海鮮の記事一覧

1〜10件(全55件)
noimage
新橋『活魚料理 ととや』。ご飯が止まらない!しっとりジューシーな自家製銀だら西京焼き定食
JR新橋駅銀座口から徒歩3分のところにある『活魚料理 ととや』は、新鮮な魚が良心的な価格で食べられる店。新橋駅前ビルの隣に建つビルの4階にあるので、天候が悪いときでも地下道を通ればストレスなく来店できる。毎朝豊洲市場で仕入れる新鮮な魚を使ったランチの定食は焼き魚、刺し身、煮魚がそろい、茶碗蒸しを含む3種類の小鉢がついて食べ応えも十分。海鮮ちらしも人気だ。
noimage
都電荒川線・三ノ輪橋から王子駅前エリアの名店3選。極上のランチがいただけます!
下町風情が色濃い都電荒川線の三ノ輪橋~王子駅前には、地元民が日参する店が点在しています。確かな腕で、丁寧に仕上げる料理ながら、気どらない風情と心遣い。午後の活力になること間違いなしの、極上の昼餉(ひるげ)を味わえる3店をご紹介します。
noimage
北品川『北海道海鮮市場 がんがん。』でランチ。海鮮山盛りの海鮮丼をほおばる幸せ
京急本線北品川駅より徒歩3分、北品川商店街にある『北海道海鮮市場 がんがん。』。牡蠣の写真の看板と、入り口の両端にある白い提灯がポイントだ。北海道厚岸の極上牡蠣を使った漁師料理のがんがん焼きが名物だが、ランチには10種類以上の新鮮な魚介類を細かく切り、出汁で炊いた茶メシとよく混ぜて食べる新感覚の海鮮丼が食べられる。魚介類の内容により上、特上、最高の3段階がある。
noimage
ホスピタリティも設備も抜群の飲食店14選。バリアフリー対応なので安心して食事が楽しめます!
大型の商業施設は安心だけど、たまには違う場所で食事したい! 今や一軒家レストランや、おしゃれな内装のカフェだって、安心して食事が楽しめる時代です。バリアフリー対応の使い勝手の良い15店を厳選してご紹介します。
noimage
雄大な東京湾の眺めに癒やされる、横須賀『海辺の湯 久里浜店』は海の幸もおいしい温泉施設
東京湾フェリーターミナルに立つ日帰り温泉施設。白壁の3階建ての建物に赤や青で書かれた施設名が遠くからもよく映える。最上階にオーシャンビューの男女別大浴場、2階に休憩室と食事処「ばんごう屋」、1階にレストラン「漁師料理 よこすか」と売店「おみやげ市場」を備え、全フロアで海の恵みをとことん満喫できる久里浜港の人気スポットとなっている。
noimage
地域の元気がもらえる湘南のグルメ&カフェ5選。通いたい、贔屓にしたくなる店をピックアップしました!
東海道の宿場町として栄えた藤沢は、今も変わらず大勢の人が行き交います。そんな活気あふれるこの街に彩りを添えるのは、個性豊かな良店の数々。そこで今回は、藤沢界隈の元気がもらえる絶品グルメ&カフェをご紹介します。
noimage
個性濃すぎな深川エリアの多国籍グルメ店8選。しゃれた風情の良店が揃っています!
江戸期以来の下町・深川エリアに、各国料理や独創的な店が増加中。しかも、国境を越えて矜持(きょうじ)を持ち、上質な味と心地いい空間に練り上げています。個性のせめぎ合いをとくと堪能できる8店を厳選してピックアップしてみました。
noimage
マグロの希少部位が食べられるマグロ専門の居酒屋さん!中野『マグロマート』
中野に店舗を構えて10年以上となる『マグロマート』はマグロ専門店として不動の地位を築いている中野屈指の人気店。普段は食べられないマグロの希少部位を楽しめるという専門店ならではの充実のラインナップはもちろん、日本酒の品ぞろえも抜群というお店だが……その実態はどんなお店なのだろうか?
noimage
アクセス至便な『秋葉原漁港 快海』でランチ。特選 海鮮丼1000円はありえないコスパのよさ!
日本一の電気街でオタクの聖地、ビジネス街にも近い秋葉原駅周辺は、数多の飲食店がひしめく激戦区でもある。周辺情報に詳しくなくても大満足の美味に出会う方法は、回転のよい繫盛店を見つけることだ。駅から徒歩3分の『秋葉原漁港 快海』で、ランチのみ味わえるという特選海鮮丼の噂を聞きつけ、早速足を運んでみた。
noimage
ゆるゆる日本酒を楽しめる新宿の居酒屋8店。つまみがしみじみ美味い店をピックアップ。
日本酒の肴といえば、部位によって味わいの変化に富んだ焼き鳥や、素材の潜在能力をグイッと引き出した刺し身や焼き魚などなど。そんな絶品料理と日本酒が味わえる、新宿の選りすぐりの8店をご紹介します。

海鮮のスポット一覧

1〜12件(全77件)
noimage
銀たちの郷(ぎんたちのさと)
道の駅くにさき内にある漁協直営のお店。国東のブランド魚「くにさき銀たち」を味わえる。名物は太刀重1400円。それ以外にも、塩焼き、刺し身、天ぷらが一度に味わえる太刀魚定食1700円、海鮮丼1800円、太刀カレー850円などがある。店内にはお土産の販売スペースもあり、活魚をはじめ干物、国東わかめなどの乾物などを購入できる。
noimage
海鮮DINING 永(かいせんダイニング はる)
海鮮メニューだけで勝負する名店。仕入れは足立市場がメインで、魚は「渦巻処理」という新手法で活け締めされたものも。常時数種類の八海山の地ビールも楽しめる。
noimage
割烹熱海
創業大正6年(1917)の老舗料亭が秋田スギの障子や欄間を生かして変貌した小体な割烹。 夜の会席もいいが、昼はかなりお値打ち。ミョウガを加えた紅芯大根のみずみずしいツマの下に、メバチマグロの赤身、本マグロの中トロが広がる鉄火御膳がおすすめだ。
noimage
light side cafe (ライトサイドカフェ)
ルック商店街に2012年オープン。野菜や魚など体にやさしいものも食べられる一汁三菜を基本とした料理を提供する。2種類の魚を盛り合わせた秋のメニューは、太刀魚の香草パン粉焼きと秋鮭のベジタルタルの2種類の魚料理を主菜にしている。セットになるのは、サラダと自家製ポテトサラダ、玄米とスープ。玄米や料理に使う一部の野菜は、三木さんの出身地である香川県から取り寄せている。魚は、仕入れ先の魚屋さんおすすめの旬のもの使っているのだそうで、その時々でアイデアを考え、魚をおいしく楽しめるメニューを考案しているという。季節の自家製デザートも食後にお試しを。
noimage
北海道海鮮市場 がんがん。(ほっかいどうかいせんいちば がんがん)
京急本線北品川駅より徒歩3分、北品川商店街にある『北海道海鮮市場 がんがん。』。北海道厚岸の極上牡蠣を漁師料理のがんがん焼きが名物だが、ランチには10種類以上の新鮮な魚介類を細かく切り、出汁で炊いた茶メシとよく混ぜて食べる新感覚の海鮮丼が食べられる。
noimage
食彩 真こと
大の魚好きが高じて料理の道に入った、岡﨑誠さんが2018年10月開店。見目麗しい海鮮ばらちらしは、小田原漁港で揚がったアジに太刀魚に赤イカ。小笠原のツチホゼリ。さらに〆鯖に本マグロ、からすみといった種が幾重にも重なる。
noimage
海旬処 魚華 2号店(かいしゅんどころ うおはな 2ごうてん)
湘南の海の幸をたっぷりと堪能できる店。名物はしらす料理で、旬の魚を盛り込んだ御膳や焼き物もメニューが豊富だ。エレベーターがあり景観のいい2階・3階への移動もスムーズで、車いす対応トイレもある。
noimage
あぶさん
葉蘭の上に地アジの刺し身にフライ、マグロの刺し身や漬けなどをぎゅっと盛り込んだ港めしが人気の店。添えた酢飯がいい塩梅なのも店主・水島新次さんが元鮨職人と聞いて合点がいく。
noimage
和DININGこころ
寿司屋で修業した店主の西田幸路さんが豊洲で目利きした魚が目白押し。 カラリと揚げた天丼、注ぎ足しの煮汁で炊く銀ダラなど、昼はかなりお値打ちだ。おすすめはまぐろ丼で、煮切り醤油にさっとくぐらせると、艶やかで舌触りなめらか。
noimage
マグロマート
中野に店舗を構えて10年以上。マグロ専門店として不動の地位を築いている中野屈指の人気店。普段は食べられないマグロの希少部位を楽しめるという専門店ならではの充実のラインナップはもちろん、日本酒の品ぞろえも抜群と評判になっている。
noimage
こころむすび
日本酒の銘柄はスッキリ系からお燗で旨い濃醇タイプまで約40種類。店主が築地で目利きし、食べごろを見極めて出す鮮魚のいい刺し身や炭火でじっくり焼く天然穴子の一夜干しなど、日本酒のためにあるような肴が豊富だ。
noimage
かどのめし屋 海鮮食堂
海鮮丼や焼き魚、天ぷらなど、さまざまなメニューが品書きに並ぶ市場食堂。看板は八戸ラーメンで、八戸の商工会議所から認定を受け、麺とスープを現地から取り寄せている。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ