青梅の記事一覧

1〜10件(全12件)
noimage
登りごたえのある山道が続く、雷電山から青梅丘陵へ【東京発日帰り低山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り低山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。青梅駅の北側に横たわっている小高い尾根が青梅丘陵である。そこに一本のハイキングコースが設けられている。名称はハイキングコース、実際は登山コースという意外と手ごわい登山道だ。<東京都 青梅市>
noimage
秘境を感じられる、白谷沢から棒ノ嶺へ【東京発日帰り低山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り低山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。都県境付近にある秘境ムードたっぷりの渓谷歩きを満喫する。<埼玉県 飯能市・東京都 奥多摩町・青梅市>
noimage
河辺駅直結の『河辺温泉 梅の湯』は青梅・御岳・奥多摩観光や登山帰りに便利な日帰り温泉
男女それぞれに8種類の風呂と2種類のサウナを備える。アルカリ性単純温泉の温泉は少しぬるぬるした湯触りが特徴で、露天風呂には適温に加温した源泉をかけ流しで注ぐ。駅から徒歩1分という好立地のため、青梅周辺の登山やハイキングの帰りに利用するのも便利だ。
noimage
読書、アート、映画……芸術の世界を満喫できるカフェ4店をご紹介します!
読書やアート、映画が楽しめる東京&埼玉のカフェ5店をピックアップ! 静かな趣味の世界に没頭したくなるときは、ただのカフェじゃない、それぞれを楽しむためのこだわりが詰まった空間で、ゆるりと時間を過ごしてみませんか。
noimage
予想を超えた絶景が待つ、近所の里山、天狗岩と赤ぼっこへ【東京発日帰り山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。青梅市と日の出町の境界には、ごみの最終処分場だけではなく、長淵丘陵と呼ばれる里山がある。境界線上に登山道があり、びっくりするほどの大展望が得られる。<東京 青梅市・日の出町>
noimage
御岳山の近くの岩石園と滝巡りで、東京のゴルジュを体感。【東京発日帰り山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。東京にもゴルジュのような岩場の渓谷歩きができる場所がある。御岳山の近くの岩石園だ。周辺には大小の滝もあり、初夏や木々が色づく秋に訪れてみたい。<東京都 青梅市・檜原村>
noimage
滝と渓谷の山、白谷沢のゴルジュから棒ノ折山の長い尾根歩きを楽しむ。【東京発日帰り山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。埼玉県と東京都の県境付近にびっくりするほどの渓谷がある。白谷沢だ。沢の一部分だが、ゴルジュのような景観が圧倒的な迫力。後半は棒ノ折山に登って長い尾根歩きを楽しむ。<埼玉県 飯能市、東京都奥多摩町・青梅市>
noimage
青梅に来たら立ち寄りたいスポット7選。昭和のノスタルジーが残る山間の街を満喫!
丘陵地からの見晴らしや、街の真ん中を流れる多摩川の心地よいせせらぎ。駅前の昭和レトロな雰囲気も風情があり、住まう人々はみな懐っこい。豊かな自然と古くからの伝統に、新たな風も入りつつある街を、ゆっくり巡る。
noimage
至福の時間へ誘う日本酒スイーツ! ケーキ、飴……あなたのお好みは?
対極にあると思われがちな日本酒とスイーツ。だまされたと思って、ここに並んだ品々をご賞味あれ。美しい木箱に入った日本酒のケーキ、小さな和風の包みから現れる日本酒のチョコレート、思い切り大人味の日本酒の飴。きっと、アッと驚くに違いない。ね、合うでしょう? ちゃんと“お酒”してるんです。めくるめく日本酒スイーツの世界へようこそ!
noimage
小泉八雲の「雪女」を訪ねる闇歩き@青梅[後編]
青梅の雪女さんぽの舞台は多摩川。「雪おんな縁の地」の石碑から、物語の舞台「千ヶ瀬の渡し」、そしてクライマックス、「河辺の渡し」付近の荒野のような河畔と疎林へと歩を進めていく。

青梅のスポット一覧

1〜7件(全7件)
noimage
河辺温泉 梅の湯(かべおんせん うめのゆ)
男女それぞれに内湯と露天風呂合わせて8種類の風呂があり、ミストとドライの2種類のサウナも備える。適温に加温したアルカリ性単純温泉の源泉をかけ流しで注ぐ露天風呂は、少しぬるぬるした湯触りが特徴。駅前立地とアクセスに恵まれるため、青梅周辺の登山やハイキングの帰りに利用する客が多い。
noimage
シネマネコ
2021年6月に50年ぶりに復活した、都内唯一となる木造建築の映画館に併設されたカフェ。映画のパンフレットはもちろん、猫の街・青梅にちなんだ書籍も充実している。
noimage
お食事処・酒処ぜん
名物は、店主の永野聡さんが釣ってきた季節折々の川魚だ。この日はニジマスをシンプルに塩焼きで。ホクホクの身とパリパリの皮、塩と脂の後引く味に日本酒をクイっと合わせれば、自然と頬が緩む。ほかにも馬刺しや赤鶏のたたきなど魅力的なつまみが並ぶが、奥多摩名物のずりだしは外せない。釜茹でうどんを生醤油と卵、薬味につけて一気にすすれば、山帰りの体に元気が湧いてくる。
noimage
夏への扉
「峠の茶屋を作ろう」と、店主の山田勝一さんが開業。線路沿いの、永山公園へ向かう道沿いに居を構え、山の麓の喫茶店でもある。
noimage
cafeころん
リヤカーで手作りシフォンケーキの行商をしている店主・てつさんが、「廃屋と化した古民家を、飲食店をやりたい人のトライアルに」と、作業場兼シェアカフェに。有機野菜カフェや麹を使ったメニューの店、手相カフェなど、7店舗が日替わりで入っている。
noimage
澤乃井園
『小澤酒造』の酒蔵に隣接する『澤乃井園』で購入できる。生地に酒粕が練り込まれていて、手のひらにのせると、湯気と共にゆら~り立ち上る芳香。滋味深く、じんわり甘いあんことあいまっ て、じわじわと口の中を満たす。
noimage
ねじまき雲(陰)
『ねじまき雲(陽)』と対をなす、青梅にあるこの店。『ねじまき雲(陽)』が定休日の水曜日は研究の場として『ねじまき雲(陰)』へ戻り、常連客に囲まれて青梅でしか使わないネルを取り出す。メニューは、コーヒー6種とウイスキーしかなく、お菓子はお客が持参する。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ