スポットを探す

和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 大阪府 全国 台湾 台北
25〜48件(全179件)
noimage
牡蠣ビストロ貝殻荘
カキ料理の専門店。ランチ牡蠣フライ食べ放題プレートは1300円(土・日・祝は1518円)はかなりお得。
noimage
トグルホテル水道橋
21年春オープンした斬新なホテル。館内は異なる2色で鮮やかに塗り分けられ、非日常的な宿泊体験が味わえる。最上階のカフェは一般利用も可。
noimage
二丁目食堂 トレド(にちょうめしょくどう とれど)
『二丁目食堂 トレド』は創業50年を超える神楽坂の老舗洋食店。お店の大人気メニュー、奥深くまろやかな継ぎ足しカレーが大人気 。それにもましてご主人の温かく気さくな人柄が、今日も多くのファンを引き付ける。
noimage
しゃぶしゃぶ シャ豚ブリアン(しゃぶしゃぶ しゃとんぶりあん)
神楽坂駅から徒歩1分。オーナーシェフの宮野長司さんは、名だたる名店を渡り歩いてきたすご腕シェフ。幻の豚肉と名高い、幻の加藤ポークを使ったしゃぶしゃぶのほか、生姜焼きやヒレカツ、黒酢酢豚などが人気だ。また、しゃぶしゃぶに使用されるスープを使ったテールスープラーメンも食べられる。
noimage
神楽坂飯店(かぐらざかはんてん)
飯田橋駅から徒歩1分。がっつり系町中華をお腹いっぱい食べたい気分なら、『神楽坂飯店』に行くべきだ。ジャンボ餃子などチャレンジメニューでも有名だが、ラーメンから定食まで幅広く揃う。早い、うまい、安いはもちろんのこと、できたてのアツアツを汗をかきながら口いっぱいに頬張る幸せを感じよう。
noimage
宝龍(ほうりゅう)
神楽坂通り沿いの老舗『宝龍』は、3世代にわたって地元で愛されている中華屋さん。上海料理をベースにした先代オリジナルの中華をリーズナブルな価格で味わえる。昼時は1000円以下のボリューム満点のランチセットが目玉。どれもここでしか味わえない創作中華だ。
noimage
シーフードビストロ 魚卵House Eni(しーふーどびすとろ ぎょらんはうすえに)
飯田橋駅から徒歩5分。オフィスや学校がひしめく飯田橋の目白通り沿いにあり、リーズナブルにエビカニ魚卵を使った料理が楽しめるのが『シーフードビストロ 魚卵House Eni』だ。生パスタがメインのランチにも魚卵がモリモリ! 平日ランチはサイドメニューを加えても1000円前後で収まるのでお手軽。
noimage
神楽坂 むすびや(かぐらざか むすびや)
飯田橋西口を出て徒歩3分、神楽坂通りから「神楽小路」入ってすぐの『神楽坂 むすびや』。店内でにぎりたての温かいおむすびやお茶漬け、テイクアウトのおむすびやお弁当もある。冷めてもおいしい一等米のオリジナルブレンド米、塩や海苔にもこだわり、ほぼ手作りの具が30種以上もあるワンダーランドだ。
noimage
おけ以(おけい)
創業から70年弱(2022年時点)。東京の餃子の歴史の始まりのころから続く餃子の老舗人気店。そのもちもちの皮、肉汁たっぷりのパリパリ羽餃子は1日1300個も出る超人気メニュー。シンプルな具材を使いながらもこだわりの製法で、ほかでは真似できないここだけの味を生み出す。
noimage
幸せのはし(しあわせのはし)
神楽坂駅から徒歩4分、2006年10月17日創業の『幸せのはし』。店名からやさしい味が伝わってくる、そんな店が住宅街にひっそりと佇む。店先には“創作料理とぱらぱらチャーハンの店”とあり、ランチメニューはバラエティー豊かなチャーハンが並ぶ。
noimage
神楽坂 和らく(かぐらざか わらく)
最寄り駅の大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩3分。牛込坂上を下った路地にある『神楽坂 和らく』の復刻・生麩入りグリーンカレーは、これを目当てに通い詰める常連もいるほどの人気メニュー。昭和レトロな佇まいや心温まる接客も魅力。
noimage
コパン(こぱん)
神楽坂駅近くにある老舗カフェ。長く愛され続けるお店は今日も地元の人たちや神楽坂で働く人でにぎわう。ランチの定番パスタセットは人気のナポリタンをはじめ12種類から選べる。人気のシュークリームも忘れずにチェックしよう。
noimage
キッチンアオキ(きっちんあおき)
1966年創業、飯田橋近隣の会社員から社員食堂のように重宝されてきた老舗洋食店屋。フライやハンバーグ、カレー、スパゲティなど洋食ならではのメニューは、毎日食べても飽きない味と豊富な組み合わせ。オススメの日替わりランチは1000円以下でボリューム満点だ。
noimage
芳進堂 ラムラ店
ビジネスマンや学生などさまざまな層のお客さんでにぎわう本屋。漫画コーナーの平台は充実の品揃えで、学習ドリルコーナーは圧巻だ。
noimage
文悠
神楽坂の歴史やガイド本、付録付きの幼年誌などを揃えて地元に根付いた本屋。「神楽坂に住む方が代替わりして喫茶店で仕事をしている人が増えたので、そのニーズに応えようと思いました」と2019年には地下フロアをレンタルオフィスに改装した。
noimage
Book & Bar 余白
本とお酒を楽しむバー。自身の蔵書から始まった閲覧用の本は現在2000冊を超え、お客さんが持ってきてくれた本の棚もできた。フードメニューは常時20種類、酒類も豊富に揃える。
noimage
アルスクモノイ
2019年9月に開店した書店。並ぶ本はジャンルで区切ることはせず、アート、写真集、人文、海外文学など巡り合わせで集まってきたものが、やわらかくつながっている。
noimage
Focacceria ALTAMURA(フォカッチェリア アルタムーラ)
フォカッチャの専門店。店主の山本誠さんがイタリアで学んだ味は小麦粉のパンチが強くて表面が香ばしい。ほのかな塩味と生地に染み込んだトマトなど具の旨味も広がって、コーヒーはもちろんビールも進む!
noimage
【閉店】神楽坂地蔵屋 パン部
神楽坂通り沿いの煎餠店で、2020年12月に始まったパン部。コロナ禍の中で地元の神楽坂のためにできることを考え、家での楽しみが増えるようパンの販売をはじめた。耳までふわふわの食パンは大好評でほぼ予約で終わってしまうことも。
noimage
COGS DINING KAGURAZAKA(コグス ダイニング カグラザカ)
自家製パン付きランチが大人気のレストラン。お客さんからの要望に応えて、パンだけの販売も。食パンやクロワッサン、ベーグルなど、レストランのレベルを超えた約15種類が毎日揃う。
noimage
Lumeto(ルメート)
バゲットやデニッシュから、マフィン、生ケーキと品揃えが幅広いパン屋。手みやげのクッキー、ランチのサンドイッチ、おやつのパンなど需要はさまざまなので「どんな方向に進むかは街の人々次第」だとか。
noimage
COMME DʼHAB(コム ダブ)
東京は後楽園に、地域に愛されるパン屋がある。その名は『COMME D’HAB(コムダブ)』。フランス語で「いつものちょうだい」という店の名の由来通り、お店には顔見知りのお客さんが集まる。長い時間をかけて自然に発酵させるというそのパンは、旨味と甘味がぎゅっと詰まっている。毎日食べても飽きない優しい味のパンは、子どもから大人まで多くの人を虜にしている。
noimage
江戸川橋地蔵通り商店街
入り口の近年整えられた立派な地蔵堂がシンボル。昔ながらの肉屋、八百屋、煎餠、和菓子屋など約80店舗。最近はカフェなども登場し、通りに新しい風が吹きはじめている。
noimage
八百食堂(やおしょくどう)
豚汁めし専門店。こってり仕上げた具沢山汁と埼玉県産「とねのめぐみ」が美味で食が進む。小皿付きで並580円。サイドメニューも豊富。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ