相模原・海老名・厚木の記事一覧

1〜10件(全25件)
noimage
神奈川県愛川町~自然環境とアクセスに恵まれたほどよい田舎~
丹沢山塊の東端から相模川にかけて広がる神奈川県中央北部の愛川町。この地を初めて訪ねた際、中津川の河川敷に集う手慣れたキャンパーや、管理釣場で糸を垂れる客の姿に、「平日早朝にもかかわらず、なぜこれほど大勢が」と驚かされた。聞けば都心から50㎞圏内という利便性と、随所に残る豊かな自然にひかれ、近隣から“ほどよい田舎”を目指して訪れる人が大半なのだという。不便のない程度揃う商店、のびやかな農地、風景にアクセントをつける河岸段丘、迫る山並み。どこかしら緩やかな時間が流れているのも、こうした環境と無縁ではなさそうだ。
noimage
山から山への縦走路が楽しい、陣馬山から小仏城山【東京発日帰り低山さんぽ】
『散歩の達人 日帰り低山さんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。東京近郊の縦走路では、たぶん一番人気がこのルートではないだろうか。脚力に余裕がある人は高尾山から景信山を越えて陣馬山へ。脚力に少し衰えを感じてきた人は、逆コースの陣馬山から高尾山を目指す。さらにもっと衰えた人は高尾山まで行かずに途中で下山する。というように、さまざまなケースに対応できるのが、このコースだ。何より富士山も見えるし、展望もいいのが自慢だ。紹介するのは高尾山を眺めるだけにして、小仏城山から下りる、やや衰え気味のルートになる。<東京都 八王子・神奈川県 相模原市>
noimage
シェイカー・フリースタイル白書。自由闊達、ここに極まれり
シェイカーはカクテルをつくるだけのものにあらず。時に熱いコーヒーを急冷し、時に生ジュースを撹拌し、はたまた未踏の美味の新境地を拓く。自由で合理的。華麗で創意に富む。シェイカーの輝かしい活躍を追う。
noimage
【作家・辻原登インタビュー】なぜ小説を書くのは時間がかかるのか? 付箋と原稿用紙で作り上げる壮大な建築物
現実と虚構を織り上げ、境界が見えない幻想的な作品を作り上げる作家・辻原登。実は氏の近作には、時折「散歩の達人」が登場する。これは素直にうれしいではないか! 7年ぶりのインタビュー取材は、神奈川県の自然公園から神保町、そして湯島を巡る長丁場となった。
noimage
関東の酒蔵3選とその酒が飲める3店をご紹介! 名酒が生まれる地を巡ろう。
日本酒というと、兵庫、新潟、東北地方というイメージを持つ人も多いですが、関東地方にもすばらしい酒がたくさんあります。今回は、埼玉、神奈川、千葉の見学可能な酒蔵を紹介。酒蔵見学とそのお酒が飲める店の立ち寄りで、さんぽを楽しみませんか。
noimage
難民が定着した街に若い技能実習生が混じり合うカンボジア料理屋『バイ・クメール』
【カンボジア王国】インドシナ半島南部の国で、世界遺産アンコールワットで知られる。日本にはおよそ1万6000人が在住。このうち1万人ほどが技能実習生で、神奈川、茨城、愛知などに多い。日本に来た第一世代は80年代に戦乱を逃れてきた難民。
noimage
バリアフリー対応のおすすめ個性派8店。わざわざ立ち寄りたい魅力的なグルメが揃ってます!
ちょっとの段差ならなんのその、設備が完璧じゃなくたってハートでカバーできるもの! バリアフリーに対応した、“秘境”のような個性派8店をピックアップ。各店の段差の有り無しや、オストメイトの情報も掲載しました。
noimage
神奈川県内でおすすめのスーパー銭湯&日帰り温泉25選
神奈川県内には、仕事帰りに利用できる都市部のスーパー銭湯から海や山々を望む日帰り温泉まで幅広いラインナップ。日頃の疲れを癒やせる施設や明日への活力を生む岩盤浴充実の施設、のんびりと過ごせる温泉など、その日の気分に合わせて見つけてみよう。
noimage
11種類のお風呂で楽むエンタメスーパー銭湯『相模・下九沢温泉 湯楽の里』。広い露天風呂は天然温泉かけ流しだ!
『相模・下九沢温泉 湯楽の里』は天然温泉の“熱の湯”が源泉かけ流しで楽しめる露天風呂が好評。その他にも壺湯や寝ころび湯、高濃度炭酸泉、シルク風呂……と湯船はなんと11種類!じっくり時間をかけて温まって、漫画が充実したいやしの間でひと休み。名物のカレーうどんでシメれば心も体も最高にリフレッシュすること間違いなしだ。
noimage
神奈川県厚木市『湯乃泉 東名厚木健康センター』。今では貴重な健康センターで、自慢の薬湯や本格的な料理、マンガを堪能する
神奈川県厚木市周辺の人々に愛されているディープなスポット『湯乃泉 東名厚木健康センター』は、地上5階建て地下1階の6フロア。昔ながらのレトロな雰囲気に包まれていて、薬湯や草津直送の温泉などを楽しむことができる。湯治気分で過ごすのに最適だ。

相模原・海老名・厚木のスポット一覧

1〜12件(全39件)
noimage
卵菓屋(らんかや)
神奈川中央養鶏農業協同組合の直営店。新鮮たまごとオリジナルスイーツを中心に、たまご料理と総菜も販売している。母鶏の飼料にこだわったブランド卵クレタマ(kuretama)はビタミンE豊富で黄身が濃厚。プリン各種や、カスタードクリームのような味のきいろいソフトクリームも人気だ。
noimage
大矢孝酒造
文政13年(1830)創業の酒蔵。水は東丹沢の伏流水、全量純米にこだわった味わいの異なる酒を、年に15種ほど製造。速醸酛(そくじょうもと)を用いた「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」は爽やかで透明感があり冷~常温向き。昔ながらの生酛(きもと)仕込みで熟成させた「昇龍(しょうりゅう)蓬莱」は円熟した味わいで燗がよく合う。
noimage
HATAYA 渓谷の布工房
フレスコ(からみ織り)と呼ばれる特殊な技術で織られ、小さく穴の開いたネクタイの工房兼プライベートショップ。蔵には1000本以上のネクタイがズラリ。生地は1mあたり1500円~で販売。端切れを再利用したバッグからペンケース650円や小袋1000円などの小物まで、温もりある手作り作品も扱っている。
noimage
大和屋(やまとや)
地元で長く愛される気さくな大衆食堂。定食、丼、麺類と多彩なメニューが揃うが、なかでもボリュームたっぷりの唐揚定食750円や、夜営業で提供されるやきとり各種2本300円など鳥料理の人気が高い。平日限定で日替わり2種のワンコインランチもある。
noimage
中津川管理釣場
中津川のゆったりとした河川敷を活用し運営されている管理釣場。愛好家向けの「Fishing Field 中津川」「中津川へら釣場」と、ファミリー向けで貸竿もある「中津川マス釣場」に分かれている。
noimage
年茶屋(ねんちゃや)
狭い坂道の途中にひっそりある古民家カフェ。明治築の養蚕農家跡をセルフリノベーションした空間で、コーヒー550円やこだわりのクリームソーダ550円を手にホッとできる。自家製パニーニの日替わり年茶屋セット1200円(コーヒー付き)や、テイクアウトのパンや焼き菓子も好評だ。
noimage
愛川町郷土資料館
『県立あいかわ公園』内の町立施設。郷土の歴史や民俗、自然に関する貴重な資料などを展示している。とりわけ修験の山である八菅(はすげ)山や三増(みませ)合戦、糸の町として繁栄した歴史に関する解説が充実している。
noimage
神奈川県立あいかわ公園
宮ヶ瀬ダムの堰(えん)堤下に広がる神奈川県立の公園。総面積は約51ha。ゆったりと緑を満喫できるほか、「工芸工房村」でははた織りなど伝統工芸の創作体験が可能。宮ヶ瀬ダム直下へは公園を通り抜けて徒歩で行けるが、SLを模したロードトレイン「愛ちゃん号」も運行している(片道300円、運行日限定)。
noimage
カフェ鈴木
1999年オープンのカフェ。自家焙煎の豆をイタリア製のエスプレッソマシーンで淹れる。入り口は低く真っ黒な扉で、店内は真っ暗。五感を研ぎ澄まして、味わいと余韻が残るよう考えられている。シェイカーを使い、ふるふる食感に仕上げたエスプレッソ・ゼリーは、工夫が凝らされた衝撃の味わいだ。
noimage
バイ・クメール
40年ほど前に来日した難民が定着した座間市には、若い技能実習生が混じり合い、また新しい風景を生み出しています。その交流地となっているのが『バイ・クメール』。マイルド&ヘルシーで日本人にもなじみやすい味です。
noimage
wappoi
店主の小林健一さんが豊洲で仕入れてきた魚介や野菜、明石の神経ジメされた魚など、旬の食材を駆使した“本日のおすすめ”が自慢の店。地酒もまた日替わりで常時20種ほどある。
noimage
久保田酒造
相模原の山あいに分け入った串川のほとりに立つ、神奈川で一、二を争う小さな蔵。蔵見学ではスタッフが20分ほどかけて、蔵内部を案内。直売所では試飲もOKだ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ