スポットを探す

大阪府 和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 宮城県 岐阜県 新潟県 韓国 滋賀県 高知県 福岡県 鹿児島県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
1〜24件(全349件)
noimage
+naturi(プラスナチュリ)
2023年から看板商品だった腸美人弁当を御膳スタイルで提供。旬の野菜を使った体へのやさしさを考えて作られたレシピは、発酵調味料がポイントだ。野菜や果物の塩糀マリネ、ちりめんじゃこと青梗菜の醬油麹炒めなど、どれも自然な風味を生かしたやさしい味わい。
noimage
ロビンズインドキッチン
南インド・ケララ州出身の店長と、東インド・オリッサ州出身、コルカタ出身の3人が集まり、2022年11月にオープン。インドの北から南まで豊富なメニューが揃う。ソースやお肉を重ねながらバスマティライスを蒸し上げる、ダム・ビリヤニと呼ばれる製法で調理するビリヤニが一番人気だ。
noimage
船橋 蔭虎
京成船橋駅からほど近い中華料理の店。ふかひれ姿煮60g 2800円のソースは、深いコクとマイルドな後味を兼ね備えた体に染み入るおいしさ。鶏ガラや手羽先を8時間ほど煮出してからひと晩寝かせる鶏白湯のベースが決め手で、クリーミーでマイルドな味はヤミツキになるほど。同じスープを使ったラーメンも名物で、『浅草開化楼』特製のもちもち麺とも相性抜群だ。
noimage
PIZZERIA BEL SORRISO(ピッツェリア ベル ソリーゾ)
下総中山の本格的なピッツェリア。ベッカフィーコ2178円は、2023年のピザ世界大会創作部門で2位に選ばれた一品で、トッピングのバランスとピッツァ記事は本場お墨付きだ。店主の小倉裕幸さんはソムリエの資格を持ち、ワインも充実している。
noimage
くまざわ書店 津田沼店
駅南口を出てすぐの駅近書店。写真好きの藤川店長イチオシは写真集・美術書コーナーで、掘り出し物が見つかるかもと思えるラインナップ。地元関連書籍を集めた「千葉本」コーナーにも注目だ。
noimage
くまざわ書店 船橋店
日頃の買い物ついでに利用しやすい『シャポー』内の好立地。コンパクトな店内に日常の需要を満たすラインナップが整っているが、注目すべきは、随所に施された緻密な手書きポップや装飾だ。船橋店独自の「装飾チーム」を結成し、各出版社のコンテストで連続入賞を遂げているほど。キラリと光る工夫が目を楽しませてくれる。
noimage
丸善 津田沼店
控えめな入り口からは一見想像がつかないが、売り場面積・蔵書数ともに県内有数の規模を誇る。医学やクラシックの専門書からマニアックな画集、洋書まで取り揃えられた超広大な売り場は、まさに津田沼の知の牙城。工夫を凝らした小さな特集棚の数々に、思わず足を止めてしまう。
noimage
旭屋書店 船橋店
東武百貨店内にあり、2020年にフロアを移転しリニューアル。グレーを基調としたモダンな雰囲気が特徴で、リラックスして本を選ぶことができる落ち着いた空間だ。文具売り場では、万年筆やボールペンなど高級筆記具の品揃えも充実。贈り物を選ぶ場としてもぴったりだ。
noimage
ならしのクラフトビール むぎのいえ
温かい接客で、家族連れや学生も集う、ご近所に愛されるブルワリー酒場。代表の今井貴大さんは、各ビールを谷津で醸造している意味・物語性を大事にしている。ペールエールの「谷津遊路」は、干潟の野鳥のさえずりや花を想起させる華やかな香りに仕上げられたもの。グリルやフィッシュ&チップスなどと共に喉を鳴らそう。
noimage
自然派ワインとアテ F
店内に約2畳の大型セラーを備え、酒への偏愛度は船橋随一の店だ。現地へ足を運んだスロベニアの「ムレチニック」1760円やイタリアの老夫婦が醸す「ボルガッタ」990円など、生産背景の見える美酒がずらり。ほかに日本酒やシングルモルト、大多喜で造られたボタニカル・ブランデーまで酒の顔ぶれは幅広い。
noimage
グリルとワイン COCCIO 831(グリルとワイン コッチョ はちさんいち)
看板は、素材の味を活かしたグリル料理。鼻に抜ける野性味が絶妙なラムチョップ1本1408円や、1カ月寝かして甘みが増したジャガイモのポテトフライ550円で赤ワインが進む。さらに、季節野菜のバーニャカウダ980円をはじめ野菜料理も名物だ。料理と自然派ワインとのペアリングを堪能しよう。
noimage
泥棒日記
妖しい階段の先は一見スナックのような雰囲気の内観だが、そこでは豊穣なる日本ワインが待っている。日本ワインの誠実な生産者を応援したいと、木村未穂さんが2022年にオープンさせた。ワインは、農薬や防腐剤を極力使わない、自然や人の体に寄り添うものを選んでいる。料理は佐倉の農園の有機野菜や県産いも豚など地元食材が主役だ。
noimage
へちもん
一見も常連も分け隔てなく接客するこずえさん、真貴さん母娘が営む店で、店内には習志野の『酒のはしもと』から仕入れる銘酒がずらりと並ぶ。料理は、イリコと昆布で取った出汁や愛媛県八幡浜直送の魚介など、愛媛出身の母・こずえさんならではの味付けと食材。燗酒と母の味の相性はすこぶる良い。
noimage
珈琲茶房 光香(こーひーさぼう こうか)
路地に潜む、実家感のあるカフェ。世にも珍しい「カフェ漬け」は、超浅煎りをお茶漬けにしたもの。茶釜から茶杓で湯をポットに注ぎ、木肌色の焙煎豆を抽出したコーヒーは薄茶色。飲めばこっくりとした黒豆茶のよう。和の雰囲気の中、うとうとまったり、時が過ぎる。
noimage
SMACK COFFEE ROASTERS
開店は2020年。ポップなライトが随所で灯り、棚にはレトロ雑貨、壁際にはLPジャケット、現役のジュークボックスもあり、宝箱のような内観だ。ミッドセンチュリーのデザイナーズチェアに身を委ね、ロック&ポップスに体を揺らし、自家焙煎のコーヒーを手にのんびり過ごせる。
noimage
珈琲屋からす
風情も味わいも昭和の面影がある、大人の喫茶店。2体の手彫りトーテムポールが店内入り口で門柱のように置かれ、赤い椅子、木柱、円形の窓が独特の雰囲気を創出する。創業は1963年。シナモンスティックをスプーン代わりに用いるカプチーノは、昭和喫茶ならでは。上品な香りが立ちのぼる中、ゆったりのんびり味わいたい。
noimage
tip cafe
深緑色の天井から枯れ葉をまとうランプが下がり、木棚に自家焙煎豆が並ぶ。店主夫妻の“好き”を形にした空間は、まるで明るい森のよう。益子焼や笠間焼のカップに注いだコーヒーは甘みと苦味が豊かで、すっきりとした後味が印象的だ。季節のシフォンケーキやカレーもおすすめ。豆も販売している。
noimage
Kakuya Coffee Stand
階段を上がれば、山小屋風のひそやかな空間が待っている。温かな明かりが照らす総木造りの空間にため息。浅煎り、深煎りの2種の豆は、約1カ月ごとに品種を変えた自家焙煎で、濃密な香りに全身の力が抜けていく。「西船の人情に惚(ほ)れて、ここにたどり着きました」と、コーヒー屋台で全国を旅した店主の蘆田格也さんは、軒下営業に始まり、焙煎工房を店に作り替えた。日々、疲れを癒やす常連客が後を絶たない。
noimage
レストランあけぼの
一世紀愛されてきた町のレジェンド。オムライス、ハンバーグ、ナポリタン、そして大エビフライと、洋食の主役級が一皿に盛られたデラックスプレート3278円は、自分へのごほうびにおすすめだ。食べた人誰もが「ああ、これこれ!」と喜び懐かしむ洋食屋の味ど真ん中を、狙い撃ち。おなかをペッコペコにして訪れて。
noimage
欧風食堂 タブリエ
「潮の香りがするこの街が好きです」と言う店主の中島さんが営む、つまみからコース料理までサーブする頼もしい食堂。イタリア・イスキア島の海老とトマトのパスタ、ポルトガルのイワシの塩焼き、栗を食べて育ったスペイン産豚のグリルーー中島さんが旅して食べ歩いた欧州中の美味が、一つの店にぎゅうっとつめこまれている。
noimage
TARO(タロ)
シンボルカラー、ブルーの外観が一際目を引く古典フレンチの新星。『ポール・ボキューズ』などで腕を振るってきた白井正太郎さんが、地元・津田沼でクラシック・フレンチの神髄を味わってほしいと2023年にオープンさせた。ディナーのおまかせコースは8800円。船橋市場で仕入れたその日一番の食材に添えられる濃厚なソースは、食べても食べてもまだ食べたいと思わせるほど。
noimage
市川ちもと(イチカワチモト)
市川駅の北口を進み、徒歩5分ほどに創業70年以上の老舗店『市川ちもと』がある。一見、和菓子屋さんに見えるが、中に入るとカフェスペースがあり店内では、三代目店主の清水さんが手がける、店舗でしか味わえないカフェ目ゆーと極上の和菓子が味わえる。
noimage
禪(ヒラメキ)
市川駅南口から10分。ベジポタ系スープの塩らぁめんは、優しくてコクがあると評判だ。“カリカリ”と呼ばれている、エシャロットを揚げたものがトッピングでのっているのが他店とは違う特徴。落ち着いている店内は、どこか懐かしい気持ちになる。ラーメンと一緒に豚めしもおすすめ。
noimage
オープンオーブン
市川駅から徒歩約10分の距離にある、あたたかい雰囲気のこぢんまりとしたベーカリー。イタリアンシェフが作るデリとスープ、天然酵母のパンは絶品。アレルギーにも対応しており、子連れでも安心の雰囲気。テラス席ではワンちゃんと食事もできる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ