武蔵小山の記事一覧

1〜10件(全16件)
消えゆく昭和の「マーケット」、その思い出とこれから
私が子供時代を過ごした1980年代前半、東京の街には既にスーパーが普及していた。しかしその一方で、八百屋や肉屋、魚屋、雑貨屋などが一カ所に集約された薄暗い「マーケット」もまだ健在だったのである。
朝はパンに限るのだ! 漂う焼きたての香りで幸せをチャージできるパン屋さん4選【朝を歩こう】
朝食を調達しがてら界隈をぶらり。なんなら、歩きながらかぶりついたっていい。焼きたてを入手できる朝こそ、パンの本領を味わえる。
おいしい朝ごはん探検隊! 東京で巡る朝限定の贅沢世界紀行【モーニング】
朝ごはんの定番といえば、日本じゃ、ごはんと味噌汁だが、各国料理店のなかには、ご当地の味を朝から用意する店も。ひととき、世界の朝へトリップしたい。
東京の“ローカル酒”とは? 安酒をなんとかおいしく、から生まれた庶民の味方【東京さんぽ図鑑】
戦後にはまだ高級品だったビールやウイスキーの代替品として生まれた、ホッピーや下町ハイボール、ホイス。そんな下町酒場の王道“ローカル酒”を楽しんでこそ、東京を味わえるというものだ。
武蔵小山は、城南屈指の昼飲み居酒屋天国なのだ
再開発が進めど、商店街を歩けば下町の匂いがムンムンの武蔵小山。酒の通人が多く住むこの街には、彼らが下地を作る昼飲み酒場もまた多数。安いし、うまいし、雰囲気もいいしで、下地どころか結局長居しちゃうんだけどネ。すみません、ナカおかわり!
優良酒場密集地帯! 居酒屋天国 武蔵小山・戸越にようこそ
さてさて、昼飲みで下地ができ、次はどこで酔おう。戸越でうまい魚をアテにするかムサコで巨大やきとりを喰らうか。個性が立ち、財布に優しい酒場が多いから、夜も結局はしご酒。アレ? あの酔客、前の店でも会った?
新・コーヒー激戦区誕生の予感! 武蔵小山・戸越エリアのこだわり自家焙煎店が今熱い
武蔵小山・戸越界隈を歩いていると、コーヒー豆のロースト香に鼻先をくすぐられることしばしば。どうやら、ここ数年で個人が営むマイクロロースターが増えたらしい。それぞれの熱意と異なる個性を堪能しよう。
武蔵小山・戸越で味わえる、日々のごちそうランチ
縦横無尽に走る商店街を地元民が回遊するだけあって、幅広いジャンルの佳店がひしめき、ニューカマーも続々登場。腹も心も懐も、至福を感じる、ランチ王国となっている。
厳選フルーツが絶品!フルーツサンド&パフェが大人気の『bergamot(ベルガモット)』~黒猫スイーツ散歩 武蔵小山・戸...
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の戸越銀座・武蔵小山編の第一弾です。
とんかつに何かける? 武蔵小山・西小山編 ~とんかつの魂はソースにも宿るのだ~
ムサコ・ニシコの両小山、実は隠れたとんかつ店の密集地帯。都内でも屈指の名店から街の定食屋まで、それぞれジャンルの違うとんかつが揃う。その中でも際立っているのはソースの違い。ドバッといっちゃってください。
PAGE TOP PAGE TOP