スポットを探す

韓国 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 宮城県 福井県 岐阜県 奈良県 新潟県 岩手県 滋賀県 高知県 福岡県 鹿児島県 福島県 富山県 秋田県 徳島県 岡山県 鳥取県 京都府 島根県 三重県 大分県 石川県 山口県 和歌山県 大阪府 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・三ノ輪・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 祭り・イベント 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
1〜24件(全72件)
noimage
居酒屋まち
釣り好きの店主の釣果を味わえる居酒屋。刺し身を自家製出汁醤油でいただけば、身のハリ、弾力がすごい。口中で広がる上品な甘みを酒で追っかけると、しみじみする。魚のみならず、徳之島で配合・生産・消費される希少な島豚も仕入れている。うまみが濃く、繊維が太い骨太な味は、奄美の黒糖焼酎が合う。
noimage
【閉店】silo coffee stand(シロコーヒースタンド)
中野駅の南口から3分ほど歩いた商店街にあるコーヒースタンド。バリスタとの会話を楽しみながら、メルボルンスタイルのラテを味わうことができる。夜はワインスタンドとして営業し、他店とのコラボレーションなどコーヒースタンドの枠にとどまらない取り組みも魅力。
noimage
炉ばた焼 吾作
中野富士見町の静かな住宅地に忽然と現れる『炉ばた焼 吾作』。くの字に曲がったカウンターには肉や魚、野菜や果物などが少量に分けられた皿がいくつも並び、いかにも炉端焼きの店という感じだ。ホッピーセットの焼酎が「濃い」だけでなく、酒を安く、楽しく飲ませようという気持ちはどの酒場より「濃く」、それがこの店の大将と女将さんの人間味の「濃さ」を物語っている。
noimage
パン工房プクムク
並ぶパンは小ぶりながら、どれも安いうえにフィリングがぎっしり。一番人気は自家製カスタードの重みがずっしり感じられるクリームパン。
noimage
大宝城(だいほうじょう)
中野坂上駅から少し歩くと、お城の石垣のような外壁、色褪(あ)せた引き戸の入り口の居酒屋『大宝城』がある。ボリューミーなホタテ刺身や、皿からはみ出さんばかりの大きなエビフライを、お酒とともに堪能できる。店主の穏やかな人柄が、お店を居心地のいい雰囲気にしている。
noimage
Chillaxin' Book Shop(チラクシンブックショップ)
中野の薬師あいロード商店街に店を構える、コーヒーとビールを楽しめる新スタイルの古本屋。多岐にわたる本のセレクトは、本好きなオーナーのもともと私物だったものが中心。本をじっくりと選んだり、ビールやコーヒーを楽しみながら読書好き同士で会話を楽しんだりと、思い思いに過ごせる空気が心地よい。
noimage
Mugs(マグス)
中野で約20年続くダイニングカフェ。デザイナーで旅好きのオーナーがコレクションしたアイテムが並ぶ空間で、世界各国の料理やスイーツを楽しめる。マニア垂涎の思わぬレアなアイテムに出合えることも。
noimage
アクア東中野
ここの目玉ば長さ7mほどある屋外プール。都内の浴場施設で、この規模のプールがついている施設は見たことがない。サウナ後に水風呂がわりに利用する人も多く、通常の水風呂と違って、プカプカと浮かべるのが楽しい。平日の昼など、利用者の少ない時間には泳ぐことも可能だ。サウナも完備され105度という都内でも屈指の高温。健康に良い炭酸泉の風呂もおすすめ。
noimage
しのカフェ
中野の住宅地に2016年オープンした古民家カフェ。親戚の家に遊びに来たかのようにアットホームな店内は、縁側のこたつ席が大人気。ぜんざい、ケーキなどの手作りスイーツをはじめ、素材にこだわった一汁三菜ランチやカレーを提供。庭で四季を感じながらほっこりとカフェタイムが楽しめる。ランチタイム終了後は、看板猫が顔を出すことも。
noimage
奥の扉 カフェ ポルト デュ フォン
中野駅北口から徒歩3分の場所にひっそりと店を構える、創業47年の純喫茶。気さくなマスターが出迎えてくれる空間は、ハイセンスなインテリアが並ぶ隠れ家のような雰囲気だ。フレンチローストのブレンドコーヒーをはじめ、ドリンクをじっくりと味わいながら思い思いのひとときを過ごすことができる。
noimage
発酵ビストロ SAKE-YA SHIN-NAKANO UE(サケヤ シンナカノ ウエ)
新中野駅にある、酒専門小売店『柴田屋酒店 本店』の上階に併設する発酵ビストロ。“発酵”をテーマにした自家製の麹を取り入れた料理と、酒屋直営ならではの50種類以上を誇るワインや日本酒のフリーフロー、飲み比べを楽しめる。自分好みのお酒を見つけたい、新しいお酒と出合いたいときにぴったりの一軒だ。
noimage
中野寿湯温泉(ナカノコトブキユオンセン)
高い天井から溢れる陽光が心地いい、サブカルの聖地『中野ブロードウェイ』を抜けた先の商店街にある銭湯。立って入れるほどの深い浴槽に、座湯と寝湯など。こぢんまりしていながらも浴槽のバリエーションは豊富だ。
noimage
MUTO coffee roastery(ムトウコーヒーロースタリー)
中野の閑静な路地にたたずむ、夫婦で営むロースタリ―カフェ。世界中から選りすぐった最高品質のコーヒー豆を毎朝焙煎し、常備15種類ほど販売。木の温もりを感じるカフェスペースでは、ハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒーや手作りのスイーツを味わえる。
noimage
ラーメン箕輪家 中野旗艦店(みのわや なかのきかんてん)
2022年11月、中野にオープンした“新生”家系ラーメンの店。高田馬場の名店『博多ラーメンでぶちゃん』のもとで修行を積んだ店主が、アレンジを重ね試行錯誤しながら究極の一杯を生み出した。家系ラーメン特有の中毒性の高さを持ちながら、どこか優しい味わいは老若男女から愛されている。
noimage
五感(ごかん)
店の外からでも調理風景が見られるオープンキッチンが目印。ディナー客の多くがオーダーするという名物のローストビーフとモチモチの生パスタが特に好評だ。パスタは常時16種以上からセレクトでき、工夫を凝らしたメニューもいっぱい。親しみやすいスタッフの心遣いがあたたかく、居心地も◎。昼も夜も賑わう人気店だ。
noimage
ハヤシ屋中野荘
銀色の皿や店のキャラクターイラストなど、ちょっとレトロな雰囲気の洋食屋。一番人気は半数以上の人がオーダーするというオムハヤシだ。とろとろ玉子のオムライスに、コトコト煮込んだハヤシソースがたっぷりかかる。焼きチーズやハムカツなどトッピングも豊富なので、いろいろのせて自分好みにカスタマイズするのがオススメ。スピーディーに提供されるカレーやハヤシライスならカウンター席、ゆったりくつろぎたいならテーブル席と使い勝手のいい人気店だ。
noimage
担々麺ほおずき
人気の担々麺専門店。辛さは4段階から選べるので、辛いものが苦手な人でも激辛好きな人でも対応OK。辛ウマのスープは豚ひき肉、唐辛子、芝麻醤、干し海老の風味が絶品であと引く味。ライスが1杯無料なので、ごはんをスープに浸して食べるのがオススメだ。3種の唐辛子で作る自家製ラー油、肉つきの京鴨を使ったスープ、ライ麦の全粒粉で作った麺などこだわりの食材で、体にやさしく毎日でも食べられる味。
noimage
やまねこ亭(やまねこてい)
店内は実家に帰ったような温もりがあり、多くのネコグッズと氷室京介グッズが飾られている。一番人気のチキン南蛮定食には、鳥取県のブランド鶏・匠の大山鶏を使用。カリッと揚げモモ肉を秘伝の甘酢タレに漬け込み、その上にたっぷりとタルタルソースがかけられている。甘くて、酸っぱくて、コクがあって、後引く味だ。農家直送の「みずほの輝き」を使ったご飯もおいしい。ネコ好きの店主夫妻ならではの「肉球白玉ぜんざい」もおすすめ。
noimage
オリエントスパゲティ
薬師あいロード商店街にある創業1986年(昭和61)の洋食店。マイナスイオン水、イタリア認定のオーガニックパスタ、完全無農薬の農園野菜を使った料理が好評。七種類海鮮ジェノバクリームソース純生リッチャレッレ1800円は、エビやホタテ、ムール貝やカキなどがたっぷりと入った豪華な一皿で深いコクと旨みがたまらない。1週間塩漬けした豚肩ロースを軽く燻し、さらに低温で火入れした自家製ハムのスライス700円(W盛り1350円)は、オーナー厳選の各国のグラスワイン650円~とのマリアージュで楽しみたい。
noimage
メンドコロ キナリ
2018年のオープン以来、行列が絶えない東中野の人気ラーメン店。フレンチ出身の店主がこだわり抜いた20種類の醤油、15種類の塩で作るかえしをベースに、フレンチの技法を生かし隠し味にシェリー酒を忍ばせたラーメンは、余韻までしっかりと堪能できる重層的な味わいだ。季節ごとに変わる限定ラーメンを心待ちにするリピーターも多い。
noimage
かしわぎ
東中野で豚ベースの澄んだスープ“豚清湯(ブタチンタン)”ラーメンを提供する人気店。豚の背ガラ、ゲンコツ、豚足、豚頭、豚皮などを強火で炊いた濃くパワフルなスープを、中華の技法である掃湯(サオタン)で黄金色の透明スープに。そこに魚介スープや煮干し・昆布などの出汁を加えて複雑さを出したスープは、奥深くクセになる味わいだ。
noimage
ボードゲーム&オムライス kurumari( ぼーどげーむあんどおむらいす くるまり)
ボードゲームは500種以上あり、食事やお酒とともに遊べきる。人気はごぼうポタージュオムライス。ゴボウと牛乳、バターなどで作るソースがたっぷりとかかり、一口食べてみるとゴボウの味と香りが広がる。コショウが効いたバターライスとふわふわのオムレツとの相性も抜群だ。イタリアンを中心とした多彩な創作料理もおいしいと評判。トロトロとしたアキレス腱と柔らかなメンブレン(横隔膜)の2種類をじっくりと煮込んだ牛すじの赤ワイン煮込みがおすすめ。
noimage
STRAW HAT(すとろー はっと)
家庭的な雰囲気と料理が好評で、連日多くの客でにぎわっている。名物の「手作りジューシーハンバーグ」は、企業秘密の牛肉と豚肉の割合に、たっぷりの玉ネギが入る。ふっくらとして肉汁あふれるハンバーグは、玉ネギのシャキシャキ感と甘みがアクセントになる。甘みがやや強く、ほどよいスパイシーさがあるソースが旨みを引き立ててくれる。ウィスキーやカクテルを中心にした多彩なラインナップなので、バータイムも楽しめる。
noimage
マ・ヤン
東田ママがこの店をシャンソニエとして始めてから半世紀近く。今ではすっかりムーンロードの顔となった。店の扉は重厚だが、一度入ればあまりにフレンドリーな店の雰囲気に酒もすすんで、あとはママに進められるがままにピアノの伴奏で歌を歌うだけ。ミュージック・テーブルチャージ2500円、ドリンク500円~。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ