中野の記事一覧

1〜10件(全51件)
noimage
酒屋直営の新中野『発酵ビストロ SAKE-YA SHIN-NAKANO UE』で定食ランチ&ちょい飲みワインを満喫!
酒屋の2階に店を構える『発酵ビストロ SAKE-YA SHIN-NAKANO UE(サケヤ シンナカノ ウエ)』は、“発酵”をテーマにした多彩な料理が味わえる発酵ビストロ。50種類以上のワインや日本酒のフリーフロー、飲み比べがリーズナブルに楽しめるのも、酒屋直営店ならではの醍醐味だ。
noimage
中野のおすすめランチ7選。洋食、ラーメン、パスタなど、懐かしさと新しさが味わえる店をラインナップ
学生街であり、サブカルチャーの発信地でもある中野。駅から続く中野サンモール商店街、中野ブロードウェイや中野マルイなどの商業施設もあり、若者が多く住む人気のエリアだ。飲食店も老舗から新進気鋭の店まで幅広く出店し、ランチを楽しめる人気店も多い。その中からおすすめの7店舗を紹介する。
noimage
中野の静かな路地裏にたたずむ『MUTO coffee roastery』で最高品質のコーヒーを日常に
中野駅の南口からほどなくして現れるロースタリ―カフェ『MUTO coffee roastery(ムトウコーヒーロースタリー)』。毎朝店内で焙煎された最高品質のコーヒー豆を販売するほか、ウッディな雰囲気の店内では淹れたてのコーヒーも味わえる。中野に住む人々の日常を、とっておきのコーヒーで彩る一軒だ。
noimage
「こんにちは」から始まる中野の『silo coffee stand』。美容師オーナーによる人の輪をひろげるコーヒースタンド
中野駅の南口から3分ほど歩いた商店街にある『silo coffee stand(シロコーヒースタンド)』は、中野で美容師として働くヤベケンタさんが始めたコーヒースタンド。2020年にオープンし、いまでは地元の人たちが集うコミュニケーションの場となっている。美容師オーナーが目指す、理想のコーヒースタンドとは?
noimage
中野に新生家系ラーメン『箕輪家』が誕生!中毒性のなかに優しさを感じる“新しい家系”とは?
2022年11月28日、ラーメン激戦区・中野に新たな注目店がオープンした。『ラーメン箕輪家 中野旗艦店(以下、箕輪家)』は、“新生”をうたう家系ラーメンの店。もともと店舗を構えずイベントのみ出展していた店だったため、オープンから早くも多くのファンで賑わっている。そんな話題の店にさっそく足を運んでみた。
noimage
東中野駅からはじまる「『ひと駅散歩』いろいろな中野を探そう」~さんサポの散歩コース実踏③~
さんたつ公式サポーターのみなさんから募集した「散歩コース」の実踏企画、第3弾!とっておきの散歩コースをお寄せくださったさんサポのみなさん、ありがとうございました!今回は、サポーターネーム・味論さん考案の「『ひと駅散歩』いろいろな中野を探そう」実踏の模様をお届けします。文=阿部修作(さんたつ編集部)
noimage
モッチモチの生パスタに名物のローストビーフがたっぷり!中野『五感』で体感できる料理のライブ感も見どころ
名物はローストビーフ。このほかにもカルパッチョ、グリル、アヒージョ……とディナーのイメージのメニューが並ぶ。そんな中、常時16種以上から選べるモチモチの生パスタがランチ・ディナーともに大好評だ。オープンキッチンも特徴。客席から料理風景がライブで見られるほど距離が近く、それが親しみやすさに繋がっている。居心地よくあたたかな雰囲気で、常に賑わう人気店だ。
noimage
中野で食べたいおすすめラーメン13選。ラーメン激戦区中野にあって個性際立つ一杯!
中央線エリアでにぎやかな街と言えば、ブロードウェイやサンプラザがある中野が筆頭ではないでしょうか。街そのものがラーメン博覧会ともいえるほど、個性の際立つ中野のラーメン店をご紹介します!
noimage
とろとろ玉子のオムライスにコトコト煮込んだハヤシをた〜っぷり!中野『ハヤシ屋中野荘』は何度でも食べたい飽きのこない味
オムライスにナポリタン、カレーと、みんなの大好きが勢揃いする中野の人気店。懐かしい銀色の皿が昭和感を醸し出す。一番人気はとろとろ玉子のオムライスに、コトコト煮込んだハヤシソースがたっぷりかかったオムハヤシだ。焼きチーズやハムカツなどトッピングの種類も豊富なので、自分好みにカスタマイズするのもオススメ。
noimage
辛いだけじゃない!旨味たっぷりのスープが中毒性アリ。なのに健康志向な中野『担々麺ほおずき』は本場の味わい
客足が途絶えることのない人気店。3種の唐辛子で作る自家製ラー油、京鴨でとったスープ、ライ麦の全粒粉で作った麺……と食材の細部にまでこだわり、毎日でも食べられる健康的な味だ。担々麺はわずかな辛味から特辛までの4種類から辛さを選べ、ライス1杯が無料なのもうれしい。本場感たっぷりのスープは、豚ひき肉、唐辛子、芝麻醤、干し海老の風味が絶品なので、ご飯に浸して食べるのがおすすめだ。

中野のスポット一覧

1〜12件(全63件)
noimage
発酵ビストロ SAKE-YA SHIN-NAKANO UE(サケヤ シンナカノ ウエ)
新中野駅にある、酒専門小売店『柴田屋酒店 本店』の上階に併設する発酵ビストロ。“発酵”をテーマにした自家製の麹を取り入れた料理と、酒屋直営ならではの50種類以上を誇るワインや日本酒のフリーフロー、飲み比べを楽しめる。自分好みのお酒を見つけたい、新しいお酒と出合いたいときにぴったりの一軒だ。
noimage
中野寿湯温泉(ナカノコトブキユオンセン)
高い天井から溢れる陽光が心地いい、サブカルの聖地『中野ブロードウェイ』を抜けた先の商店街にある銭湯。立って入れるほどの深い浴槽に、座湯と寝湯など。こぢんまりしていながらも浴槽のバリエーションは豊富だ。
noimage
MUTO coffee roastery(ムトウコーヒーロースタリー)
中野の閑静な路地にたたずむ、夫婦で営むロースタリ―カフェ。世界中から選りすぐった最高品質のコーヒー豆を毎朝焙煎し、常備15種類ほど販売。木の温もりを感じるカフェスペースでは、ハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒーや手作りのスイーツを味わえる。
noimage
silo coffee stand(シロコーヒースタンド)
中野駅の南口から3分ほど歩いた商店街にあるコーヒースタンド。バリスタとの会話を楽しみながら、メルボルンスタイルのラテを味わうことができる。夜はワインスタンドとして営業し、他店とのコラボレーションなどコーヒースタンドの枠にとどまらない取り組みも魅力。
noimage
ラーメン箕輪家 中野旗艦店(みのわや なかのきかんてん)
2022年11月、中野にオープンした“新生”家系ラーメンの店。高田馬場の名店『博多ラーメンでぶちゃん』のもとで修行を積んだ店主が、アレンジを重ね試行錯誤しながら究極の一杯を生み出した。家系ラーメン特有の中毒性の高さを持ちながら、どこか優しい味わいは老若男女から愛されている。
noimage
五感(ごかん)
店の外からでも調理風景が見られるオープンキッチンが目印。ディナー客の多くがオーダーするという名物のローストビーフとモチモチの生パスタが特に好評だ。パスタは常時16種以上からセレクトでき、工夫を凝らしたメニューもいっぱい。親しみやすいスタッフの心遣いがあたたかく、居心地も◎。昼も夜も賑わう人気店だ。
noimage
ハヤシ屋中野荘
銀色の皿や店のキャラクターイラストなど、ちょっとレトロな雰囲気の洋食屋。一番人気は半数以上の人がオーダーするというオムハヤシだ。とろとろ玉子のオムライスに、コトコト煮込んだハヤシソースがたっぷりかかる。焼きチーズやハムカツなどトッピングも豊富なので、いろいろのせて自分好みにカスタマイズするのがオススメ。スピーディーに提供されるカレーやハヤシライスならカウンター席、ゆったりくつろぎたいならテーブル席と使い勝手のいい人気店だ。
noimage
担々麺ほおずき
人気の担々麺専門店。辛さは4段階から選べるので、辛いものが苦手な人でも激辛好きな人でも対応OK。辛ウマのスープは豚ひき肉、唐辛子、芝麻醤、干し海老の風味が絶品であと引く味。ライスが1杯無料なので、ごはんをスープに浸して食べるのがオススメだ。3種の唐辛子で作る自家製ラー油、肉つきの京鴨を使ったスープ、ライ麦の全粒粉で作った麺などこだわりの食材で、体にやさしく毎日でも食べられる味。
noimage
やまねこ亭(やまねこてい)
店内は実家に帰ったような温もりがあり、多くのネコグッズと氷室京介グッズが飾られている。一番人気のチキン南蛮定食には、鳥取県のブランド鶏・匠の大山鶏を使用。カリッと揚げモモ肉を秘伝の甘酢タレに漬け込み、その上にたっぷりとタルタルソースがかけられている。甘くて、酸っぱくて、コクがあって、後引く味だ。農家直送の「みずほの輝き」を使ったご飯もおいしい。ネコ好きの店主夫妻ならではの「肉球白玉ぜんざい」もおすすめ。
noimage
オリエントスパゲティ
薬師あいロード商店街にある創業1986年(昭和61)の洋食店。マイナスイオン水、イタリア認定のオーガニックパスタ、完全無農薬の農園野菜を使った料理が好評。七種類海鮮ジェノバクリームソース純生リッチャレッレ1800円は、エビやホタテ、ムール貝やカキなどがたっぷりと入った豪華な一皿で深いコクと旨みがたまらない。1週間塩漬けした豚肩ロースを軽く燻し、さらに低温で火入れした自家製ハムのスライス700円(W盛り1350円)は、オーナー厳選の各国のグラスワイン650円~とのマリアージュで楽しみたい。
noimage
メンドコロ キナリ
2018年のオープン以来、行列が絶えない東中野の人気ラーメン店。フレンチ出身の店主がこだわり抜いた20種類の醤油、15種類の塩で作るかえしをベースに、フレンチの技法を生かし隠し味にシェリー酒を忍ばせたラーメンは、余韻までしっかりと堪能できる重層的な味わいだ。季節ごとに変わる限定ラーメンを心待ちにするリピーターも多い。
noimage
かしわぎ
東中野で豚ベースの澄んだスープ“豚清湯(ブタチンタン)”ラーメンを提供する人気店。豚の背ガラ、ゲンコツ、豚足、豚頭、豚皮などを強火で炊いた濃くパワフルなスープを、中華の技法である掃湯(サオタン)で黄金色の透明スープに。そこに魚介スープや煮干し・昆布などの出汁を加えて複雑さを出したスープは、奥深くクセになる味わいだ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ