スポットを探す

大阪府 和歌山県 山口県 石川県 大分県 三重県 島根県 京都府 岩手県 熊本県 長野県 青森県 兵庫県 沖縄県 宮城県 岐阜県 新潟県 韓国 滋賀県 福岡県 鹿児島県 東京都 保谷・東久留米・清瀬・秋津 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 東村山 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 野田 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 スイス 全国 台湾 台北
散歩 街歩き 散歩コース 喫茶・カフェ カフェ 喫茶店 コーヒー ラーメン・つけ麺 ラーメン グルメ モーニング ランチ カレー テイクアウト 野菜料理 海鮮 ご当地グルメ 居酒屋・バー 居酒屋 バー 日本酒 焼酎 立ち飲み せんべろ ビール ワイン 地酒 ウイスキー ホッピー サワー カクテル 和食・郷土料理 定食 寿司 とんかつ 和食 焼き鳥 天ぷら おでん もつ焼き うなぎ 食堂 洋食・西洋料理 パスタ 洋食 オムライス ハンバーグ イタリアン ピザ フレンチ スペイン料理 パエリヤ レストラン ナポリタン アジア・エスニック 中華 町中華 台湾料理 タイ料理 焼肉 餃子 そば・うどん そば うどん パン サンドイッチ トースト スイーツ・甘味 スイーツ ケーキ パフェ パンケーキ プリン ホットケーキ フルーツサンド 甘味 和菓子 あんこ かき氷 お茶 台湾茶 ショップ スーパー お土産・手土産 本屋 雑貨 施設 温泉・銭湯 スーパー銭湯 銭湯 温泉 神社・寺 神社 博物館・美術館 史跡 城・城跡 宿 ホテル 旅館 アウトドア・スポーツ 公園 自転車 チェアリング 音楽 ジャズ ビートルズ トリプルファイヤー その他 エッセイ 豆知識・ライフハック 写真 写真の撮り方 映画 男はつらいよ 鉄道 老舗 動物 落語 バリアフリー ドラマ 旅行 絶景
1〜24件(全36件)
noimage
FISH A WEEK 週一魚(フィッシュアウィーク シュウイチサカナ)
“サカナともち麦のスパイシーな新感覚ごはん”をコンセプトにしたレストラン『FISH A WEEK 週一魚』は、健康を意識しているのになかなか理想の食生活を送れていない人にこそおすすめしたい。朝ごはんは和風の昆布出汁がきいたもち麦入りのお粥と、魚が主役のおむすび、多彩な野菜デリなどが味わえる。
noimage
津の守 -TSUNOKAMI-(つのかみ)
日本の伝統文化を体験できるライブハウス。今後の公演・チケット販売はHP(tsunokami.tokyo)から。ウェブチケット制。
noimage
長照山 陽運寺(ちょうしょうざん よううんじ)
昭和初期に蓮牙院日建上人により建立された日蓮宗の寺院。通称「於岩稲荷」(おいわいなり)とも呼ばれる、「東海道四谷怪談」所縁のお岩様を祀る。2017年に改修され、「温泉旅館のようなお寺」をコンセプトに明るい境内に生まれ変わった。縁結びや祈祷を求める参拝者が絶えない。毎月1、2回開催する合同祈願「祈りの日」のほか、法話や瞑想を通して自分自身と向き合う「お岩さま開運祈願祭」(1・8月を除く毎月1日)を設けている。
noimage
カトリック麹町聖イグナチオ教会
固定席700席という大規模な礼拝堂を持つ教会。すり鉢状で一番低い位置に祭壇が置かれ、信徒席がぐるりと祭壇を囲むため、神父と信徒が共にミサを行うという一体感が生まれる。陽光降り注ぐ花模様のドームも美しい。
noimage
四ツ谷一餠堂(よつやいっぴんどう)
店主の浅古さんは15年間にわたり台湾各地を食べ歩いてきた強者。自慢のメニューは、研究を重ね完成した胡椒餅だ。食べられるのは11時〜の昼時だが、朝は同じ釜で作るサクサクの燒餅夾蛋(玉子サンド)が味わえる。
noimage
點水樓 四谷別館(ディエンシュイロウ よつやべっかん)
中華の懐石料理にあたる、江浙料理を供する台北の一流店。厳選素材を用い江浙の手法で供される料理は誠に繊細、深みある美味だ。漢方薬を巧みに配したスープが絶品で、底まで飲み干せる。
noimage
音威子府Tokyo(おといねっぷとうきょう)
北の秘境駅の、漆音威子府そばを再現して提供。皮付きの実を丸ごと砕く挽きぐるみ製法の黒い麺は、すすればツルツル口中に飛び込み、噛めば田舎そば特有の歯ごたえとソバの実の香ばしさが広がる。
noimage
BIRTHDAY MORE
木々とハーブに囲まれた小さな喫茶店。大きな窓から庭も見える、アンティーク調の素敵な空間で、カレーやスイーツを楽しめる。店員さんの制服がたおやかなメイド服なのもポイントだ。雰囲気を徹底的に楽しむなら、要予約のデイモア・アフタヌーンティー 4800円がおすすめ。シフォンケーキやグラスデザートのほか、人気のカレー(ミニサイズ)も付いてくるのが嬉しい。
noimage
【閉店】フルーツパーラー フクナガ
1973年創業で、約50年の歴史あるフルーツパーラー。行列のできる人気店だが、現在(2022年2月)は感染予防のため予約優先で、席を仕切って営業中。固めのプリンとたっぷり様々なフルーツを楽しめるプリンアラモードや、マスターお手製の絶品シャーベットが入ったパフェがおすすめ。厳選されたフルーツは、ひとつひとつが食べ頃だ。2023年2月閉店。
noimage
珈琲日記
自家焙煎珈琲のいただける喫茶店だが、店主は紅茶にも詳しい。趣のある店内はゆったりしつつ、感染対策も万全だ。2022年2月現在は、1組2名まで予約優先制となっており、事前にネット予約しておくのがおすすめ。人気のフルーツサンドも事前予約制なので、席と一緒に予約すると良い。逆にいちごサンドは予約不可で先着順の数量限定となっている。他にも、銅板で焼くシンプルなホットケーキや、エッジの効いた和三盆焼きプリンもおすすめだ。
noimage
燗コーヒー 藤々(かんこーひー ふじふじ)
少しひっこんだ路地にある隠れ家。店主の藤極武志さんはもともと日本酒もワインも大好きで、どちらにも合う料理ができた。食後は女将の淹れる絶品コーヒーでホッとしたい。
noimage
TIGRATO(ティグラート)
こだわりのカクテル、コーヒー、ジェラートが楽しめる。店主の高宮裕輔さんは、数々のコンペティションで受賞歴を持つトップバーテンダー。バーの敷居を下げる新しいスタイルの飲食店で、おすすめのコーヒーカクテルをぜひ(ノンアルコールあり)。
noimage
鈴傳
ペリー来航の3年前、嘉永3年(1850年)に四谷で創業。全国の銘酒を取りそろえ、地下のカーブで厳格に温度管理するなど、日本酒へのこだわりは徹底している。角打ちスペースの「スタンディングルーム鈴傳」で、鮮度抜群の日本酒を味わいたい。
noimage
徒歩徒歩亭(とぼとぼてい)
新宿から四ツ谷周辺で営業していた屋台が『徒歩徒歩亭』のはじまり。地元の精肉店、青果店から新鮮な食材を仕入れ、丁寧に手づくりしたワンタンが名物。ボリュームたっぷり雲呑麺1180円は、豚骨スープの濃厚さをより感じたいなら塩味、懐かしい風味を味わうなら醤油をチョイス。
noimage
コモレ四谷
2020年夏にオープンした、オフィス・商業エリア・そしてマンション「ザ・レジデンス四谷」からなる複合施設。「CO・MO・RE(コモレ)」の名称は、「木漏れ日」と「COMMON(共同、共通)=つながり」を合わせた造語。
noimage
北島亭
「王道フレンチ」を掲げるレストラン。シェフの北島素幸さんが手がける“骨太”なフランス料理を目当てに、舌の肥えた常連客が足繁く通う。2021年9月現在、1万円〜のコースのみ提供。
noimage
坂本屋
東京の老舗かすてらといえばこちら。100年以上変わらない味を守る。
noimage
珈琲・ロン
開店は1968年。真ん中が吹き抜けて桟敷(さじき)のような2階席から階下が見通せ、舞台装置のように想像力をかき立てる。そのせいか劇作家井上ひさしも常連だったとか。燻(いぶ)し銀のごとく佇むモダンな喫茶店だ。
noimage
四谷 坂本屋
明治30年(1897)創業。かすてらは、大正年間に二代目が考案したレシピを何も変えていない。しっかりした食感とザラメの懐かしさを噛みしめたい。
noimage
めし板垣
新宿通りから少し路地を入ったところにある定食屋。昼の定食は5〜6種類あり、定番の焼きサバ定食900円、豚ロース生姜焼き定食1000円。
noimage
うくらいま食堂
陽運寺の境内にあるカフェ。住宅街の中とは思えないほどの、静かで美しい境内の景色を楽しみながらくつろぐことができる。店内飲食もできるが、おすすめはテラス席。ストーブやブランケットもあるため冬場でも利用しやすい。良いご縁を願うご縁もち400円や、お寺名物の甘酒500円などが人気。水・木・金曜日予約限定で、お寺弁当(月替わり、イートインは味噌汁付き1600円)もいただける。他に、カレー各種1300円~、濃厚チーズテリーヌ 季節のジャム添え600円、コーヒー350円(セットは50円引き)などもある。
noimage
spice&smile
「札幌に住んでいた頃、スープカレーが好きで90軒ほど巡りました」とオーナーの黒川真緖さん。スープは、まろやかな豆乳味、さっぱりしているトマト味、クリーミー、スタンダードの4種類を用意。
noimage
かつれつ 四谷 たけだ
長年、『洋食 エリーゼ』として愛されていたが、平成23年にカツレツ専門店に変身。材料はもちろん、仕込み法も一新。豚の甘みがすっきりした口当たりのデミソースと絡み、香り高く舞う。
noimage
グリルダイニング エラバ
「食材の持ち味を引き出すには、炭火はとても効果的なんです」と店長の川部正宏さん。二枚看板の三元豚、大山鶏は元来味わい深いが、炭火によってさらに魅力を倍増させる作戦だ。味付けはシンプルに塩、こしょうのみ。決め手は焼き方で、店長の弟の貴宏さんが担当する。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ