1. HOME
  2. ジャンル
  3. 日本酒

日本酒の記事一覧

1〜10件(全129件)
秋刀魚とピーマンの甘辛焼き梅風味に「天心 辛口純米」 〜“地酒感”がある日本酒は近い将来、消えていく運命にある!?〜
秋刀魚とピーマンの甘辛焼き梅風味に「天心 辛口純米」 〜“地酒感”がある日本酒は近い将来、消えていく運命にある!?〜
地元でしか飲めない日本酒が減ってきている昨今。どこにいても全国の地酒が味わえるのは楽しい反面、旅情の盛り上がりに欠け、ちょっと味気ないと思う私。いつもは日本酒を飲まない人も旅先では「飲んでみようか」と思う人は少なくないはずなのに、それをちゃんとすくえない状況があるのは、すごくもどかしいです。というわけで、今回は地酒について考えてみました。
福岡の明太子メーカー『島本食品』! 通販で買うなら明太マヨネーズがおすすめなのだ!
福岡の明太子メーカー『島本食品』! 通販で買うなら明太マヨネーズがおすすめなのだ!
編集のシラタキが「明太子ってどれも同じだと思ってませんか?福岡の『島本食品』のがいいんです」という。実際に食べてみると「明太子よ、愛している」とトリコになってしまった。(前回記事はこちら)福岡で40年続く明太子の素晴らしさにやられ、明太子マヨなどを追加注文。夢中で食べた。すまない。今回もひたすら明太子を食べているだけの記事である。
とうもろこしの海苔バター焼きに「賀茂鶴 純米酒」 〜暑い夏は少し遠ざかっていた日本酒と再び距離が近くなる季節〜
とうもろこしの海苔バター焼きに「賀茂鶴 純米酒」 〜暑い夏は少し遠ざかっていた日本酒と再び距離が近くなる季節〜
実は、いつもより日本酒を飲む量が減ってしまうのが暑い夏。後ろめたいようなさびしい思いを抱えながらも、自分の体に従って他の酒に浮気してしまう私ですが、これからやって来る秋冬は、自分にとって本妻ならぬ本夫である日本酒が主役になる季節。その季節が本格的に到来することを、今か今かと待ちわびている最近です。
トロ茄子とレモン酢鶏のタバスコ風味に「宮泉 アッサンブラージュ」 〜多様な酒を楽しむ現代の日本酒蔵の蔵元が造る新しい日本...
トロ茄子とレモン酢鶏のタバスコ風味に「宮泉 アッサンブラージュ」 〜多様な酒を楽しむ現代の日本酒蔵の蔵元が造る新しい日本...
私の記憶が確かならば、かつての日本酒の世界では、日本酒蔵の蔵元が堂々と他の酒を飲めないような雰囲気がありました。しかし、今は自由に好きな酒を飲む蔵元たち。他ジャンルの酒を楽しむ蔵元たちは、日本酒造りの可能性をさらに広げています。
ラム肉と夏野菜の生姜カレー炒めに「仙禽かぶとむし」と「domaine parlor」 〜日本酒蔵が本気で造る他ジャンルの...
ラム肉と夏野菜の生姜カレー炒めに「仙禽かぶとむし」と「domaine parlor」 〜日本酒蔵が本気で造る他ジャンルの...
もしかしたら今後、単一の酒だけをつくる酒蔵はごくごく一部になっていくのかもしれません。なぜなら昨今、日本酒蔵が他ジャンルの酒を造る動きが活発になってきているからです。今回は、日本酒蔵が造る酒の多様化について書きたいと思います。
本場・福岡の明太子はスーパーで買うのとどう違うのか? 大きさ、味、ハリ、粒立ち、焼いたらどうなるの?~いろいろ検証!
本場・福岡の明太子はスーパーで買うのとどう違うのか? 大きさ、味、ハリ、粒立ち、焼いたらどうなるの?~いろいろ検証!
編集のシラタキから、小包みが届いた。あけると袋にむっちり明太子が詰まっていて、私を誘惑してくる。お礼をするのに連絡すると、「明太子ってどれも同じだと思ってませんか?福岡の『島本食品』のがいいんです。スーパーで買うのと全然違いますから!」とのこと。ほんまかいな?と思いつつ、酒のつまみにしたら、舌の上でプチーンと粒が弾けて、新しい世界が広がった。明太子よ、愛している。福岡で40年続く明太子が美味しすぎて、思わず擬人化した。
茅ケ崎で15年暮らした作家・開高健は、この街でどんな時間を過ごしたのか。その散歩道をたどる
茅ケ崎で15年暮らした作家・開高健は、この街でどんな時間を過ごしたのか。その散歩道をたどる
没後30年、生誕90年と、2年続けて特別な年が続いた作家・開高健。亡くなるまでの15年間を茅ケ崎で過ごし、海近い邸宅は記念館になっている。この街でどんな時間を過ごしたのか。縁ある人を訪ねて想像してみた。
夏野菜とエビのシュウマイに「山形正宗(夏酒)」 〜自由な発想から生み出される暑い夏に飲みたい日本酒の話〜
夏野菜とエビのシュウマイに「山形正宗(夏酒)」 〜自由な発想から生み出される暑い夏に飲みたい日本酒の話〜
夏に発売される季節の日本酒といえば夏酒。早いところだと5月あたりから「夏酒はじめました」と、各蔵が考える夏に飲んでほしい日本酒が続々とリリースされます。今回は、そんな夏酒について書きます。
ホタテと刺身こんにゃく梅肉和えに「AKABU(火入れ酒)」 〜夏の生酒は今の時期もっとも熟成しやすい日本酒です〜
ホタテと刺身こんにゃく梅肉和えに「AKABU(火入れ酒)」 〜夏の生酒は今の時期もっとも熟成しやすい日本酒です〜
生酒とは、一度も加熱殺菌(火入れ)しない日本酒のことを言います。「生」と聞くと、フレッシュな印象を持ってしまいがちですが、その実は逆。火入れをすることで失活させることができる「糖化酵素」という、甘みを増やす成分を含んだ生酒は今の時期、日本酒の中でもっとも熟成が進みやすく、早いスピードで味が変化してしまう酒です。今回は、ちょっと辛口になってしまいますが、夏の生酒について改めて書きます。
汁物をアテに酒が楽しめる四ツ谷・飯田橋・御茶ノ水の居酒屋4選。汁物×酒という極楽世界をご案内します!
汁物をアテに酒が楽しめる四ツ谷・飯田橋・御茶ノ水の居酒屋4選。汁物×酒という極楽世界をご案内します!
出汁で酒を飲んだことがありますか? 思わず“ふう”とため息がこぼれ肩の力が抜けて、身体がポカポカほっこり、幸せな気持ちになりますよ。そんな世界が味わえる中央線沿いの居酒屋4店をご紹介。汁物は締めじゃなくてアテとして楽しもう!

日本酒のスポット一覧

1〜12件(全188件)
蕎 楽房 一邑(きょう らくぼう いちむら)
蕎 楽房 一邑(きょう らくぼう いちむら)
全国の名産地から玄そばを仕入れ、実の粒の選別を店主自らが手がける。一番人気は野菜9品が付く野菜天せいろ1500円。ランチ...
つちや商店
つちや商店
思い出の酒は岐阜の『三千盛』。作家・開高健の勧めで蔵元と取引が始まり、今も続いている銘柄だ。3世代で営み、角打ちも完成し...
焼鳥×和酒 遊
焼鳥×和酒 遊
鶏と日本酒で安らぎの味が楽しめる店。串焼にも使う“健味どり”を煮込み、シイタケと昆布の出汁を加えた鳥スープは酒がすすみ、...
日本橋とやま館
日本橋とやま館
県内選りすぐりの富山の美味や工芸品が揃う。なかでも、新鮮なうちに急速冷凍したホタルイカや魚の昆布締めなどの旬の魚介類に目...
ここ滋賀
ここ滋賀
近江商人と深い関わりを持つ日本橋に、満を持して2017年にオープン。意外と知られていない滋賀の名産品がずらりと並ぶ。鮒寿...
酒房たちばな
酒房たちばな
カキやホタテの貝柱をふんだんに使う出汁が決め手のおでんが絶品。そして、その出汁で作る旨味たっぷりのおでん雑炊で締めるのが...
青森
青森
近年居酒屋に業態替えしたそうだが、中身はどう見てもスナック。ハスキーボイスと津軽弁が魅力のママは青森県弘前市出身で、20...
日本橋ふくしま館 MIDETTE (ミデッテ)
日本橋ふくしま館 MIDETTE (ミデッテ)
取り扱う商品はざっと2500種類以上。果物や野菜などの生鮮品から、肉や魚の冷凍食品、加工品、菓子類、民芸品などが幅広く揃...
銀座わしたショップ本店
銀座わしたショップ本店
銀座にある沖縄県のアンテナショップ。本店ということもあり、お店も広く幅広い品揃えが特徴。1階は主に食料品、地下1階は泡盛...
炭火焼串処 鳥芳(すみびやきくしどころ とりよし)
炭火焼串処 鳥芳(すみびやきくしどころ とりよし)
西国分寺の名物もつ焼き店。選りすぐりの食材を使う串焼きは、タンやつくねなどの定番から、オリジナルまで20種類以上を用意。...
斎藤酒場(さいとうさかば)
斎藤酒場(さいとうさかば)
十条の名物酒場。創業は昭和3年(1928)。当時は酒屋だった店が、大衆酒場へ姿を変えたのは戦後。昔なじみの常連さんはもち...
瀬戸酒造店
瀬戸酒造店
町の花から培養したアジサイ酵母使用の「あしがり郷」、昔の蔵に根付いていた酵母を用いた「酒田錦」、誰といつ、どんなふうに飲...
PAGE TOP PAGE TOP