建物の来歴にじっくり思いを馳せる『喫茶 蔵』

蔵の奥にあるテーブル席は、建物の重厚感も、カウンターの景色も両方楽しめる特等席。蔵の入り口には、金網の格子引き戸が当時のまま。
蔵の奥にあるテーブル席は、建物の重厚感も、カウンターの景色も両方楽しめる特等席。蔵の入り口には、金網の格子引き戸が当時のまま。

大正12年に「大倉屋質店」として創業。帳場だった場所をカウンターにし、その中で和服姿の女将、この質屋の娘である大和田公子さんがコーヒーを淹れる様子は粋だ。常連客が多い時はとりとめもない話題に花が咲く。漏れ聞こえる会話に、こちらも心の中でうんうんと頷(うなず)いたり、感心したり、まるで落語でも聞きに来た気分。壁掛け時計や電話機など骨董品はどれもいただきものだそう。「私以外の古いものはみんな人からもらったの」なんて所々にオチがついて素敵。

建物には家紋や当時の屋号が残る。
建物には家紋や当時の屋号が残る。
ホットコーヒー500円、アイスコーヒー520円。
ホットコーヒー500円、アイスコーヒー520円。

『喫茶 蔵』店舗詳細

住所:東京都足立区千住1-34-10/営業時間:10:00~18:00/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄・地下鉄北千住駅から徒歩4分

あえてカフェという肩の力が抜けた選択『cafe・わかば堂』

本日のキッシュプレート1045円はランチタイム限定。スープとサラダ、ドリンク付き。パンも自家製。
本日のキッシュプレート1045円はランチタイム限定。スープとサラダ、ドリンク付き。パンも自家製。

数人のグループで訪れ、楽しい時間をみんなで共有する。あるいは一人で訪れ、五感を稼働してじっくり味わう。幅広い客層を受け入れてくれる、それがカフェ。とはいえここのキッシュはしっかりしたレストラン級だ。ずっしりしたパイ生地は側面サクサクで、口の中でほろりと崩れる。ちなみに時折店内の建具を変えたり、ペンキを塗ったり、スタッフ自ら日曜大工を施すのだそう。だから親しみやすいのか。レストランではなく、カフェであってくれるのがうれしい。

アンティークが飾られ、パリの下町のような雰囲気。真空管アンプが音楽を奏でる。
アンティークが飾られ、パリの下町のような雰囲気。真空管アンプが音楽を奏でる。
路地裏の古民家をリノベーション。
路地裏の古民家をリノベーション。

『cafe・わかば堂』店舗詳細

住所:東京都足立区千住1丁目31-8/営業時間:12:00〜23:00LO(日・連休最終日は〜20:00LO)/定休日:不定休/アクセス:JR・私鉄・地下鉄北千住駅から徒歩3分

自家焙煎店でマスター一家とコーヒー談義『Coffee Work Shop Shanty』

ビシッとキメた順一さんだが、熟年的だじゃれ好きの一面も。ツッコミつつ「焙煎士としてはまだ敵わない」とあい子さん。親子であり、よきライバル。
ビシッとキメた順一さんだが、熟年的だじゃれ好きの一面も。ツッコミつつ「焙煎士としてはまだ敵わない」とあい子さん。親子であり、よきライバル。

「同じマンデリンでも各自こだわりがあるので違う味に仕上がります」と、父娘で焙煎を行う宮本順一さんとあい子さん。順一さんは豆の野性味を生かし、あい子さんはキレのいい苦みが理想だ。「淹れる人の人柄も味に出る気がして」と展開すると、順一さんと並んでサイフォンを操る妻のふさ子さんも会話に参戦。味わい深く、かつ口当たりが軽いアチェをおかわりしてたっぷりおしゃべりしたい。正統派純喫茶ながら気取りがないのも千住流。

アチェ500円。
アチェ500円。
赤がアクセントカラー。
赤がアクセントカラー。

『Coffee Work Shop Shanty』店舗詳細

ここでしか飲めない自家焙煎珈琲『千住宿 珈琲物語』

物語ブレンド580円。カップ&ソーサーは店主の手作り。
物語ブレンド580円。カップ&ソーサーは店主の手作り。

北千住駅西口から駅前通りを進み、日光街道へ出る少し手前の右手にあるハッピーロード商店会にある、店内で焙煎するこだわりのコーヒーを提供する喫茶店。

お店に入ると店の奥の一角に焙煎機、そして、カウンターの後ろにずらりと並んだ約300客の有田焼のコーヒーカップに目を奪われる。焙煎全部手作業なので、マニュアルはないという。焙煎前と焙煎後に丁寧にピッキングを行い、その日の天候や豆の様子を見ながら火加減や焙煎時間を調整するそう。

『千住宿 珈琲物語』には、全部で6種類のオリジナルブレンドコーヒーがある。コーヒーの種類によって淹れ方も変えるという。お店の名前のついた“物語ブレンド”は、深煎りのしっかりとした苦みと同時にまろやかさも感じるコーヒー。サイドメニューのケーキも自家製だ。そして、カップも陶芸が趣味である店主の手作り。今では40客ほど店主作のカップが並んでいるそう。オリジナルのカップで、ここでしか飲めない1杯をぜひ堪能したい。

焙煎機に入れる前に欠点豆を取り除く。この作業は焙煎後にも行う。
焙煎機に入れる前に欠点豆を取り除く。この作業は焙煎後にも行う。
お湯の落とし方によっても味が変わる。繊細な作業だ。
お湯の落とし方によっても味が変わる。繊細な作業だ。

『千住宿 珈琲物語』店舗詳細

コーヒーはフルーツであることを実感できるコーヒー豆屋『マメココロ』

ドリップコーヒー260円、アイスカフェオレ300円。テイクアウトはドリップコーヒー180円、アイスカフェオレ230円。
ドリップコーヒー260円、アイスカフェオレ300円。テイクアウトはドリップコーヒー180円、アイスカフェオレ230円。

千住本町商店街の真ん中あたりにあるコーヒー豆屋さん。50種類以上ものコーヒーを生豆の状態で取りそろえている。お店に入るとまず、ぎっしりと並ぶ白いコーヒー豆に圧倒される。購入した豆はその場で焙煎。3~4分程度で焼きあがる。

店の奥にはカフェスペースがあり、コーヒーをゆっくり楽しむことができる。焙煎したてのオリジナルブレンドのドリップコーヒーが260円と、かなりリーズナブルなお値段だ。『マメココロ』のオリジナルブレンドコーヒーは、まろやかでやさしい苦み。お店で出しているカフェオレのベースもこのブレンドなんだそう。

オリジナルブレンドのメインはインドネシアの高級銘柄・ガヨマウンテン。あまり個性を出しすぎず誰もが飲みやすいコーヒーを目指して作られた、オープン当初から変わらない味だ。コーヒーの知識がまったくなくても、スタッフが教えてくれるので、ぜひ気軽に立ち寄りたい。

焙煎前の生豆の状態で選んでその場で焙煎してもらえる。
焙煎前の生豆の状態で選んでその場で焙煎してもらえる。
店の奥にカフェスペース。カウンター席とテーブル席がある。
店の奥にカフェスペース。カウンター席とテーブル席がある。

『マメココロ』店舗詳細

住所:東京都足立区千住1-27-1/営業時間:10:00~20:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩5分

毎日飲みたくなるコーヒーとラテアート『SLOW JET COFFEE』

ラテアートが美しいカフェラテ490円。コーヒーの香り高く口当たりがふわっふわでおいしい!
ラテアートが美しいカフェラテ490円。コーヒーの香り高く口当たりがふわっふわでおいしい!

北千住駅から徒歩10分ちょっと、墨堤通り沿いにある『SLOW JET COFFEE』。ガレージを改修して建てられた店舗は天井が高く、正面はガラス張りでテラス席もあり、とにかく開放的でこの一角だけ欧米の街角のような雰囲気が漂う。店内には巨大な焙煎機が置かれ、毎日コーヒーの焙煎を行っている。

店内ではWi-Fiと電源が使えるため、パソコンを持ち込んで仕事をしている人の姿も見られる。長居しても全然気にならない、のんびりとした空気が流れている。

時間をかけて丁寧に淹れてくれるドリップコーヒーと、かわいいラテアートが人気。店長のコーヒーのこだわりは、「毎日飲みたくなる、おかわりしたくなる、飽きないコーヒー」を近隣の人に毎日淹れること。モーニングはコーヒーのおかわりが自由。安心してゆっくりコーヒーを飲める空間だ。

時間をかけて丁寧にドリップしてくれるブレンドコーヒー410円。おかわりは160円。
時間をかけて丁寧にドリップしてくれるブレンドコーヒー410円。おかわりは160円。
高い天井までダクトが伸びる大きな焙煎機。ここで毎日コーヒーが焙煎される。
高い天井までダクトが伸びる大きな焙煎機。ここで毎日コーヒーが焙煎される。

『SLOW JET COFFEE』店舗詳細

住所:東京都足立区千住東1-29-12/営業時間:7:00~22:30LO(日・祝は7:00~19:30LO)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩11分

散歩の途中に立ち寄りたい荒川土手近くのカフェ『Organic Coffee Stand WAN』

コーヒーは12オンスのカップでたっぷり。オーガニックコーヒー ペルー550円。ラングドシャタイプのコーンとのマリアージュが愉しめるクレミアソフトクリームも550円。
コーヒーは12オンスのカップでたっぷり。オーガニックコーヒー ペルー550円。ラングドシャタイプのコーンとのマリアージュが愉しめるクレミアソフトクリームも550円。

JR北千住駅西口を出て北千住駅前通り沿いにアーケードが続くきたろーど1010を真っすぐ進み、日光街道(国道4号線)に突き当たったら右折して荒川方面へ。そのまま通り沿いを道なりに5~6分進んだ千住新橋のたもとに突然現れるおしゃれなカフェが『Organic Coffee Stand WAN』だ。

12オンスのカップでたっぷりと供されるコーヒーは、クイックコーヒーを除いてすべてオーダーを受けてから1杯ずつハンドドリップで淹れられる。北海道産の生クリームをたっぷり使用したこっくりと濃厚なクレミアソフトクリームは、店主こだわりのソフトクリーム。そのクレミアソフトクリームを使って作られるシェイクも絶品だ。地元の人はもちろん、荒川の土手を散歩する人やサイクリングの途中に立ち寄る人も多い。

オーガニックコーヒーやスペシャルティコーヒーまで、ほぼすべてのメニューがワンコインという驚きのコスパ。ソファーの置かれた居心地のいい店内で味わうのもいいが、テイクアウトして荒川の土手で楽しむのもありだ。

バナナシェイク550円。バナナまるまる1本と牛乳、クレミアソフトクリームのみで作る贅沢なシェイク。実はこれ、かなり人気なのだとか。
バナナシェイク550円。バナナまるまる1本と牛乳、クレミアソフトクリームのみで作る贅沢なシェイク。実はこれ、かなり人気なのだとか。
店名の『WAN』には、ひとつひとつ丁寧にドリップという意味と、犬の散歩ついでに気軽に立ち寄ってほしいという想いが込められている。
店名の『WAN』には、ひとつひとつ丁寧にドリップという意味と、犬の散歩ついでに気軽に立ち寄ってほしいという想いが込められている。

『Organic Coffee Stand WAN』店舗詳細

住所:東京都足立区千住5-1-12 1F/営業時間:9:00~18:00/定休日:火/アクセス:JR・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩9分

美容室のカフェ? カフェの美容室? 路地裏の新感覚カフェ『一軒家カフェ□□□(シカク)』

ポップコーンラテ(ホット/アイス)612円(テイクアウト600円)。
ポップコーンラテ(ホット/アイス)612円(テイクアウト600円)。

北千住駅にほど近い路地裏にある『一軒家カフェ□□□(シカク)』は、2階部分の美容室に併設された新感覚カフェ。2020年1月に美容師でもあるオーナーの佐山雄司さんが、北千住で初めての“美容室×カフェ”としてオープンした。もちろん、カフェのみの利用もOKだ。

古い一軒家をリノベーションした店内は木のカウンター席のほか、奥の小部屋のようなスペースに2人掛けのテーブル席2卓と、壁に向かって置かれた1人掛けの席が1卓。そして普通のカフェとちょっと違うのは、美容室のお客さんが手荷物を預けるロッカーが置かれているところ。

おすすめは季節ごとにアレンジした期間限定の「季節のラテ」。ほかにもポップコーンラテやヘーゼルナッツラテなど、カフェラテ専門店ならではの味わいも。+51円(テイクアウト50円)でチョコレートソースやキャラメルソースがトッピングできるほか、ミルクをアーモンドミルクや豆乳に変更してもらうこともできる。1杯ごとに施されるラテアートも楽しみだ。

ほうじ茶ラテ(季節のラテ)612円(テイクアウト600円)に、チョコレートソース51円(テイクアウト50円)をトッピング。
ほうじ茶ラテ(季節のラテ)612円(テイクアウト600円)に、チョコレートソース51円(テイクアウト50円)をトッピング。
センスが感じられるシンプルな店内。カウンター内やレジ上の棚に美容室で使われるカラーやシャンプーが置かれているのがユニーク。
センスが感じられるシンプルな店内。カウンター内やレジ上の棚に美容室で使われるカラーやシャンプーが置かれているのがユニーク。

『一軒家カフェ□□□』店舗詳細

住所:東京都足立区千住3-76 1F/営業時間:10:00~21:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩1分

喧騒を離れた路地で27年続く正統派喫茶店。『炭火焙煎珈琲 利休』

大きなガラス窓張りの贅沢な作りの高級感ある外観。看板は書道家の三上栖欄(みかみせいらん)の書。
大きなガラス窓張りの贅沢な作りの高級感ある外観。看板は書道家の三上栖欄(みかみせいらん)の書。

店主の秋山千鶴子さんがこの店をオープンしたのは、今から27年前の1995年のこと。もともとは夫婦で米屋を営んでいたのだが、ご主人の病をきっかけに喫茶店に業種替えをすることにしたのだそうだ。しかし、喫茶店開業の3年前にご主人を亡くされ、千鶴子さんお一人で『利休』を始められた。

ヨーロッパ・アンティーク調の店内は、高級感あふれる雰囲気。なかでも圧巻は、カウンター奥の棚にずらりと並ぶハイブランドのコーヒーカップ。ウエッジウッド、マイセン、ミントンなどなど。それが今も現役で使われている。

さて、『利休』にはちょっと変わった名物がある。来店すると出される手作りの羊羹とゼリーのお通し(無料!)だ。「うちではお客様が来たらとりあえずお菓子をお出ししてるんです。これが結構評判良くて、これを食べに来てくださる方も多いんです」と千鶴子さん。来店してくれるお客様をおもてなしする心づくしのプチスイーツだ。

これが『利休』名物・羊羹とグレープフルーツゼリー。コーヒーにもよく合う。
これが『利休』名物・羊羹とグレープフルーツゼリー。コーヒーにもよく合う。
人気の自家製チーズケーキ500円とブレンド700円。セットで注文すると100円引きになる。
人気の自家製チーズケーキ500円とブレンド700円。セットで注文すると100円引きになる。

『炭火焙煎珈琲 利休』店舗詳細

住所:東京都足立区千住2-20/営業時間:10:00~18:00/定休日:月/アクセス:JR・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩5分

可愛くて不思議な雰囲気のカフェでいただく絶品の紅茶と自家製スコーン『CAFÉ Kova Garden』

千住警察署を過ぎると突然現れるメルヘンチックな入り口。ここだけ不思議な時間が流れていそう。
千住警察署を過ぎると突然現れるメルヘンチックな入り口。ここだけ不思議な時間が流れていそう。

北千住駅西口から線路沿いを歩いて5~6分、千住警察の並びにある『CAFÉ Kova Garden』は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたような入り口のカフェ。そこだけ異空間のよう。

そっと扉を開くと、内側にあったのは、漆喰の壁に使い込まれた木のカウンターとテーブル、ところどころ色褪せた板張りの床、アンティークっぽいインテリアなど、まるでおとぎ話の中に迷い込んでしまったようなメルヘンな空間。

そんな店内で真っ先に目に入るのは、そこだけひときわ明るく照らされているカウンター奥の棚に並ぶ美しいカップとソーサーだ。20年前にこのカフェがオープンする前は、50年続いた陶器店だったという。その名残のこだわりのコレクション。この素敵なカップたちは飾りではなく、実際に使われているものだ。

ここでは、炭火焙煎コーヒーもいただけるが、日本紅茶協会認定ティーインストラクターでもある店主の小林千恵さんが淹れる格別な紅茶がいただける。日替わりで並ぶ自家製スコーンやケーキと一緒にぜひ、楽しみたい。

ロイヤルミルクティーを作る店主の小林千恵さん。たっぷりのミルクと紅茶を一緒にじっくり蒸らして作ることでコクが出る。
ロイヤルミルクティーを作る店主の小林千恵さん。たっぷりのミルクと紅茶を一緒にじっくり蒸らして作ることでコクが出る。
ロイヤルミルクティー770円。スコーン(2個)440円。トッピングは、生クリームのほかに2種のジャム、ハチミツから1つ選べる。
ロイヤルミルクティー770円。スコーン(2個)440円。トッピングは、生クリームのほかに2種のジャム、ハチミツから1つ選べる。

『CAFÉ Kova Garden』店舗詳細

住所:東京都足立区千住1-37-2 プティ―ボワールビル 1F/営業時間:8:00~20:00LO(土・祝は10:00~19:00LO)/定休日:日/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩6分

取材・文=信藤舞子、京澤洋子・丸山美紀(アート・サプライ) 撮影=内田年泰、京澤洋子・丸山美紀(アート・サプライ)