1. HOME
  2. 千葉県

千葉県の記事一覧

1〜10件(全53件)
小湊鐵道→久留里線 乗り継ぎさんぽコース! ~房総半島の真ん中でフシギを巡る~
房総半島を走るローカル線、小湊鐵道と久留里線。お互い房総丘陵に入り込みながら、決して交わらないこの両者。ならばその隙間を歩いてつなげてみようではないか。
人気の鋸山極上コース! 岩に染み入るツルハシの音を感じながら……【登山後の酒場&温泉付き】
半日程度で登りやすく、東京湾や富士山などの絶景にも出会える内房の山々。スリリングな風景が人気の鋸山を踏破!
柴又から矢切の渡し、下町の水辺を歩く散歩コース 〜柴又・矢切エリア〜
柴又から矢切は、映画、歌謡曲、文学の散歩道。『男はつらいよ』の寅さんをしのび、歌謡曲で有名になった渡し船に乗り、文学碑に刻まれた一説に純愛小説の場面に思いをはせる。
千葉県山武市 ~雄大な太平洋に面した日本一魅力のない市~
民間シンクタンクによる地域ブランド調査の魅力度ランキングで、下位の常連だった千葉県山武市。昨秋発表された同調査では、対象となった全国1000の市区町村のうち、ついに最下位に甘んじたという。「いったいどれほど魅力に欠けるところなのだろう?」と野次馬根性丸出しで、県東部、太平洋に面した山武市へと足を運んでみた。出鼻をくじかれたのは山武の読み方だ。市名が“さんむ”であるのに対し、合併前の町名、山武杉、インターチェンジなどは“さんぶ”とある。そんな戸惑いを現地で漏らすと、「住んでいる我々も違いがよく分からないんですよ」との答えが苦笑交じりに返ってきた。これでは知名度アップもおぼつかない。ところが下総台...
和食気分なら、昼間っから料亭! おひとり様にもうれしい柏の料亭へ
柏の旧水戸街道沿いには、料亭や日本料理店が多く点在する。昼も夜もリーズナブルに、料亭を楽しめるスポットだ。それにアルコールのメニューもさりげなく用意されていて、ランチタイムに飲んでいても抵抗を感じないのもうれしいなあ。小粋に和食を楽しめるお店をご紹介。
「砂おち」「ちょうちん」など希少な部位も。船橋『炭焼kitchen ばんから』の焼き鳥を味わう
船橋はJRと京成と東武野田線の3線が乗り入れている千葉の一大繁華街。その駅前にデートでも家族でも気軽に楽しめる焼き鳥店がある。様々なイベントが行われる船橋市民文化ホールのすぐ近くなので、観劇やコンサート帰りにも便利な立地だ。
いろんな「大仏」を巡る旅と、味わい深い「中仏」との出会い
大仏が好きだ。大きな仏像は、見る者を圧倒する力を持っている。仏教に対する特別な信仰心がなくとも、無量の慈悲を感じてついつい手を合わせてしまう。奈良時代、度重なる政変や飢饉、地震に見舞われた聖武天皇が、大仏を建立したくなった気持ちもわからなくはない。仏が大きい、ただそれだけで何となく救われる思いがする。昔のチョコレートのCMではないが、まさに「大きいことはいいこと」なのだ。
市場飯を食べに行こう! 朝ご飯からコーヒーまで、『船橋市場』のおすすめ4店
夜の飲み歩きがままならない昨今、こんな時だからこそ、早朝散歩はいかがでしょう。歩いた後にはお腹が空くからどこかでおいしい朝食を食べたい。でもトーストとコーヒーのありきたりなモーニングでは物足りない……そんな人におすすめしたいのが、市場で食べる市場飯だ。今回紹介する船橋市場は、プロ御用達の卸売市場ながら、一般客でも気軽に入れる開かれた市場。昭和45年(1970)の開場当時から変わらない木造の食堂棟には、同じく開場時から歴史を刻む食堂が潜んでいる。食堂の大半は、市場が動き出す早朝からお昼までの営業。がっつり朝ごはんを食べたあとは、ゆっくりとコーヒーを飲める場所もある。
クリエイターの遊び心が楽しい焼き鳥バル! 船橋の秘密基地『YAKITORIバル OTTO』
京成船橋駅の線路沿い、マンションの2階にある焼き鳥バル『YAKITORIバル OTTO』。繁華街とは逆方面にあり、ちょっとした隠れ家のよう。オーナーの鈴木孝宏さんはフレンチ出身。その後、焼き鳥の名店で修業を積み2019年に開業した。店名どおり、店内はおしゃれなバル風の内装だ。
【東京発日帰り旅】千葉県・南房総市  ~房総唯一の岩峰、伊予ケ岳から富山(とみさん)へ~
『散歩の達人 首都圏日帰りさんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。誰が言ったか、その名は“房総のマッターホルン”。鋭い岩峰が登山者を引きつけてやまない。岩峰のあとには展望の山なる富山へ。この二つの山に登る房総低山巡りに行ってみた。 

千葉県のスポット一覧

1〜12件(全131件)
漁師めし はまべ
はまべ定食の皿に鎮座するのは、金谷漁港に揚がった大アジのフライ。鋸山のギザギザ尾根のような衣にかぶりつけば、三枚おろしの...
KANAYA STATION
1970年代創業の温泉宿をリノベーション。金谷や鋸山の魅力を発信する観光案内所と、日帰り入浴も受け付ける宿泊施設として生...
野菊の墓文学碑
『野菊の墓』は、明治39年(1906)に雑誌『ホトトギス』に発表された伊藤佐千夫の純愛小説。文学碑は1965年に西蓮寺の...
矢切の渡し
柴又と対岸の松戸を結ぶ都内唯一の渡し船。約380年前の江戸時代初期から続き、住民の農耕地への移動や帝釈天の参拝などに利用...
小川豊商店
1955年創業の千葉県産落花生(ピーナッツ)専門店。以前は近隣の契約農家による良質の落花生のみを取り扱っていたが、近年自...
たまごやとよまる 松尾本店
県内に5店舗を展開する、人気のたまご屋。日々のニワトリの世話、良質な飼料、清潔保持を徹底し、安全・安心でおいしい卵づくり...
守屋酒造
明治26年(1893)創業の蔵元。千葉県産米による日本酒をはじめ、焼酎やリキュールも製造。代表銘柄の辛口純米・舞桜720...
山武市歴史民俗資料館
地元の山武杉が壁材などに用いられている資料館。資料館奥にはこの地で生を受け、アララギ派歌人・小説家として名を残した伊藤左...
浪切不動院
正式名は成東山不動院長勝寺本堂。JR成東駅からほど近くにある標高30mの石塚山(石塚の森)。その中腹の硬い岩石上に、石積...
梶いちご園
小手苺園として長く親しまれてきたが、今シーズン(2021年)から屋号を現名称に一新。育苗期の徹底した株づくりから、根張り...
さかなやの食事処うおたみ
鮮魚店併設の気さくな食堂。地の物を中心とした新鮮な魚介類(内容は時季により異なる)が舟盛りでどかーんと提供されるうおたみ...
道の駅オライはすぬま
一角に据えられた漁船の上ではためく、大漁旗が目印の道の駅。「オライ」とは地元の方言で「我が家」のこと。道の駅内の施設は情...
PAGE TOP PAGE TOP