本屋の記事一覧

1〜20件(全135件)
noimage
浦和さんぽのおすすめ9スポット。個が混ざり充実した街を、南から北までよくばり回遊
県庁所在地で、行政の要で、文教地区として成熟した街は今、浦和駅前の再開発の真っ只中でちょっと落ち着かない。だけど、浦和を南から北までよくばって回遊してみれば街の心根はやっぱり変わらない。せかせかせず、おだやかであることに気づかせてくれる。
noimage
大宮・浦和・さいたま新都心の実力派大型書店3店。地元の“埼玉愛”に応え、暮らしを支える。
浦和、さいたま新都心、大宮と、一駅一駅に、地域密着の頼もしい存在の大型書店がある。ここに住む人はもちろん、街を訪れる人にとっても、知識と情報を得るために立ち寄りたいスポットだ。
noimage
木場・東陽町・南砂町さんぽにおすすめ14スポット。寄り道が楽しいリトル・ウォーターフロントへ!
江東区政の中心・東陽町がありながら、地域住民から言わせるとどうにも主役になれないこのエリア。でも灯台下暗し。運河と川と親水公園に囲まれた街をじっくり巡れば、思わぬめっけもんと出合えます。
noimage
【高円寺って、どんな街?】中央線カルチャーを最も色濃く感じる街。サイケでカオスで芳ばしくて暑苦しいけど、夢追い人には寛容だ。そして高円寺といえば阿波踊り!
高円寺は、キャラの濃い中央線沿線のなかでもひときわサイケで芳(こう)ばしい街だ。杉並区の北東に位置し、JR高円寺駅から、北は早稲田通り、南は青梅街道までがメインのエリア。中野と阿佐ケ谷に挟まれた東京屈指のサブカルタウンであり、“中央線カルチャー”の代表格とされることも多い。この街を語るときに欠かせないキーワードといえば、ロック、酒、古着、インド……挙げ始めればきりがない。しかし、色とりどりのカオスな中にも、暑苦しい寛容さというか、年季の入った青臭さのようなものが共通している。
noimage
仙川・つつじヶ丘さんぽ~真の「住んで楽しい街」へと変革中~
住みたい街として注目度急上昇の仙川。再開発で便利になっただけでなく、新旧の店や住人が混在する相乗効果でますます魅力が増しているようだ。駅前に渋い風情を残す隣のつつじヶ丘も趣味性の高い店が毎日を楽しくさせる。
noimage
調布・国領の暮らしに根差す街の書店4軒~愛される理由は誠実さにあり~
調布エリアには、思いのほか書店が少ない。だからこそ、暮らす人々の声を聞き逃さない姿勢をもつお店には、自然と人が集まってくるのだ。街への誠実さにあふれた、各店思い思いの工夫をご覧あれ。
noimage
創意工夫が止まらない! 船橋・津田沼のユーモアあふれる駅チカ本屋さん4店
複数路線が乗り入れる船橋・津田沼駅には、駅チカ圏内に大型書店が数多くある。どうしてこんなに至近距離に?と思うほどだが、足を踏み入れれば、それぞれ異なる豊かな個性に圧倒されること間違いなし!
noimage
溜池山王の完全無人書店『ほんたす ためいけ』は、駅から始まる書店の革命。熱いチャレンジの場なのだ!
オフィスワーカーがせわしなく行き交う地下鉄溜池山王駅構内。2023年9月、そこに完全無人の新刊書店が現れた。出版不況と言われて久しいなか、一等地で本を売る狙いとは?
noimage
個性際立つ新刊・古書店5軒。蔵前・両国・浅草橋は本との出合いがある街
長い間、書店がない街だったエリアに2019年以降、新刊・古書店が集まってきた。それぞれに個性際立つ5軒だが、共通しているのは街と共生していること。新たな試みを紹介しよう。
noimage
木場・東陽町・南砂町の新刊書店案内~街の本屋さんは暮らしの相棒だ!
木場・東陽町・南砂町は、それぞれ街の本屋さんが駅近くに構える実に頼もしいエリア。暮らしに寄り添うラインナップの中に、店ごとの小さなこだわりが見えてくる。
noimage
【徒然リトルジャーニー】山梨県甲斐市~名だたる秀峰が晩秋の風景を彩る
山梨県の中心・甲府市の西隣に位置する甲斐(かい)市。2004年、竜王町・敷島町・双葉町が合併して誕生した自治体だが、律令(りつりょう)制下の名「甲斐国」を市名に冠するとは、ある意味大胆である。山並みを愛でながら、暮れゆく秋を感じる旅に出かけてみた。
noimage
【銀座線沿線を歩く・三越前~銀座編】カフェバーからギャラリー、老舗の大衆割烹まで
上等な腕を見抜く目利きのプロが江戸時代より集ってきたこのエリア。大通りに立ち並ぶ老舗のみならず、路地やビルに新たなスポットがひしめき、お宝ザクザク。親しみやすさもあるこの街を、じっくりのんびり歩きたい。
noimage
【銀座線沿線を歩く・新橋~赤坂見附編】カフェ、パン屋、サウナ……昭和風情から新顔まで
江戸城外堀のさらに南側で、地下鉄が弧を描くこの区間。ビジネス街・官庁街の印象が色濃いけど実は江戸の情緒や懐かしい昭和風情もあちこちに。東京の真ん中過ぎて敬遠してたけど歩くとこんなに楽しいなんて!
noimage
【銀座線沿線を歩く・青山一丁目~渋谷編】今と昔を結ぶ街道を起点に歩く
江戸時代、大山道と呼ばれていた青山通り。人々がこぞってこの道を通り、相模国の霊山・大山を目指したからだ。当時、行楽を兼ねた大山参りがブームに。時は過ぎ、令和。我々も物見遊山といきましょうか。
noimage
志木のおすすめスポット7選~市境を飛び越え、ゆるやかに溶け合う
志木駅と言いつつ、住所は埼玉県新座市。実はこの駅、志木市、新座市、朝霞市の3市が接する辺りにある。ナチュラルに市境をまたぎ、ゆるやかに交わる住民たち。志木エリアをぐるりと歩けば、それぞれの暮らしが垣間見える。
noimage
“古本と珈琲”好きなら千駄木『books&café BOUSINGOT』。ブーザンゴ夜会と題したイベントも
夕暮れ時、不忍通りの一角に飴色の灯りが点った。窓から見えるのはぎっしり詰まった本棚、看板には「古本と珈琲」の文字。『books&café BOUSINGOT(ブーザンゴ)』で一杯と一冊を味わうべく、足を踏み入れた。
noimage
本屋さんで贈りものを選ぼう~ギフトショッピングにぴったりの書店2店
作品であり、道具であり、新しい世界への入り口でもある本は、贈りものにも最適。そんな視点で眺めるとより楽しめる、ギフトショッピングにぴったりの本屋さんがありました。
noimage
今こそ渋谷を歩こう~書店、映画館から居酒屋まで。雑多な新顔がひしめくワンダーランド
今、東京で最もスクラップ&ビルドが盛んな街と言っても過言ではない渋谷。その様相は「100年に一度の再開発」と呼ばれるほど目まぐるしい変貌を遂げている。迷宮のような駅を抜け出すだけでもひと苦労……とつい敬遠してしまいがちな人も、先入観を捨てて飛び込んでみれば、大人こそ楽しめる渋谷の顔がきっとあるはず。新しいのに、なんだか落ち着く渋谷のスポットを訪ねてみよう!
noimage
【高尾を知るための11スポット】登山靴を履かなくたって楽しめる! 高尾の街の歩き方
新宿から中央線で45分程度。でも、地図を俯瞰(ふかん)すれば武蔵野台地を突っ切り多摩川を超え、山梨の県境もすぐそこだ。そんな近くて遠い自然豊かな高尾暮らしを楽しむ移住者が、ここ数年で増加中。登山靴を履かなくたって楽しめる、高尾の街の歩き方とは。
noimage
【八王子の最新スポット11選】“東京の田舎”だけでは収まらない、個性的なヒトを醸成する独自路線タウン
多摩地区の最大都市にして、歴史・伝統文化に育まれた八王子は、地元住民たちから愛を込めて「東京の田舎」と呼ばれるほど、のどか。でも、それだけでは収まらない独特な空気感も放つ。その根源、ヒトにあり!?

本屋のスポット一覧

1〜12件(全191件)
noimage
紀伊國屋書店 さいたま新都心店
駅直結ショッピングモールの1階。1日のなかでも時間帯によってお客さんの層が変わるため、品揃えも多岐にわたる。CDとDVD売場も併設。
noimage
三省堂書店 大宮店
そごう大宮店の8階にあり、実用書から文芸、哲学・歴史などの人文書まで幅広く揃う。棚の陳列はひとつのテーマのなかでも細かく分類され、読者にとって目的の本が探しやすい。
noimage
須原屋 本店
埼玉に根付く、創業148年の老舗『須原屋』の本店。年齢層が比較的高めのジャンルが揃う一方で、1階にある「こんな本、出ました」コーナーがひそかな人気だ。
noimage
リブロ 国領店
国領駅から徒歩1分、品揃え豊富な新刊書店。利用の多いサラリーマン層を意識しビジネス書を中心に、暮らしに直結する堅実な棚のラインナップだ。一方で、新刊既刊問わず、ユニークな本が並ぶレジ横の平積みコーナーは感度高めで、チェックしておきたい。
noimage
くまざわ書店 国領店
国領駅から徒歩15分、普段使いの地元住民で昼間も客足が絶えない新刊書店。間口が広い児童書売り場や、主要な参考書や赤本がずらりと並んだ学習参考書コーナーに加え、手帳類も豊富にラインナップ。頼もしき生活密着型の本屋さんだ。
noimage
くまざわ書店 調布店
調布駅からほど近い位置に店を構える新刊書店。2017年、京王線の地上線路跡に建てられた『トリエ京王調布』と同時に開業した。駅前書店らしい幅広い品揃えだが、文芸書の平台や漫画コーナーなどにはマニアックな一面も。
noimage
パルコブックセンター 調布店
調布駅から徒歩3分、調布パルコの5階にある新刊書店。「親子三世代で来てもらえるような書店であれたら」と話す店長の今井さんが大切にするのはお客さんとのコミュニケーション。見やすさ、手に取りやすさを感じられる売り場には、この店舗特注の棚もあるという。
noimage
くまざわ書店 津田沼店
駅南口を出てすぐの駅近書店。写真好きの藤川店長イチオシは写真集・美術書コーナーで、掘り出し物が見つかるかもと思えるラインナップ。地元関連書籍を集めた「千葉本」コーナーにも注目だ。
noimage
くまざわ書店 船橋店
日頃の買い物ついでに利用しやすい『シャポー』内の好立地。コンパクトな店内に日常の需要を満たすラインナップが整っているが、注目すべきは、随所に施された緻密な手書きポップや装飾だ。船橋店独自の「装飾チーム」を結成し、各出版社のコンテストで連続入賞を遂げているほど。キラリと光る工夫が目を楽しませてくれる。
noimage
丸善 津田沼店
控えめな入り口からは一見想像がつかないが、売り場面積・蔵書数ともに県内有数の規模を誇る。医学やクラシックの専門書からマニアックな画集、洋書まで取り揃えられた超広大な売り場は、まさに津田沼の知の牙城。工夫を凝らした小さな特集棚の数々に、思わず足を止めてしまう。
noimage
旭屋書店 船橋店
東武百貨店内にあり、2020年にフロアを移転しリニューアル。グレーを基調としたモダンな雰囲気が特徴で、リラックスして本を選ぶことができる落ち着いた空間だ。文具売り場では、万年筆やボールペンなど高級筆記具の品揃えも充実。贈り物を選ぶ場としてもぴったりだ。
noimage
ほんたす ためいけ 溜池山王メトロピア店
2023年9月、オフィスワーカーがせわしなく行き交う地下鉄溜池山王駅構内に現れた完全無人の新刊書店。人が立ち寄りやすい好立地にあり、「人と本とのタッチポイントを作らなければ」という考えが出発点となったお店だ。コンセプトは「ふらっと、サクッと、旬を手に。」で、立ち寄って棚を見ることでトレンドがわかるつくりになっている。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ