スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全24件)
noimage
BAR Dram Beg
スコッチ、薬草酒、リキュールに頼らず旬のフルーツでつくるカクテルに力を入れるバー。Bowers & Wilkinsのスピーカーから流れるレコードの音がいっそう心を緩ませる。
noimage
COCKTAIL WORKS 神保町
約200種のクラフトジンとフレッシュフルーツやハーブのミクソロジーカクテル、カジュアルイタリアンを堪能できる店。クラフトジンには、季節にあったフルーツとサラダを合わせるのがおすすめだ。
noimage
Bar Pálinka
ハンガリーの蒸留酒「パーリンカ」200種を揃える専門バー。ストレートはもちろん、トニック割りや季節のフレッシュフルーツのカクテルでも提供している。
noimage
BAR 燐光(バー りんこう)
神楽坂『BAR 鎹(かすがい)』出身のバーテンダー、山谷頼子さんが2019年4月に開いた店。カクテルは、アルコール度数が高くとも「やさしさと柔らかさ」を重視した味わいだ。
noimage
Bar長谷川
銀座『ロックフィッシュ』など名店で経験を積んだ長谷川森人さんが、根津の住宅地に開いたバー。初めて訪れても心地よい時間を過ごせるよう、美味しいお酒とアットホームな接客でもてなしてくれる。氷のないハイボールや、ジントニックなどシンプルなカクテルがおすすめ。
noimage
銀座300BAR 5丁目店
オープンは1992年と古く、「日本最古のスタンディングバー」とも呼ぶ人もいる。ドリンクもフードも基本330円とリーズナブルなのに、カクテルは無農薬ハーブを使うなど本格的。
noimage
BAR CLAPTON
店内にはクラプトンが愛用するストラトキャスターやマーティンのアコースティック・ギターが飾られ、日によってはお客さんが手にしてセッションが繰り広げられる。カクテルや店主の母が手作りする日替わりのお通しも人気。
noimage
カクテルバー メリデ
マスターの高木敏隆さんが「バーテンなんて暇なもんでね、いつもこんな遊びしているの」と語りはじめると、特技の手品を披露してくれる。鮮やかな手並みはもちろん、時折はさむ酒のうんちくも面白い。
noimage
TIGRATO(ティグラート)
こだわりのカクテル、コーヒー、ジェラートが楽しめる。店主の高宮裕輔さんは、数々のコンペティションで受賞歴を持つトップバーテンダー。バーの敷居を下げる新しいスタイルの飲食店で、おすすめのコーヒーカクテルをぜひ(ノンアルコールあり)。
noimage
K5(ケーファイブ)
大正時代の建物をリノベーションした複合施設。「都市における自然との共存」がテーマの地下1階・地上4階に、ホテルと飲食店が入る。全20室の客室にはレコードプレーヤーと書籍、植栽が。スタンダードの「K5 Room」(定員2名)はサービス料込約4万円~。宿泊はもちろん、朝昼晩のリフレッシュに訪れるのもおすすめだ。
noimage
やまと屋
大衆酒場好きの心をつかむ大衆酒場。広い間口、長さ二間ののれんの奥から、中の活気が外まで伝わる。酒は三冷ホッピー440円に下町ハイボールやホイス各418円まである。ニンニク醤油が癖になるハラミや豚モツ焼きなどとの相性は絶妙だ。
noimage
BAR MONROE(ばー もんろー)
アメリカ禁酒法時代に看板を出さすに営業していたバー、通称スピークイージーをイメージ。店主がファンであるマリリン・モンローのポスターやイラストがさまざまな所に飾られている。世界のバーを旅してヒントを得たという、オリジナルのカクテルにも注目したい。
noimage
CUNTER BAR Life(かうんたー ばー らいふ)
オープンは昭和63年(1988)。自称「赤羽で2番目に古いバー」。前身は店主の母が経営するスナックだった。小さな飲み屋がひしめくOK横丁の一番奥にあり、店頭の灯りはいつも消えている。常連さんが多いが、一見さんでもすんなり溶け込める不思議な魅力を持ったバー。チャージは500円。
noimage
Bar RR(ばー だぶるあーる)
赤羽の住宅街にある一軒家バー。さまざまな種類のシガー(葉巻)を常備し、初心者でも楽しめる。スコッチウイスキーやフレッシュフルーツを使ったカクテルもメニューに並ぶ。チャージ料金は500円。オーナーでバーテンダーの大山さんは、この道20年以上のベテラン。
noimage
Bar calma
2008年には日本バーテンダー協会による千葉カクテルコンペティションで総合グランプリに輝き、数々の賞を獲得してきた飯嶋裕樹さん。軽やかな手さばきにうっとりしながら、多彩なオリジナルカクテルでいい夢を見られる。
noimage
Bar TACT
新宿「ハイアットリージェンシー東京」のバーで経験を重ねたマスター。専属のシェフがスコットランドの伝統料理・ハギス 1320円や、ディナーコース5000円~など、しっかり手をかけた料理を提供する。
noimage
Bar Plat
「かしわウイスキーフォーラム」を主催する松本克敏さんがオーナーバーテンダーを務める。ぷらっと立ち寄れる小さな場所という意味を持つこの店のカウンターには、仕事を終えたバーテンダーが立ち寄ることも。
noimage
Bar TEZUKA
ふかふかの肘掛けに、革張りのソファ席。くつろげる設えと、丁寧で安心感のある接客が、飲み慣れた客をも引きつける。ゆったりした雰囲気に反し、カクテルは一筋の緊張感をたたえた絶妙なバランス。その妙技も魅力。
noimage
Bar Saki Shou(ばー さき しょう)
赤羽のはずれにあるバー。店主は脚本家を志しながら、高層ビルの窓拭きとして一人親方もしていた異色の経歴の持ち主。映画に関しても造詣が深く、会話を楽しめる。メインはウイスキー。高品質のウィスキーを適正価格で提供することを信条にした「ウイスキーフープ」という団体に加盟している。季節のフルーツを使ったオリジナルカクテルも楽しめる。
noimage
The SG Club
2018年6月にオープン。「Bacardi Legacy Cocktail Competition 2012」優勝、2019年には「Asia’s 50 Best Bars」の個人に対する最高賞「Altos Bartenders’ Bartender」を受賞。 “バーインダストリーで最も影響力ある100人”を定めるBar World 100に選出されるなど世界的バーテンダーの後閑信吾氏がバーテンダーを務める。
noimage
Draft Land(ドラフトランド)
調合済みのカクテルを樽詰めした「ドラフトカクテル」を提供する専門店。カウンター奥のレバーを下げると、生ビールのように注がれる。フルーツを生かした飲みやすいカクテルが揃う。
noimage
Fingal(ふぃんがる)
隠れ家的な雰囲気が心地よい、正統派ウイスキーバー。ウイスキー好きのオーナーバーテンダーがウイスキーはもちろん、化学の知識を駆使して極上のカクテルも提供してくれる。
noimage
歯車(はぐるま)
建物2階のウッディなドアを開けると、そこは暗がり。日が落ちる前からローソクの明かりで迎え入れてくれる。メニューはなし。好みを伝えてオリジナルカクテルをいただこう。
noimage
Bar 柿沼(バーかきぬま)
和モダンを基調としたシックな店内に、クラシックやジャズが流れる落ち着いた空間が広がる。スタンダードなカクテルをアレンジした珠玉のカクテルに魅了される女性客も多い。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ