施設の記事一覧

1〜10件(全188件)
戦国の城を攻める ~明智光秀ゆかりの城編⑧ 石垣に隠された真実あり。亀山城・明智越(保津城)~
丹波国は戦国武将・明智光秀が最も活躍した地、といっていい。役者に喩えるなら、対比叡山の戦線で活躍し坂本を得たのが表舞台に立つきっかけで、丹波平定戦ではついに主役の座を射止めた、というところ。丹波の光秀を知らずして、光秀を語るなかれ。逆にいえば、元々丹波を支配していた地元の諸勢力にとっては、招かれざる客だった。その証拠に、光秀に抗した寺はことごとく焼き討ちに遭い、戦国武将達は徹底的に潰される。その象徴が八上城の波多野氏だ。光秀の丹波での拠点が亀山城。最初は敵陣に攻め込む橋頭堡(きょうとうほ)として。丹波平定後は、領国支配の拠点として。そして一世一代の大勝負。この城から出陣し、いざ本能寺へ──。
神奈川県真鶴町 ~とことん歩いて回りたい 郷愁を感じる小さな港町~
7.05平方キロメートル。相模湾西端にちょこんと突き出た真鶴半島を擁する真鶴町の面積であり、神奈川県内では2番目に小さな町だという。いかに小さい町であるかを思い知った出来事がある。この旅の途中、立ち寄った先で初対面の方から、「あれっ、そういえば×××にいましたよね」と不意に声をかけられることが何度もあったのだ。町の秘めたる魅力を独自のスタンスで発信する《泊まれる出版社》真鶴出版を営む川口瞬さんにそんなエピソードを伝えたところ、「それは“真鶴あるある”ですね」とクスッと笑われた。“真鶴あるある”はさておき、本当にこの町は小さく、しかも坂道だらけだ。平坦な道はわずかで、曲がりくねっていたり、車の通...
駒場東大前駅からはじめる代々木・新宿さんぽ〜民藝、文学、音楽など知的スポット満載さんぽコース
農学校跡の公園、民藝の殿堂、文学や音楽、服飾のミュージアムなど、知的好奇心を満たしてくれる施設が点在。旧前田侯爵邸がある駒場公園やイスラム教に触れられる日本ジャーミイ、代々木ポニー公園、都庁展望室など、無料で楽しめるのも魅力だ。
赤プリ、浅草最後の映画館、下北沢駅、東横線渋谷駅……2011~2013年に姿を消した風景【東京さよならアルバム】
スクラップ&ビルドは東京の宿命――毎年東京から数多くの有名施設、歴史的建造物が姿を消しています。2006年、私はふと思い立って、消えていく風景を写真に納めることにしました。「消えたものはもう戻らない。みんながこれを見て懐かしく感じてくれたらうれしいな」とそれぐらいの気持ちで始めた趣味でした。そんな、東京から消えていった風景を集めた短期連載「東京さよならアルバム」。今回は第7弾として、2011~2013年に消えていった風景を紹介します。写真・文=齋藤 薫
所蔵雑誌は80万冊超! 知の宝庫『大宅壮一文庫』が開館から50年
ジャーナリスト・大宅(おおや)壮一(1900~1970)の雑誌コレクションをもとに、日本初の雑誌専門図書館として設立された『大宅壮一文庫』が、開館から50年目を迎える。
【新年特別企画】十二支の動物にまつわる寺社への初詣「動物初詣」のすすめ
【編集部より】新年あけましておめでとうございます。オギリマサホさんによる当連載、現在「もなか」がテーマの第2回が終わったところで、今回は第3回の予定でしたが、巡り合わせよく2021のお正月が間に挟まってしまいました。毎年干支の動物にライダー姿で跨る「十二支ライダー」の年賀状(メールのみ)が出版界をざわつかせているオギリマさんですが、それと似て非なる年中行事として「動物初詣」も続けておられるとか。「だったら、ジミな『もなか』は一回飛ばして十二支初詣の話を書いてくれませんかねえ?」という編集部の願いが叶い、今回のテーマは動物初詣と相成りました。もなかファンの皆様には大変申しわけございませんが、ちょ...
コインランドリーの奥に潜む昭和の玉手箱・船橋『湊町 松の湯』でひとっ風呂
コインランドリーの奥に入り口がある、ちょっと珍しい造りの銭湯。フロント脇の休憩スペースには山盛りになった駄菓子があり、男湯の脱衣所には、なぜか巨大なキリンのぬいぐるみがある。昭和の香りがただよう小物やインテリアも郷愁を誘う。
戦国の城を攻める ~明智光秀ゆかりの城編⑦ 坂本城・ついに一国一城の主に ~
前回の宇佐山城を拠点とした戦い、志賀の陣を経て、織田家が比叡山を焼き討ちにしたのは『麒麟がくる』でも既に描かれた通り。その最前線を任された光秀は見事、功成り名を遂げる。主君の信長から領地を与えられ、5万石の一国一城の主となったのだ。その城が今回訪れる坂本城だ。場所は比叡山の東麓、つい最近までの激戦の舞台。いつ残党たちの反抗が再燃するとも限らない。そんな土地を任されるとは、光秀、よほど信長に評価されていたのだろう。しかし見方を変えると、なかなかエグい。光秀も「身に余る光栄だが、キッツイなあ……」と、心の中で思っていたに違いない。
ホテルの客室で運転士になれる! 「渋谷エクセルホテル東急」に東急電鉄シミュレーター装置付きルームが登場
例年であれば、年末年始は帰省や旅行のシーズン。鉄道を利用する機会も多く、鉄道好きや“子鉄”のいる家族にとっては楽しみの多い時期だが、今年は残念ながらお預け……という方も多いだろう。そんな方に朗報だ。「渋谷エクセルホテル東急」では、2020年12月19日から2021年3月31日まで、鉄道の旅を疑似体験できるプランを販売している。
【大國魂神社なるほど入門】知ってる? 知らない? 由緒正しき神社の豆知識あれこれ
府中の鎮守社といえば大國魂神社。武蔵野国の総社という由緒正しき神社だけど、知っているようで知らないことも多々。ここで改めて学ばせていただきましょう。

施設のスポット一覧

1〜12件(全433件)
保津城
盆地のほぼ中心に位置する亀山城には、いくつかの支城がある。亀山から京へと抜ける峠道はいくつかあるが、そのなかで最も遺構が...
亀山城
明智光秀の丹波での拠点。最初は敵陣に攻め込む橋頭堡として。丹波平定後は、領国支配の拠点として。光秀時代の遺構もわずかに残...
中川一政美術館(なかがわかずまさ)
真鶴の自然に魅せられ、戦後間もなく町内にアトリエを構えた洋画家・故中川一政(かずまさ)の画業を中心に紹介する美術館。5つ...
遠藤貝類博物館
海に囲まれ三ツ石を見下ろす高台にある、町立の貝類博物館。真鶴町内岩地区に住んでいた貝類研究家・故遠藤晴雄が生涯かけて集め...
松本農園
相模湾を見下ろす山の中腹に広がる観光農園。1万5000坪の広大な敷地には、みかん畑を縫うように遊歩道が整備されている。み...
真鶴出版
出版とゲストハウス、本や雑貨を扱うショップが融合した、町の魅力を伝える拠点。施設は路地裏の民家をリノベーションしたもので...
都庁展望室(とちょうてんぼうしつ)
高さ243m、48階建ての都庁。地上202m、第一本庁舎45階に北展望室と南展望室がある。眼下に東京の街並みが広がり、東...
十二社熊野神社(じゅうにそうくまのじんじゃ)
応永年間(1394〜1428)に、紀州の熊野三山から十二所権現を勧請したと伝わる。周囲は池や滝がある景勝地だったが、浄工...
文化学園服飾博物館(ぶんかがくえんふくしょくはくぶつかん)
ファッションの総合教育機関である文化学園が運営。着物をはじめ、ヨーロッパやアジア、アフリカの伝統的な民族衣装など、企画ご...
代々木八幡宮(よよぎはちまんぐう)
創建は鎌倉時代という応神天皇(八幡様)を祀る古社。厄除開運の御利益のほか、仕事運がアップするという出世稲荷社などがあり、...
古賀政男音楽博物館(こがまさおおんがくはくぶつかん)
昭和を代表する作曲家・古賀政男の博物館。館内には政男が愛した書斎や日本間などを移築している。常設展示は政男の生涯や代表曲...
東京ジャーミイ(とうきょうじゃーみい)
イスラム教のモスク(礼拝堂)で、大きさは日本最大級。現在のモスクは平成12年に開堂。礼拝堂内部のステンドグラスをはじめ、...
PAGE TOP PAGE TOP