フルーツサンドの記事一覧

1〜10件(全26件)
noimage
三鷹駅からも徒歩圏内! カフェも併設する『果実店canvas 吉祥寺』で果物のおいしさを再発見
三鷹駅と吉祥寺駅の中間地点に2022年1月にオープンした『果実店canvas』。元和菓子職人の店主がいちご大福をきっかけに果物の魅力に惹かれ、代々木上原に開業した同名店の2号店だ。代々木上原の店とはまた違う魅力を持つ、この店について紹介する。
noimage
バリアフリー対応のいいグルメ店13選。使い勝手がよくてゆっくり過ごせる店を集めました。
食べる楽しみは、生きる喜び。苦手な食材があっても快く相談に乗ってくれたり、食べやすいサイズに切ったり、柔らかく調理したり、ミキサーにかけてくれる、使い勝手のいいバリアフリー対応のグルメ店を厳選して紹介します。
noimage
浅草『スケマサコーヒー』でハイクオリティな本格ラテとこだわりのスイーツを味わう!
浅草の遊園地『花やしき』のすぐそばにある『スケマサコーヒー』はラテアートの世界大会に出場する実力派のバリスタが待っている。元パティシエのオーナーバリスタが考案するスイーツも充実し、プリンやフルーツサンドといった、カフェ定番の一品にもこだわり満載。スタッフの親しみやすいおもてなしも気持ちよく、大切に通いたくなるお店。
noimage
絶品スイーツがいただける神楽坂の12店をピックアップ! 一度食べるととりこになるものばかりです。
神楽坂にスイーツ店があふれだしたのは2012年ごろから。2010年代中盤以降はやや落ちつきましたが、再び増加に転じつつあります。その中から個性ある新顔や、裏筋にひそむ実力派7店を厳選してご紹介! 遠方からも客を呼ぶ高水準な店が揃っています。
noimage
イチゴ愛が止まらない! 八百屋の作る本気のフルーツサンドが凄い『ダカフェ』 ~黒猫スイーツ散歩 恵比寿編⑥~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の恵比寿編の第六弾です。
noimage
リゾートホテルのような非日常空間で名物のフレンチトーストと苺スイーツを楽しむ『M/HOUSE』~黒猫スイーツ散歩恵比寿編⑤~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の恵比寿編の第五弾です。
noimage
四谷こだわりのカフェ4店 フルーツサンドやお寺のカフェ ~黒猫スイーツ散歩 四谷編まとめ~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”の四谷編をまとめてみました。紹介するどのお店も、こだわりのあるカフェで素敵な時間を楽しめますよ。
noimage
人気のフルーツサンドといちごサンドのダブル盛りに悶絶!四谷三丁目『珈琲日記』~黒猫スイーツ散歩 四谷編①~
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の四谷編の第一弾です。
noimage
『ダイワ中目黒』のフルーツサンドもはや食べるパンの宝石!?果物もクリームも絶品!
愛知県岡崎市で知らない人はいないと言われる『ダイワ』。一見、ごく普通のスーパーマーケットのようなお店だが、その正体はフルーツサンドの超人気店。そんな名店が2020年3月になんと中目黒へ出店! 美しすぎるフルーツサンドと都内屈指のオシャレタウンである中目という夢の組み合わせの真意はいかに?
noimage
名物は国産にこだわった体が喜ぶスイーツ! 西荻窪『オギカフェ』のフルーツサンドは絶品
西荻窪に、断面が美しいフルーツサンドを名物にしているカフェがある。季節ごとに旬のフルーツを使って作られるそれは、大人も子供も安心して食べられる素材にこだわったオーナーの想いが詰まった一品だ。今回は、そんなフルーツを主役にしたメニューを多く提供する『ogicafe(オギカフェ)』を紹介する。

フルーツサンドのスポット一覧

1〜12件(全22件)
noimage
果実店canvas 吉祥寺
元和菓子職人の店主が営むカフェ併設の果物店。2022年1月、代々木上原店に続く2号店が吉祥寺にオープンした。店頭には、毎朝市場で仕入れる高品質な果物をはじめ、それらを使ったフルーツサンドが並ぶ。また、季節の果物を使ったイートイン限定のデザートなども提供する。
noimage
スケマサコーヒー
ラテアートの世界大会に出場する実力派のバリスタが腕をふるうカフェ。元パティシエのオーナーが考案するプリンやフルーツサンドも好評で、素材を活かした繊細な味わいを堪能できる。
noimage
ヤマザキプラザ市川
山崎製パンの創業地、千葉県市川市のJR市川駅前のビル「サンプラザ35」の1階にある『ヤマザキプラザ市川』。イートインカフェを併設するベーカリー、洋菓子売り場、和菓子売り場がある。焼き立てのパンや目の前で焼き上げる大判焼きを求めて常に賑わっている。
noimage
果房 メロンとロマン
青森県つがる市が運営する日本初のメロン専門工房。本物のメロンだけで作ったメロンクリームソーダの深みは衝撃的で、フルーツサンドはメロンとクリーム、レーズンパンの取り合わせが絶妙だ。
noimage
ダカフェ 恵比寿店
「八百屋の作る本気のフルーツサンド」が楽しめるカフェ。地上からでは見つけにくいが、階段を上がると広いテラスを備え、開放的な空間でフルーツが楽しめる。店内でも飲食可能。いちごの季節はふんだんにイチゴが使われ、断面も盛り付けも美しい「苺愛が止まらない 2200円」や「ぞっこん苺ソフト 1848円」がおすすめ。いちごは季節限定だが、定番メニューのバナナソフトなどもある。
noimage
M/HOUSE(エムハウス)
アーバンリゾートがコンセプトの、非日常空間が味わえる店。店内は天井高くゆったり。2階は個室・半個室となっている。特注のブリオッシュで作るフレンチトーストが名物。そのフレンチトーストが付くブランチメニュー、多国籍なディナーメニューが人気だが、季節替わりのアフタヌーンティもおすすめ。華やかで品数が多く、セイボリーも充実。かつ、看板のフレンチトーストも限定アレンジで付いてくるので、至れり尽くせりといった内容だ。
noimage
珈琲日記
自家焙煎珈琲のいただける喫茶店だが、店主は紅茶にも詳しい。趣のある店内はゆったりしつつ、感染対策も万全だ。2022年2月現在は、1組2名まで予約優先制となっており、事前にネット予約しておくのがおすすめ。人気のフルーツサンドも事前予約制なので、席と一緒に予約すると良い。逆にいちごサンドは予約不可で先着順の数量限定となっている。他にも、銅板で焼くシンプルなホットケーキや、エッジの効いた和三盆焼きプリンもおすすめだ。
noimage
ダイワ中目黒
愛知県岡崎市で知らない人はいないと言われるフルーツサンドの名店「ダイワ」が中目黒後にオープン。毎日、市場に出向いて毎日のように仕入れた新鮮なフルーツを惜しげもなく使ったフルーツサンドが老若男女を問わず心を打つ!
noimage
ツドイサンド
「多くの人がこの場に集えるように」との願いをこめ、この屋号に。松戸周辺の野菜をなるべく使い、松戸市小金井のベーカリーモールのパンで挟んだサンドイッチは、どれもボリューミー! フルーツサンドをふくめ、常時10数種がそろう。
noimage
ogicafe(オギカフェ)
西荻在住のオーナーが2018年にオープンしたカフェ。看板メニューのフルーツサンドは国産の果物にこだわり、旬のものを使って1つずつ丁寧に手作りしている。ほかにも、季節のフルーツを使ったスイーツやドリンクなどを提供。
noimage
禁断果実
フルーツサンドとホットサンドが人気のカフェ。テラス席もあり、店内はシックでゆったりとしている。メニューにも使われる店名の“禁断果実”とはりんごのこと。看板のフルーツサンドは各フルーツによってクリームやトッピングも変わり、パンも含めて三位一体の絶妙な味わい。一方のホットサンドにも“禁断果実”の名があるが、りんごと豚バラの調和が素晴らしく、こちらもおすすめだ。
noimage
KIELO COFFEE(キエロ コーヒー)
フルーツサンドが人気の、北欧スタイルのカフェ。「KIELO」とはフィンランド語でスズラン。フィンランドの国花でもあり、花言葉の「再び幸せが訪れる」から、一杯のコーヒーで幸せの花を咲かせたいと名付けられた。北欧家具をアクセントに据えた居心地抜群の店内は、実際のフィンランド家庭をモデルにしている。フルーツサンドの断面は美しく、甘さ控えめのクリームやパンとフルーツの相性も素晴らしい。また、コーヒーのお供にぴったりのベイクドチーズケーキもおすすめ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ