十条の記事一覧

1〜10件(全13件)
noimage
本来の用途が終わり“第二の人生”を送る廃なるもの
「この橋は古いですよ。昭和……もっと古かったですよ〜」東十条駅前の道路跨線橋を撮影していると、通りすがりの老婦人が声をかけてきました。「もっと古かった」…… そう、駅前に架かる「十条跨線橋」は昭和よりももっと前、明治28(1895)年製の複線橋梁なのです。この橋は明治時代からこの地に架かってきたのではなく、東北本線(宇都宮線)赤羽〜川口間の荒川橋梁から転用されたものです。廃なるものでは遺構などを紹介し、今回は転用されて現役のために主旨が違うかもしれません。が、本来の用途ではなくなった点で、廃なるものでも良いのではないかと考え(拡大解釈)、また十条跨線橋は東京都北区の計画段階であるものの架け替え予定となっており、いずれ消滅してしまうかもという思いから紹介することにしました。
noimage
庶民派の街、十条・東十条・王子の極上ランチ5選。すぐそばにある驚きの味に拍手喝采です!
商店街や飲み屋街が連なる十条界隈には、働き者の腹を存分に満たし、懐に優しい店が集まる。そのうえで、 「おいしいもの」 を目指す店主たちの探究心と思いが詰まった一皿には驚きだ! ランチにぴったりな、拍手喝采を送りたい5店をピックアップした。
noimage
“カレーの街”へと変貌中?十条の元気が出るカレー厳選2店
とにかく今、十条のカレーがアツい。一口食べれば元気になれる熱量十分・十条カレーの人気を知るべく、いざ突撃。
noimage
「米と魚の国」バングラデシュの人々が暮らす、東十条の下町商店街『アルシ レストラン』のカレー
【バングラデシュ(বাংলাদেশ)】インドとミャンマーに挟まれた国で、日本の半分ほどの面積に1億6000万人が暮らす。在日バングラデシュ人は約1万7000人で、東京都内に4595人、うち東十条のある北区に1002人が集住。バブル期に労働者として来た人やIT技術者、留学生が多い。
noimage
都内の激ウマサワー&ハイボール7選。魅せられること間違いなしの一杯を東京の居酒屋から選出しました!
レモンサワーにガリサワーに金魚サワー? 目にも鮮やかな都内居酒屋のサワーをご紹介。ぐびっと飲んでつまみにかぶりつけば、そこはもう極楽だ!
noimage
夏バテに効果テキ面! 暑い日こそおすすめしたい東京の激辛&スパイシーな夏グルメ7選
夏は冷たいものしか食べられない? そんな弱気では乗り切れない。灼熱の夏だからこそ、スパイス満点のグルメをおすすめしよう。だらだら汗が噴き出せば、身も心もスッキリすること間違いなし! ワイルドにスパイスを使ったグルメ7選をご紹介します。 
noimage
十条のおすすめランチ5選。くいしんぼうたちの胃袋を支える満腹グルメ
駅前には活気のある十条銀座商店街が構える十条。地元に根付いた飲食店が多く軒を連ねます。そんな数ある飲食店のなかでも、隠れた名店や路地裏のおしゃれな雰囲気漂う店など、ランチにうってつけな5店を紹介します。おいしいランチを食べて午後も元気に過ごしたい人、足を運んでみてはいかがですか?
noimage
十条『斎藤酒場』に大衆酒場の真骨頂をみる! 「せんべろ」を世に広めた中島らもも通った名店
十条から徒歩1分の老舗酒場。引き戸の磨りガラス越しに見える賑わい、年季の入った暖簾(のれん)には、書き文字で「大衆酒場」の間に「斎藤」とある。瓦葺の軒の他は、余計な装飾のない無骨な店構え。でも、筆者の友人も女性ひとりで飲みに行くこともあるという。絶対いい店に違いない! 期待感を高まらせ暖簾をくぐってみた。
noimage
東京北部の酒場密集地帯、赤羽・十条のおすすめ居酒屋
赤羽・十条エリアの居酒屋というと大衆酒場のような“せんべろ”の店のイメージが強いけれど、実はジャンルもタイプもさまざまな店がそろっている。ワインとパエリアを味わえるスペインバルから、串焼きや焼鳥、100種ものウイスキーを取りそろえるバーも。さあ、今夜はどの店で飲もうか?
noimage
東十条駅からはじめる十条・赤羽散歩~買い物や居酒屋も楽しみな2つの街歩きコース
激安ショップが連なる十条銀座商店街、飲んべえたち御用達の赤羽一番街やOK横丁。2つの個性的な街を結ぶ散策路には自然公園や古刹が点在し、バリエーションに富む散歩が楽しめる。東京の大衆酒場を代表する店もあるので、どこで飲むかも迷いそう。

十条のスポット一覧

1〜12件(全27件)
noimage
アルシ レストラン
地元の商店街にも溶け込んでいるバングラデシュ料理店。鯉の一種である淡水魚ルイのカレーなどをライスで食べる定食や、数種類の豆を使ったバングラデシュ風の炊き込みごはんブナ・キチュリなどがいただける。素材の味を活かした優しい味付けのものが多く、日本人にも食べやすい。
noimage
吉良亭(きらてい)
シェフの吉良陸夫さんが、ホテルでフレンチの腕を磨き、独立。ご飯にも酒にも合う日本の洋食を提供している。名物は牛肉のはちみつ赤ワインソース煮込みだ。
noimage
川辰(かわたつ)
1969年より営むうなぎの名店。注ぎ足し続けたタレがすっきり味の真打ちのうな重は、問屋から毎朝届く国産ウナギを使い、注文を受けてから蒸して焼いている。
noimage
一東菴(いっとうあん)
石臼で手碾きしたそばを提供。店主の吉川邦雄さんは茨城県の畑でソバを育て、直に付き合う農家からも玄ソバを入手している。笠間焼の器や丹精込めた植栽も粋だ。
noimage
Kitchen&BAR “ひ”
「十条カレー番付」で見事に“東の横綱”を獲得した店。小麦粉は使わず、たまねぎやトマトなどの野菜とチキンの旨味を生かしてサラリと仕上げた「おつまみカレー」が、ウイスキーと不思議とよく合う。
noimage
Bisan
日本では非常に珍しいといわれるパレスチナ料理店。料理はオリジナルレシピのアラブの家庭料理で、スパイスと塩分が優しめで、素材の味を生かした日本人好みの味だ。
noimage
埼玉屋
言わずと知れたやきとんの名店。究極の味を求めて開店前には行列ができる。このやきとんと相性抜群なのが、50年以上前からメニューにある生レモンハイだ。
noimage
A1肉骨茶(エーワンバクテー)
マレーシアの大手のスパイスメーカー「A1」と連携し、18種類のスパイスをブレンドした本場の肉骨茶を提供している。内装は昭和の屋台をイメージしたものとか。
noimage
斎藤酒場(さいとうさかば)
十条の名物酒場。創業は昭和3年(1928)。当時は酒屋だった店が、大衆酒場へ姿を変えたのは戦後。昔なじみの常連さんはもちろん、ここ目当てに遠方から訪れる客もいるそう。客席では女将さんをはじめ、女性が切り盛りしている。酒の飲み方を知る、粋な大人が集う店。
noimage
Albion's Bar(アルビオンズバー)
商店街にあるバーとして地元を中心に愛されている店。ウイスキーはスコッチを中心に約100種そろえる。
noimage
やきとり まるま
フレンチ出身の店主・田名網久之さんが営む、当日仕入れた生肉のみ扱う焼き鳥店。「フライドポテトのコスパが最高」という学生から、牛すじ煮込みが好物というおじさんまで客層は幅広い。
noimage
とん八
看板メニューは先代が作ったまかない由来の元祖からし焼。甘みの奥から辛味が押し寄せて、汗が噴き出してくる誰もが心を鷲(わし)づかみにされる一品。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ