スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
1〜24件(全72件)
noimage
深川宿(フカガワジュク)
江戸時代の郷土料理である深川めしを味わえる『深川宿』。深川めしは漁師飯として生まれ、アサリを使ったぶっかけ飯や炊き込みご飯として庶民に親しまれた。伝統的な味を堪能できる『深川宿』は先代の思いを受け継ぎ、今も多くの人に愛される人気店なのだ。
noimage
かまびす
清澄白河駅から徒歩8分、滋味深い料理と蒸留酒を堪能できる『かまびす』の店主・一場鉄平さんは、『虎ノ門蒸留所』で蒸留家として働いてもいる。料理もお酒もおいしくて値段のバランスがいいと思うお店を自分で作ろうと考えたのが、オープンのきっかけだという。料理担当の女将・もみさんは和食やビーガンの経験があるため、素材や調味料の使い方が実に繊細。鰤刺しのゆず胡椒風味おろし1300円や、なんこつソーキと発酵白菜の煮込み1200円などやさしい味の料理と、『虎ノ門蒸留所』のクラフトジンをぜひ味わってみて。
noimage
愛遊割烹 天竜(アユカッポウ テンリュウ)
清澄白河駅から徒歩3分ほどに位置する『愛遊割烹 天竜』は、2005年創業の鮎料理で有名な割烹料理屋だ。カジュアルな雰囲気の中本格割烹がいただけるランチタイムでは、刺し身、天ぷら、味噌汁、新香、ご飯がついた昼ご膳セット1600円が人気。脂が乗った艶やかな新鮮刺し身と、サクサク衣が堪らない天ぷらは、どれも食べ終えるのが惜しくなるおいしさ。6〜9月には夏季限定の鮎飯せいろセット1600円が楽しめるので、夏の来店時にはぜひ!
noimage
MAKIN(マーキン)
清澄白河の閑静な住宅地に佇むポップなグリーンの外観がかわいい『MAKIN』。店内の壁も鮮やかなグリーンに塗られていて、まるで南国のカフェのような内装。『MAKIN』はタイ人のシェフとその奥様が二人三脚で営むタイ料理レストラン。タイのチェンナイにあるカフェを意識した内装で食べる本格的なタイ料理は絶品。フレンドリーでホスピタリティ溢れる接客はまるで仲良しのお友達の家にいるかのような錯覚をもたらす。
noimage
3000日かけて完成した極上ハンバーガー Field(フィールド)
バックパッカーとして世界を回っていたオーナーがニューヨークで出会った衝撃のハンバーガーを再現しようと研究を重ね、8年の歳月をかけて辿り着いたハンバーガー。それをきっかけに店名を改めてリニューアルしたのが『3000日かけて完成した極上ハンバーガー Field』だ。東京都現代美術館の向かいという、清澄白河駅から徒歩で10分ほどかかる立地であっても、極上に魅せられた人たちで常ににぎわっている。
noimage
いちばん星(いちばんぼし)
清澄白河でリーズナブルながらおいしい料理を提供している『いちばん星』。食材にこだわり抜き、料理人として50年以上のキャリアを持つ店主の宮崎さんが腕を振るう料理はどれもが人気のあるメニューだ。なかでもおすすめはオムハヤシライスとポークソテー。初めて訪れた方は迷わず注文してみよう。
noimage
PARK STAND TOKYO(パークスタンドトウキョウ)
清澄白河駅から徒歩15分。木材と緑に囲まれた空間で、川を見下ろす空間では、食べ応えのあるアジアご飯が味わえる。ホームメイドのチャイラテやレモネードなどのドリンク、ずっしりとしたチーズの風味を感じるPSTバスクチーズケーキやシンプルな甘さのクラシックパンケーキなど、スイーツも。チルな空気を味わって、日々の疲れを癒やそう。
noimage
CAFE TANTON(カフェタントン)
清澄白河の閑静な住宅地にある『CAFE TANTON』はこのあたりではめずらしく店内も全てワンちゃんOK、子連れや赤ちゃん連れでも大丈夫というカフェだ。そして、カフェは多くてもお腹を満たせるお店が少ないという人たちのニーズにもこたえてドリンクだけでなく健康的でお腹にたまる料理も取り揃えている。ただ犬を繋いでおけるだけではなく、犬用の水やお食事も用意していて、テーブルの感覚はベビーカーが通れることを基準としている。犬のお散歩中や子どもが一緒でもくつろいでおいしい料理と飲み物を楽しめる。『CAFE TANTON』は、そんな地域のニーズにこたえたワンちゃんと子どもにやさしいカフェだ。 
noimage
尾張屋(オワリヤ)
プチトマトやブロッコリーなど変わり種のこだわり国産野菜を使用した天ぷらと、シンプルながら、だしの味の濃い、それでいて飽きの来ないそばを提供するそば屋さん。創業は昭和30年で、現在は3代目の店主がお店を営んでいる。
noimage
Le Delizie Del Mondo(レ・デリッツェ・デル・モンド)
清澄白河駅から徒歩6分の場所にあるこじんまりとしたイタリアンビストロ。魂を削理、食材にこだわりぬき料理をする店主の、自由でボーダレスなイタリアンを食べることができる。特に魚介を用いた料理は魚介の新鮮さをシンプルな味わいで楽しめ、どれも絶品。
noimage
CLANN BY THE RIVER(クランバイザリバー)
地域に根づいたカフェを目指し、地元のパン屋さんのパンや、地元のコーヒーショップのコーヒーを使用し、ローカルファーストを実現するお店。お店の目の前には隅田川の美しい景色と高い空が広がる。あさりの味の効いたクラムチャウダーは冬の冷えた身体に優しく染み込む。
noimage
FOLKWAYS BREWING(フォークウェイズ ブリューイング)
路地の奥に佇む、クラフトビールのタップルーム。スタイリッシュな店内は地元住民の憩いの場だ。4つの発酵タンクで仕込む自家製ビールは「何杯でもゴクゴク飲めてしまう味」。優しい飲み口が多いが、塩を用いるゴーゼやサワーエールの爽やかな酸味も特徴的だ。白カビサラミといぶりがっこなど、バーフードもある。
noimage
LUFF Flower & Plants WORKS
入口や1階は緑にあふれる園芸店。長持ちする花、根が丈夫な植物を扱うのを大前提としており、その上で珍しくおもしろいものが並ぶ。中でも極めつけは店主作の「放置植物」だ。瓶に土、植物を入れて水を与え、封印。二度と開けず観察する遊びで、2階には大小さまざまな放置植物の瓶が並ぶ。購入可能なので、自室でじっくり植物の世界の不思議に浸るのもいい。
noimage
理科室蒸留所
丸フラスコに入った水が1秒に1滴落ち、挽いた豆に浸透して6時間ほどかけて作られる水出しコーヒーが名物。豆はブラジルベースのブレンドを使用し、濃厚ながらもカフェインが少なくすっきり飲める。
noimage
MAKOO(マコ―)
サステナブルでハイセンスな革雑貨を販売。軽くて洗うこともできる「リサイクルレザー」の制品はどれもデザイン性が高く、老若男女が使える。
noimage
WOLK(ウォルク)
昔から各地の雑貨店を巡るのが趣味だったという無類の雑貨好きの店主・豊村昭子さんが営む店。「まずは自分の足元から」との思いで、日本の作家が日本の素材で作った品を多く取り扱っている。
noimage
ondo STAY&EXHIBITION(オンド ステイ アンド エキシビション)
大阪と東京を拠点に活動するデザイン会社が運営するギャラリー兼ショップ。絵を中心とした展示、自社で制作した作家とのコラボアイテムやセレクト商品の販売を行っている。
noimage
POTPURRI(ポトペリー)
岐阜県瑞浪市の窯元に約9年間勤めた岡見宏之さんによる同名ブランドの直営店。デザインから制作まで自社で行っており、岐阜や東京の工房で焼き上げている。
noimage
taverna Nome(タベルナ ノーメ)
店主の岩坂玄太郎さんが豊洲市場仕入れの魚介を軸に献立を決める。合わせるのは、三浦半島の農家から仕入れる味の濃い野菜で、素材の力を信じてシンプルに仕上げれば、魚の風味が上品で奥深い旨味に。
noimage
cafe & bar MEDIUM(カフェ アンド バー ミディアム)
オーナーが飲み屋として始めたが、 「前任のメキシコ人店長から一気にメキシコ化が進みました」と現店長。看板はブリトーボウルで、ジャークチキン、ワカモレソース、タコミートが満載で、思いの外やさしい味わいだ。
noimage
DRAGONFLY CRAFT BEER HALL(ドラゴンフライ クラフト ビア ホール)
オーナーは海外生活が長く、アメリカンクラフトビールに精通。おもにシエラネバダなど、老舗ブルワリーから輸入するビールは、希少品ばかりだ。各ビールの個性に合わせたグラスで提供するので、最高の状態で味わえる。
noimage
PITMANS(ピットマンズ)
オープンエアで飲める店。広々としたテラス席に座れば、目の前の隅田川を屋形船や商船が行き交い、夕暮れ時からはライトアップされた清洲橋やスカイツリーが目を和ませる。クラフトビールは東京や近郊ブルワリーを中心に8タップある。
noimage
Bliss cafe produced by RAMVIC(ブリス カフェ プロデュース バイ ランビック)
カフェやホテルに卸すOEMの工場。併設のカフェでは、直売所ならではの臨場感と共にできたての味を楽しめる。カヌレの食感やバターの風味を存分に堪能するには、焼きたてが店頭に並ぶ11時ごろが狙い目だ。
noimage
PÂTISSERIE OURS(パティスリー ウルス)
「食べたいもの」を愛情を込めて具現化した洋菓子店。国産の島レモンが主役のタルトは、焼き目をしっかりつけることでザクッとした歯応えに仕上げ、その香ばしさが素材の味を口の中いっぱいに押し広げる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ