大崎の記事一覧

1〜10件(全10件)
noimage
高層ビルの狭間に滲(にじ)むあったかい人情 大井町・大崎さんぽ
タワーマンションが増え、ここ数年で新しい住民が急増。ピカピカのオフィスビルも多く、みんな忙しそうだ。けれど、街を歩いて感じたのは、つながりを大事にする人々の温もりだった。
noimage
大崎たくあんラプソディー この地で晩年を生きた沢庵和尚に捧げる
大崎駅南口直結の広々した東西自由通路にて2018年に初開催され注目を集めた「たくあん祭」。はてさて、どうして大崎でたくあんなのだろう。答えは、深〜い大崎愛と夢があふれる物語の中に!
noimage
品川・大井町・大崎エリアのエレガントな名坂たち。つなぐのは高低差だけじゃなく、歴史も。
武蔵野台地の東端に位置し、埋め立てられる前は切り立つ海食崖もあったこの品川・大井町・大崎エリア。土地の高低差を繋ぐ無数の坂の中には、興味をひく個性的な名前も。名の由来や地形をたどれば、土地の重ねた歴史の階層が見えてくる。
noimage
松島屋と高松屋 ~餅菓子屋の地元話~
大規模な再開発が行われ、今と昔が混じり合う品川・大井町・大崎エリアの街。ここで生まれ育った店主が営む、2軒の餅菓子屋がある。そのつながりと、それぞれの視点から激変する街を眺めた。
noimage
東京都内の醤油ラーメンがうまい店5選。懐かしい醤油ラーメンこそ「王道」の一杯!
鶏ガラと豚骨ベースに生醤油が加えられたスープ、これこそが“東京ラーメン”のルーツと言われている。そんな醤油味に加えて、ラーメンに懐かしさを演出してくれる譲れない具、ナルト。あのピンク色の渦巻き、スープの海にちょこんと鎮座するだけで、どこか郷愁を誘う。今回紹介する5軒は、そんな「王道」東京ラーメンを提供する店ばかり。出汁の取り方や麺は時代とともに進化して多種多様なれど、どの店でも一口すすれば、たちまちノスタルジックで幸せな気分になれるだろう。
noimage
たまにはゆっくり贅沢な朝時間を。こだわりのモーニングが食べられる五反田、大崎の喫茶店&カフェ
五反田と言えば、飲み屋街や歓楽街といった夜の街のイメージが強い。しかし、朝早い時間から店を開けてこだわりのモーニングを提供しているカフェや喫茶店がいくつも存在する。今回は、その中から選りすぐりの3店を紹介。たまには、いつもより早く家を出て、とっておきの朝食とともに、1日の始まりを贅沢に過ごしてみてはいかがだろう。
noimage
忙しい日常の中でちょっとひと息、お茶したい。ティー&コーヒーカフェ 大崎『Mother Leaf Tea Style』
長らく工場地帯として栄えていた街・大崎。今ではすっかりその面影は消え、駅の周囲には高層マンションや、大手企業などがオフィスを構える高層ビルなどが建ち並ぶ。今回は、その大崎に本社を置く企業の1つ、株式会社モスフードサービスが運営するティー&コーヒーカフェ『Mother Leaf Tea Style(マザーリーフティースタイル)』を紹介する。
noimage
大崎の気取らず入れるうまいランチ処3選
オフィスも多くビジネス街のイメージが強い大崎だが、駅から少し離れて路地裏を歩くと、昔からそこにある懐かしい風景と、人情味あふれる店に出合う。大盤振る舞いの海鮮丼や、昭和ムードたっぷりのラーメンなど、気取らず入れるうまいランチ処をご紹介。
noimage
町中華の“中華じゃない”定食がすごい! 普通のメニューを楽しめる町中華の店
町中華の定食といえば、餃子定食、レバニラ定食などを思い浮かべるだろうが、じつは中華以外のメニューが充実している店もある。中華じゃない定食で町中華の懐深さを見よ!
noimage
刺し身!からあげ!とんかつ!和定食! 肉屋・魚屋がつくる定食に間違いなし。素材の旨さ際立つ東京の定食屋を集めました
「餅は餅屋」というが、これは真実だった。今回、訪ね歩いた「魚屋」と「肉屋」直営の定食屋もしかり。何しろ、毎朝バンバン仕入れる食材は新鮮で良質。何より素材を知り尽くした腕前に、もう脱帽だ!

大崎のスポット一覧

1〜8件(全8件)
noimage
高松屋
2016年に泉岳寺の老舗『松島屋』から独立し、オープンした餅菓子屋。老舗の味に若手が磨きをかけ、新旧あわせ持つ街の人々から愛されている。人気の豆大福は、ほどよく食感を残した赤えんどう豆と、もちっとしていながらも歯切れのいい餠、専用に炊いた潰しあんの三位一体が見事だ。
noimage
CAFE & HALL ours(カフェ アンド ホール アワーズ)
一面ガラス張りの明るい店内と、手作りの軽食が楽しめる。サラダプレートのフォカッチャやケーキ、スコーンなどを店で焼いており「子どもにも安心して食べさせられる」と評判。スペースの貸し出しにも力を入れている。
noimage
Bar縁+(エンタス)
昼間は定食を供するアットホームなカフェ。夜になると、グッとムーディなバーになる。オーナーは、銀座の会員制バーやホテルのメインバーなどで研鑽を積んできたバーテンダー。
noimage
Pasco New Osaki(はすこ にゅー おーさき)
創業35年以上のベーカリーの新たな名物はあんぱん。特別栽培の十勝産小豆を使うなどこだわりがギッシリ。こし、チョコ、コーヒー、キャラメルの4種があり、コーヒー味は焼き印入り。
noimage
マザー リーフ ティー スタイル 大崎店
“紅茶をもっと身近に、カジュアルに。”をコンセプトに、本格的な紅茶をセルフサービススタイルで気軽に楽しめるカフェ。スリランカ産の手摘み紅茶をベースに、フルーツやスパイスを使ったアレンジティーや、店舗で焼き上げるワッフルなど豊富なフードメニューがそろう。
noimage
地中海レストラン ボンジョルミ
料理はアフガニスタン料理をベースに多国籍のものを取り入れている。パエリアやギリシャ料理のムサカなどに混ざって、個性的なスパイス香が漂うトルコの家庭料理もあり。
noimage
平和軒
ラーメンのスープも麺も代々受け継いできたものそのまま。豚骨と鶏ガラでとったスープは、マイルドな醤油味で後を引く。自家製麺はスープと相性抜群で歯切れがいい。
noimage
魚玉(うおたま)
元は鮮魚店だったのを、8年の歳月を経て飲食店へと変貌を遂げた魚玉。六本木や銀座の有名店で腕を振るった店主の澤尻さんが振る舞うランチを目当てに、昼時にはサラリーマンが席へとずらりと並ぶ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ