恵比寿・中目黒の記事一覧

1〜10件(全72件)
noimage
蜜芋スイーツ専門店の蜜芋バスクチーズケーキが手土産に大人気『& OIMO TOKYO』~黒猫スイーツ散歩 手土産編⑦~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩している時に発見した手土産スイーツをご紹介します。ひとへの手土産はもちろんですが、自分へのごほうび手土産としても楽しんでくださいね。
noimage
恵比寿のカフェ『medel deli』で食べるアサイーボウルで体の中からキレイになっちゃおう
恵比寿駅西口から徒歩5分。駒沢通りのケンタッキーフライドチキンの路地に入り、直進すると交差点の目の前に『medel deli』がある。店内は木と白い珪藻土を基調にしたナチュラルな空間で、オーガニックの果物や野菜で作ったスムージーやスムージーボウル、自然の甘味料で作った自家製のおやつやおにぎり&味噌汁も楽しめる。自然の食材が持つ味の素朴さや予想以上のおいしさに感動するかも。
noimage
恵比寿『KO-SO CAFE BIORISE』。ランチにスイーツをつけても罪悪感ナシのヴィーガン&ハラール料理
恵比寿駅東口からJRの線路と平行に渋谷方向へ進むと交差点に突き当たる。サンマルクカフェのとい面の道を入るとすぐに『KO-SO CAFE BIORISE』がある。ヴィーガンやハラールの認定を受けているカフェだが、ピザやカレー、スイーツまでさまざまなメニューが揃っている。だが、動物性の食品は一切不使用。オリジナルの焙煎玄米粉や酵素ドリンクを使ったメニューは、ヴィーガン料理にありがちな“物足りなさ”を感じさせず、とてもおいしかった。
noimage
【恵比寿vs中目黒】ご近所観察10番勝負!~お隣同士のエリアを比較調査~
お隣さん同士の恵比寿と中目黒は、どこかしら土地柄が似通っている。とはいえ全く同じというわけではない。元祖「恵比寿」「中目黒」エリアを散策、適当に10項目にふり分け、違いを重箱の隅つつく精神で探ってみた。取材・文・撮影=奥谷道草
noimage
恵比寿『Balloom 東京店』。岡山の老舗豆腐店のアンテナショップによる大豆づくしのランチプレート
恵比寿駅東口から徒歩8分。ウエスティンホテル裏手の住宅街に佇む一軒家の豆腐専門店『Balloom東京店』がある。岡山の老舗豆腐店『山本豆腐店』のアンテナショップで、大豆の持ち味を最大限に活かしたランチプレートが楽しめる。ランチにも使用している豆腐や油揚げ、厚揚げのほか豆腐スムージーにドーナツといったメニューも店頭で購入できる。大豆の風味や旨味が詰まった豆腐のおいしさは格別だ。
noimage
恵比寿・中目黒さんぽ~都心の凹凸ダイナミズムを体感しよう~
一見、高級店が立ち並び、洗練された大人の街を思い浮かべてしまいがちなこのエリア。けれども恵比寿も中目黒も、もとは町工場の立ち並ぶ下町。中目黒から恵比寿を目指してみると、目黒川によって形成された起伏の激しい地形が立ちはだかる。坂や階段を上り下り、駅前だけじゃなく、内側まで入り込んでみれば、そこには地域や暮らしに寄り添ったのどかな気風が漂っているのだ。さて、肩の力を抜いて、ハイキング気分で歩き出そう!
noimage
恵比寿のカフェ『アナログ カフェ ラウンジ トーキョー』の和モダンな空間でボリューム満点ランチ!
朝早くからオープンするレトロ喫茶や、夜遅くまで営業しているおしゃれカフェが点在する恵比寿駅西口。そのなかで『アナログ カフェ ラウンジ トーキョー』は、年代やワークスタイルを問わず、誰もが落ち着ける空間が広がる隠れ家的カフェ&ダイニングだ。なぜ“隠れ家”っぽいのか? その理由は、店の立地と雰囲気にあるのだ。
noimage
恵比寿『九十九ラーメン 恵比寿本店』、まろやかな味噌とんこつに山盛りのゴーダチーズが尊すぎる!
恵比寿駅から徒歩6分、東京とんこつラーメンの草分け『九十九ラーメン 恵比寿本店』。元祖〇究(マルキュー=正しくは究を○で囲んだ文字)チーズラーメンは、濃厚かつ後味スッキリのとんこつスープに、マイルドな味噌、そして十勝・花畑牧場のゴールデンゴーダチーズが山盛りになってくる。オリジナルのもちもち中太麺が、旨味たっぷりでトロみのあるスープをたっぷり持ち上げてくれる。
noimage
恵比寿『どんく』で長崎ちゃんぽん。野菜たっぷり! ジワ〜っとしみわたるやさしい味のスープ
地下鉄恵比寿駅2番出口から徒歩2分のところに、長崎出身のご夫婦が切り盛りする『どんく』がある。本場のちゃんぽんと皿うどんが自慢の居酒屋だ。そのほかボリューム満点のチキンカツや麻婆豆腐の定食、雲仙豚の角煮やさつま揚げなど長崎ならではのメニューも並ぶ。どれもまるでマスターとママのようなじんわ〜りしみわたるやさしさがあった。
noimage
恵比寿『Time Out Cafe & Diner』でランチ。ドデカいハンバーガーにかぶりつけ!
恵比寿駅西口から徒歩5分。渋谷橋のたもとにあるライブハウス『リキッドルーム』。その2階にあるのが『Time Out Cafe & Diner』だ。店内には天窓があり、自然光がたっぷり注ぎ込む開放的なスペースで、DJブースやレコードに囲まれながら16時までランチが楽しめる。価格は900円からとお手頃で、プラス300円でドリンクバーもついてくる。フリーWi-fiや電源の供給ができるのでノマドワーカーにも人気だ。

恵比寿・中目黒のスポット一覧

1〜12件(全84件)
noimage
珈琲家族(こーひーかぞく)
昭和の時代から続く『珈琲家族』は、サイフォン式のおいしいコーヒーと懐かしい味わいの軽食をいただける老舗の喫茶店。母娘2人が醸し出すアットホームな雰囲気のなか、心おきなくくつろぐことができて、きっとだれもが心癒やされるだろう。
noimage
Rue Favart(リュファヴァー)
1997年創業の『Rue Favart』は、恵比寿界隈のビジネスパーソンや地元民に愛されてきた老舗のビストロ。創業時から変わらぬ異国情緒あふれる空間が魅力で、日常を忘れさせてくれる。1000円以下のカジュアルランチはセット内容が充実しており、コスパも最高だ!
noimage
& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店(アンド オイモトウキョウカフェ)
2021年7月24日にオープンした、お芋に特化したカフェ。ザ・ペニンシュラ東京内の本店やオンライン販売などで人気の、蜜芋バスクチーズケーキなどが満を持してカフェ店内でいだだける。中でも、濃厚な安納芋のクリーム、カラメリゼしたホクホクの紅あずまに、ジャージー牛乳を使ったソフトクリームとホイップクリームが添えられキャラメルソースまでついた、さつまいも2種のふわふわパンケーキ 1800円などがおすすめ。他にも密芋を堪能できる食事系メニューも充実している。
noimage
KO-SO CAFE BIORISE(こうそかふぇびおらいず)
恵比寿駅東口から徒歩2分。ヴィーガンやハラールの認定を受け動物性の食品は一切不使用だが、ピザやカレー、スイーツまでさまざまなメニューが揃っている。オリジナルの焙煎玄米粉や酵素ドリンクを使ったメニューは、ヴィーガン料理にありがちな物足りなさを感じさせないおいしさがある。
noimage
Balloom東京店(ばるーむとうきょうてん)
恵比寿駅東口から徒歩8分。ウエスティンホテル裏手の住宅街に佇む一軒家の豆腐専門店『Balloom東京店』は、岡山の老舗豆腐店『山本豆腐店』のアンテナショップ。大豆の持ち味を最大限に活かしたいろんな豆腐料理がランチプレートで楽しめる。豆腐スムージーにドーナツといったメニューも店頭で購入できる。
noimage
アナログ カフェ ラウンジ トーキョー(あなろぐ かふぇ らうんじ とーきょー)
和洋折衷の異空間が広がる恵比寿のカフェ『アナログ カフェ ラウンジ トーキョー』は、欄間や障子を配した居心地のいい空間づくりや、アンティーク調のインテリアの数々をはじめ見所満載。17時までボリュームたっぷりのランチをいただくことができる。
noimage
九十九らーめん 恵比寿本店(つくもらーめん えびすほんてん)
恵比寿駅から徒歩6分、東京とんこつラーメンの草分け『九十九ラーメン 恵比寿本店』。味噌とんこつラーメンに山盛りのチーズが乗った元祖究(マルキュー)チーズラーメンや、臭みがないのに濃厚で後味はスッキリとした九十九とんこつラーメンが人気だ。
noimage
Time Out Cafe & Diner(たいむあうとかふぇあんどだいなー)
恵比寿駅西口から徒歩5分、渋谷橋交差点にあるライブハウス『リキッドルーム』。その2階にあるのが『Time Out Cafe & Diner』だ。自然光がたっぷり注ぎ込む開放的なスペースで、16時までランチが楽しめる。900円からと手頃な価格で、プラス300円でドリンクバーもついてくる。
noimage
どんく
地下鉄恵比寿駅2番出口から徒歩2分、長崎出身のご夫婦が切り盛りする『どんく』は本場のちゃんぽんと皿うどんが自慢の居酒屋だ。そのほかボリューム満点のチキンカツや麻婆豆腐の定食、雲仙豚の角煮やさつま揚げなど長崎ならではのメニューも並ぶ。どれもおいしさがじんわ〜りしみわたる。
noimage
珈琲家族(コーヒーカゾク)
1975年(昭和50)創業の喫茶店。創業当時から変わらないレシピで作られた卵ペーストがたっぷり乗ったトーストが人気商品。
noimage
JAPANESE GELATERIA&CAFE ASANOHA(じゃぱにーず じぇらてりああんどかふぇ あさのは)
埼玉県川島町の農家らと連携し、地産地消ジェラートを中心にしたスイーツを提供する『JAPANESE GELATERIA&CAFE ASANOHA』。ジェラートのベースになる“あさのは”は、しぼりたての牛乳100%で、あえて香料や生クリームなどを加えていないピュアなミルク味だ。
noimage
海老山(えびやま)
2022年7月、恵比寿にできたランチの新名所。サクサク海老が山盛り乗っかった超人気の海老かつ丼を求めて、今日もおいしいもの大好きな人々の行列が。サービス価格の追加かつ、追加玉子でさらにボリューム、おいしさも増量できる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ