とん八

ニンニク炸裂の十条ソウルフード

からし焼800円、ライス中200円、みそ汁100円、お新香250円。ライスは、少々~大まで用意。酒の締めにライス少々という通客も。

看板は元祖からし焼。辛いもの好きの先代が作ったまかないに客がそそられ、以来、店のヒットメニューとなった。「最初はとんかつ屋だったんですけどね」と、2代目の伊藤尚人さんは笑う。ラードで豚バラ肉をあおり、すりおろしニンニクやショウガ、唐辛子で味を整えたからし焼は、タレに絡めた一丁の絹豆腐とともに、皿にてんこ盛り。甘みの奥から鮮烈な辛味が押し寄せて、汗が噴き出してくる。風邪も一撃の威力に、誰もが心を鷲(わし)づかみにされる。

火柱を上げて鍋をあおる伊藤さん。
リニューアルしたが、1964年より営む。

『とん八』店舗詳細

住所:東京都北区東十条3-17-9/営業時間:11:30~14:00・17:00~20:00/定休日:木/アクセス:JR京浜東北線東十条駅から徒歩1分

みのや

拝みたくなるとんかつ定食

ロースとんかつ定食は驚愕の600円!キャベツを直前に投入して甘みと食感を醸す豚汁付きだ。とんかつのお持ち帰り率も高い。

1960年よりとんかつ界の価格破壊を牽引。1日平均200食は出る人気筆頭がロースとんかつだ。「仕入先にも協力してもらっているから、できるんです」と、2代目店主の原敏郎さんは控えめに話すが、その分厚さには誰もが感嘆。冷めても柔らかな肉質を保つカナダ産三元豚の肉塊を、ていねいに掃除してから切り分ける。常に新しいラードを注ぎ足して揚げるため、甘みとコクはあれど、しつこさなんてない。地元の人が「十条の宝」と口にするのも納得。

昼時は並ぶことも。
初代女将の原チヨさんと2代目の敏郎さん。3代目も店に立つ。

『みのや』店舗詳細

住所:東京都北区中十条3-17-4 /営業時間:11:00~14:00・17:00~22:00 (昼夜ともに売り切れ次第終了)/定休日:日/アクセス:JR京浜東北線東十条駅から徒歩1分

竹山食堂

笑顔満載のいぶし銀な味

ハンバーグ定食(帝国ホテル風)850円。

壁に並ぶお品書きで、いきなり迷いの森。でもまずは、人気のハンバーグ定食に手を出すべし。2代目店主の竹山正義さんは、帝国ホテルの総料理長だった故村上信夫氏に薫陶を受けていて、「ハンバーグの焼き方がうまいって褒められてね。お世辞でもうれしくて、帝国ホテル風って黒板に書いちゃった」と、ちゃめっ気たっぷり。豚ひき肉に生のタマネギを加えたのは甘みを抑えるため。ふんわり柔らかく、目玉焼きとともに頬張れば口福実感。

創業70年以上。ひと晩寝かせて、ふんわりしっとり味が染みたさばの味噌煮定食700円も人気。
村上さんが講師を務めた料理学校で西洋料理を覚えた2代目の竹山さん。

『竹山食堂』店舗詳細

住所:東京都北区赤羽西1-29-6/営業時間:11:00~22:30ごろ/定休日:金/アクセス:JR赤羽駅から徒歩6分

構成=フラップネクスト 取材・文=佐藤さゆり(teamまめ) 撮影=山出高士

紹介スポットをマップで見る