調布の記事一覧

1〜10件(全13件)
『FUJIMI LOUNGE』は調布駅からバスで5分。建築家が地域の文化を刺激するカフェ。
調布駅から吉祥寺駅に向かうバスで4つ目のバス停で降りると、すぐそばにあるのが『FUJIMI LOUNGE(フジミ ラウンジ)』だ。建築家の菅原大輔さんの建築事務所が運営している。調布まちづくりプロデューサーも務める菅原さんが、“地域のヒトとブンカをつなぐ「まちのリビング+カフェ」”というコンセプトで作った店を訪ねた。
西調布『PANTRY COFFEE』は、スペシャルティーコーヒーが野菜と同居するやさしいカフェ
西調布にある『PANTRY COFFEE(パントリーコーヒー)』は、別々の目的を持っていた夫妻が2016年にカフェとしてオープン。ただし2021年現在は、コロナ禍の影響でスペシャルティーコーヒー豆とおいしい野菜や果物も販売しながら、テーブルは数席だけが用意されている。住宅街の親しみやすいカフェがコロナ禍を経て、どのように営業しているのか探ってみた。
調布・深大寺の『park』。カフェでのんびり、お気に入りの暮らしの道具に囲まれる時間
調布市深大寺の神代植物公園そばにあるカフェ兼生活道具を扱う『park(パーク)』。窓が大きく作られた店内には作家ものの器、カトラリー、衣類なども並び、材料を厳選したカレーやドーナツ、コーヒーを食べられる。遠くから足を運ぶ人も多いというお店の魅力を探ってみた。
調布の布多天神社内『スクナビコナ コーヒー』はたまにしか出会えない神社カフェ
調布駅から徒歩5分ほどのところにある布多天神社(ふだてんじんしゃ)は社伝によれば約1950年前に創建された歴史ある神社だ。2021年5月2日、境内に『スクナビコナ コーヒー』がオープンした。祭事開催時のみという特殊な営業形態の『スクナビコナ コーヒー』の誕生について話を聞いた。
調布『ベルベットコネクション』でいただく自家焙煎オーガニックコーヒーとこだわりカレー
SDGsに注目が集まる昨今。コーヒーだって環境や関わる人の暮らしに配慮されたものを選びたいと思う人も多いだろう。そんなコーヒーを、日常的に飲める価格で提供する店がある。調布駅からほど近い、品川通り沿いにある『ベルベットコネクション』だ。
居酒屋からイタリアン、とんかつまで勢揃い! 調布・府中の厳選グルメ10店!
住みたい街としても人気の調布・府中。暮らしやすいエリアだからこそ、地元に根付いた飲食店が多くある。おしゃれなイタリアンからパンチのきいた居酒屋まで、地元に愛される美味しいお店をご紹介。
個性に富んだ調布・府中のゆかしき寺社4選。知っておきたい地元の歴史が満載です!
武蔵国の政治の中心、東国武士たちの拠点、旅人が行き交う宿場町。そして、水木しげる先生が『ゲゲゲの鬼太郎』を生んだところ。さまざまな歴史を持つ土地だけに、古い寺社の数も多く、個性に富んでいる。その中から地元の歴史満載の4寺社をご紹介! さんぽがてら訪ねてみてはいかが?
東京はうどん戦国時代に突入!? 店主の経験とアイデアが光る絶品のうどん7選
ここ十数年で西のうどんの定番“讃岐うどん”が定着し、土着の武蔵野うどんも着実に知名度をあげつつある。うどんと一口に言っても出汁香る天ぷらうどん、スパイシなカレーうどん、つるっといけるとろろうどんにけんちんうどん。店主の経験と情熱に裏打ちされたアイデアが光る。今、都(みやこ)のうどん事情は百花繚乱、まさに戦国時代ではなかろうか? 手打ちにこだわる名店から、安くて美味しい人気店まで、もっとも旬なうどんを提供する都内の店を厳選して7軒ご紹介。迷わず啜れよ、啜ればわかるさ!
職場の隣にある「廃」 調布飛行場周辺に残る旧陸軍航空隊の掩体壕3基~廃なるものを求めて第2回~
掩体(えんたい)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。掩体とは、ざっくり言うと敵弾から守る設備のことです。大小様々な掩体があり、とくに航空機を守ったり秘匿したりするのには「掩体壕」というものがあります。これは航空機をすっぽりと覆う、大型の設備です。掩体壕はカマボコ屋根状のコンクリート製が多く、屋根の上に草木を生やして偽装する場合もあります。かつて、旧・陸海軍の基地周囲にはたいてい掩体壕が存在しました。戦後、掩体壕は解体されていきますが、元来空爆などから身を守る設備であるため解体しづらく、そのまま放置されて倉庫となるケースもあります。そして、掩体壕は東京都内にも存在しています。場所は調布市。調...
本物そっくりのイヌ・ネコ像(ガーデンオーナメント)を見て、思わず「ヨーシャシャシャ!」と話しかけてしまう場合とそうでもな...
想像してみて欲しい。あなたが道を歩いていて、道端にトラ猫が丸くなっているのを発見した時のことを。あなたは恐らく「猫ちゃ~ん」と声をかけながらその猫に近づいていくだろう。ところがその猫はよくできた置物であった。あなたはキョロキョロと辺りを見回しながら、今の醜態が誰にも見られていなかったことを確認し、足早にその場を立ち去るに違いない。これは先日私の身に起きた実話である。

調布のスポット一覧

1〜12件(全21件)
FUJIMI LOUNGE(フジミ ラウンジ)
建築家の菅原大輔さんが事務所と同じ建物に開いたカフェ。“地域のヒトとブンカをつなぐ「まちのリビング+カフェ」”がコンセプ...
PANTRY COFFEE(パントリー コーヒー)
調布の住宅街、品川通りに面した、夫妻で営むカフェ。自家焙煎のスペシャルティーコーヒーのほか、長野県産や調布産の野菜や果物...
park(パーク)
調布市深大寺にある生活道具ショップ兼カフェ。店主がその考え方に共感した作り手による器や道具が並び、食材を厳選したカレーや...
スクナビコナ コーヒー
調布にある歴史ある神社、布多天神社(ふだてんじんしゃ)境内に2021年5月2日にオープンした屋台スタイルのカフェ。祭事開...
ベルベットコネクション
フェアトレードでオーガニックのコーヒー豆を自家焙煎するお店。コーヒーが持つ香りと甘み、飲みやすくバランスが取れていること...
本とコーヒー tegamisha(ほんとこーひー てがみしゃ)
「直火式は焼き加減の調整が難しいのですが、うまくすればより高い香りとコクが出せます」と焙煎機を操る関根利純さん。動物の名...
cafe AiR(カフェ エアー)
「1回で750gを焙煎する小型機をあえて使い、毎日何度も焙煎してます」と嶋田理明さん。豆売りのほかテイクアウトもOKで、...
食神 餃子王
21年前に創業した大衆食堂。電通大のお膝元ゆえ学生も多いが、こちらのメニューはお酒のアテにもうってつけだ。創業当初に誕生...
手紙舎(てがみしゃ)
1965年(昭和40)に建てられた団地内に、2009年開店。店主の北島さんが「タイムスリップしたようだとか映画の一場面の...
布多天神社(ふだてんじんじゃ)
社伝によれば、第十一代垂仁(すいにん)天皇の御代、今から約1940年前の創建。当初は少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀...
調布不動尊 常性寺(ちょうふふどうそん じょうしょうじ)
鎌倉時代に創建された寺。当初は多摩川沿いにあったが、江戸時代に、現在の旧甲州街道沿いの場所に移転した。本堂には珍しい金銅...
旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕
住宅地に囲まれた場所にある旧陸軍調布飛行場の掩体壕。太平洋戦争末期に作られた空襲から戦闘機を守る格納施設。
PAGE TOP PAGE TOP