ケーキの記事一覧

1〜10件(全126件)
noimage
群馬県昭和村~名だたる山々が見守る“やさい王国”の恵みに敬服~
上毛(じょうもう)三山の1つ赤城山。その西北麓に扇状に広がるのが昭和村だ。片品(かたしな)川や利根川が生んだ河岸段丘界隈に行政機能や寺社などが集まる一方、高原地帯の傾斜地ではどこまでも畑が広がる。“やさい王国”“首都圏の台所”といったキャッチフレーズがよく似合う光景といえるだろう。反面、現地で目に留まったのが灌漑(かんがい)用水の完成を祝う記念碑の多さだ。第二次大戦後に開拓が始まった地域の大半では水不足に悩まされ、苦難の末、“やさい王国”の基盤を固めた。自然と人の力が育んだ「日本で最も美しい村」に身を置くと、先人の労苦に頭が下がる思いである。
noimage
都電荒川線沿いの個性派喫茶6店。ユニークな世界観ごと楽しもう!
住宅地はもちろん、雑居ビル、遊歩道沿いなど、ご近所さんも気づきにくい立地に、ユニークな喫茶店が隠れています。潜んでたってこだわりはだだ漏れ! 店主が愛する世界を味わえる都電荒川線沿いの個性派喫茶をピックアップしました。
noimage
水曜のみ営業のカフェ・池袋『オヤツハイツ』。バラエティ豊かなチーズケーキは至福のなめらかさ
古いアパートや一軒家を再開発したエリア『ニシイケバレイ』。リノベーションした築50年の木造アパートの2階にあるシェアキッチンでは、曜日ごとにさまざまな店が開店している。『オヤツハイツ』は水曜日の営業で、なめらかで種類豊富なチーズケーキが自慢。キッシュやタルトも好評で、コーヒーを飲みながらゆったりとした時間が楽しめる。
noimage
緑豊かな公園がすぐ目の前!手作りスープとふわふわパンケーキの池袋『Zuppa』でほっこりカフェタイム
2022年4月オープン。南池袋公園が目の前の明るく開放的なカフェ。自慢は手作りのスープと時間をかけて焼き上げるオリジナルのパンケーキだ。天気のいい日は風が気持ちいいテラス席や、テイクアウトして公園に持っていくのもオススメ。静かでおだやかな時間を楽しめる。
noimage
パスタもケーキもチーズがた〜っぷり。チーズ料理専門店『CheeseTable池袋店』は、空が近い隠れ家カフェ
チーズフォンデュやラクレットはもちろん、ショートケーキやドリンクなど、バラエティ豊かなチーズ料理が楽しめる専門店。大人気メニューの濃厚ブリュレチーズの鉄板ボロネーゼのパスタは、チーズのコクと甘さが合体した、とろ〜り甘じょっぱい不思議な味。スイーツはチーズの濃厚さをさわやかな甘さで楽しめるものばかりなので、ランチやディナーでも楽しめる。池袋駅の風景が見渡せる大きな窓と、ゆったりとしたソファも魅力だ。
noimage
茨城県常陸大宮市~森林と農地が交錯し、清流が彩りを添える~
栃木県に接し、八溝(やみぞ)山地の東麓に位置する茨城県北西部の常陸(ひたち)大宮市。2004年、大宮町・山方(やまがた)町・美和(みわ)村・緒川(おがわ)村・御前山(ごぜんやま)村の5町村が合併し、新たな市としてスタートを切った経緯もあり、県内の自治体では2番目に広い面積を有するという。たしかに市内の隣接地域へ足を運ぶ際、山あいを縫うように進み、いくつもの起伏を越えて、ようやくたどり着くことも少なくない。地域それぞれが異なる表情を見せ、さらに一級河川の久慈川・那珂(なか)川が彩りを添える市内を縦横無尽に巡ると、あたかも複数の市町村をハシゴしたようで、その分達成感も大きい。
noimage
三鷹の『319』。レトロビルの一室に生まれたハイセンスなカフェ
三鷹駅南口の一角に、2022年7月にオープンした『319』。築60年という歴史あるビルの一室に広がる洗練された空間と手の込んだメニューが、オープン直後からSNSを中心に人気を集めているカフェだ。今回はそんな話題の新店について、店長の伊藤さんに話を伺った。
noimage
身体に優しいグルテンフリーのパンケーキと餅スイーツに大満足 『Cafebar&Dining Obi』 ~黒猫スイーツ散歩 人形町編⑧~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”人形町編の第8弾です。
noimage
吉祥寺の個性派おやつ4選。手土産にもぴったりな華やかさと親しみやすさが共存しています!
通りを歩くと種類豊富なお菓子に出合える吉祥寺。若者がターゲットのものも多いけれど、今回は大人向けのラインナップを厳選しました。こだわりの菓子ばかりです!
noimage
吉祥寺のおすすめモーニング3選。朝から贅沢なひとときを過ごそう!
多くの人々でにぎわう吉祥寺は、昼・夜と比べて朝は静かな印象。注意深く探してみれば、味良し、風情良しの店たちがそこかしこで来訪を待っています。ちょっと足を止めて、モーニングをいただきながら、朝をゆっくり過ごしませんか。

ケーキのスポット一覧

1〜12件(全146件)
noimage
Repos(ルポ)
2021年12月に開店した洋菓子店。季節感あふれるケーキの品揃えは8~9種ほど。小さめながら洗練された出来ばえで、丁寧な仕事ぶりが光る。焼き菓子は工夫を凝らしたパルメザンとドライトマトのパウンドケーキ200円など約12種を販売。
noimage
珈琲道場 侍
生家が合気道の道場だったオーナーが武道の精神を接客に活かそうと、1978年に創業。ロッキングチェアの揺れに身を任せていると、普段なら難しく思える本もすんなり読めてしまう。フルーツたっぷりの固めの自家製プリンは、コーヒーにも良く合う味で絶品。トーストもバリエーションが多くておすすめだ。
noimage
オヤツハイツ
古い一軒家やアパートをリノベーションして再開発した西池袋の小さな一角『ニシイケバレイ』。このエリアにある古い木造アパートの2階のシェアキッチンでは、曜日ごとにさまざまな店が開店していて、水曜日の担当が『オヤツハイツ』だ。素朴でやさしい味のチーズケーキが自慢で、プレーンやバスク以外にも種類が豊富で、ほうじ茶を入れた茶色のものやハーブティーのバタフライピーを入れた青いものなど変わり種のチーズケーキも。キッシュやタルトなどの焼き菓子も好評。ハンドドリップするコーヒーとともに、ゆったりとした時間が楽しめる。
noimage
CheeseTable池袋店
チーズフォンデュやラクレットなどの定番だけでなく、ショートケーキやドリンクまでチーズ使用というバラエティ豊かなチーズ料理が楽しめる専門店。甘さと濃厚なチーズのコクが一度に楽しめる濃厚ブリュレチーズの鉄板ボロネーゼのパスタは甘じょっぱさがクセになる不思議な味だ。チーズの濃厚さが味わえるスイーツは甘さ控えめ。池袋駅の風景が見渡せる大きな窓とゆったりとしたソファがあり、カフェやランチ、ディナーといつでも楽しめる。
noimage
コミュニティカフェ バンホフ
地元民間病院が関わる地域密着型カフェ。多彩なドリンクメニューや手作りスイーツは独創的でありながら、リーズナブルな価格設定がうれしい。ランチやディナータイムに味わえるフードメニューは、管理栄養士がメニュー作りに携わり、健康面にも気を配ったバランスのよい逸品だ。
noimage
Cafebar&Dining Obi
2Fと3Fがフィットネス、4Fと5Fがホステルになっているビルの1Fにある店。天井が高くゆったりした店内では、時間によって食事やカフェが楽しめる。スイーツでは期間限定メニューもあるグルテンフリーの米粉パンケーキや、豆乳ホイップやフルーツと卵入りの餅がフレンチトーストのような味わいを生み出す、新食感のMOCHI CAKEなど、オリジナリティあるメニューが魅力だ。
noimage
319(さんいちきゅう)
三鷹駅南口の一角に建つ築60年のビルの一室で、2022年7月にオープンしたカフェ。「場所の魅力を楽しんでもらいたい」とデザインされた店内は、無国籍がテーマになっている。非日常を感じられる空間で、和と世界各国の料理から選べるフードメニューをはじめ、素材にこだわったスイーツやドリンクを楽しむことができる。
noimage
Cafe みなづき
自宅を改装して開店したカフェ。店主の北村厚さんが長年作っていたシフォンケーキをブラッシュアップして提供している。ハンドドリップで淹れたさらりとした口当たりのコーヒーに合う。
noimage
国産紅茶専門店 TEAROOM Yoshiki Handa
一番茶で緑茶、二番茶で紅茶を作る茶園の製法違いを仕入れ、年間約15種を季節変わりで用意。ケーキは茶葉香るゼリーやクリームが仕込まれ、香りやさしく舌触りしっとりだ。
noimage
リールズ 西洋釣具珈琲店
焙煎士であり、釣り師の店主の宮宗(みやそう)俊太さん夫妻が営む喫茶店。名物釣具を通販に切り替え、店ではコーヒーに集中。自家焙煎する15種の豆を用い、サイフォンで抽出する。
noimage
breath cafe(ブレスカフェ)
雑居ビルの3階にある隠れ家的なカフェ。店内には緑もあり、お洒落な癒し空間となっている。14時まではランチタイム、カフェメニューは14時以降の提供。カフェの目玉は、お一人様いちごシフォンケーキ1540円で、ホールケーキを独り占めする気分が味わえる。自家製レトロプリンや、7種類もあるクリームソーダもおすすめだ。
noimage
SALON BAKE & TEA
NEWoMan新宿3階にある、ランチやパフェ、ケーキなどのスイーツ、土日開催のオーダービュッフェが魅力的なカフェ。個々のメニューもそれぞれおすすめだが、平日限定・完全予約制のコース仕立てのアフタヌーンティは特に人気。旬のフルーツをメインにしていて、セイボリーも季節感満載だ。また、アラカルトでも人気のパフェとタルトが、ミニサイズで付くのも嬉しい。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ