石川さん
一緒に歩くのは……石川 勝さん
不動産専門家集団の「東京カンテイ」でマンションの評価・調査を担当する、不動産鑑定士。中古マンションに特化した評価方法で複数の特許を取得! 街歩きとともにおすすめマンションを巡る企画を行う、マンションさんぽの達人でもある。「東京カンテイマンションライブラリ」内ではブログ「今週のチラ見物件」を連載、駅で待ち合わせて周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するというバーチャルな体験をWEB上で展開している。「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」を監修・執筆。
マンションライブラリロゴ 正方形版
不動産鑑定士目線で、街の解説を見てみよう!
日本最大級の不動産データ量を誇る『東京カンテイ』が、各駅の平均中古マンション価格や平均賃料などのデータを大公開!

東口を出るとムサコの新ランドマークが

2006年に地下化された、武蔵小山駅のエスカレーターを上る。東口に出ると、天をさす巨大なタワマンが見えた。東口再開発の象徴ともいえる、「パークシティ武蔵小山」だ。

「再開発事業の街区は高層住宅棟と低層の商業棟・住宅棟、広場で構成されています。マンションと同時に造られたのが、隣にある『ザ プラザ(広場)』。積極的に緑化を行うとともに、ベンチやイベントスペースを設け、街の活動・交流の拠点となっています。マンション3 階の『ザ テラス(屋上庭園)』からは、この広場を見渡せますよ。隣接するアーケード商店街の賑わいをさらに強化しましたね」と石川さん。その北東側には新築の「シティタワー武蔵小山」もあり、ムサコのマンション需要の高さが伺える。

2019年築の「パークシティ武蔵小山」。41階建て、総戸数628戸の大規模レジデンスで、眺望が広がるスカイテラスやパーティルームなど、共有施設が充実。
2019年築の「パークシティ武蔵小山」。41階建て、総戸数628戸の大規模レジデンスで、眺望が広がるスカイテラスやパーティルームなど、共有施設が充実。
武蔵小山駅の地下化により、再開発の機運が高まった。
武蔵小山駅の地下化により、再開発の機運が高まった。

いったん西口側へ方向転換し、ムサコ民憩いの場・林試の森公園へ。もとは国の林業試験場だったため、約12ヘクタールもの敷地内にさまざまな植物が見られ、自然豊か。広大な芝生広場や池もあり、散策路を人々が行き交う。園内を歩いていると、おばさんが「あら、マーブルちゃん久しぶり。元気?」と、おじさんの犬に話しかけている。ご近所さん同士なのだろうか。

林試の森公園中央にある池。六角堂からは池で羽を休める水鳥の姿が見えた。
林試の森公園中央にある池。六角堂からは池で羽を休める水鳥の姿が見えた。
春の訪れを感じさせる、同園の芝生広場。
春の訪れを感じさせる、同園の芝生広場。
林試の森公園を出て南東へ向かうと、かむろ坂通りに出る。春は沿道の桜が美しい。
林試の森公園を出て南東へ向かうと、かむろ坂通りに出る。春は沿道の桜が美しい。

物欲と食欲誘う、にぎやかアーケード

地元客でにぎわう武蔵小山商店街パルム。アーケードが風雨から守ってくれる。
地元客でにぎわう武蔵小山商店街パルム。アーケードが風雨から守ってくれる。

駅前に戻ったら、ムサコのシンボル・武蔵小山商店街パルムに突入。都内最長の全長800メートルを誇るアーケードには、衣料品店やドラッグストア、八百屋に本屋、100円ショップなどが並び、ここを歩けば日用品が大体そろう。

そのアーケードから20メートルほど歩いたところ、パルム一番通り沿いにあるパン屋さんが『セルオブレ』。店主の吉川さんは「おばあちゃんが買って、お孫さんと一緒に食べられるような味・価格帯のパンが理想。タワマンが増えましたけど、住んでいる人たちの下町っぽい雰囲気は変わらない気がします」。

『セルオブレ』の名物、自家製の甘いクリームと噛み応えのあるパンが抜群に合うミルクフランス210円(手前)、口でとろけるブリオッシュ生地を使ったクリームパン190円(奥)など。
『セルオブレ』の名物、自家製の甘いクリームと噛み応えのあるパンが抜群に合うミルクフランス210円(手前)、口でとろけるブリオッシュ生地を使ったクリームパン190円(奥)など。

『セルオブレ』からパルム一番通りを北東へ100メートルほど歩くと現れるのが「パークホームズ武蔵小山」。「武蔵小山駅徒歩3分という好立地に建つ、19階建ての中層レジデンスです。アーストーンのレンガ調タイルを使用し、落ち着きのあるモダンな印象を与えています。ガラスとメタルでシンボリックな演出を施したエントランスも特徴的です。1階から地下への吹き抜けに設けられた『サンクンガーデン』は、木端積みの石壁の表面を流れ落ちる滝が癒やしてくれる空間です。これに面して『洋』と『和』の2つのゲストルームが設けられ、親族や友人など大切なお客様も、癒やしの水景でおもてなしすることができます」。

屋上緑化やプライバシーを高める内廊下設計、電線を地下埋設した美しい舗道など、多くの工夫が施されている「パークホームズ武蔵小山」。
屋上緑化やプライバシーを高める内廊下設計、電線を地下埋設した美しい舗道など、多くの工夫が施されている「パークホームズ武蔵小山」。

「パークホームズ武蔵小山」の真ん前には、内装仕上げの施工会社が営む、壁紙の専門店『wall paper store あんの木』が。最近は、壁の一面を変えただけで部屋の雰囲気が変わるアクセントクロスのほか、リモートワークの背景、フリマサイトで出品する際の下敷きとしても、壁紙は人気なのだそう。スタッフの千葉麻記子さん曰く「ムサコは最近、子育て世代がすごく増えました。ケーキ屋さん・フルーツ屋さんなどおしゃれな店も続々オープンしていると感じています」。

「入手困難なウィリアム・モリスの壁紙の、専門コーナーもあります」と『wall paper store あんの木』の千葉さん。
「入手困難なウィリアム・モリスの壁紙の、専門コーナーもあります」と『wall paper store あんの木』の千葉さん。

再びパルムに戻り、買い物客の喧騒の中を歩く。時折、カレーやパンの香りが食欲を誘い、お腹がグ~ッ。アーケードが途切れるところまで来ると、レトロな茶色いマンションが見えた。

「『武蔵小山グランドハイツ』です。定期的に大規模修繕されており、築43年の古さを感じさせません。当時では珍しいスキップフロア(同じ空間の中に少し段差をつけたり、中二階を設ける手法)を採用し、縦方向に広がりのある空間を設けています。快適性を追求した、手が込んだ贅沢な設計ですね。広いルーフバルコニーを持つ住戸が多いことが特徴で、バルコニーから商店街へと道行く人に気軽に声を掛けられそうな雰囲気を感じます」。

「武蔵小山グランドハイツ」は広いルーフバルコニーが魅力。7階建てで総戸数は40戸。
「武蔵小山グランドハイツ」は広いルーフバルコニーが魅力。7階建てで総戸数は40戸。

すぐ北側にある「アデニウム武蔵小山」も個性的なマンションだ。特徴的な形状のバルコニーはスカイデッキと称され、上下左右を交互に設置。頭上に2層分の高い空間を得ることで、圧倒的な開放感と、そこだけがふわりと空に浮いたような感覚を味わうことができる。広い大空間のエントランスの向こう側にはパティオが広がり、憩いのスペースが設けられているほか、奥に丸い形状の建物「コミュニティプラザ」と呼ぶ集会場があり、コミュニティ作りにも配慮された設計だ。

「それぞれ意匠を変えた3棟からなる『アデニウム武蔵小山』は、上から俯瞰するとV字型に配置され、日照や眺望にも配慮されています」と石川さん。
「それぞれ意匠を変えた3棟からなる『アデニウム武蔵小山』は、上から俯瞰するとV字型に配置され、日照や眺望にも配慮されています」と石川さん。

銭湯にやきとり。帰り道が楽しいムサコLIFE

さらに南へ進み、大通りの中原街道を超えた先にあるのが「グリーンプリズムタワー」。こちらも外壁の淡い緑色が、個性を放つ。「下層階に通常の約3倍の高強度コンクリートと鉄筋を使用してるほか、柱と梁には高強度の太径鉄筋を使用し建物自体の強度を高めることで、上層階の負荷を軽減しました。この技術で、これまで不可能だと思われていた厚みを抑えた板状のタワーを実現しました。つまり、タワマンでありながら、全戸日当たりのいい南東向きという板状マンションの利点も取り入れているんです」。

武蔵小山・戸越銀座・戸越の3駅のほぼ中心に立ち、複数の路線を利用できる「グリーンプリズムタワー」。2LDK・3LDKのファミリー向けで一部住戸からは羽田空港も眺望!
武蔵小山・戸越銀座・戸越の3駅のほぼ中心に立ち、複数の路線を利用できる「グリーンプリズムタワー」。2LDK・3LDKのファミリー向けで一部住戸からは羽田空港も眺望!

お目当てのマンションを巡り終えたら、散歩の汗を流すため、『清水湯』でひとっ風呂。こちらは異なる地層から湧く黒湯と黄金の湯の2種の温泉を堪能できるとあり、オープンと同時に常連が一番風呂を求めてやってくる。空を見上げて浸かれる露天風呂は、品川区にいるとは思えないほど開放的!

清水湯の露天風呂は2段に分かれており、1段目の湯舟には黒湯、2段目の湯舟(写真)には、黄金の湯が注がれる。
清水湯の露天風呂は2段に分かれており、1段目の湯舟には黒湯、2段目の湯舟(写真)には、黄金の湯が注がれる。

湯上り後は、焼き鳥をテイクアウトできるほか、その場で立ち食い出来る『鳥勇 本店』へ。ステンレスの保温台には焼き鳥が並び、中央には「たれ」を入れたトレイが。客がこのたれに串をチャポンとつけて味変(あじへん)できるのがこの店の楽しいところ。おやつとして食べる子供、買い物の帰りに1本食べていく主婦、軽く一杯のおじさんと客層は幅広い。焼き台に立つムサコ生まれの篠塚雄一郎さん曰く「駅前が変わって、チェーン店も増えたけど、個人商店は健在。庶民的な雰囲気は変わらないですね」。

『鳥勇 本店』のやきとり。手前から、ひな肉のネックを使ったシシ唐、レバー・皮・砂肝を刺したミックス、なんこつ各170円。
『鳥勇 本店』のやきとり。手前から、ひな肉のネックを使ったシシ唐、レバー・皮・砂肝を刺したミックス、なんこつ各170円。

夜空に輪郭を主張するタワマンの光と、ぼんやりと灯りを点す赤提灯と——。高層マンションと下町商店街が絶妙に共存するムサコは、1日歩いただけで「楽しい暮らし」が想像できた。

帰り際に見上げた「パークシティ武蔵小山」。暖色の光をまとった夜の立ち姿も美しい。
帰り際に見上げた「パークシティ武蔵小山」。暖色の光をまとった夜の立ち姿も美しい。
マンションライブラリロゴ 正方形版
不動産鑑定士目線で、街の解説を見てみよう!
日本最大級の不動産データ量を誇る『東京カンテイ』が、各駅の平均中古マンション価格や平均賃料などのデータを大公開!

紹介したスポットの詳細

住所:東京都目黒区下目黒5・東京都品川区小山台2/営業時間:入園自由/アクセス:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩10分
住所:東京都品川区小山3-22-21/営業時間:10:00~19:00(無くなり次第終了)/定休日:日・月/アクセス:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
住所:東京都品川区小山3-7-14 1F/営業時間:12:00~19:30/定休日:月/アクセス:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
住所:東京都品川区小山3-9-1/営業時間:12:00~24:00(日は8:00~)/定休日:月(祝の場合は営業)/アクセス:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩5分
住所:東京都品川区荏原3-5-11/営業時間:11:30~19:00/定休日:無(まれに不定休あり)/アクセス:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩9分

紹介したマンションの詳細

ぶらりマンション巡り パークシティ武蔵小山
パークシティ武蔵小山
東京都品川区小山3-15-2
ぶらりマンション巡り パークホームズ武蔵小山
パークホームズ武蔵小山
東京都品川区小山3-6-15
ぶらりマンション巡り 武蔵小山グランドハイツ
武蔵小山グランドハイツ
東京都品川区荏原2-17-19
ぶらりマンション巡り アデニウム武蔵小山
アデニウム武蔵小山
東京都品川区荏原2-16-25
ぶらりマンション巡り グリーンプリズムタワー
グリーンプリズムタワー
東京都品川区平塚3-2-13

*イラストマップにある残りの5軒については、マンションライブラリをご覧ください。

 

取材・文・撮影=鈴木健太 イラスト=さとうみゆき