スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 全国 台湾 台北
73〜96件(全638件)
noimage
東奔西走(トーホーセーソー)
毎日店で作るうどんの麺は、加水の妙でのびやかな食感。梅豚みぞれうどんなど、かけで食べても抜群にうまい。夜はおでんなどを扱ううどん酒場として営業している。
noimage
素揚げ酒場 パリパリ
2017年の開店ながら、古きよき酒場の雰囲気を上手にブレンド。お酒の提供方法でおもしろいのがどぶ漬けだ。カウンター前に置かれた氷冷ボックスから、客が自由に選んだ割り材で宝焼酎を割れば、自分好みのチューハイに!
noimage
びあマ
北千住の業務用酒販店がクラフトビールの奥深き世界を広めたいと始めたこともあり、扱うその数は1000種、40カ国以上。日替わりのタップリスト10種から選ぶも良し、冷蔵庫からジャケ買いして角打ちで飲むのもまた楽し。
noimage
もつ焼き やまぴー
店主は北千住の名店『加賀屋』で修業。カシラとハラミを串打ちしたスタミナはステーキのような圧倒的肉感。ホルモン(シロ)は激辛で、これ一本で生中一杯いけそう。
noimage
酒呑倶楽部アタル
品書きのポテサラやカウンターの煮込み鍋で大衆酒場の空気を感じさせつつ、ポテサラにはカレー粉やたくあんがたっぷりのるなど新たな試みも。名物の蒸しつくねは、ふき味噌とお餅を使うなどおいしいアイデアが炸裂!
noimage
播州酒場 うぶ(ばんしゅうさかば うぶ)
高円寺駅北口の中通り商店街にある『播州酒場 うぶ』。淡路島の玉ねぎや播州百日鶏など、兵庫県産の食材を中心としたおいしいものに出合える居酒屋さんだ。兵庫県産にこだわらず、居酒屋の定番メニューも充実。だれを誘って来てもみんなが満足できるお店だ。 
noimage
まんまる
オフィス街としても知られる池袋で20年以上人気を博している川魚問屋直営店うなぎ居酒屋。ランチタイムにはビッグサイズのウナギのかば焼きが乗った名物どんぶり『まんまる丼』が破格の1200円で食べられる!
noimage
コクテイル書房(こくているしょぼう)
高円寺から個性的なお店が立ち並ぶ「中通り商店街」にある、大正~昭和初期に建てられた木造の建物があまりにも似合う古本屋酒場『コクテイル書房』。本を読みながら酒を飲み、本を眺めながら酒を飲み本の話に花を咲かせる。まさに本好きにとっての理想の空間。その落ち着いた空間は、時に流れを忘れさえ忘れてしまいそうだ。
noimage
区民酒場 左利き(くみんさかば ひだりきき)
JR高円寺駅北口から約2分の路地に現れる、温かい光を放つ大衆居酒屋。常備される日本酒はなんと50種類。「1時間利き酒し放題」もあって、日本酒好きにはたまらないお店。そして酒の肴の充実度もすごい。刺し身はもちろん、魚メニューはどれも手の込んだ料理なれど、毎日楽しめるリーズナブルな価格で大満足。
noimage
山形料理と地酒 まら(やまがたりょうりとじざけ まら)
高円寺駅南口から徒歩3分。食文化が豊かな山形の、郷土料理と地酒が楽しめる。看板メニューの芋煮や玉こんにゃくをはじめ、米沢牛や山形豚のステーキなどもあり、調味料に至るまで山形産にこだわる。また、地酒は常時20種以上あり、味わいも幅広く取りそろえる。
noimage
炭火家おだづもっこ(すみびやおだづもっこ)
高円寺駅から芸術会館通りを進み、環七通りを越えてすぐの『炭火家おだづもっこ』。2013年8月12日創業、宮城の地酒や気仙沼港直送の魚、ご当地グルメ気仙沼ホルモンが都内でいただける貴重な居酒屋。鮮度抜群の炭火焼鳥に、気仙沼の塩辛焼きそばがおすすめ。
noimage
秋葉原漁港 快海(あきはばらぎょこう かいかい)
魚を知り尽くしたオーナーがプロの目で仕入れた鮮魚を毎日店で仕込んで提供している『秋葉原漁港 快海』。ランチのみで味わえる特選海鮮丼は、生にこだわった圧巻の豪華さだ。不定期に数量限定で提供される裏メニュー情報は、公式Twitterをチェックしよう。
noimage
Bar Pálinka
ハンガリーの蒸留酒「パーリンカ」200種を揃える専門バー。ストレートはもちろん、トニック割りや季節のフレッシュフルーツのカクテルでも提供している。
noimage
BAR 燐光(バー りんこう)
神楽坂『BAR 鎹(かすがい)』出身のバーテンダー、山谷頼子さんが2019年4月に開いた店。カクテルは、アルコール度数が高くとも「やさしさと柔らかさ」を重視した味わいだ。
noimage
SAKEbar 古風路(サケバー こふろ)
「広島の酒と酒蔵の魅力を伝えたい」と、同県出身の代表・國村周平さんが2019年12月に開業。酒肴も牡蠣をはじめ地元産にこだわり、着々とファンが増加中だ。
noimage
CHILL Kagurazaka(チル カグラザカ)
ワイングラスでいただく冷酒から、燗に適した骨太な酒まで揃う日本酒党垂涎(すいぜん)の酒場。店主の北澤善弘さんが、自身の金科玉条で選んだ酒60種類以上を提供している。
noimage
NODO(ノード)
イタリア北東部にあるフリウリ・ベネチア・ジュリア州の郷土料理を、自然派ワインと共に堪能できる店。店内には、オーナーソムリエの及川さんが訪れたワイナリーの写真が並ぶ。
noimage
日本酒 ほろよい党 目黒(にほんばし ほろよいとう めぐろ)
お客さん同士の距離が近く、アットホームな雰囲気がウリで、「酒飲みのための大衆居酒屋」がお店のコンセプト。常時16種ほど揃えている日本酒は、1合420円〜という、かなりリーズナブルな価格で楽しめる。本日のお刺身3種盛りも、豊洲市場の仲卸が目利きした魚というだけあって、新鮮で味が濃く質が高い。 
noimage
原始焼 二代目 魚々子(げんしやき にだいめ ななこ)
「刺し身で食べておいしい魚は焼いても旨いんです」と、熟練の焼き技で魚の持ち味を増幅。焼き上がりを待つ間、燻製ポテトサラダをつまみながら日本酒をちびちびやるのが定番だ。
noimage
こころむすび
日本酒の銘柄はスッキリ系からお燗で旨い濃醇タイプまで約40種類。店主が築地で目利きし、食べごろを見極めて出す鮮魚のいい刺し身や炭火でじっくり焼く天然穴子の一夜干しなど、日本酒のためにあるような肴が豊富だ。
noimage
ワイン屋 西新宿店
マネージャー青野修平さんのおすすめは、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランとオーストラリアのシラーズ。地道に開拓してきた小規模ワイナリーや試験的に提供しているものなど手に入りにくい銘柄が出ることも。
noimage
ばくらいワインダイニング
4000円台で2人がおいしいと満足できるワインをベストテンで紹介。「ワインがいっぱいある居酒屋」として気ままに利用できる。手描きメニューが壁一面に貼られ、思いつかないような食材の組み合わせに圧倒される。
noimage
角打ち 三益の隣
70年以上の歴史をもつ『三益酒店』の角打ち。2代目・東海林孝生さんが惚れこんだ〆張鶴から、長女で3代目の美保さんが蔵元へ足しげく通い仕入れを実現した冩楽(しゃらく)まで地酒の品揃えは言わずもがな。
noimage
闇市
老舗の豚肉専門業者から仕入れるもつは、どれも新鮮。バラなら香ばしく焼けた味噌と脂の甘みが好相性、照りのあるたれをまとうシロは特殊な方法で下ゆでしており、外カリ・中トロだ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ