スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全46件)
noimage
ラーメンタロー 大森の陣(らーめんたろー おおもりのじん)
店主は某有名行列ラーメン店で修業をして独立。小ラーメン豚入り(写真はヤサイマシ)は、二郎インスパイア系ならではの圧巻のビジュアルだ。スープは国産の豚骨と豚ガラ、野菜などを12時間以上かけて煮込み、芳醇な味わいに仕上げている。スープに合わせるのは、自家製の極太麺で、がっしりと食べ応えがあり、250g(茹で前)もあるので大満足。注文ごとに茹でる野菜や、ほろほろとした豚(チャーシュー)も絶品だ。噛み応えのある麺とスッキリとしてキレのある醤油ダレが絡まり合うまぜそば(写真は味玉トッピング)もおすすめ。
noimage
らーめん一会(らーめんいちえ)
人気ナンバー1はみそらーめん820円。北海道の赤味噌や信州味噌、京風の白味噌、九州の甘口の味噌などをブレンドした味噌ダレが味の秘訣。中華鍋で炒めることによってさらに深みが加わる。やや縮れた中太麺やトッピングもよく合う。
noimage
区民酒場
朝7時には早くも、物流の夜勤明けや大田市場からのお客で賑わう酒場。から揚げやキーマカレーグラタンなどつまみの種類も豊富。持ち込み料はかかるが酒の持ち込みもできる。
noimage
餃子とワイン屋
『餃子とワイン屋』では文字通り餃子と赤ワインで楽しむのが通例になっている。自慢の餃子は肉の比率が多く、実にパワフルな味わい。それだけに赤ワインとの相性は抜群だ。一見ミスマッチに見えるような組み合わせがウケて、今や多くの常連客が通う人気店になっている
noimage
たか濱
何かいいことがあった時、ちょっと奮発していいものを食べたいと思った時に大森で押さえておきたいお店が『たか濱』。「その日一番おいしいものを一番おいしく食べる」ことにこだわった本格和食のフルコースが堪能できる。
noimage
新鮮ホルモン まるみち 大森店
店名の通り、卸したての新鮮なホルモンや国産和牛をリーズナブルな価格で楽しめる、老若男女問わずに大人気の居酒屋。お店名物のスーパーマルチョウは牛の小腸をカットせずにそのまま壺漬けにしてあるのでインパクト抜群だ。
noimage
お酒と創作和食を楽しむお店 酒彩 たなか
2021年にオープンしたばかりの気軽においしいお酒やこだわりの創作和食を楽しめるようにしているこだわりのお店。長年、日本料理の職人として活躍したご主人が腕を振るい、オンリーワンなメニューが楽しめる
noimage
とり鉄 大森北口店
「リーズナブルな価格でワイワイ飲める」店が多く並ぶ大森の街。その中でも特にサラリーマンたちに人気を博しているのが『とり鉄』。お店オリジナルブランドの鶏肉を使用した焼き鳥などの鶏料理をつまみにキンキンに冷えたビールが相性バッチリだ
noimage
馬肉ダイニング うま虎
都内ではまだまだポピュラーとは言い難い馬肉メニュー。食べたことがあるという人も少ない中で馬肉料理専門店と銘打ち、人気を博しているのが大森の『うま虎』。定番メニューからオリジナリティ満点の個性派メニューまで数多く揃ったお店は常時人気で大森の街にも根付いている。
noimage
シンガポールバル Misakiya
アジアの風情と味を体感できる店。「おいしいのに、日本では知られていない」と、シンガポールのワンタンミーを看板に据える。まろやかな香味がアテに最高だ。海南チキンライスのふくよかな芳香も捨てがたし。
noimage
中国料理 くろさわ東京菜(ちゅうごくりょうり くろさわとうきょうさい)
料理の食材は、豊洲仕入れの天然魚に農家直送の有機栽培野菜、釧路産ジビエ、花巻直送キノコなど、上質の極み。店主はイタリアン出身で、舌触りやフレッシュ感を大事にする伊料理の技を用いつつ、甲殻類の出汁にフカヒレスープを合わせている。
noimage
BAKEMAN
間口4mほどの小さな店ながら、ひっきりなしに客が訪れるパン屋。いつ来てもパンが並んでいるよう、毎日何度もパンを焼いている。カウンターの上には常時20~30種のパンが行儀良く並ぶ。
noimage
Crescent&Molly(クレセントアンドモーリー)
同じ商店街の海苔店の佃煮や、近所のチーズ工場から仕入れたチーズなど、地元の素材をふんだんに使ったパンを販売。池上梅園の座論梅からとった酵母を使う食パンは、トーストで食べるとふわりと芳醇な香りが楽しめ、雑味のない味わい。
noimage
ROALEANS COFFEE&BAR(ローリンズ コーヒーアンドバー)
デザイン会社を営む嶋竹薫さんが、アンティーク収集が高じて部下の有馬竜次さんと2019年に開業。目を引くのは蓄音機と2000枚以上あるレコードコレクションだ。デミタスに35gも使う濃厚コーヒーをすすりながら、往時の音色を堪能できる。
noimage
大連(だいれん)
常連客に親しまれる定番は、餃子とビール。豚バラとロースを合わせてひいて弾力を出し、魚介と丸鶏で取る出汁の煮こごりをつなぎに入れるなど、技が光る。
noimage
活菜や ちまき(かっさいや ちまき)
既成概念を覆す、創作野菜料理を味わえる店。卵を豆乳で代用したソイネーズを絡めた特製〝ポテトサラダ〞や、チーズやホワイトソースを使わず、とろろ昆布で仕上げたグラタン。野菜や昆布にシメジを合わせてダシを取るなど、メニューはユニークな発想に満ちている。果物や野菜の自家製ドリンクも充実。
noimage
KOCA(コーカ)
創業支援機能を持つシェアオフィス。創作に集中・没頭しやすい無機質な内装で、フリーアドレス利用(平日限定)は2時間550円。ファクトリーも併設。
noimage
仙六屋
2019年に閉店した「福田屋」に小学生の頃から通っていた店主の茨田さんが、名物のクリームモナカを継承。テラス含め約65席。子連れにうれしい床座りできる空間も。「福田屋」の看板も健在。
noimage
かふぇ おか がれーじ
コーヒー豆はアフリカのケニアに特化し、「強火で長時間かけて煎るダークローストが自慢」だとか。パンチのある苦味が特徴で、それでいてふわりと甘みも押し出され、華やかさがある。
noimage
昼飯屋 SPICE CURRY
和食を経て、代々木八幡で人気のカレー屋『SPICE POST』でも修業を積んだ高瀬晋一さん。界隈の名産の海苔を佃煮にして、カレーと合わせてしまった! 途中で海苔無しのカレーをかける“追いスープ”なるサービスも。
noimage
キネカ大森
日本初のシネコンとして大森に1984年オープン。3館あるうちの1館で実施されている2本立ての名画座上映、監督やスタッフと話せるトークイベントなど、映画ファンの熱い支持を受ける「お客様参加型」の映画館。
noimage
大森山王ブルワリー Hi-Time
文豪や政治家、外国人が住み着き、「ハイカラ」な街だった山王の魅力を表現したい、との思いからうまれた大森山王ビール。第一弾の「NAOMI」と「GEORGE」は、大森が舞台となった谷崎潤一郎の小説「痴人の愛」にちなんだ商品。瓶売りだけでなくサーバー提供もしている持ち帰り専門店「Hi-Time」で、ビールに込められたストーリーを尋ねてみては?
noimage
トーチ ドット ベーカリー大森
天然酵母ながら発酵力が強い「白神こだま酵母」を使用した食パン「松明」が代表作。地元はもちろん、遠方からもファンが訪れる人気のベーカリーだ。オーナーシェフの松本喜樹さんがうみだすパンは実に多彩。松本さんとっておきのおすすめは「茎わかめとわさびマヨネーズ」。
noimage
珈琲亭 ルアン
1970年創業、変わりゆく大森の街を見つめてきたコーヒー専門店。「どこからそろえたかわからない」(店主・宮沢孝昌さん)という調度類は先代がそろえたもの。別世界のような空間と、こだわりのコーヒーをじっくり味わおう。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ