一緒に歩くのは……石川 勝さん
不動産専門家集団の「東京カンテイ」でマンションの評価・調査を担当する、不動産鑑定士。中古マンションに特化した評価方法で複数の特許を取得! 街歩きとともにおすすめマンションを巡る企画を行う、マンションさんぽの達人でもある。「東京カンテイマンションライブラリ」内ではブログ「今週のチラ見物件」を連載、駅で待ち合わせて周辺環境を紹介しながらマンションまで案内するというバーチャルな体験をWEB上で展開している。「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」を監修・執筆。
不動産鑑定士目線で、街の解説を見てみよう!
日本最大級の不動産データ量を誇る『東京カンテイ』が、各駅の平均中古マンション価格や平均賃料などのデータを大公開!

明治通りの脇に美しい林を発見

原宿駅から喧騒の竹下通りを抜けて、明治通りに出る。今日は千駄ケ谷駅まで歩き通す予定だ。原宿駅から7~8分も歩くと、原宿警察署の向こうに「フォレストインフォレスト」の緑が迎えてくれた。ここは、旧・池田公爵邸の屋敷林を保存した遊歩道で、中を歩けば明治通りのすぐそばにいながら森林浴気分。木々の切れ間からは隈研吾設計の「パークコート神宮前」が見えた。

「パークコート神宮前」のコンセプトは「表参道 杜の上に住む。」。The Forestからは保存林が、The Airからは代々木公園や明治神宮、高層ビル群が見える。
100mほどの遊歩道があり、散策する人も多い「フォレストインフォレスト」。

「特にこの環境を享受できるのが低層棟ですね。マンションの敷地がフォレストインフォレストと切れ目なく繋がり我が庭のように身近に感じられます。木立を連想させるデザインはまさに、新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅も手掛けた隈研吾らしさに溢れています」と石川さん。

原宿駅の北側には皇室専用の宮廷ホームが。周囲にはこのホームにあやかり、名前に「宮廷」と入ったマンションが点在。

「パークコート神宮前」の南西側には東郷神社が鎮座。その西側に立つのが「ブリスベージュ神宮前 EAST・WEST RESIDENCE」だ。モダンなデザインの中に、格子窓や深い軒を持つ庇など和の要素を垣間見せる外観が、美しい。

「日本の伝統技法である版築(枠の中に土などを突き固めて造る工法)を用いたエントランスや、大判の石畳を敷き詰めた中庭の水盤など、本物の素材と技にこだわっていますね。プールなど豪華な共用施設に加え、免震構造や先進のセキュリティシステムも備えた安心感が、洗練された暮らしを約束してくれます。若者で賑わう竹下通りから脇道に入りわずか2~3分歩くだけで、この静寂の環境があるのは驚きですね」。

コンシェルジュサービス、カフェラウンジ、ジャグジー付きのプール、フィットネスクラブなど、共有設備はVIP仕様の「ブリスベージュ神宮前」。

明治通りを挟んで西に進むと、黄色を差し色にした個性的なマンションが見えてくる。1971年築の「ビラセレーナ」だ。石川さんによると「アート作品のような意匠が個性的な、ビラシリーズの一棟ですね。この界隈は、個性的なヴィンテージマンションや、一体開発されたコンセプトマンションが割と多いんです。このビラセレーナはキューブを連ねたような外観が特徴で、上の階にいくほどセットバックさせ各住居がテラスと日当たりを得られる設計になっています。都心居住を考え、プライベートな中庭を中心に住居を配置し、吹き抜けに共用階段と中庭を見下ろすブリッチなど豊かな空間構成になっています」。

「ビラセレーナ」の設計はル・コルビジェの流れを汲む坂倉建築研究所。名建築家が手掛けたためか、マンション内にはいくつか設計事務所も。

エレベータと階段室のある中庭の周囲に住戸を配置し、共用階段と渡り廊下の囲む吹き抜け部分が象徴的な「ビラセレーナ」。

センス光る店巡りが楽しいダガヤサンドウ

明治通りを北に向かい、北参道駅方面へ。千駄谷小学校の前には、シルクでの織りにこだわるネクタイ専門店、『giraffe WORK TO SHOP Sendagaya』が。扱うネクタイは500種、蝶ネクタイ200種も! 各ネクタイを、例えばナローでクールな印象のものは34℃、派手な柄のハレの日向けのものは40℃など、体温別で4段階にカテゴライズしているのも面白い。

「店舗北側には桜が咲き、晩秋は西側のイチョウが色づく。北参道周辺は意外と自然が豊かですよね」とスタッフの西本祐子さん。

将棋盤や山岳風景など凝った柄もプリントではなく織りで表現する『giraffe WORK TO SHOP Sendagaya』。
北参道駅の名の由来になった、明治神宮北参道の鳥居。
晩秋はイチョウが色づく北参道。この辺りに住んだら、散歩で頻繁に訪れそう。
かつて表参道と対を成すように存在していた、裏参道。明治神宮外苑から内苑北参道入り口までを結んでいた。JRのガード下の名前に、その名残が。

千駄谷小学校のすぐ西側にあるのが、『Playmountain』。オリジナルの家具をメインに作家の一点ものから工業製品まで「作り手の想い」を感じられる家具・雑貨が並ぶ。店を営むのは内装や家具デザインなどを手掛けるランドスケーププロダクツ。千駄ケ谷~北参道には瀟洒なカフェやフォー専門店など、ランドスケーププロダクツ直営のお店が点在!

あえて床材を使ったマーモリウムシリーズの時計やティッシュケース、国内ではここでしか入手できないカリフォルニアのヒースセラミックスの器などが並ぶ『Playmountain』。

もともと、北参道~千駄ケ谷界隈は閑静な住宅地が広がる穴場的エリアだったが、地下鉄副都心線開通以降、しゃれたカフェやアパレル関連、有名シェフの店などが集うように。一帯は「ダガヤサンドウ」の愛称で呼ばれる人気エリアとなった。

そのダガヤサンドウで2016年にオープンしたのが『お食事処 asatte』。こちら、昼夜で定食メニュー各1種に絞り込む営業スタイルがユニークだ。スタッフの車匡史さんいわく「目指したのは、超料理上手な家庭のお母さん。お母さんが作る昼ごはん夜ごはんは基本献立が1種で、それが日々替わるものでしょう? 『今日のおかずはなんだろう?』みたいな楽しみをお客さんに感じてもらえたら」。

この日、夜の定食のメインはチンジャオロースで1000円。やや濃いめの味付けでごはんが進む。ごはんと味噌汁はおかわり無料。

『asatte』から西に進むと、落ち着いた住宅地に。少し歩くと「東高原宿ペアシティ」のシンボルツリーが見えてきた。

「こちらは、東高ハウスという会社が手掛けた最高級マンション。幅広い贅沢な階段を上がると高級感あるエントランスゲートが広がります。ガラス張りのエントランスロビーにはシャンデリアが光り輝き、突き当りのガラス越しに日本庭園が浮かび上がります。1976年築ですが、エントランスロビーのシャンデリアと日本庭園の組み合わせは、今の時代でも斬新で風格を感じさせます」。

「東高原宿ペアシティ」の前面は、カクカクと折れ曲がった道路。通り抜ける車は少なく、閑静な住環境が保たれている。

自転車でピュッと走れば、原宿・渋谷・新宿に行ける

ダガヤサンドウの特徴のもうひとつが、サイクリング関連の店が多いこと。2017年、この地に移転してきたのが『narifuri tokyo』だ。『narifuri』はサイクルカジュアルブランドの草分けで、一見洒落たスーツや普段着のようでいて、サイクリングウェアとしての機能も併せ持つ。スタッフの桑原さんいわく「北参道は落ち着いた街だけど、明治通りを自転車でピュッと走れば、すぐ原宿・渋谷、新宿に行ける。便利な街ですよね」。

『narifuri tokyo』の1FではオリジナルフレームのCF01など、自転車や各パーツを販売。2Fでアパレルを扱う。

今度は明治通りを東に超えて千駄ケ谷方面に向かうと、再び閑静な住宅地に。北参道駅徒歩3分の好立地に立つのが「シティハウス神宮北参道」だ。

「天然石とコンクリート打放しを組み合わせた重厚感あふれる正面外観が印象的。アシンメトリーのデザインで、見る角度によっていろいろな表情を見せています。ガラスパネルを使用したバルコニーが空の青さを反射させ輝いていますね。天然石をイメージさせるホワイトタイルはアプローチ部分と一体感を持ち、バルコニー奥やサイドに彩る黒色がコントラストで映えています」。

その奥では新たなマンションを建設中。このエリアの人気の高さがうかがえる。

バルコニーのガラスパネルがスタイリッシュな、中層マンションの「シティハウス神宮北参道」。
千駄ケ谷は将棋会館や国立能楽堂など、文化施設が多い街でもある。将棋会館2Fでは対局する人の姿も。

鳩森八幡神社まで来ると、ゴールの千駄ケ谷駅はもうすぐ。最後に、千駄ケ谷一帯の総鎮守に手を合わせる。今日見たような素敵なマンションに住めますように――。北参道・千駄ヶ谷の洗練された空気と閑静な雰囲気の極上ブレンドに心つかまれ、煩悩まみれのお願いをしてしまった。

鳩森八幡神社の、かわいらしい鳩みくじ。境内には富士塚や将棋堂があり、有名棋士も参拝に来るそう。
不動産鑑定士目線で、街の解説を見てみよう!
日本最大級の不動産データ量を誇る『東京カンテイ』が、各駅の平均中古マンション価格や平均賃料などのデータを大公開!

紹介したスポットの詳細

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1/営業時間:日の出~日没(御苑は9:00~16:30。季節により異なる)/定休日:無/アクセス:JR山手線原宿駅・地下鉄千代田線明治神宮前駅から徒歩1分
住所:東京都渋谷区神宮前2-34-20 シャーレー原宿2F/営業時間:12:00~19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄副都心線北参道駅から徒歩6分
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-5 原宿ニュースカイハイツアネックス105/営業時間:12:00~18:00/定休日:月/アクセス:地下鉄副都心線北参道駅・JR山手線原宿駅から徒歩6分
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-8 第12宮廷マンション102/営業時間:11:30~15:00・18:00~23:00/定休日:日・祝・年末年始/アクセス:地下鉄副都心線北参道駅から徒歩3分
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-52-1 クロスサイドビル1・2F/営業時間:12:00~20:00/定休日:水/アクセス:地下鉄副都心線北参道駅から徒歩5分
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24/営業時間:参拝は24時間(ご朱印受け付けは9:00~
17:00)/アクセス:JR中央線千駄ケ谷駅から徒歩5分

紹介したマンションの詳細

パークコート神宮前
東京都渋谷区神宮前1-4-20
ブリスベージュ神宮前 EAST・WEST RESIDENCE
東京都渋谷区神宮前1-23-8
ビラセレーナ
東京都渋谷区神宮前2-33-8
東高原宿ペアシティ
東京都渋谷区千駄ケ谷3-3-23
シティハウス神宮北参道
東京都渋谷区千駄ケ谷4-9-3

*イラストマップにある残りの5軒については、マンションライブラリをご覧ください。

 

取材・文・撮影=鈴木健太 イラスト=さとうみゆき