【高輪口エリア】

アルミホイルで包み焼きされた絶品ハンブルグステーキ『つばめグリル 品川駅前店』

品川駅高輪口から徒歩2分のところにある老舗洋食店『つばめグリル 品川駅前店』。1930年創業『つばめグリル』の旗艦店だ。
人気メニューは、アルミホイルで包み焼きし、そのまま提供されるつばめ風ハンブルグステーキランチ2046円。いつも新鮮な素材で提供できるよう、豚肉・牛肉ともに国内の生産者から一頭まるごと仕入れ、ブロック肉への加工までをセントラルキッチンで行い、各店舗で肉を挽いてパテを作るというこだわりのメニューだ。来店する8割のお客さんが注文するという。
アルミホイルにフォークをぷすりと刺して開封する瞬間のワクワク感がたまらない。蒸気とともに中のハンブルグステーキと特製ビーフシチューがアルミホイルの中で混ざりあい、凝縮された濃厚な香りがふわっと広がる。
トマトのファルシーサラダも人気メニューで、ランチではセットで注文できる。

つばめ風ハンブルグステーキランチ2046円。トマトのファルシーサラダ付き。
つばめ風ハンブルグステーキランチ2046円。トマトのファルシーサラダ付き。
アルミホイルを開くと中からハンブルグステーキが登場。
アルミホイルを開くと中からハンブルグステーキが登場。
「ごちそう」の殿堂。看板を見るだけでワクワク!
「ごちそう」の殿堂。看板を見るだけでワクワク!

『つばめグリル 品川駅前店』店舗詳細

32種類のスパイスが香る本場のビリヤニ『サルマ ティッカ&ビリヤニ』

品川駅から徒歩5分の静かな住宅街にある『サルマ ティッカ&ビリヤニ』。落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりと本格的なインド料理を楽しむことができる。
特に人気なのがボリュームたっぷりのビリヤニだ。本場インドと同じレシピで調理するビリヤニは、大きくカットされたトマトとオニオン、オレンジなど見た目がカラフル。ふわふわ食感のバスマティライスと32種類のスパイスの香りが口の中に何層にも広がる。食べ進むと、ライスの中に柔らかい骨付きのラム肉の塊を発見。しっかりとスパイスに漬けこまれていたラム肉は、味も十分に染み込み、独特の味わいが楽しめる。
付け合わせのライタ(ヨーグルトのサラダ)や豆カレーで味を変えながら食べれば、さらにおいしさがアップ! しばらくするとスパイスの効果で体がぽかぽかしてくる。
濃厚なラッシーもぜひ一緒に味わいたい。

ビリヤーニセット(ラム)1260円。ランチセットでは店一番の人気。
ビリヤーニセット(ラム)1260円。ランチセットでは店一番の人気。
まるごとスパイスと骨付きラム肉がごろごろと入っている。
まるごとスパイスと骨付きラム肉がごろごろと入っている。
開放感あふれるテラス席。天気のいい日はここで本格インド料理を楽しみたい。
開放感あふれるテラス席。天気のいい日はここで本格インド料理を楽しみたい。

『サルマ ティッカ&ビリヤニ』店舗詳細

刺し身、焼き物、フライを好みの組み合わせで注文できるランチセット『Tensui』

品川駅高輪口から徒歩3~4分、国道15号線沿いのビルの3階にある『Tensui』。品川駅周辺の再開発の流れで、高輪口のロータリーのすぐ脇にあったビルから2020年に移転した居酒屋だ。店主の目利きで毎朝市場から仕入れる新鮮な魚介が堪能できる。
ランチはお値段1000円のメニューが7品と1500円のスペシャルランチ1品の全8種類。ボードに書かれた1000円のメニューは7種類だが、よく見ると、刺し身や焼き魚、フライなどのおかずをいろんな組み合わせでオーダーできるようになっている。しかもメニューは日替わりだ。毎日食べに来ても毎日迷ってしまいそう。
「毎日市場に行くのが楽しくてしょうがない」と目をキラキラさせて話す店主が目利きした魚たちだから、おいしさは間違いなし! ご飯、味噌汁おかわり無料の大満足ランチだ。

わらさとマグロの刺し身、イワシフライ盛り合わせ1000円。
わらさとマグロの刺し身、イワシフライ盛り合わせ1000円。
しゃけハラス塩焼き・イワシフライの組み合わせ。刺し身としゃけハラスの組み合わせでもOK。
しゃけハラス塩焼き・イワシフライの組み合わせ。刺し身としゃけハラスの組み合わせでもOK。
京急第11ビルの3階。エレベーターを降りるとすぐに入り口がある。
京急第11ビルの3階。エレベーターを降りるとすぐに入り口がある。

『Tensui』店舗詳細

住所:東京都港区高輪4-11-16 京急第11ビル3F/営業時間:11:30~14:00 LO・17:00~21:50LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩4分

『and which?』のエッグベネディクト風サンドは濃厚なオランデーズソースがたっぷり

カジュアルな都市型ホテル『都シティ 東京高輪』の1階にあるレストラン『and which?』では、栄養満点でおいしい朝食やランチを楽しむことができる。ホテルメイドの優雅な食事なんて贅沢な気分だ。
ランチのメインは、こだわりパンを使いオーダーを受けてから作るできたてサンドウィッチ。新鮮な野菜をたっぷり使っていてヘルシーだ。サンドウィッチは毎日3種、そのほか定番人気のカレーやハンバーグ、パスタといったワンプレートメニューが充実している。パスタやがっつり食べられるご飯メニューもあり、男性でも満足できそうだ。ランチメニューはすべて1100円でサラダ、スープ、ドリンクバーがつく。
エッグベネディクト風サンドは、こんがり香ばしい胚芽パンに旨味ぎっしりの厚切りベーコンに加え、バターと卵黄で濃厚に仕上げられたオランデーズソースがたっぷり。シャキシャキのレタスや、格子型にカットされたポテトは外がサックサク、中はほっくりだ。

エッグベネディクト風サンド。ランチメニューはすべて1100円でドリンクバー付き。
エッグベネディクト風サンド。ランチメニューはすべて1100円でドリンクバー付き。
ハーブウォーター、ジュース、コーヒー、ミルク、紅茶、コーヒーなど好きなものを好きなだけ!
ハーブウォーター、ジュース、コーヒー、ミルク、紅茶、コーヒーなど好きなものを好きなだけ!
店内にはいろんな形のソファやイスが並ぶ。まるでデザイナーズホテルみたい。
店内にはいろんな形のソファやイスが並ぶ。まるでデザイナーズホテルみたい。

『and which?』店舗詳細

住所:東京都港区高輪3-19-17 都シティ 東京高輪1F/営業時間:朝食6:30〜9:30LO・ランチ11:30〜13:30LO/定休日:無/アクセス:JR山手線・京浜東北線高輪ゲートウェイ駅から徒歩4分

【港南口エリア】

豊富なメニューと提供の早さでランチタイムの救世主『絵芙』

洋食のシェフだったオーナーが1997年にオープンした『絵芙』。当時は周囲に中華料理店が少なかったため、横浜中華街で腕を奮っていたシェフを招いて営業を始めたそう。
ランチメニューは平日の月・火・水と木・金でメニューが変わる定食2品とラーメン2種のほか、麺類やチャーハンがズラリ。提供が早くてボリューム満点だからか、男性客が大半を占める。
この日は限定メニューの牛肉の四川炒め&春雨炒め950円をオーダー。牛肉の四川炒めは、脂の少ない牛もも肉だがとても柔らかく、野菜はシャキシャキ。醤油ベースのピリ辛だれが肉と野菜によく絡んでいる。素材や香辛料の風味が生きていて味付けが上品だ。一方春雨炒めは、ふわふわで絹のような舌触りに驚いた。舌のタッチは優しいが、豚ひき肉、干しシイタケの旨味が味の土台を支えつつガッツリ黒コショウが利いていて、なかなか刺激的な味わいだ。

この日のB定食・牛肉の四川炒め&春雨炒め950円。定番のランチメニューもある。
この日のB定食・牛肉の四川炒め&春雨炒め950円。定番のランチメニューもある。
辛味で熱くなった口の中を自家製のアンニン豆腐250円でクールダウン。
辛味で熱くなった口の中を自家製のアンニン豆腐250円でクールダウン。
駅前広場を背にして横断歩道を渡り右に入ったところにあるビルの地下1階。
駅前広場を背にして横断歩道を渡り右に入ったところにあるビルの地下1階。

『絵芙』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-6-10 三矢ビルB1F/営業時間:11:30〜14:00・17:30〜22:00LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR品川駅から徒歩2分

セルフカスタムが楽しい! 『裏なかみ家』のルーロー飯

朝じめの新鮮なホルモンを提供する『裏なかみ家』のホルモンランチメニューは3つのテイストのルーロー飯と温玉チャーシュー丼のみ。毎日50食限定で売り切り御免のため、営業時間内でも店を閉めてしまうこともしばしばだ。
オーダーするときはまず、お盆を持って社食のように一列に並ぶ。ベースのメニューとご飯の量を決めたら、ご飯のうえにルーローをかけてくれ、お好みのトッピングや単品のおかずを選び会計をする。ひとりずつ提供するのは、できるだけアツアツを食べて欲しいというオーナーの想いから。ルーロー飯は脂が多いので冷めると味が落ちてしまうのだ。
ルーロー飯の本場・台湾では牛バラ肉を煮込んだものをご飯にかけているが、こちらは豚のほほ肉、カシラ、腕をひき肉にしたものを醤油ベースの調味料で煮込み、日本人の口に合う東京式ルーロー飯。イートインはサラダバーとドリンクバーが付いていて、ゆっくり寛ぎながらランチが楽しめる。

麻辣ルーロー飯850円に100円のおかず2品を付けてこの日のランチは合計1050円。
麻辣ルーロー飯850円に100円のおかず2品を付けてこの日のランチは合計1050円。
プラス50円でパクチーやチーズなどのトッピングが可能。1つ100円のおかずもある。
プラス50円でパクチーやチーズなどのトッピングが可能。1つ100円のおかずもある。
飲食店が集まる横丁の一角にある2階建ての居酒屋。青いのれんと白い提灯が目印。
飲食店が集まる横丁の一角にある2階建ての居酒屋。青いのれんと白い提灯が目印。

『裏なかみ家』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-2-4/営業時間:11:30~13:30(月〜木)・16:30~21:00LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR品川駅から徒歩3分

贅沢海鮮丼に納豆と温泉たまごを加えてばくだん丼に!『浜焼酒場 いちかわ』

品川駅港南口から徒歩2~3分ほど、昭和の雰囲気の残るカオスな路地裏にある『浜焼酒場 いちかわ』。グーグルマップを見てもよくわからないので、とにかく駅前の雑居ビルと雑居ビルの隙間から路地裏に入ってみる。人ひとりがやっと通れる狭い路地。勇気を出してと足を踏み入れると『いちかわ』の看板が見えてくる。
ランチメニューは炭火焼きの定食900円が3種(サバ文化干、鮭塩焼、地鶏)と海鮮丼950円の全4種類。テーブルに着くと、まるでお通しのように味付け海苔と納豆が出される。どのメニューを頼んでも味付け海苔、納豆と味噌汁、温泉たまご、小鉢がデフォルトで付いてくる。
ご飯と味噌汁はおかわり無料。メインのおかず以外にも付け合わせがたくさんなので、ご飯が何杯でも食べられてしまう。
海鮮丼を食べ終わった後に納豆ご飯を食べたり、海鮮丼に納豆と温泉たまごをかけて食べたり、満腹になるまでいろんな食べ方で楽しめる。

おまかせ海鮮丼950円。味噌汁、温泉たまご、小鉢に納豆、味付け海苔が付いてくる。
おまかせ海鮮丼950円。味噌汁、温泉たまご、小鉢に納豆、味付け海苔が付いてくる。
海鮮丼に納豆と温泉たまごをぶっかけてばくだん丼のできあがり!
海鮮丼に納豆と温泉たまごをぶっかけてばくだん丼のできあがり!
勇気を出して雑居ビルと雑居ビルの隙間から路地裏に入るとたどり着ける。
勇気を出して雑居ビルと雑居ビルの隙間から路地裏に入るとたどり着ける。

『浜焼酒場 いちかわ』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-2-5/営業時間:11:30~23:00LO(土・日・祝は15:00~23:00LO)※ランチメニューは14:00まで
/定休日:無/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩3分

『焼肉居酒屋 とんとん』の焼肉ランチセットは1000円以下で安旨!

JR品川駅の港南口を出て徒歩1分。駅前広場近くの路地裏に店を構える『焼肉居酒屋 とんとん』では、ハラミ・カルビ・ホルモンを中心に1000円以下で焼肉ランチを楽しめる。より食べごたえのある大盛りや厚切りは、プラス100~200円程度とあって相当リーズナブル。
また、牛肉がゴロゴロ入った焼肉屋のハヤシライスセット850円も人気だ。このハヤシライスをお得にいただける裏ワザが店頭の立て看板で紹介されており、焼肉ランチセットを注文した人はハーフサイズのハヤシソース280円を追加できるという。ランチのご飯はおかわり自由なのでぜひ一度、名物のハヤシライスもお試しいただきたい。
老舗の肉の卸問屋が運営する店とあって低価格でボリューム満点。近隣に食肉市場があるため鮮度は抜群で、お肉の味&品質ともに言うことなし! 1人でもゆったりとしたスペースで気兼ねなく焼肉をいただける隠れ家的な焼肉屋だ。

もつ焼きセットは150g で950円。ビッグもつ焼きセットは210g で1150円。
もつ焼きセットは150g で950円。ビッグもつ焼きセットは210g で1150円。
焼肉ランチセットに追加して注文できるハーフハヤシソース280円。
焼肉ランチセットに追加して注文できるハーフハヤシソース280円。
2022年8月にリニューアル。ひとり焼肉をする客も受け入れてくれる、昔ながらの懐が深い店。
2022年8月にリニューアル。ひとり焼肉をする客も受け入れてくれる、昔ながらの懐が深い店。

『焼肉居酒屋 とんとん』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-2-14/営業時間:11:30~14:00LO・17:00~22:15LO(土は17:00~22:00LO)/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩1分

ほろほろ&やわらか~い! 辛いけど止まらない旨辛牛すじ煮込『路地裏 品川本店』

『路地裏 品川本店』のランチメニューは、旨辛牛すじ煮込みを筆頭にした定番が5種、日替わりが1品ある。やはり、ダントツ人気は旨辛牛すじ煮込み800円。ランチ客の80%くらいの人が注文するそうだ。
A4クラスの国産牛のすじを使っているので上質な脂で肉が柔らかく、リッチなテイスト。牛すじを丁寧に下処理して、数種類の唐辛子や醤油、ニンニクなどを入れ12時間以上煮込んでいる。肉を柔らかくするのに砂糖を入れるのもポイントだとか。
居酒屋によくある牛すじ煮込みやどて焼きは細切れで食べやすくなっているが、この牛すじは口いっぱいになるほど大きい。大根とこんにゃくも入っているのだが、いちばん大きな具材が牛すじなのだ。
辛みもあるが旨味もあり“旨辛”の看板に偽りナシ! 唇に汁がつくと少しヒリっとする感じだ。大きな牛すじはしっかり繊維があるものの箸で切れるほど柔らかく、ご飯をモリモリ食べたくなる。

旨辛牛すじ煮込み定食800円。唐辛子とビーフの香りがたまらない。
旨辛牛すじ煮込み定食800円。唐辛子とビーフの香りがたまらない。
大きな寸胴鍋に煮込まれる牛すじ。もとはまかない用に作ったのが発祥とされる。
大きな寸胴鍋に煮込まれる牛すじ。もとはまかない用に作ったのが発祥とされる。
味のある路地によく似合うムード満点の店構え。
味のある路地によく似合うムード満点の店構え。

『路地裏 品川本店』店舗詳細

住所:東京都品川区港南2-2-4/営業時間:11:00~14:00・17:00~24:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩3分

長年愛され続ける老舗の伝統メニュー『わいん酒場 cham』

品川駅港南口から徒歩1分の場所にある『わいん酒場 cham』は、1980年に開業し、業態を変えながら40年、長年愛され続けるお店。アンティーク調のテーブルが並ぶ店内は、ワインボトルや手書きメニュー、しゃれた装飾品が並び、まるでギャラリーのようだ。
ランチメニューで一番人気は、店主が子供の頃によく母親が作ってくれた料理をもとに考えたという鶏肉の黒こしょう煮950円。鶏肉はホクホクとした食感で柔らかく、よく染み込んだ醤油の味と胡椒の心地よい刺激が口の中に広がる。この味付けは酒の肴にも最適だ。40年提供し続けているメニューで、リピーターも多いという。
昆布で出汁をとった和風スープパスタ1000円も人気メニュー。常連客には「ラーメンのようなパスタ」と呼ばれ親しまれている。

鶏肉の黒こしょう煮950円。ランチにはサラダ、お味噌汁、お新香が付く。
鶏肉の黒こしょう煮950円。ランチにはサラダ、お味噌汁、お新香が付く。
味がしっかりと染み込むように、作ってから一晩寝かせているそう。
味がしっかりと染み込むように、作ってから一晩寝かせているそう。
店の前には遠くからも目立つ大きな手書きボードが並ぶ。
店の前には遠くからも目立つ大きな手書きボードが並ぶ。

『わいん酒場 cham』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-6-7 品川ビル1F/営業時間:11:30~13:15LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩1分

和食・中華・居酒屋メニューと多彩な料理を提供する『居酒屋 三平』

JR品川駅の中央改札口から徒歩1分というアクセスのよい場所にある『居酒屋 三平』は1950年創業の老舗居酒屋。和食や中華、居酒屋メニューなど多彩な料理を、大田市場から仕入れた新鮮な食材を使って、職人さんが一品一品丁寧に手作りして提供している。
ランチで人気のもやしそば&半チャーハン980円はボリューム満点。鶏ガラスープにあんかけ醤油味のもやしそばは、昔ながらの町中華のしょっぱめの味付け。もやしや人参などの野菜とちぢれ麵があんかけスープとからまって、とろりとした食感を楽しめる。特にきくらげはあんかけスープと相性がいい。
チャーハンはパラパラしすぎず、ほどよい感じの炒め具合。控えめの味付けで、もやしそばのしっかりとした味とのバランスがちょうどいい。
居酒屋メニューではホルモン炒め550円が人気。常連さんは必ず注文するという。

もやしそば&半チャーハン980円。ボリューム満点で人気のランチメニュー。
もやしそば&半チャーハン980円。ボリューム満点で人気のランチメニュー。
ホルモン炒め550円。具材はホルモンとねぎのみとシンプルだが味は一流。
ホルモン炒め550円。具材はホルモンとねぎのみとシンプルだが味は一流。
品川駅港南口を出てから徒歩1分の駅近にある。
品川駅港南口を出てから徒歩1分の駅近にある。

『居酒屋 三平』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-6-10 /営業時間:11:30~23:00(土は13:00~22:30)/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩1分

個性的なトッピングとメニュー名に惹かれる『みそちゃんぺ』の旨辛みそラーメン

ランチタイムだけ間借り営業している味噌ラーメン専門店『みそちゃんぺ』。辛さゼロから7段階で徐々に刺激が強くなる。ベスボ900円は、辛味、旨味、甘みのバランスがいいメニュー。ボディメイクのインストラクターでもある店主だけに、ベストボディの略で“ベスボ”と名付けたそう。コクがあるみそ野菜タンメンと、旨味が強いマーボ豆腐、この店でいちばん辛いメニュー、逆鱗の肉を乗せている。
まずはそれぞれを食べてみると、逆鱗の肉の辛さに目を見開き、ピリ辛のマーボ豆腐の旨味にほっこり、みそ野菜タンメンをズビズバすする。まったく個性の違うものだが、すべてを混ぜたらほどよい旨辛みそラーメンに! スープは味噌の香りが強く塩気は若干抑えめな気がして、ゴクゴク飲める。口の中が熱を持ってしまったら、キンキンのお冷やで落ち着かせよう。

ベスボ900円。野菜の甘み、マーボ豆腐の旨味、逆鱗の肉の辛味がバランスよく入っている。
ベスボ900円。野菜の甘み、マーボ豆腐の旨味、逆鱗の肉の辛味がバランスよく入っている。
数種の唐辛子と辛味のスパイス、カレースパイスを入れて複雑な風味に仕上げている逆鱗の肉。
数種の唐辛子と辛味のスパイス、カレースパイスを入れて複雑な風味に仕上げている逆鱗の肉。
間借り営業の店舗。11:00のオープンになるとのれんがかかる。
間借り営業の店舗。11:00のオープンになるとのれんがかかる。

『みそちゃんぺ』店舗詳細

住所:東京都港区港南2-4-9 品川ホルモン店内/営業時間:11:00〜13:30LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・私鉄品川駅から徒歩5分

【北品川エリア】

エビ専門店が誇る素材を吟味し尽くした本気のエビフライ『Ab・de・F(エビデフ)』

京急本線北品川駅より徒歩2分、北品川商店街にあるエビ料理専門店『Ab・de・F』。
ランチメニューはあらかじめ決められたセットメニューと、好きなものを組み合わせられるおこのみメニューの2パターン。おこのみメニューはごはんセット330円プラス、フライやカツ(330円~3410円)の中からお腹の減り具合とお財布の都合を考慮しながら好きな分だけ注文できる。
看板のエビをはじめとしたタネも毎日、新鮮なものを仕入れて手作業で下処理をする。そして、エビフライにまつわる材料にもひとつひとつ吟味。とき卵は茨城県産の最高級卵・奥久慈卵、パン粉は中屋パン粉謹製の特注エビフライ用パン粉を使い、ラードと綿実油をブレンドした175度の油で揚げられる。
まずはエビフライにレモンだけをかけて素材の味を感じつつあっさりと、次に自家製タルタルソース、オリジナルソースをかけていただこう。魚沼産コシヒカリのご飯と店内仕込みのドレッシングをかけて食べる千切りキャベツはおかわり自由だ。

本日の3点盛1430円。店長のおすすめのタネが3点揃ってコスパがいい。
本日の3点盛1430円。店長のおすすめのタネが3点揃ってコスパがいい。
まずはレモンで。レモンの香りと酸味がエビの旨味を引き立てて本来の持ち味を堪能できる。
まずはレモンで。レモンの香りと酸味がエビの旨味を引き立てて本来の持ち味を堪能できる。
ミステリアスな雰囲気の外観。それがかえって好奇心をかきたてる。
ミステリアスな雰囲気の外観。それがかえって好奇心をかきたてる。

『Ab・de・F』店舗詳細

住所:東京都品川区北品川1-22-15/営業時間:11:30~13:30LO・17:30~20:30LO/定休日:水/アクセス:京急電鉄本線北品川駅から徒歩2分

10種の魚介類が口の中で弾ける海鮮丼『北海道海鮮市場 がんがん。』

北品川商店街に出て右に曲がって歩いていくと、「人生で一番おいしい北海道の牡蠣あります」。と大きく書かれた店がある。ここが『北海道海鮮市場 がんがん。』だ。
コンセプトは、「道民が“美味い!”と唸る海鮮料理と日本酒の店」。いちばんの売りは牡蠣だが、豊洲直送や独自に市場などで買い付けする新鮮な魚介類も絶品だ。また、北海道の漁師から直送されるものもある。
ランチは新鮮な魚介類を堪能できる新・海鮮丼。価格はトッピングにより上、特上、最高の3段階がある。
新・海鮮丼 最高1800円は、徳島産の煮干しや利尻昆布のだしで炊いた茶めしの上にカニをちらし、本マグロ、北海道産白身魚、数の子、ミル貝、ツブ貝、など10種ほどの魚介類を混ぜたものを釣鐘型にこんもりと盛りつける。さらにその山肌にイクラが流れ落ち、頂きには北海道産ウニが澄まし顔で鎮座。醤油をかけなくても食べられるよう設計されているが、好みでわさび醤油をかけてもOKだ。

目にも美しい新・海鮮丼 最高1800円。文字通り最高です!
目にも美しい新・海鮮丼 最高1800円。文字通り最高です!
宝石のように輝くイクラが魚介の山の斜面を滑り落ちる。山頂には北海道産のウニ。
宝石のように輝くイクラが魚介の山の斜面を滑り落ちる。山頂には北海道産のウニ。
店先にはキャッチーな文言が飛び交い、街ゆく人は足を止めずにいられない。
店先にはキャッチーな文言が飛び交い、街ゆく人は足を止めずにいられない。

『北海道海鮮市場 がんがん。』店舗詳細

住所:東京都品川区1-23-22 平山ビル1F/営業時間:11:30~14:00(ランチ営業は水~土のみ)・17:00~21:30LO/定休日:月/アクセス:京急電鉄本線北品川駅から徒歩5分

和のアレンジもプラスされた本格スリランカカレー『カレーと紅茶 ミカサ』

京急本線北品川駅から徒歩4分、JR品川駅からでも徒歩10分ほどのところに、戦前に建てられた古民家群をリノベーションした複合施設“SHINAGAWA1930”がある。その一角の、日替わりの店長が営業する『ソーシャルカフェPORTO』で月・火・水の週3日、ランチタイムに本格的なスリランカカレーを提供しているのが『カレーと紅茶 ミカサ』。
フードメニューはおまかせスリランカ風プレート1000円のみとシンプル。ドリンクは紅茶のみと、こちらもシンプルだ。スリランカ風カレープレートには、カレー、サラダ、お惣菜があふれそうなほどに盛り付けられている。
スリランカのカレーやおかずだけでなく、店主オリジナルの福神漬けなど、和のアレンジも加えられているのがポイントだ。
全部をよ~く混ぜて食べるのがスリランカカレーの醍醐味。ひと口ごとに味も食感も違うから、飽きることなくいくらでも食べられてしまいそう!

おまかせスリランカ風カレープレート1000円。アイスティーはカレーとセットで200円。
おまかせスリランカ風カレープレート1000円。アイスティーはカレーとセットで200円。
すくう場所によって食感も味も変わって楽しい。飽きずに最後まで食べられる。
すくう場所によって食感も味も変わって楽しい。飽きずに最後まで食べられる。
実家に帰って来たような気分になる『ソーシャルカフェPORTO』の入り口。
実家に帰って来たような気分になる『ソーシャルカフェPORTO』の入り口。

『カレーと紅茶 ミカサ』

住所:東京都品川区北品川1-21-10/営業時間:月・火・水11:30~15:00(なくなり次第終了)/定休日:木・金・土・日・祝/アクセス:京急電鉄本線北品川駅から徒歩4分、JR・私鉄品川駅から徒歩10分

山水地鶏や岩中豚、店主こだわりの一杯『中華そば 和渦 TOKYO』

2019年に大井町から北品川に移転オープンした『中華そば 和渦 TOKYO』。店主の高橋宏幸さんは、濃厚とんこつの人気店『九十九ラーメン』で修業すること十数年。名店『不如帰』のラーメンに衝撃を受け、修業先とは真逆の清湯ラーメンで独立した。
日々のラーメン作りの中で、故・佐野実氏をリスペクトするようになり、丸鶏や醤油、小麦粉など、佐野氏が使っていた食材を取り入れるようになる。おすすめの特製醤油そばは、山水地鶏や岩中豚、乾物などを加えたスープに、6種の醤油をブレンドした醤油ダレを合わせたもの。醤油のキレがある、個性が強めのラーメンだ。
自家製細麺にはもち小麦をブレンドし、もちつるっとした喉越し。ワンタンはもち小麦100%でふわとろ食感。肉餡には山水地鶏と岩中豚を閉じ込めジューシーな旨さ。佐野氏が開発した有田焼丼で提供するなど、ラーメンをおいしく食べていただくための想いがいたるところに詰まっている。

特製醤油そば1150円。スープにも使われている岩中豚の大判チャーシュー2枚。
特製醤油そば1150円。スープにも使われている岩中豚の大判チャーシュー2枚。
もちもちでつるっとした喉越しの細麺。スープが絡んで麺がきれいな醤油色に。
もちもちでつるっとした喉越しの細麺。スープが絡んで麺がきれいな醤油色に。
北品川駅からすぐの住宅街。ランチ時には店前に行列ができる。
北品川駅からすぐの住宅街。ランチ時には店前に行列ができる。

『中華そば 和渦 TOKYO』店舗詳細

住所:東京都品川区北品川3-2-1 MTM STUDIO2F/営業時間:11:00~14:30・18:00~21:00(土・祝は11:00~14:30)/定休日:日/アクセス:京急電鉄本線北品川駅から徒歩1分

マシマシで爆盛りも可能な特製中華そば『肉汁らーめん 公』

京急本線新馬場駅から徒歩7分、八ツ山通りと山手通りの交差点にある『肉汁らーめん 公』。定番はもちろんのこと、チャーシュー1本をトッピングした名物メニューもあり、平日のランチは近隣で働く人や学生に人気で、休日は地元のファミリーに愛されている。
ランチのおすすめは特製中華そば。「実はバイトの子たちに人気なんですよ。トンコツと鶏がベースのスープに、魚粉を加えて旨味と風味のいい中華そばです」と店長も自信満々だ。
特製中華そばはシンプルだが、1cmはありそうなぶ厚いチャーシューや半熟の味玉でボリューム満点。豚の旨味がたっぷりで濃厚な醤油のスープに、鶏油のコクや揚げネギ&生の長ネギの香りも加わり後味はまろやか。ストレートの細麺がするすると喉越しよく吸い込まれていく。おいしいラーメンをがっつり食べてお腹を満たせば、夜までしっかり働けそうだ。

特製中華そば1100円。とんこつベースのスープだが鶏や魚介の風味もある醤油テイスト。
特製中華そば1100円。とんこつベースのスープだが鶏や魚介の風味もある醤油テイスト。
無料トッピングをして召し上がる方が圧倒的に多いそう。
無料トッピングをして召し上がる方が圧倒的に多いそう。
八ツ山通りからでも山手通りからでもばっちり目立つ店舗。
八ツ山通りからでも山手通りからでもばっちり目立つ店舗。

『肉汁らーめん 公』店舗詳細

住所:東京都品川区北品川2-25-10/営業時間:11:00〜22:45LO(日・祝は11:00〜21:45LO)/定休日:無/アクセス:京急電鉄本線新馬場駅から徒歩7分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)、羽牟克郎、パンチ広沢、大熊美智代、コバヤシヒロミ