スポットを探す

大阪府 和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
25〜48件(全72件)
noimage
EN VEDETTE(アン ヴデット)
進化し続けるフランス菓子の“今”を体験できる店。オーナーパティシエの森大祐さんが本場での修業経験を活かしつつも、自身も我が道を追求。店名を冠した一品では中華で使われる松の実をラムレーズンと合わせ、芳醇な香りを引き出している。
noimage
ワインショップ アンジュール
深川資料館通りに2021年4月にオープン。奥行きがある店内の壁一面にワインが並ぶ。生産国は限定せず、家飲みにちょうどいい2000円前後のものを中心にセレクトしている。
noimage
ほ志の
店主の星野さんは、表参道や青山の洋食店で修業を積み、父の寿司屋をフレンチ割烹としてリニューアル。酒のアテにぴったりの5品を豆皿に盛り合わせた晩酌セットなど、和洋折衷の食材を使った品の良いメニューが並ぶ。
noimage
カレと。Men
本格派カレーとラーメンの融合が楽しめる店。ターメリックライスとチーズが付くセットがおすすめで、食後には完熟バナナで作るSOYバナナジュースや福生の地ビール「TOKYO BLUES」もぜひ。
noimage
深川江戸資料館(ふかがわえどしりょうかん)
地下1階から地上2階の吹き抜け空間に、江戸時代末期(1840年頃)の深川佐賀町の町並みを想定復元した展示がメイン。長当時の人々の生活をリアルに感じられる。
noimage
清澄庭園(きよすみていえん)
豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と伝わる。明治11年(1878)に三菱財閥の創業者・岩崎彌太郎が買収し、回遊式林泉庭園として整備した。全国の名石を配した造園に特徴がある。
noimage
smokebooks
写真集、デザイン、建築と、ビジュアル寄りの本が多く揃う。現代美術館に近いこともあり、展示に合わせて店内に並ぶ本も変えている。店主は以前、美術系に強い新刊書店に勤めていたこともあり、知識が豊富だ。
noimage
しまぶっく
幅広く硬軟取り揃えた、街の古書店の見本ともいえるお店。親子連れは絵本や児童書、年配の人は時代小説や落語、歴史散歩本と、それぞれに人気のコーナーがある。
noimage
京呉服・宝石の店 田巻屋 深川清澄白河本店
創業時から、花街のお姐(ねえ)さん向けというより、街の人向けの店。和装でいろいろ楽しめるよう、2代目の夫が宝石を、3代目の息子が和雑貨を扱うように。最近は、デニム着物や和柄足袋も人気だ。
noimage
Satoko Oe Contemporary(サトコ オオエ コンテンポラリー)
作家のナマの声を聞くことができるギャラリー。美術館じゃ学芸員と話す機会なんてそうはないが、作品について知りたければ、「作家の代わりに質問に答えるのもギャラリーの役割」とオーナー。
noimage
The NorthWave Coffee(ザ ノースウェーブ コーヒー)
自家焙煎の豆をハンドドリップで淹れる丁寧な一杯を堪能できるとして評判を集める。豆の魅力を最大限に引き出す店主の職人技が光る、高橋のらくろードの人気店。
noimage
mammacafe151A(マンマ カフェ イチゴイチエ)
体にやさしい食事メニューやスイーツがそろう。食材はできる限り有機栽培・無農薬の食材を使用し、あたたかみのある家庭的な味。窓から見える木場公園の緑も気持ちがいい。
noimage
Cafe 清澄(カフェ きよすみ)
1928年に建設された旧東京市営​店舗向住宅の長屋のひとつをリノベしたカフェ。スープがつくおにぎりセットや、佐賀県嬉野産の和紅茶、ケーキやプリンなどのスイーツが好評。丁寧さを感じる手作りの味に癒されよう。
noimage
fukadaso cafe(フカダソウカフェ)
築50年の倉庫をリノベーションした行列のできるカフェ。下町らしい懐かしさを残したレトロな建物が見どころ。固めのプリンも人気を博し、土日には売り切れることも。
noimage
Cafe GINGER.TOKYO(カフェ ジンジャー ドット トーキョー)
パスタやタコライス、バターチキンカレーなど、いわゆるカフェめしとドリンク類が中心に並ぶ。甘辛いソースでご飯が進むポーク・ジンジャーとすっきりとしたジンジャーエールが好評。
noimage
椎名切子(GLASS-LAB)(グラスラボ)
もともと1950年創業のガラス加工所。親子3人の合わせ技で、伝統の江戸切子(きりこ)をカスタマイズしオリジナル製品を生み出す。江戸切子では難しかった模様や組み合わせを実現。お酒を入れると北斎の赤富士が浮かび上がるグラスや、グラスの中で桜が満開となるものなど、話題になる商品が続々とデビュー。企画力も大きな力となって羽ばたいている。
noimage
峰月堂(ほうげつどう)
「動物が好き」という山鹿寿信さんの手から生まれる根付は、江戸の伝統と現代的感覚が融合した小宇宙。作品は動きがあってしかもかわいいのが特徴。下絵を描き、材料を切り出して粗削りから仕上げ削りまで延々と続く。手先の器用さ、感性、 発想力などを総動員しても、月に2個と根気がいる仕事だ。「今の根付はアートに近く量産はできません。毎回違うものを作ることになります」。こそぐようにリズムよく削っていく。
noimage
Books&Cafeドレッドノート
ミリタリやSF、オカルトなど、扱う本のジャンルはピンポイント。だが、柔らかい接客やすっきり整頓された店内、カフェメニューのクオリティの高さから、門外漢にも居心地がいい。蔵書について語る店主の鈴木宏典さんは実に楽しげ。購入可能な新刊、古本のほか、非売品も閲覧自由で、マニアでなくても興味をそそられてしまう。
noimage
キョーダイ社
断裁から製本(綴(と)じ加工)、または折り加工と、本の仕上げが製本会社の仕事。創業時の約50年前、手作業が中心だった時代の道具も現役で、木製ののり盆は2代目の小森豊章さんによるオリジナル御朱印帳作りに活用される。社名の由来は「父が兄弟で一緒に創業したから」。
noimage
二階のサンドイッチ
“サンドイッチは額縁ような。”がコンセプトの『東京都現代美術館』併設のカフェ。同じく館内に併設されるレストラン『100本のスプーン』を手がけるスマイルの新業態で、レストランシェフが考案の厳選食材を使った、アート作品さながらのサンドイッチを提供する。
noimage
だるま
開店したのは平成5年。多くの居酒屋を巡り研究を重ねた豊富なメニュー、味、そして値段で、連日にぎわう人気店に。壁には100は超えるメニュー札がズラリ。
noimage
カトレア
今や国民食といっても過言ではないカレーパン。その元祖を考案したというのが、ここ『カトレア』。1日3回の焼き上がりを求めて訪れる客も大勢。甘口と辛口の2種類を食べ比べる楽しみもある。 
noimage
ラーメン吉田屋
少しとろみのあるスープは、豚骨・鶏ガラの旨みが凝縮し、最後の1滴まで飲み干せるおいしさ。正統派の濃厚豚骨醤油ラーメンを味わえるこの店は、各種調味料で、“味変”を客が楽しむことができる。
noimage
ALL(オール)
有名ブランドの商品デザインを手がけるデザイナーたちが作るものだからこそ、商品の一つひとつに、使い勝手、色あい、形などがロジカルに反映されている。『ALL』に並ぶ商品は、日々の暮らしで使いやすい、キッチン用品から鞄まで、さまざまだ。ブラシ1個に込められた、デザイナーの思いを手にとってみよう。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ