八王子・高尾の記事一覧

1〜20件(全38件)
noimage
“森業”とはなにか?~八王子を拠点に「森と踊る」が実践する植えない林業と、生物多様性への取り組み
東京・八王子市にそびえる陣馬山を拠点に活動を行っている「森と踊る」。私たちがイメージする林業とはちょっと違うユニークな取り組みを通して森の未来のために、生物の多様性を回復すべく奮闘している。
noimage
高尾山・八王子のおすすめそば店6選~一人飲みにも最適な店、集めました
高尾山とくれば、とろろそばである。登山前にパワーをつけるか、登山後に疲労回復させるかは自由。一方、宿場町・八王子市街地も名店揃い。古民家あり、ロードサイド店あり。こちらは下山後に一献傾けつつ手繰りたい。
noimage
八王子の豊かな食を楽しめる店5選~ランチで心もからだも癒やされます
八王子には、旬の野菜を使用したほっとする味のグルメが盛りだくさん。心もからだも満たされる店をご紹介。食べすぎちゃっても大丈夫! からだにやさしいごはんで健康的に食欲を満たせます。
noimage
八王子・高尾のときめきカフェ6選~遊び心あふれるアートなひとときを
店主の趣味の世界に没頭し、流れる音楽も心地よし。コーヒーやスイーツはもちろん、元気の源だ。店主を交えたおしゃべりも楽しみで、心がウキウキ弾んでくるカフェ揃いだ。
noimage
【高尾を知るための11スポット】登山靴を履かなくたって楽しめる! 高尾の街の歩き方
新宿から中央線で45分程度。でも、地図を俯瞰(ふかん)すれば武蔵野台地を突っ切り多摩川を超え、山梨の県境もすぐそこだ。そんな近くて遠い自然豊かな高尾暮らしを楽しむ移住者が、ここ数年で増加中。登山靴を履かなくたって楽しめる、高尾の街の歩き方とは。
noimage
ネクタイは八王子に限る。~世界が注目する八王子のクオリティ
明治時代に織物の街として発展した八王子。現在は、ネクタイ地の有力産地でもある。1964年の東京オリンピックで入場式用ネクタイに採用されたのも、何を隠そう八王子産。一流の大人を目指すなら、八王子のネクタイを身に付けるのがいい。
noimage
高尾山登山後の一杯、どう楽しむ? ~シチュエーション別に楽しめるおすすめ酒場2軒
一人で登る、仲間たちと登る。高尾登山のシチュエーションはさまざまだが、下山後に飲む「お疲れさま」の一杯はいつだって格別だ。カウンター席で焼き鳥をつつきながら燗酒をいただくか、高尾名物を食べながら焼酎をグビリとやるか。あなたならどっち?
noimage
【八王子の最新スポット11選】“東京の田舎”だけでは収まらない、個性的なヒトを醸成する独自路線タウン
多摩地区の最大都市にして、歴史・伝統文化に育まれた八王子は、地元住民たちから愛を込めて「東京の田舎」と呼ばれるほど、のどか。でも、それだけでは収まらない独特な空気感も放つ。その根源、ヒトにあり!?
noimage
初めて会う気がしない! あのインプラントの看板のきぬた先生と一緒に「#きぬ活」してみた
高速道路で、交差点で、突如出合う「きぬた歯科」の看板。昨今では、熱烈なファンによる「#きぬ活」なるSNSへの投稿も流行だ。そんなきぬた歯科の本拠地は西八王子。ならば本人と巡るしかあるまい!きぬた先生のお気に入りポイント、一緒に回ってきちゃいました!
noimage
夜の農産物直売所「西八ベジナイト」の可能性無限大! 採れたて野菜&デリが週イチでお目見え
王子野菜に、有名ホテル御用達の希少野菜、そして、自家菜園の採れたてが並び、道ゆく人が吸い込まれる。なぜ、西八王子で?しかも週一の夜営業? 今なお、進化中のベジナイトに突撃してみた。
noimage
くまざわ書店、熊沢真社長が語る、生まれ育った八王子への思い。そして八王子から全国に広げる「知」
全国に店舗展開する一大書店グループ、くまざわ書店。その歴史は明治時代中期、八王子の地ではじまった。100年超にわたって引き継がれてきた書店業について、代表取締役社長の熊沢真さんに、お話をうかがった。 ※MAPのデータは2023年10月時点のものです
noimage
【イベント情報も掲載!】桑都の歴史が息づく街・八王子へ~芸者テラスに酒造、リノベカフェを体験
養蚕や織物が盛んで、絹産業で発展した八王子。「桑都(そうと)」と称されたこの市は、2020年に都内で初めて文化庁の日本遺産に認定された。その構成文化財は市内に散らばるが、JR八王子駅周辺だけでも桑都の歴史を感じられるスポットはあちこちに。さあ、歩いて、見て、触って、味わおう。
noimage
世界一おいしい料理に選ばれたルンダンが人気。八王子のインドネシア料理店『クタ・バリ・カフェ』は、異国の言葉のざわめきが心地よい憩いの場
週末の昼下がり、『クタ・バリ・カフェ』はインドネシア人の若者たちでにぎわう。異国の言葉のざわめきが心地よい。どの顔も楽しそうだ。
noimage
ピエール瀧が行く フリーでファンタスティックなファンキー!公園~vol.03 神奈川県大和市・大和ゆとりの森~
――毎月ピエール瀧さんと一緒に公園の魅力を探求していく「ファンキー!公園」!第3回は神奈川県大和市・大和ゆとりの森です。ここは厚木飛行場の隣にあるので、公園にいると離発着する飛行機が見えることもあるそうです。
noimage
関東ふれあいの道を辿る、南高尾山稜から高尾山へ【東京発日帰り低山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り低山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。高尾山の北と南に山稜と名がつく縦走路がある。どちらもけっこう長丁場になるが、こちらの南のほうが楽で楽しい縦走路である。<東京都 八王子市・神奈川県 相模原市>
noimage
ピエール瀧が行く フリーでファンタスティックなファンキー!公園~vol.02 八王子市・秋葉台公園~
――毎月ピエール瀧さんと一緒に公園の魅力を探求していく「ファンキー!公園」!第2回は八王子市の秋葉台公園です。斜面を利用した、高さ15mの巨大ピラミッドがあるそうです。
noimage
古い街道の奥地には、炭焼き村があった【ニッポン面影散歩/東京都八王子市下恩方町・上恩方町】
八王子市の北西部にかつて恩方(おんがた)村といわれた山間の地がある。奥まったその地には街道が通り、山を越えて藤野へと通じている。北浅川沿いのその街道を辿り、奥地の醍醐(だいご)まで歩いてみた。
noimage
八王子の100年ベーカリー『布屋パン』時を超える変わらぬコッペパンの味
巨大な駅ビルを中心に、放射状に繁華街が広がる八王子駅前。若者向けの飲食店や娯楽施設が並ぶ駅そばの一角に、大正時代から続く老舗ベーカリーがある。
noimage
山から山への縦走路が楽しい、陣馬山から小仏城山【東京発日帰り低山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り低山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。東京近郊の縦走路では、たぶん一番人気がこのルートではないだろうか。脚力に余裕がある人は高尾山から景信山を越えて陣馬山へ。脚力に少し衰えを感じてきた人は、逆コースの陣馬山から高尾山を目指す。さらにもっと衰えた人は高尾山まで行かずに途中で下山する。というように、さまざまなケースに対応できるのが、このコースだ。何より富士山も見えるし、展望もいいのが自慢だ。紹介するのは高尾山を眺めるだけにして、小仏城山から下りる、やや衰え気味のルートになる。<東京都 八王子・神奈川県 相模原市>
noimage
気軽に登山を楽しむ、高尾山から小仏城山【東京発日帰り山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。高尾山への道ではちょっぴり登山気分が味わえる道。琵琶滝から表参道、山頂へ。尾根を歩いて小仏城山でのんびり。一気に下って酒場へまっしぐら。<東京都 八王子・神奈川県 相模原市>

八王子・高尾のスポット一覧

1〜12件(全60件)
noimage
手打そば 山泉
1996年の創業で現在は2代目が腕を振るう。手打ちされたニ八のそばは、端正に裁たれた細切りで、きりっと角が立ち、手繰ればふんわりと香ばしさが広がる。八王子ヘルシーメニューに認定されているみぞれそばは、温かなもり汁に7種類の野菜が入り、相性抜群だ。
noimage
手打そば 車家
福島から築150年の古民家を移築した店は、太い柱や高い天井など、懐かしくもゆるりとした空気が流れる。食材・調味料は全国の産地から選り抜いた、体に優しい素材ばかり。ソバの実は低温保存し、その日打つ分だけ石臼で自家製粉。いつでも新鮮なそばが堪能できる。
noimage
栄茶屋
自然薯そばがウリの高尾山の表参道に軒を連ねる店。自然薯は直火でヒゲを焼いて取り除いた後に皮ごとすっているので栄養満点だ。ちょっぴり野性味のある香りがたまらない。そばは会津や北海道産を二八で。麦飯も締めに欠かせない。
noimage
蕎麦座髙尾山 髙橋家
目の前が高尾山ケーブルカー駅。古くは旅籠だった、創業天保年間の老舗で名物はもちろんとろろそばだ。とろろ芋と上質粉で練られたそばを、高尾山の湧水でさらす。ツルツルののど越しだ。大和芋と長芋を合わせたとろろは、ねばりととろみが絶妙だ。
noimage
季節料理と蕎麦の店 やお庵
いわゆるそば居酒屋で夜のみ営業だが、午前中から数々の品をみっちり仕込んでいる。のど越しよい手打ち粗挽き二八そばは、北海道産と茨城産のブレンド。角がきりっとした細めの麺は香り豊かだ。信州立科の無添加醤油と3年熟成のかつお節で合わせたつゆで手繰りたい。
noimage
越後そば 弥彦
八王子にあって越後名物のへぎそばが味わえる。つなぎに小麦粉ではなく布のり(海草)を使用し、「へぎ」という器に盛る。ツルツルとした喉ごしと、コシのあるしっかりとした食感が楽しめる。特別なフライヤーで油分を大幅にカットし揚げた天ぷらも自慢だ。
noimage
八王子やさいキッチン
シェフの廣本直樹さんは野菜の生産者でもあり、自ら収穫した野菜を料理して提供。鮮度の高い野菜を届けたいという思いから、コース料理を前日までに予約すると来店日に野菜を収穫する。野菜はどれも肉厚で味と食感が強く、全国からこだわりの野菜を仕入れる人が絶えない。
noimage
くらごはん
元はカレー店だったが、栄養バランスを考えた手作りの定食を提供するスタイルの店に2019年リニューアル。旬の野菜を積極的に取り入れ、「飽きがこないように」と、週替わりで小鉢が変わるのもうれしい。料理はどれもやさしい味わいながら、ごはんが進む。
noimage
スリランカカレー ミリス
オーナーが、アーユルヴェーダのドクターだった母から学んだスリランカの家庭料理を提供。日本人向けにアレンジされたメニューを楽しめる。日替わりの魚カレー・野菜カレー2種と、野菜の炒めのプレートは、1種類ずつ味わっても混ぜて味変してもよし。 
noimage
至福の野菜料理店 幸の木
「野菜のおいしさを最大限活かした料理を食べてほしい」と、植物性素材のみでも満足感たっぷりの品々を提供。ドリアにはアーモンドミルクやナッツを使用し、濃厚な口当たりで食感も新鮮だ。自家製の味噌を使用した味噌汁は具だくさんで、男性のファンが多い。
noimage
cafe 海の塔
トンネルのような緑をもぐると別世界。花に彩られ、赤茶のスペイン瓦をいただくギャラリーカフェが現れる。野菜満載の手製のランチには、コーヒーゼリーと果物のデザートまで付く贅沢さ。なめらかで軽い口当たりのチーズケーキはワインともよく合う。
noimage
カフェ小鹿
玄関先の小鹿に誘われ扉を開くと、まるで親戚の家。ビーズカーテンが壁を彩り、80年代のレコード、黒電話、花柄炊飯器が随所に置かれ、廊下に漫画コーナーも潜む。クリームソーダは好みの色で作ってくれ、ナポリタンはうどんのもちもち具合がかえって新鮮だ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ