錦糸町・亀戸・大島・両国の記事一覧

1〜10件(全69件)
noimage
地域に愛されるラーメン屋さんでありたい!『錦糸町中華そばさん式』の新しくて、地に足の着いた一杯。
JR総武線沿いきっての繁華街でディープな雰囲気がある錦糸町駅南口から徒歩9分。暖かく光る白い看板に達筆の『さん式』の文字。『さん式(さんしょく)』の店名には「朝昼晩いつでも食べたくなる。どのタイミングでも飽きずに食べられるラーメンを作る」という店主の気概が込められいる。シンプルかつクールジャパンを連想させる外観の同店を発見。さっそく暖簾(のれん)をくぐっていく。入り口に入ってすぐに左側にある機械で今回筆者は、烏賊背脂煮干中華そば880円の食券を購入した。
noimage
錦糸町『家系 武の極み』。濃厚豚骨ラーメンにごはん無料で大満足!さらに朝ラーは500円。通いたくなるラーメン店
錦糸町駅北口から徒歩2分の北斎通り沿い、家系ラーメン武蔵家の熱意と情熱を感じる真っ赤な看板のラーメン屋がある。コロナ禍の苦境を乗り越え2023年で4年目を迎える『家系 武の極み』だ。取材中、入れ替わり立ち替わり訪れるお客さんの多さに『家系 武の極み』の間違いない美味さを感じる。店内に貼られたお客さんとの写真やお客さんと親しげに話す店長。常連のお客さんが目立つ『家系 武の極み』の人気の秘密を紹介する。
noimage
錦糸町『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』野菜たっぷりタンメンとずっしり餃子のタンギョウセット!
錦糸町駅北口から徒歩2分のところに、江東区で地元に愛されている中華屋さん『來々軒』の味を引き継いだラーメン屋がある。タンメン専門の『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』である。お腹を空かせて行ったはずなのに食べ切れるか不安でドキドキしてしまうほど、野菜たっぷりなタンメンを提供してくれるお店だ。今回はそんな『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』の野菜不足が気になる方にぜひ食べてほしい1杯を紹介する。
noimage
錦糸町でおすすめのラーメン5選。あっさり系からこってり濃厚系まで
錦糸町には、お店の工夫が凝らされた他では味わえないラーメンが多数!真鯛や鴨の魅力を堪能できるお店や、変わった〆を楽しめるお店、濃厚な煮干しラーメンや本格派の博多ラーメンを楽しめるお店など、おすすめのお店を5つ厳選してご紹介。
noimage
錦糸町『双麺』。大量の煮干しで作られた“究極”の醤油ラーメン
錦糸町駅北口から徒歩3分、まるで自由が丘にありそうなお洒落な外観のラーメン屋がある。2022年で12年目を迎え、先日リニューアルオープンした『双麺』だ。週7日通うファンもいるという中毒性の高いラーメン屋だが、『双麺』が客の胃袋を鷲掴みにして離さないのは「味」だけではない。今回はその秘密を紹介する。
noimage
豚骨好きにはたまらない!錦糸町『とんこつラーメン よかろうもん』で本格的な博多ラーメンを
錦糸町駅、両国駅、菊川駅それぞれから徒歩約10分。濃厚な豚骨の匂いを漂わせている「とんこつラーメン よかろうもん」がある。とんこつスープの材料であるげんこつ(豚骨)は、厳選した九州産のものを使用しており3日間煮込んでいるのが特徴。野菜などを使用せず、げんこつのみで作ったスープは濃厚で本格的な博多ラーメンを楽しめること間違いなし!
noimage
錦糸町『らーめん一途』。ピリッと甘辛い醬油ベースの鶏がら醬油ラーメン
JR錦糸町駅北口をでて徒歩2分。一つ路地に入ったところに『らーめん一途』がある。ラーメンとつけ麵があり、鶏がら醬油ベースのスープは病みつきになること間違いなし!好みによって麵の硬さ・背脂の量・一味の量・味の濃さなど調整できるため気軽に注文してみよう。
noimage
錦糸町『真鯛らーめん 麺魚 本店』鯛と水のみでできたスープは金額以上の満足の一杯
鯛の絵と黒地にゴールドの文字の看板が目を引く『真鯛らーめん 麺魚 本店』。錦糸町駅から徒歩6分のところにある同店は、真鯛の骨を100%使用し、鯛と水のみでできたスープが唯一無二の味わいだと人気のラーメン店。今回は、真鯛ラーメンと雑炊がセットになった店主おすすめメニューをいただいた。上品でいて、しかし真鯛の香ばしさと味わいがストレートに感じられるスープには、筆者も驚かされた。
noimage
錦糸町『黄金湯』は、お風呂・サウナ・ビール・音楽で繋がる、次世代型の銭湯コミュニティが楽しめる
外観は一見、おしゃれなギャラリーのようにも見える。しかしここは、昭和初期から続く銭湯。2020年のリニューアルで、3種類の湯温が楽しめるお風呂や本格的なサウナが完成し、古くから足を運ぶ地元の常連さんにも、サウナーにも人気となってる錦糸町の『黄金湯』。人を緩やかにつなげるコミュニティとしての特性がさらに高まった銭湯は、令和の時代に新たな意味を持ち始めている。
noimage
背脂を贅沢に使ったチャッチャ系ラーメンの名店!『こってりらーめん なりたけ 錦糸町店』
JR錦糸町駅北口を出て徒歩2分、オレンジの看板が目印の『こってりらーめん なりたけ 錦糸町店』がある。2022年12月時点で12年の歴史があるこの店舗は、錦糸町を訪れる人に長く愛されてきたチャッチャ系ラーメンの名店だ。主力の濃厚背脂らーめんは、醤油らーめん800円と味噌らーめん850円の2種類。

錦糸町・亀戸・大島・両国のスポット一覧

1〜12件(全103件)
noimage
錦糸町中華そばさん式(きんしちょうちゅうかそば さんしょく)
錦糸町駅から徒歩9分にあり、TRYラーメン大賞にて受賞歴をもつ『錦糸町中華そばさん式』。同店の人気の一品は、烏賊背脂煮干し中華そば880円だ。スープは烏賊の煮干しのうま味がどっと押し寄せて、中細のちぢれ麺にも良く絡まり、箸が止まらない。玉ねぎとゆずのトッピングがアクセントで、ドはまり間違いなし。クセになるスープは今までのラーメンの概念をぶち壊してくれる一杯だ。
noimage
家系 武の極み(いえけい ぶのきわみ)
『家系 武の極み』は錦糸町駅北口から徒歩2分、真っ赤な看板が目印の家系ラーメン店。豚骨・鶏ガラ・鶏油・背ガラ・ゲンコツをじっくり煮込んだ濃厚なスープが魅力だ。ごはん無料でたっぷり食べられるボリューム感もさることながら、500円の朝ラーを求めて土・日の朝8時からは行列ができるほどの人気店だ。
noimage
タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店(たんめんしゃきしゃき きんしちょうほんてん)
錦糸町駅北口から徒歩2分、大きく掲げられた「タンメンしゃきしゃき」の旗が目印の『タンメンしゃきしゃき 錦糸町本店』。ラーメンも餃子も野菜が盛り盛りなタンギョウセットは、食べ応えばっちり!
noimage
双麺(そうめん)
2022年にリニューアルオープンした『双麺』。代表メニューの双麺らーめん醤油800円は、一口スープを飲むと、キリっとした醤油の風味とともに濃厚な煮干しの香りが押し寄せる。数時間じっくりと煮込んだ煮干しは、なんと一番出汁といわれる部分のみを使用しているのだそう。スープだけではなく、特注麺のツルっとした口当たりとパツパツとした食感にも注目だ。
noimage
とんこつラーメン よかろうもん
とんこつスープの原料には、九州産のげんこつ(豚骨)を一頭丸々使用。3日間煮込んでできたスープは、飲んだ瞬間にとんこつの旨味が口いっぱいに広がる。スープだけでなく、麺やトッピングの高菜も九州産という、店主の博多ラーメンへの情熱を感じられる一杯だ。
noimage
らーめん一途(らーめんいちず)
JR錦糸町駅北口から徒歩2分にある『らーめん一途』。好みによって麵の硬さ・背脂の量・一味の量・味の濃さなど調整できるラーメンとつけ麵があり、鶏がら醬油ベースとしたスープは絶品。清潔感があり落ち着いた雰囲気で女性でも入りやすい。
noimage
真鯛らーめん 麺魚 本店(まだいらーめん めんぎょ ほんてん)
その日に仕入れた新鮮な真鯛の骨を100%使用し、鯛と水のみで作ったスープが人気の錦糸町のラーメン店。数々の賞も受賞しており、その美味しさは証明済みだ。人気メニューは真鯛らーめん雑炊セット1150円。真鯛のスープをかけてたべる雑炊も絶品。
noimage
こってりらーめん なりたけ 錦糸町店(こってりらーめん なりたけ きんしちょうてん)
チャッチャ系ラーメンの名店。1996年に1号店を千葉にオープンしたのち、現在はパリにまで店舗を構えている。錦糸町店は東京の1号店。主力メニューは豚の背脂を使った濃厚背脂ラーメン。醤油らーめん800円と味噌らーめん850円の2種類から選べる。
noimage
船橋屋 亀戸天神前本店
文化2年(1805)創業で、亀戸天神社の参拝客が好んで食べたという「くず餅」の元祖。乳酸発酵させたくず餅は体に良く、大豆や黒糖の素材の味を生かしたきな粉と蜜は、やさしい甘さ。イートイン750円。喫茶スペースはリニューアルされて居心地も良い。本店のイートイン限定の豆くず餅や、期間限定品も登場する白玉しるこ(くず餅付き)も至福の美味しさだ。
noimage
珈琲道場 侍
生家が合気道の道場だったオーナーが武道の精神を接客に活かそうと、1978年に創業。ロッキングチェアの揺れに身を任せていると、普段なら難しく思える本もすんなり読めてしまう。フルーツたっぷりの固めの自家製プリンは、コーヒーにも良く合う味で絶品。トーストもバリエーションが多くておすすめだ。
noimage
麺屋 りゅう(めんや りゅう)
錦糸町駅北口を出て押上方面へ歩くこと約7分。『麺屋 りゅう』は唯一無二のつけ麺が売りのらーめん店だ。鶏、豚、魚の中骨に加え、トマトやカボチャ、ナッツが入っているというスープは、つけ麺には珍しいサラサラとした見た目。一口いただくと、あっさりしているようにも思えるが、次第に濃厚さも感じられる何系とも形容しがたい新感覚の味わいに驚かされる。
noimage
喫茶 東京郊外
2022年5月オープンの喫茶店。内装も1から作り上げたという新規のお店でありながら、懐かしい王道喫茶の雰囲気もあり居心地が良い。メニューのオムライスやプリン、メロンソーダなども、古き良き王道喫茶店を感じさせる。見た目の美しさと間違いのない美味しさのバランスも最高だ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ