1. HOME
  2. 東京都
  3. 浅草橋・蔵前

浅草橋・蔵前の記事一覧

1〜10件(全13件)
見目麗しくてひんやり冷たい東京の涼スイーツ21選。うっとりしながら極楽へ直行です!
炎天下、沸騰寸前の体にはピンポイント冷却が一番。ひやっこい甘みで、うだるような夏の暑さを吹き飛ばそうではないか。自慢の涼スイーツを提供する東京12店と横浜1店をご案内! 涼スイーツといっても、かき氷、アイス、和甘味など、多種多彩でいろどりみどり。見目麗しく涼やかなるスイーツを求めてあの街へ!
東京都内の和のギフト。絶対に喜ばれるお茶とあんこのとっておき11選。季節の贈りものにもぴったりです!
季節の贈りものやお返しをする機会に、にっこり笑顔になるような品々はいかがでしょう?  そのもの単品でもよし。お茶とあんこを組み合わせるもよし。お中元やお歳暮にも良いかも。色々な人の好みに合うような11品を集めてみました!
浅草橋駅からはじめる浅草橋・蔵前散歩 〜時代劇にもよく出てくる、筋金入りの職人の街〜
スタート:JR総武線・地下鉄浅草線浅草橋駅ー(9分/0.6㎞)→日本文具資料館ー(7分/0.5㎞)→袋物参考館ー(6分/0.4㎞)→榊神社ー(3分/0.2㎞)→隅田川テラスー(15分/1.0㎞)→浅草御蔵前書房ー(2分/0.1㎞)→蔵前神社ー(5分/0.3㎞)→MESSAGEー(9分/0.6㎞)→鳥越神社ー(3分/0.2㎞)→鳥越おかず横丁ー(12分/0.8㎞)→ゴール:地下鉄大江戸線・つくばエクスプレス新御徒町駅今回のコース◆約4.7㎞/約1時間10分/約6300歩
散歩の途中に寄りたい東京の小さなミュージアム&ギャラリー11選。でも、置いてあるのは一流品!
アートは「ありがたく鑑賞する」ものでしょうか? 断じて否。それじゃ肩が凝ってしかたないでしょ。散歩の途中に「こんないいとこ見つけちゃった」ぐらいの気持ちで優れた作品に触れられるミュージアムとギャラリーをご紹介。誰でも気軽に、のびのびと鑑賞できちゃいます!
三越前駅からはじめる日本橋・人形町・蔵前さんぽ〜新旧の見どころを訪ねる温故知新の街歩きコース
五街道の基点・日本橋、日本の百貨店の祖・三越、日本の経済を垣間見られる東証アローズ。この街は今も昔も日本の顔。安産祈願の水天宮から甘酒横丁の老舗を訪ね、蔵前へ足をのばせば、古い街の中で新しいムーブメントが起こっているのがわかる。
おみやげやギフトにも!イメージを一新する新時代日本茶専門店
古くから日本人の生活の一部として親しまれてきた日本茶だが、時代の流れとともに、茶葉からお茶を淹れる習慣は薄れつつある。そのような状況のなか、“日本茶の新しい可能性”を伝えようと、さまざまな立場からオリジナリティあふれる挑戦を行う日本茶専門店が存在する。それは各店が販売するお茶のパッケージにも表れており、趣向を凝らしたデザインは思わず誰かに贈りたくなるようなものばかり。東京土産の新たな選択肢の一つに加えたくなる、味も見た目も◎な日本茶を紹介する。
幼なじみが作るお茶を届けたい! 東京・蔵前『NAKAMURA TEA LIFE STORE(ナカムラ ティー ライフ ス...
浅草のすぐ近くに位置する蔵前は、古くから職人の街として栄えてきた。近年では、若いクリエイターや店のオーナーらが蔵前に続々と拠点を置き、新たな風を吹き込んでいる。そんな盛り上がりを見せるこの街に2015年、静岡県藤枝市から、地元のお茶を紹介したいと一人の若者が専門店をオープンした。その名も『NAKAMURA TEA LIFE STORE』。2020年に6年目を迎え、着実に進化を遂げている。
日本酒ツウを唸らせる! レア酒に出合える東京の蔵元直営店と角打ち
東京にいながら酒蔵直送の日本酒を飲める場所がある。本醸造から大吟醸、季節酒、レア酒だって勢ぞろい! 時季になれば、搾りたてやひやおろしだって入荷している。郷土料理と合わせて一杯やりたい派は迷わず蔵元直営店へ。地酒とご当地グルメのペアリングはまた格別。手軽に一杯ひっかけたい派は角打ちしかないだろう。角打ちは酒屋の一角でお酒が飲める、酒好きの聖地。今宵は酒三昧と参りやしょうぞ。
今日一日をいい気分で始めるために。グッドモーニングコーヒーを求めて【朝を歩こう】
朝の一杯は重要だ。丁寧に淹れられたコーヒーがあれば、どうってことない一日がとびきりな一日に早変わりするから。深呼吸すると、いい香りが胸いっぱいに広がる!
問屋街散策の合間に味わいたい浅草橋のランチ3選
人形などの問屋街として知られた浅草橋。今も昔ながらの店構えが残り、街全体にある懐かしい雰囲気に、ついつい散歩したくなってしまう。そんな浅草橋散策の合間にぜひ訪れてほしい、おすすめのランチのお店を紹介する。

浅草橋・蔵前のスポット一覧

1〜12件(全26件)
港家(みなとや)
日中は静かな鳥越おかず横丁で、午後3時を回ると大騒ぎになるかき氷が人気の店。和菓子店三代目が作る自慢の餡や白玉入りも大人...
日本文具資料館(にほんぶんぐしりょうかん)
筆、硯、鉛筆、万年筆などの筆記具を中心に、計算機や印章など古今の文具を展示する。国産第一号の鉛筆ともいわれる徳川家康や伊...
隅田川テラス(すみだがわテラス)
隅田川テラスは隅田川上流部の新神谷橋から下流部の勝鬨橋にいたる両岸約47㎞のうち、約28㎞の区間で整備が進む水辺空間。幕...
榊神社(さかきじんじゃ)
明治以前は神仏混交で、仏教でいう地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天界の六道を祀っていた。明治の神仏分離で榊神社と...
蔵前神社
元禄6年(1693)、徳川5代将軍綱吉が京都の石清水八幡宮を勧請したのが始まり。江戸時代には勧進大相撲が開催された地で、...
袋物参考館(ふくろものさんこうかん)
バッグメーカーのプリンセストラヤ内に併設された博物館。益子焼の人間国宝・濱田庄司とも親交があり、濱田の助言もあって袋物に...
MESSAGE(メッセージ)
昭和22年(1947)創業のバッグメーカー。看板商品の「街歩きリュック」2万7500円〜は、手仕事と素材の牛革にこだわり...
lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)
ここは、昭和初期に人気を博した芸者歌手 ・市丸が生活していたところ。現在はギャラリー、カフェとして営業中だ。企画展は陶器...
TROIS CUIT ASANUMA(トロワ キュイ アサヌマ)
コンセプトの異なる飲食店が入ったビルの3階。大きな窓一面に隅田川を望める。ランチはこだわりのパスタとカレー、夜は仕入れた...
浅草御蔵前書房(あさくさおくらまえしょぼう)
江戸幕府の資料をはじめ、古文書・和本・草稿・書籍・雑誌・錦絵・版画などを扱う古書店。特に相撲関連は充実。
Nui.HOSTEL & BAR LOUNGE(ぬいほすてるあんどばーらうんじ)
玩具会社の倉庫を改装した店は、木をふんだんに使った開放感のある空間。日中はカフェラテ500円でティーブレイク、夕方からバ...
ペリカンカフェ
昭和17年(1942)創業の老舗ベーカリー『パンのペリカン』が平成29年に開いたカフェ。自社工房で作るパンを使った炭焼き...
PAGE TOP PAGE TOP