大森の記事一覧

1〜10件(全31件)
noimage
懐かしくて新しい、大田区の街なかで「レトロ」を探そう!
都内唯一の屋上観覧車「幸せの観覧車」がランドマークとしてそびえる蒲田に、明治から昭和期にかけて政界人・文化人が集い、今もその香りが残る大森。大田区の街にはどこかレトロな印象を抱く人が多いのではないだろうか。そんな大田区は、実は都内最多の商店街を擁(よう)するエリア。JR蒲田駅や大森駅、京急蒲田・糀谷・梅屋敷駅周辺の商店街をはじめ、140もの商店街数を誇る大田区は、今も昔も豊かさと活気に満ちあふれ、レトロなものが街なかに点在している。2022年11月から、フォトコンテストやスタンプラリーなど、この地域の商店街の魅力を「レトロ」をテーマに再発見するイベントが区内各所で開催予定だ。銭湯に喫茶店、横丁や文具店。昭和世代には懐かしく、若い世代にとってはどこか新鮮な街並みが生き生きと残る大田区を、スマホを片手にぜひ歩いてみてほしい。特集サイトはこちら
noimage
ラーメン好きなら絶対に訪れたい!大森のラーメン名店2選
東京湾に面し、昭和の下町風情も色濃く残る大森。実は知られざるラーメン激戦区でもあり、駅から徒歩数分圏内に、人気の個店からチェーン店まで、味もこってり系から煮干し系までとさまざまな店が軒を連ねる。なかでも絶対に足を運びたい2店舗をピックアップして紹介。
noimage
戦後、小さな商売人たちのために建てられた建物に宿った“偶然の美”
程度の強弱はあれ、昭和のころに作られたさまざまなレトロなものにご興味があるから、こうして今、本連載エッセイを読んでくださっているものと思います。そうすると、たとえば建築なら、木造のひなびたものがお好きでしょうか?いや石造りや鉄筋コンクリート造りが好きだよという方なら、昭和初期に造られたアールデコのものなどですかね。戦後、小さな商売人たちのために建てられたこんな建物はどうでしょうか?※写真はイメージです。
noimage
餃子のベストパートナーは……赤ワイン!? 大森の居酒屋『餃子とワイン屋』で味わうおいしいマリアージュ
餃子のお供と言えばビール! と思いがちだが、大森の『餃子とワイン屋』では文字通り餃子と赤ワインで楽しむのが通例になっているのだとか。一見ミスマッチに見えるような組み合わせだが常連客にウケ、今や『餃子とワイン屋』は大森きっての人気店に。果たして餃子と赤ワインの組み合わせのお味とは?
noimage
ハレの日にこそ大森『たか濱』へ! こだわりぬいたその日一番の絶品料理を最高のコース料理で堪能せよ!!
何かいいことがあった時、ちょっと奮発していいものを食べたいと思った時に大森で押さえておきたいお店が『たか濱』。大森駅から歩いてわずか1~2分という立地ながら、本格和食のフルコースが堪能できる。そんな名店のこだわりとは?
noimage
大森の居酒屋『新鮮ホルモン まるみち』でおいしくスタミナ増強! 新鮮マルチョウとキンキンに冷えたビールのコンビが最高
七輪でホルモンを焼いて、キンキンに冷えたビールをグビグビと飲む……そんな酒好きな大人がやりたい夏バテ予防を叶えてくれるお店が『新鮮ホルモン まるみち』。その名の通り、卸したての新鮮なホルモンや国産和牛をリーズナブルな価格で楽しめるとあって、サラリーマンやファミリー層など老若男女問わずに大人気。そんなお店の様子とは?
noimage
居酒屋『お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか』。こだわりの料理と酒が新しい大森の夜を盛り上げる!
大人数でわいわい、安く飲める店が多いイメージのある街、大森。しかし近年では1人でも気軽に、おいしいお酒や手の込んだ創作和食を楽しめる店が増えてきている。2021年オープンの『お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか』もまさにそんなお店だが……大森の街だからこその店主の思いとは?
noimage
大森の居酒屋『とり鉄』で一杯! お店オリジナルの鶏肉料理とキンキンに冷えたビールが心と体を癒します!!
「リーズナブルな価格でワイワイ飲める」店が多く並ぶ大森の街。その中でも特にサラリーマンたちに人気なのが『とり鉄』。お店オリジナルブランドの鶏肉を使用した焼き鳥などの鶏料理をつまみにキンキンに冷えたビールが相性バッチリだが……最近ではファミリー客も多くやって来るのだとか。変わりゆくお店の現在の様子とは?
noimage
大森の馬肉専門居酒屋『うま虎』で馬肉デビュー!工場直送の新鮮な馬肉だからこそできる個性的なメニューに感動。
都内では豚や牛に比べれば、まだまだお目にかかることが珍しい馬肉料理の専門店。なかでも100%馬肉料理の専門店として大森で人気を博しているのが大森の『うま虎』だ。馬刺しなどの定番メニューからオリジナリティ満点の個性派メニューまで数多く揃ったお店は常時人気で、大森の街にも根付いているという。そんな馬肉料理専門店ならではのこだわりとは?
noimage
異国情緒あふれる蒲田・大森・池上のエキゾチックグルメ7選。歩いて世界の食卓を巡れます!
アジアや中東の料理店が蒲田界隈にぐぐっと集結。しかも、他では滅多に味わえぬ郷土料理から現地に思いをはせた日本流まで幅広し。異国の風情や温かみある人柄にも触れ、ひととき、海外を旅する気分が味わえるグルメをご紹介します。

大森のスポット一覧

1〜12件(全45件)
noimage
らーめん一会(らーめんいちえ)
人気ナンバー1はみそらーめん820円。北海道の赤味噌や信州味噌、京風の白味噌、九州の甘口の味噌などをブレンドした味噌ダレが味の秘訣。中華鍋で炒めることによってさらに深みが加わる。やや縮れた中太麺やトッピングもよく合う。
noimage
区民酒場
朝7時には早くも、物流の夜勤明けや大田市場からのお客で賑わう酒場。から揚げやキーマカレーグラタンなどつまみの種類も豊富。持ち込み料はかかるが酒の持ち込みもできる。
noimage
餃子とワイン屋
『餃子とワイン屋』では文字通り餃子と赤ワインで楽しむのが通例になっている。自慢の餃子は肉の比率が多く、実にパワフルな味わい。それだけに赤ワインとの相性は抜群だ。一見ミスマッチに見えるような組み合わせがウケて、今や多くの常連客が通う人気店になっている
noimage
たか濱
何かいいことがあった時、ちょっと奮発していいものを食べたいと思った時に大森で押さえておきたいお店が『たか濱』。「その日一番おいしいものを一番おいしく食べる」ことにこだわった本格和食のフルコースが堪能できる。
noimage
新鮮ホルモン まるみち 大森店
店名の通り、卸したての新鮮なホルモンや国産和牛をリーズナブルな価格で楽しめる、老若男女問わずに大人気の居酒屋。お店名物のスーパーマルチョウは牛の小腸をカットせずにそのまま壺漬けにしてあるのでインパクト抜群だ。
noimage
お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか
2021年にオープンしたばかりの気軽においしいお酒やこだわりの創作和食を楽しめるようにしているこだわりのお店。長年、日本料理の職人として活躍したご主人が腕を振るい、オンリーワンなメニューが楽しめる
noimage
とり鉄 大森北口店
「リーズナブルな価格でワイワイ飲める」店が多く並ぶ大森の街。その中でも特にサラリーマンたちに人気を博しているのが『とり鉄』。お店オリジナルブランドの鶏肉を使用した焼き鳥などの鶏料理をつまみにキンキンに冷えたビールが相性バッチリだ
noimage
馬肉ダイニング うま虎
都内ではまだまだポピュラーとは言い難い馬肉メニュー。食べたことがあるという人も少ない中で馬肉料理専門店と銘打ち、人気を博しているのが大森の『うま虎』。定番メニューからオリジナリティ満点の個性派メニューまで数多く揃ったお店は常時人気で大森の街にも根付いている。
noimage
シンガポールバル Misakiya
アジアの風情と味を体感できる店。「おいしいのに、日本では知られていない」と、シンガポールのワンタンミーを看板に据える。まろやかな香味がアテに最高だ。海南チキンライスのふくよかな芳香も捨てがたし。
noimage
中国料理 くろさわ東京菜(ちゅうごくりょうり くろさわとうきょうさい)
料理の食材は、豊洲仕入れの天然魚に農家直送の有機栽培野菜、釧路産ジビエ、花巻直送キノコなど、上質の極み。店主はイタリアン出身で、舌触りやフレッシュ感を大事にする伊料理の技を用いつつ、甲殻類の出汁にフカヒレスープを合わせている。
noimage
BAKEMAN
間口4mほどの小さな店ながら、ひっきりなしに客が訪れるパン屋。いつ来てもパンが並んでいるよう、毎日何度もパンを焼いている。カウンターの上には常時20~30種のパンが行儀良く並ぶ。
noimage
Crescent&Molly(クレセントアンドモーリー)
同じ商店街の海苔店の佃煮や、近所のチーズ工場から仕入れたチーズなど、地元の素材をふんだんに使ったパンを販売。池上梅園の座論梅からとった酵母を使う食パンは、トーストで食べるとふわりと芳醇な香りが楽しめ、雑味のない味わい。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ