits パーラー
2015年オープン。フルーツの仲卸業を営む会社が運営している、高品質のフルーツがお手頃に味わえると人気のフルーツパーラー。青果やフルーツケーキ等の販売はもちろん、店内ではクロックムッシュなどのランチメニューもいただける。旬の果物を使ったパフェや彩り豊かな断面のフルーツサンドなど、味だけでなく目も楽しませてくれるメニューが多いのも魅力だ。
noimage
【移転】モンブラン
1933年(昭和8年)創業の老舗洋菓子店。洋菓子が珍しい昭和初期から自由が丘の地にスイーツの魅力を伝え、日本で初めてモンブランを提供したという名店。店頭販売のほか、ティールームでのイートインもできる。栗の甘露煮を使った黄色いモンブランは、創業時のレシピを守りながら原料や調理機材は常に研究・刷新しているとのことで、味も進化し続けている。チョコと生地とクリームといちごの調和が素晴らしいエクレールもおすすめ。
noimage
【移転】ル スフレ
様々なジャンルのスイーツの店が集まるテーマパーク『自由が丘スイーツフォレスト』内にある、スフレ専門店。30年以上の歴史ある名店で、先代シェフから受け継がれたスフレは「神様の作るスフレ」と呼ばれるほど。15種以上あるスフレはオーダー後にじっくりと焼き上げられ、客席に届く瞬間が最高のタイミングとなる。30秒ほどでしぼみ出すので、時を逃さず絶品なふわしゅわをいただこう。
noimage
【閉店】Cafe Lisette自由が丘店(カフェ リゼッタ)
自由が丘駅からほど近くにあるカフェ。テラス席もあり、ヨーロッパのカフェのような雰囲気だ。固めのプリンに季節ごとの果物をあわせたプリン・ア・ラ・モードが人気で、季節ごとに訪れる常連客も多いという。店内にはブティックも併設。
noimage
BAR CLAPTON
店内にはクラプトンが愛用するストラトキャスターやマーティンのアコースティック・ギターが飾られ、日によってはお客さんが手にしてセッションが繰り広げられる。カクテルや店主の母が手作りする日替わりのお通しも人気。
noimage
ケールの王様 自由が丘
野菜トップクラスのビタミン&ミネラルで、〝野菜の王様〞と呼ばれるケールのサラダ専門店。契約農家直送のカーリーケールは、苦味が少なく柔らかい。看板商品はブルーチーズとリンゴがアクセントのケールの王様。4種の食材を選べるカスタムサラダなら、ヴィーガン仕様にもできる。
noimage
菜道(さいどう)
カツ重やうな重、ラーメンなど日本の定番料理や居酒屋料理をヴィーガン(完全菜食)仕様で味わえる、世界一のヴィーガンレストラン。動物性食材はもちろん、ネギやニンニクといった〝五葷(ごくん)〞も不使用。調味料の原材料にまで注意を払いながらも、香辛料や乾物を効果的に使った味や食感のリアルな再現は素晴らしい。
noimage
ギャラリー・茶房 古桑庵(ぎゃらりー・さぼう こそうあん)
自由が丘・熊野神社の隣にある、100坪の敷地に立つ築 90年の母屋と、隠居所兼茶室だった『古桑庵』。ここで育った中山勢都子さんが、古きよき昔を伝え守るため、茶房として開放している。
noimage
DIGINNER GALLERY(ディギナー ギャラリー)
小さな空間だが、天井は吹き抜けで意外と開放感がある。このギャラリーらしからぬ構造を逆手に取ったキュレーションが、まさに唯一無二。 オーナーの鈴木宏信さんと語らうのもいい。
noimage
LA・VITA(ラ・ヴィータ)
ベニスの街並みをイメージした商業施設。敷地内には洋館風の建物が立ち並び、異国情緒たっぷり。エステサロン、インテリア、革財布・鞄、ブライダル関連などの店舗が出店する。
noimage
自由が丘スイーツフォレスト
2019年にリニューアル。クレープ、スフレ、エンタメスイーツ、和菓子など5店舗のスーパーパティシエによる作りたてのスイーツを味わえる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ